たけのこ あく 抜き 重曹。 たけのこのあく抜きに重曹を!簡単便利な技ですよ!

農家さんでも意外と知らない?たけのこのあく抜きに米ぬかを使うわけ

たけのこ あく 抜き 重曹

竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」は、4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩。 でも、生のたけのこを手に入れたとき、どうやって調理したらいいか困った経験はありませんか?そこで、料理研究家の高城順子先生に、アク抜き方法と保存のポイントを<基本編>と<時短編>で教えていただきました。 手に入れたたけのこはすぐに茹でる たけのこは収穫直後からアクが増していきます。 そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。 茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。 たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。 米ぬか:一握り• 赤唐辛子:1本• たけのこがかぶる量の水 たけのこの切り方 根元の固い部分(ついていない場合もある)と、穂先5~6cmを切り落とし、縦に2~3cm深さの切れ目を入れる。 根元部分が残っている場合は、生長にしたがってイボが大きく紫色になり、繊維も密になるので、茹でる前に削るようにむいて落とす。 湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。 流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。 たけのこの皮のむき方 たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除き、縦に入れた切れ目から指先を入れて皮をむく。 穂先の皮「姫皮(写真2枚目右の内側部分)」はやわらかくておいしいので、残しておく。 たけのこを調理するときの切り方と保存方法 穂先から真ん中の部分は縦に切り(下の写真で切っている最中のもの)、根元は横に切る(写真手前)。 保存するときは、フタつきの深めの保存容器に水を入れ、たけのこが完全にひたるようにした状態で、フタをして冷蔵庫で保存する。 時々水を替えながら、しっかり水に浸けておけば、1週間程度は保存可能。 memo 多くて食べきれない場合は、あらかじめ保存食にするのもおすすめ。 刻んで薄味で下煮しておくと、日持ちするだけでなく、さまざまな料理にアレンジできて便利です。 たけのこのアク抜き方法<時短編> 大きな鍋がないときや、時間がないときは、2~3等分など適度な大きさにカットしてから茹でると時間を短縮できます。 この場合、米ぬかは身の隙間に入って取り除きづらいので、ここでは重曹を使ったテクニックをご紹介します。 用意するもの• 重曹:水1リットルに対し小さじ1が目安•

次の

たけのこのあく抜きがすぐに出来る!大根おろしやアルカリイオン水が大活躍!

たけのこ あく 抜き 重曹

コツを覚えれば超簡単!米ぬか・とぎ汁・重曹を使ったたけのこのあく抜き方法。 小正月を過ぎると、春を思わせる様々ものを目にするようになります。 現代は季節ものも先取り先取りの戦略ですから、スーパーにはもう春の野菜がちらほらと出ていますよね。 現実には寒さの厳しい日がまだまだ続くけれど、近づく春を見つけるこの喜びは、いつの時代も変わらぬ希望だと思います。 さて、春の味覚の代表格と言えば、 タケノコ! 冷凍保存の方法も教わったり、塩漬けがよいと聞いたりしますが、やはり旬の時期に食べるに限るものの一つですね。 我が家でもご近所さんや田舎からたくさんいただいて、孟宗、淡竹、真竹と移り変わりながら、思う存分春の味を堪能します。 掘りたてすぐにあく抜きをするほど美味しいので、田舎から来るものはありがたくもあく抜きをして水に浸かった状態で届くのですが、ご近所さんは「今掘ってきたんや~」とゴロゴロ土のまま置いていってくれます。 大きな鍋をフル回転させてすぐにあく抜きに取り掛かる。 この時、米ぬかを適当に入れていましたが、本当はどのくらいがいいのか、ぬかがない時はどうすればいいか、今年の旬を迎える前に調べてみました。 Sponsored Link あく抜きはなぜ必要? タケノコのあくは、主にシュウ酸やホモゲンチジン酸という物質で、タケノコが竹に成長に必要となります。 これらの物質が、タケノコが掘り起こされたストレスで、地面から出た瞬間から急激にえぐみ成分がつくりだされるそうです。 そしてアルカリ性の水で湯がくことによって、タケノコを柔らかくし、これらのえぐみ成分の増加を止め(「あく止め」という)、水分の中に溶出しやすくすると、えぐみを感じずより美味しくいただけるということなのです。 あく抜きにはさまざまな方法がありますが、今回は米ぬか・重曹・米のとぎ汁を使ったあく抜き方法についてご紹介いたしますね。 王道の糠でのあく抜き 価格:1,026円(税込、送料別) まずは基本の米ぬかを使ったあく抜きの方法。 よく「筍は皮をつけたまま、水はかぶる位入れて、米ぬかをひとつかみ」とは聞きますが、これって、一度に湯がく筍の量によっても違いますよね。 調べたところでは、 水はタケノコが十分かぶる位というのが一般的でした。 他の方法に比べて、色よく仕上がる・味が勝ると書かれている方が多いと思いました。 湯がく時のポイントは、 外の厚い皮を数枚むき、穂先を斜めに切り落とし、それをタケノコがしっかりかぶるぐらいの水の量で湯がきます。 (下処理) 皮が厚い時には、包丁で縦に1本切り込みを入れておくといいですね。 えぐみをカバーするのに、 唐辛子も一緒に湯がくのもよいです。 好みがありますが、私はタケノコ1本に対して唐辛子1本程度を入れます。 竹串がすっと通るくらいに火が通ったら、火を止めて、糠の水につかった状態で自然に冷えるまで置いておくことです。 米ぬかやとぎ汁には、あくを吸着する役目があるようですね。 ぬかがない時はお米のとぎ汁で代用 米ぬかが手に入らなくても、お米はたいていの家にあるので、米のとぎ汁を利用する方も多いと思います。 この方法では、 普通に精米したお米を研ぐ際に出るとぎ汁を、米ぬかでやる時と同じくタケノコがかぶる位まで入れてあとは糠での湯がき方と同じです。 重曹という手もある 価格:540円(税込、送料込) 米ぬかやとぎ汁を使うのがアルカリ性の水にするためだとしたら、重曹でも代用が可能です。 あまり多く入れすぎるとタケノコが茶色くなったという失敗例も見られました。 皮をむいてぐらぐら煮立った重曹入りのお湯にタケノコを入れて湯がくのが美味しいと言われている専門家もおられるようで、その良し悪しはタケノコの質にもよりますし、好みもあり、比較は難しそうです。 今回調べたところでは、米ぬかや米のとぎ汁、重曹以外に、大根のおろし汁や小麦粉を使う方法も見られました。 味の良しあしを確かめる上でも、今年の筍で色々と試してみたいと思います!.

次の

コツを覚えれば超簡単!米ぬか・とぎ汁・重曹を使ったたけのこのあく抜き方法。

たけのこ あく 抜き 重曹

竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」は、4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩。 でも、生のたけのこを手に入れたとき、どうやって調理したらいいか困った経験はありませんか?そこで、料理研究家の高城順子先生に、アク抜き方法と保存のポイントを<基本編>と<時短編>で教えていただきました。 手に入れたたけのこはすぐに茹でる たけのこは収穫直後からアクが増していきます。 そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。 茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。 たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。 米ぬか:一握り• 赤唐辛子:1本• たけのこがかぶる量の水 たけのこの切り方 根元の固い部分(ついていない場合もある)と、穂先5~6cmを切り落とし、縦に2~3cm深さの切れ目を入れる。 根元部分が残っている場合は、生長にしたがってイボが大きく紫色になり、繊維も密になるので、茹でる前に削るようにむいて落とす。 湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。 流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。 たけのこの皮のむき方 たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除き、縦に入れた切れ目から指先を入れて皮をむく。 穂先の皮「姫皮(写真2枚目右の内側部分)」はやわらかくておいしいので、残しておく。 たけのこを調理するときの切り方と保存方法 穂先から真ん中の部分は縦に切り(下の写真で切っている最中のもの)、根元は横に切る(写真手前)。 保存するときは、フタつきの深めの保存容器に水を入れ、たけのこが完全にひたるようにした状態で、フタをして冷蔵庫で保存する。 時々水を替えながら、しっかり水に浸けておけば、1週間程度は保存可能。 memo 多くて食べきれない場合は、あらかじめ保存食にするのもおすすめ。 刻んで薄味で下煮しておくと、日持ちするだけでなく、さまざまな料理にアレンジできて便利です。 たけのこのアク抜き方法<時短編> 大きな鍋がないときや、時間がないときは、2~3等分など適度な大きさにカットしてから茹でると時間を短縮できます。 この場合、米ぬかは身の隙間に入って取り除きづらいので、ここでは重曹を使ったテクニックをご紹介します。 用意するもの• 重曹:水1リットルに対し小さじ1が目安•

次の