茨城 県 日立 市 事件。 日立市に関するトピックス:朝日新聞デジタル

日立警察署からのお知らせ/茨城県警察

茨城 県 日立 市 事件

日立警察署からのお知らせ 茨城県警察官採用案内の詳細については,をご覧下さい。 採用に関する個別相談、個別説明について 採用に関する個別相談、個別説明には対応致しますので最寄りの警察署若しくは茨城県警察採用フリーダイヤル0120-314-058までお問い合わせください。 一人ひとりが,自分の存在を周りに知らせて交通事故を防ぎましょう!• 歩行者は、反射材をつけて「しらす」 夕方から夜間は必ず反射材を身につけましょう。 反射材は車のライト(光)をはね返し、自分の存在を知らせます。 車・自転車は早めのライト点灯で「しらす」 日没30分前にライトを点灯して、周りに存在を知らせましょう。 夜間の車の運転はライトの上下切替えをこまめに実施しましょう。 高齢者 65歳以上 が関係する交通死亡事故が日立市内で多発しています。 高齢者の皆さん、交通ルールを守り、交通事故に遭わないようご注意ください。 歩行者の皆さんへお願い 道路の左右をよく確かめて横断! 車が遠くに見えても油断は禁物!思った以上の速さで近づいてきます。 油断せず、車が通り過ぎてから、ゆとりを持って横断することが安全な横断方法です。 反射材で目立とう! 夜間、暗闇の中では、ドライバーから横断歩行者の姿がよく見えていません。 夜間の外出は反射材や白っぽい服装で目立つことが交通事故防止のために大切です。 運転者の皆さんへお願い 脇見運転に注意! 「前方不注視」は、最も多い事故原因のひとつです。 脇見・ぼんやり運転は厳禁です。 気を引き締めて運転に集中して下さい。 こまめなライトの上下切り替えで交通事故防止! 交通死亡事故の多くは、夜間 7割強 に発生しています。 ライトの上向き・下向きをこまめに切り替えて、歩行者などの早期発見・事故防止に努めて下さい。 ライト上向き 走行用前照灯 …夜間前方100mの距離にある障害物を確認• ライト下向き すれ違い用前照灯 …夜間前方40mの距離にある障害物を確認.

次の

茨城県日立市の治安【事件や事故など】|治安マップ

茨城 県 日立 市 事件

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 日立市の戦災 (2015年08月13日 朝刊) 太平洋戦争末期、軍需工場だった日立製作所がある 日立市は米軍の空襲が相次いだ。 このうち大きな攻撃は3度あった。 市が1982年に発行した「日立戦災史」によると、最初は45年6月10日朝のB29による空襲だ。 100機を超える編隊が海岸工場などに1トン爆弾508発(米軍記録では806発)を投下。 工場内の防空壕が直撃されるなどして社員と周辺住民約1200人が死亡した。 7月17日夜には艦砲射撃の攻撃を受けた。 日立沖合にきた米艦隊が山手、多賀工場などを砲撃、周辺住民を含め多数の死者が出た。 2日後の19日深夜から翌日未明にはB29、127機による焼夷弾攻撃を受けた。 1万3900発が投下され、工場と市内の建物密集地の6割以上が破壊された。 3回の戦災による死者は合計1500人以上、被害戸数1万5千戸、被災者約7万4千人とされる。 日立妻子6人殺害事件 (2018年10月06日 朝刊) 日立市田尻町で昨年10月6日早朝、小松博文被告が「(自宅に)火をつけてきた。 家族を刺してきた」と警察署に出頭した。 妻と5人の子ども(3〜11歳)を複数回刺し、自宅アパートに火をつけて殺害した容疑で逮捕、起訴された。 「妻から別れ話を切り出された」と供述した。 裁判が始まる見通しは立っていない。

次の

【殺人】茨城県日立市 同居の祖父殴って殺害 無職の20歳孫の男逮捕

茨城 県 日立 市 事件

概要 [ ] 死刑判決を受けて上訴中だった元暴力団組長の被告人Gが、自分が関与した複数事件(殺人2件と死体遺棄1件)の上申書を提出。 元暴力団組員が「先生」と慕っていた不動産ブローカーのMが3件の殺人事件の首謀者として告発された。 元暴力団組長に取材を続けていた雑誌『』がに報じたことによって、世間から大きく注目されるようになり、「先生」が関与した1つの殺人事件について化した。 元暴力団組長は「先生」との共同殺人のあと、自分に不義理を働いた人物らに制裁を加えるため1人を川に突き落として水死させたのち、もう1人の自宅を襲撃してその場にいた全員を監禁、高濃度の覚醒剤を注射して彼の知人女性を中毒死させ、部屋を放火するというという別事件で上記の判決を受けていた。 元暴力団組長が上申書で告発したきっかけは、「先生」が首謀した殺人事件の報酬を受け取る約束が、直前に別の刑事事件で逮捕・長期勾留されたことで「先生」に反故にされたこと、世話を頼んだ舎弟が自殺した際に舎弟の財産が「先生」の手により処分されたことであった。 上申書の中では「先生」や舎弟(別事件の共犯らおよび自殺した人物)だけでなく、「先生」と関わりのある会社経営者や死亡者の家族らも「先生」同様逮捕を免れた共犯として名前が挙がっていた。 上申書の事件 [ ] 石岡市焼却事件 1999年11月中旬に「先生」が金銭トラブルを巡ってネクタイで男性の首を絞めて殺害し、茨城県のある会社まで運び、敷地内の焼却場で、「先生」が新聞紙を丸めて火を付け廃材と一緒に焼いた。 被害男性は推定60歳代だが名字しかわからなかった。 遺体が焼かれて残っていないだけでなく、身元確認も困難な状況となった。 この事件で「先生」は億単位の金を入手した。 北茨城市生き埋め事件 1999年11月下旬に「先生」が埼玉県(現)の資産家男性(当時70代)をの駐車場で拉致しての「先生」の所有地まで運んで穴を掘り、穴の中に入れて生き埋めにして殺害した。 男性の土地はいったん「先生」名義になった上で、その後売却された。 被害男性は特定されており、男性の住民票移動や土地登記の移動も上申書の通り裏付けられた。 しかし、「先生」所有の土地で遺体が見つからなかった(「先生」が証拠隠滅のために、遺体を掘り起こして別の土地に移したという情報がある)。 そもそも、被害男性は身寄りがないため、DNA鑑定しても本人確認が難しいという問題があった。 この事件で「先生」は約7000万円を入手した。 日立市ウォッカ事件 「先生」が2000年7月中旬から借金を抱えていた茨城県のカーテン店経営者(当時67歳)を内の事務所等で軟禁状態に置き、糖尿病と肝硬変を患っていた被害者の体調悪化を狙って、1ヶ月間にわたって大量の酒を与えた。 同年8月中旬に「先生」の自宅で高アルコール濃度のウォッカを無理やり飲ませ、病死に見せかけて殺害。 遺体を(現)下赤沢の山中の林道に運んで遺棄した事件。 8月15日に遺体が発見された。 当初は警察が「事件性無し」として処理した結果、残された家族は生保会社2社から約1億円の生命保険金を手にしたが、大部分の保険金は「先生」たちによって山分けされた。 刑事裁判 [ ] 告発されていた3つの殺人事件の内、日立市ウォッカ事件がとして刑事裁判となった。 裁判の結果、首謀者である「先生」は無期懲役、死亡現場に立ち会った元暴力団組員は懲役20年(別事件で死刑確定)、従犯だった舎弟4人は不起訴 生存した3人は別事件で12年~無期の懲役 、保険金殺人の依頼をした死亡者家族3人に懲役13~15年が言い渡された。 また、死亡保険金が振り込まれた口座を不正開設した詐欺罪で死亡者家族2人が懲役1年執行猶予3年となった。 また、事件捜査中の2006年12月31日に、殺人事件の依頼を仲介したとされる工務店経営者(当時52歳)が交通事故死している。 関連書籍 [ ]• 新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫) 関連項目 [ ]• ……『凶悪 -ある死刑囚の告発-』の映画化。

次の