エリミン。 赤玉

“睡眠薬遊び”「粉々にして飲めばハイ」「1錠100円で買った」…専門家は規制強化求める(1/2ページ)

エリミン

エリミン(一般名:ニメタゼパム)は、1977年より発売されているベンゾジアゼピン系睡眠薬で、主に不眠症状に対して処方されています。 このエリミン錠ですが、2015年11月を持って販売中止となる事が予定されています。 11月で製造中止となるため、それ以降も在庫がなくなるまでは処方を受けることができますが、在庫がなくなればそれ以降は処方してもらう事ができません。 エリミンは古いお薬であり、処方数がそこまで多いお薬ではありません。 しかし効果も強く、バランスにも優れるエリミンは根強い人気が今でもあります。 エリミンと全く同じ成分の睡眠薬はないため、エリミンを服用している方は11月までに何らかの対処を講じる必要があります。 エリミン販売中止に当たって、エリミン服用中の方が今から気を付けておくべきことを紹介します。 1.エリミンはどんな睡眠薬なのか? エリミンについての詳しい説明は、 ・・ の記事で紹介していますので、こちらをご覧ください。 エリミンは即効性・持続力ともに優れているバランス型の睡眠薬であり、その効果も強めです。 服薬してから血中濃度が最大になるまでにかかる時間は2~4時間ほどで、実際は服薬して1時間もすればある程度の眠気が得られます。 また半減期は11~21時間ほどと報告されており作用時間も長めです。 半減期とはお薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、お薬の作用時間の長さを知る1つの目安になる値です。 最近では、 ・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬:(商品名)、、・メラトニン受容体作動薬:(商品名)・オレキシン受容体拮抗薬:(商品名) など、ベンゾジアゼピン系よりも安全性に優れる睡眠薬が次々と発売されているため、エリミンのようなベンゾジアゼピン系は徐々に処方される頻度が減ってきています。 2.エリミンを服用している方へ 新しい睡眠薬がどんどん発売されていますので、現在ではエリミンの処方数はそこまで多くはありません。 しかしエリミンは、そのバランスの良さと効果の強さから根強い人気のある睡眠薬です。 現在エリミンにお世話になっている方もいらっしゃると思います。 特に、「エリミンがないと眠れない」という方は今から準備をしておく必要があります。 なぜならば、エリミンと同じ成分を持つお薬はないからです。 そのため、エリミンを服用している方は、今のうちから別の睡眠薬を試して自分に合うものを見つけておかないと、11月以降突然処方ができなくなり、不眠で困ってしまう可能性があります。 主治医と相談の上、11月以降にエリミンがなくなっても大丈夫なように対策を取っていきましょう。 ここでは、一般的な対策を紹介します。 エリミンを服薬し、ここしばらくの睡眠の状態が安定しているのであれば、減薬・断薬を検討してもよいでしょう。 睡眠薬はいつまでも漫然と服薬を続けるものではないからです。 減薬を行う場合は、主治医と相談しながら「少しずつ少しずつ」行うことが理想です。 一回に減らす程度が少なければ少ないほど、また減らすスピードがゆっくりであればあるほど減薬はスムーズに行きやすくなります。 特に長期間服薬していたのであれば身体がエリミンに依存している可能性もありますので、より慎重に減薬はすべきでしょう。 例えばエリミンは3~5mgの間で使われる事が多いお薬ですが、エリミン5mgを毎日寝る前に服用しているのであれば、いきなり断薬するのではなく、まずは3mgであったり2. 5mgくらいに減薬してみるのがいいでしょう。 これだと眠れなくなってしまうようであれば、更に4mgなどにしてみましょう。 細かい用量調整は薬局でしてもらう事ができます。 細かく刻めば刻むほど、身体が減薬に適応できるようになるため、スムーズに減薬できるようになります。 また、減薬する間隔を十分に開けることも重要です。 一般的には1~2週間間隔で減薬していきますが、それだと反動が出て不眠が再発してしまうようであれば、より期間を長くとってもいいでしょう。 3~4週間間隔にしたりと更に間隔を開けることで、減薬による反動は更に小さくなり、より減薬しやすくなります。 減薬をする場合は、焦らずに少しずつゆっくりとやっていきましょう。 また、自分の判断だけでは失敗する可能性も高くなってしまうため、必ず主治医に経過を報告し、どのような方法を取ればいいのかの指示を仰いでください。 この40年の間、次々と新しい睡眠薬が発売されてきました。 そしてその多くは、エリミンよりも安全性の高いお薬となっています。 エリミンと作用機序が全く同じではないため、十分な睡眠効果が得られるかは使ってみないと分かりませんが、これを機に安全性の高い睡眠薬に変更してみるのも方法の1つになります。 エリミンより安全性の高い睡眠薬としては次のようなものがあります。 【オレキシン受容体拮抗薬】 商品名:ベルソムラ オレキシンという覚醒に関係する物質をブロックすることで、睡眠に導く機序を持ちます。 2014年に発売されたばかりですので、まだ使用実績が少ないのですが、まずまずの入眠効果を持ちます。 また、依存性が非常に少ない(ほぼ認めない)と考えられており、睡眠薬の副作用として多いふらつきや日中の眠気なども少なくなっています。 【メラトニン受容体作動薬】 商品名:ロゼレム 入眠に関係する物質であるメラトニンがくっつく部位であるメラトニン受容体を刺激することで、自然な眠りを後押ししてくれるお薬です。 安全性が非常に高く、依存性を初めとした副作用はほぼ認めません。 ただし入眠効果は弱く、「睡眠薬で眠らせる」というよりは「眠りを自然な感じで後押しする」ような穏やかなお薬です。 【非ベンゾジアゼピン系睡眠薬】 商品名:マイスリー、アモバン、ルネスタ エリミンのようなベンゾジアゼピン系睡眠薬を改良し、眠らせる作用だけにより特化したお薬です。 ベンゾジアゼピン系の改良型というと分かりやすいかもしれません。 このおかげで、ふらつきや転倒といった副作用が少なくなっているのです。 更に依存性もベンゾジアゼピン系と比べると多少軽減しているのではないかとも言われています。 ただし似ているとは言っても全く同じお薬ではありませんので、効くかどうかは個人差があります。 どのお薬にするかは主治医とよく相談して決定してください。 3.エリミンは何故、発売中止になるのか 1977年に発売されて以降、多くの不眠症患者さんを救ってきたたエリミンですが、なぜ2015年11月で発売中止になってしまうのでしょうか。 その理由をメーカーに聞いてみたところ、 「はっきり言ってしまうと、採算が取れなくなってきたからです」 との事でした。 最近は、新しい睡眠薬がどんどん発売されていますから、それに伴って古い睡眠薬であるエリミンが処方される頻度が徐々に少なくなってきているのでしょう。 エリミンのようなベンゾジアゼピン系は、その依存性や副作用への批判が高まっていることから、今後は処方数が減ることはあっても増えることはないだろうという事が予測されています。 少し前までは睡眠薬と言えば「ベンゾジアゼピン系」という時代でしたが、現在では ・非ベンゾジアゼピン系 ・メラトニン受容体作動薬 ・オレキシン受容体拮抗薬 といった新しい睡眠薬がどんどんと発売されており、今後エリミンの処方量が再び増える事は確かに考えにくいでしょう。 ベンゾジアゼピン系の中でもエリミンはバランスの良さと効果の強さから、一部の患者さんには根強い人気のある睡眠薬でした。 しかし効果の強さから、不正に取引されたり乱用されたりするリスクも高いお薬です。 エリミンは俗称「赤玉」と呼ばれており、この名称でネットなどで不正に取引される事もあるようです。 このような背景があるため、エリミンは医師側としても実は「ちょっと処方しにくいお薬」なのです。 悪いお薬ではないのですが、効果の良さから、不正に乱用しようとする人が出てきてしまうリスクがあるお薬だからです。 おそらく、このような要因もあって今回販売中止を決めたのではないかと思われます。 しかし現在は、優れた睡眠薬が多く発売されるようになってきていますから、エリミンの販売中止による不眠症患者さんへの悪影響は少ないと思われます。

次の

睡眠薬の種類と強さを一覧表にしてみた~クロルプロマジン換算表(CP換算表)

エリミン

1.エリミンはどんな睡眠薬か まずはエリミンの特徴をお話します。 エリミンは、効果が強い・バランス型の睡眠薬です。 バランス型、というのは、即効性もあり、持続力もある、という意味です。 データ上は、血中濃度が最大に達するまでには2~4時間かかると書かれていますが、服薬後1時間も経てば最高値に近い濃度まで上がっています。 効果も強めのため、患者さんウケも良い睡眠薬です。 しかしエリミンは違法に売買されたり、乱用されるケースが目立つため、現在は処方しにくいおくすりになっています。 実際、エリミンの横流しや違法流通はメディアに取り上げられたこともあり、問題となりました。 バランスが良く効果も強い。 錠剤も橙色でいかにも効きそうな見た目をしています(「赤玉」という異名も持っています)。 そのため、悪用されやすいのかもしれません。 実際は悪いおくすりではなく、正しく使ってくれれば他の睡眠薬と変わらないのですが、このような背景があるため、医師側としては悪用されるケースが多く「処方しずらいおくすり」です。 現在はエリミン以外の睡眠薬の選択肢もたくさんあるため、エリミンが処方される頻度は徐々に少なくなっています。 しかし悪い睡眠薬ではありませんので、適正に使用できる方でエリミンが適していると判断される患者さんには処方することもあります。 2.エリミンの強さは? エリミンの睡眠薬としての強さはどのくらいなのでしょうか? 個人差もありますが、 一般的にエリミンは「効果が強め」の睡眠薬です。 とは言ってもベンゾジアゼピン系睡眠薬はどれも強さに劇的な差はないとも言われており、他と比べて劇的に強い、というわけではありません。 あえて強弱の差をつけるならば「強め」、という程度です。 ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は強さに関しては、どれも大きな差はありません。 違うのは「強さがピークになる時間帯」や「効果が続く時間」です。 上図のように、睡眠薬はどれもピーク時の強さは同程度です。 強さはあまり変わらず、強さがピークになる時間帯がそれぞれ違うのです。 エリミンは3mg~5mgの量で使いますが、量を増やせばそれだけ効果は強くなります(症状・年齢によって医師の判断で適宜増減されます)。 ただし量を増やせば効果も強くなりますが、副作用も現れやすくなります。 そのため、まずは3mgなどの少量から開始し、効果が不十分な場合に限り5mg以上を使うようにするのがいいでしょう。 3.エリミンの作用時間 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は作用時間で大きく4種類に分類されています。 超短時間型・・・半減期が2-4時間• 短時間型 ・・・半減期が6-10時間• 中時間型 ・・・半減期が12-24時間• 長時間型 ・・・半減期が24時間以上 半減期というのは、その薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間の事で、「おおよその薬の作用時間」の目安として使われています。 エリミンは「中時間型」の睡眠薬に分類され、 服薬してから2~4時間ほどで血中濃度が最高値になり、半減期は約12~21時間です。 飲んでから効果が最大になるため2~4時間かかりますが、前述のように1時間で最高値にかなり近くなるため、実際は即効性がそれなりにあります。 半減期も長く持続力もあります。 中途覚醒(夜中に何度も起きてしまう)タイプの不眠に適している睡眠薬ですが、入眠障害(寝付けない)タイプの不眠にも一定の効果は示す、バランス型の睡眠薬です。 即効性・持続力ともにあり、効果も強いので、患者さんからの受けは良いおくすりです。 しかしそのためか、違法流通したり乱用されるケースが散見されます。 良く効くからとたくさん使ったり長く使ってしまい、耐性や依存性を起こしてしまうケースも少なくありません。 必要な時に必要な範囲で内服することは問題はありませんが、安易な内服や漫然と服薬を続けることは避けるべきでしょう。 4.各睡眠薬の作用時間比較 よく使われる睡眠薬の作用時間を比較してみましょう。 睡眠薬 最高濃度到達時間 作用時間(半減期) ハルシオン 1. 2時間 2. 9時間 マイスリー 0. 7-0. 9時間 1. 78-2. 30時間 アモバン 0. 75-1. 17時間 3. 66-3. 94時間 ルネスタ 0. 8-1. 5時間 4. 83-5. 16時間 レンドルミン 約1. 5時間 約7時間 リスミー 3時間 7. 9-13. 0-1. 2時間 27. 1時間 ドラール 3. 63時間 36. 5-42. 0時間 作用時間が睡眠薬によって様々であることが分かります。 最高濃度到達時間が早いお薬は、「即効性がある」と言えます。 ハルシオンをはじめ、ルネスタ、マイスリー、アモバンなどの「超短時間型」は1時間前後で血中濃度が最高値になるため、「すぐに寝付きたい」という方にお勧めです。 しかし、3~4時間で効果が切れてしまいますから長くぐっすり眠りたい方には不適であることが分かります。 エリミンはというと、「入眠障害(すぐに寝付きたい)」「中途覚醒(長く眠りたい)」の両方に対応できますが、その特徴から見ると中途覚醒タイプに使うことが多いおくすりです。 それぞれ特徴が違いますので、主治医と相談して、自分に合った睡眠薬を選びましょう。 5.エリミンが向いている人は? 不眠には大きく分けると2つのタイプがあります。 一つ目が「寝付けない事」で、これは「入眠障害」とも呼ばれます。 そして二つ目は「寝てもすぐに起きてしまう事」で、これは「中途覚醒」と呼ばれます。 一般的には、• 入眠障害には超短時間、短時間型、• 中途覚醒には中、長時間型 の睡眠薬が適していると言われています。 エリミンは中時間型ですから、セオリー通りにいけば「寝てもすぐに起きてしまう」という中途覚醒に向いていることになります。 実際にも中途覚醒タイプの不眠に用いられることが多いのですが、エリミンは入眠障害にもある程度の効果を発揮します。 そのため、中途覚醒が主なんだけども、入眠障害もやや困っている患者さんに向いているおくすりだと言えます。 しかしエリミンは前述の通り、悪用されることが多かった背景のあるおくすりですので、医師側としてはどうしても必要なケース以外は処方は控えたいという面もあります。 そのため、中途覚醒の場合まずは別の中~長時間型の睡眠薬を使用し、エリミンを検討するのは「他の中~長時間型の睡眠薬がいまひとつ効かない」など、やむを得ないケースに限るのが現実的でしょう。 安易に処方してしまうと、今までの傾向から言って、違法流通・乱用に利用される可能性があるからです。 6.エリミンの作用機序 エリミンは「ベンゾジアゼピン系」という種類のおくすりです。 ベンゾジアゼピン系はGABA受容体という部位に作用し、その効果を増強することで、抗不安効果、催眠効果、筋弛緩効果、抗けいれん効果という4つの効果を発揮することが知られています。 ベンゾジアゼピン系と呼ばれるおくすりは、基本的にはこの4つの効果を全て持っています。 ただ、それぞれの強さはおくすりによって違いがあり、抗不安効果は強いけど、抗けいれん効果は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安効果は弱いけど、催眠効果が強いベンゾジアゼピン系もあります。 ベンゾジアゼピン系のうち、催眠効果が特に強いものを「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」と呼びます。 エリミンもそのひとつです。 (注:ページ上部の画像はイメージ画像であり、実際のエリミン錠とは異なることをご了承下さい).

次の

エリミン

エリミン

睡眠薬の種類と強さを一覧表にしてみた~クロルプロマジン換算表 CP換算表 睡眠薬の強さはクロルプロマジン換算 CP換算 によって表されます。 これを示したのが以下の表になります。 睡眠薬の強さを種類ごとに表したクロルプロマジン換算表 CP換算表 ブロムワレリル尿素 ブロバリン 500 アモバルビタール イソミタール 50 ペントバルビタール ラボナ 50 クアゼパム ドラール 15 フェノバルビタール フェノバール 15 ゾルピデム マイスリー 10 ゾピクロン アモバン 7. 5 ニトラゼパム ベンザリン/ネルボン 5 ニメタゼパム エリミン 5 ハロキサゾラム ソメリン 5 エスタゾラム ユーロジン 2 リルマザホン リスミー 2 1 ロルメタゼパム エバミール/ロラメット 1 トリアゾラム ハルシオン 0. 25 ブロチゾラム レンドルミン 0. 25 公益社団法人神経研究所附属晴和病院 稲垣中、稲田俊也向精神薬等価換算より 睡眠薬の強さの表はどのようにしてみたらいいか? 睡眠薬の強さは、少量で強く効くものから、多量でもさほど効かないものなどいろいろあります。 この表ですと、下に行くほど少量で強く効く眠剤ということになります。 レンドルミン ブロチゾラム 、ハルシオン トリアゾラム が強く、その次がサイレース フルニトラゼパム 、エバミール ロルメタゼパム ということです。 睡眠薬の強さはCPをもとに重さ・容量などをもちいて調節 上記では、睡眠薬の強さでいうとブロチゾラムやトリアゾラムが最高であることを説明しました。 しかし実際には、CPが一致するように錠剤の重さを調節しますので、「結局パッケージあたりの強さはほとんど変わらない」ということになります。 結局、睡眠薬の強さはあまり意味がない。 重要なのは持続時間 半減期 結局のところ、睡眠薬の強さは大した意味を持っていません。 重要なのは何時間持続するかの違いであって、量でもつよさでもないのです。 とりあえず、自分が何時間寝たいのか、寝る必要があるのか、そういった部分を含めた行動計画で考えましょう。 そのうえで、長期にするのか短期にするのかは個人の判断とお医者さんの判断で決めることになると思います。 睡眠薬の種類とピーク時間と半減期、強さをもとにした最高用量の一覧表 商品名 一般名 ピーク時間 半減期 最高用量 睡眠薬の種類毎 睡眠導入効果・依存・副作用の強さ一覧表 睡眠導入効果の強さ 依存の強さ 副作用全般の強さ バルビツール酸系 5 5 5 ベンゾジアゼピン系 3~4 3 3 非ベンゾジアゼピン系 2~3 2 2 メラトニン受容体作動薬 1 1 1 オレキシン受容体拮抗薬 2 1 1 メラトニン受容体作動薬ロゼレム(ラメルテオン)は武田薬品工業の開発した睡眠障害治療薬ですが、どうにも効果が弱いような・・・使い方次第なのでしょうか。 オレキシン受容体拮抗薬ベルソムラ(スボレキサント)は効果は人によって異なるように思います。 凄く効く人もいれば、そうでもない人もいる。 とりあえず上記二つは、ベンゾジアゼピン系など他のクスリと一緒に使うことが良いのかもしれません。

次の