アトランタ艦これ。 でかい龍驤 (でかいりゅうじょう)とは【ピクシブ百科事典】

アトランタ (軽巡洋艦)

アトランタ艦これ

「、級、その一番艦、。 防のほうが通りがいいかなあ」 ()とは、「」に登場する、第二字大戦時の所属級(防)1番艦〈 ,-〉をにした登場人物()である。 :/: もしかして、概要? だったらあたしはパス。 開始の『』の最終面である諸域(E-6)の突破報酬、つまり報酬としてされた。 ただし、E-6を含む後段はのにて開始されたので、の日もこのとするのが正しい。 としては初の(意外にも、これまでにされてきたはで、はいなかった。 同でとしてはヒュースに続いてのだが、そちらが艦なので突破報酬であるこちらを先に入手したというもいた模様)にして、初となる「防」となる。 この「防」は、の的にはのである。 今後、的にッシュされたり、達の研究によって最適な使い方が詰められていくことと思われるが、現時点では「とにかく対に全振りした」という扱いになるか。 あたしの特徴……本当に? ん、いいけど。 Atlanta、抜錨。 艦隊、前進。 のに、何故かのい(薄い?)瞳 いわゆるの持ち。 頭には軍帽(いわゆるギャリソン)を被っている。 ちなみにに書かれている「」は艦番号(ン)の-が。 そしてなによりを惹くのは、とは思えぬ豊かな。 さすがのアメリ。 ・・・なのだが、性格は見たにたがわずナー気質。 他のアメリが基本な多い傾向の中で非常に立つ。 口調も対峙している相手に「シッシッ、来んなよ!」と言ったり、 史実での因縁持ちである やに対して「テメエ」「こっち来んなよ」と返したりと似たような乱暴な喧になっている事も。 また、最期がかつ滅多打ちに近い形だったためか、としてはしくが苦手でにおいてもかなり余裕がない発言が立つ 音がくと非常にる、差し入れしてくれたに喧を売り掛けるなど としては・・食後のとそつなくこなしており、前述の通りの時間はオドオドしている中でがフォローに入っている。 Are you okay? 防空巡アトランタ、出撃するから。 で、でいう5,t級と同世代だった級の更時期を迎えようとしていた末。 では建造に傾倒しはまで置き去りにされていたが(この辺は条約による建造問題とかもあるが)、は「そんなもん両方造っておけばいいじゃん」とばかりにも止めることなく、級の後は級、その修の級を切れく設計・建造を続けていた。 さて、末となると、の発展もにならないに達しつつあった。 軍設計部「あ、そう? それじゃ対なにするか」 というわけで、新には、対艦対両方をこなせる38口径のMk12 5(12. 7)連装を8基16門、m連装対機4門、20mm単装機6門と、大量の対兵装を搭載した。 ちなみに、本来は6両用を搭載したかったのだが、当時はまだだったのと、が条約をすることから、泣く泣く見送られた。 こうして、新級が誕生することになった。 ちなみにこの級、建造時期によって小修を加えられたため、3つの(級、ンド級、級)に分けられることもある。 それぞれ4隻、4隻、3隻の計11隻が建造されたが、その辺りで開戦となり、条約制限もくなったことから、新たにした6を搭載した理想のとして登場するのが級となる。 ちなみに級で有名な艦には、18個のを受章した武勲艦〈〉、サリバンの悲劇で知られる〈〉がある。 なお、「防」として名高い級だが、当初の分類は()であり、防()というが誕生したのはので、その時には狭義の級(前述)は全て沈没または退役していた。 さて、その級のである〈 ,-〉は、開戦直後の11年に就役した。 艦名は州の州都で、あの「」のでもあるから。 ちなみに〈〉のにはこの繋がりで「」のであるマー・ミッチェルがを割る役を行っている。 称は「A」「マイA」など。 就役後は短い訓練を経て、は。 かの〈〉が率いる第16任務部隊の護衛任務として参戦したが、大した戦果を挙げることく終わった。 というのも、〈〉の攻撃隊が一矢報いたのは第任務部隊の〈〉で、第16任務部隊の方には機はあまり来なかったので、対艦の出番もかったのである。 続いて第16任務部隊は諸に向かった。 第戦では〈〉〈〉からのを撃墜して対艦の本領を発揮したが、それでも〈〉は攻撃を受けて中破し、前線からは退くことになる。 〈〉は、第11任務部隊に所属替えとなったが、こちらも旗艦だった〈〉が〈26〉の撃で中破して退き、第任務部隊に再度所属替えになる。 その後、その分艦隊である第. 2任務部隊の旗艦を任じられた。 再編成され、第. 4任務部隊の旗艦となった〈〉は、第戦に臨むことになる。 なら、〈〉がの艦列に突撃して大を招いた、という一件はご存知であろうが、この突っ込まれた方の部隊にいたのが〈〉であった。 での中、〈〉は近づいて来たから照射されたかと思うとが発射されるのが見えたため、こちらからもで照らしながら撃を行い、1,mのでこれを撃沈した。 このこその〈〉であった。 しかし、このは他の艦船からは格好の標となる。 〈〉〈〉からの撃に加え、味方のはずの〈〉からもされ(むしろそちらの方が痛打を与えたとも)、そんな状態でも反撃しようとしたところで、〈〉から発射されていた2発が艦に突き刺さった。 を受けたのは後部室付近で、〈〉は一時的に動が、航行になり、戦の最中に漂流することになった。 幸いというか、それ以上の攻撃を受けることもなく、が明ける。 明るくなると、両軍共にさんさんたる有様であったことが見えてきた。 そんな中でも、の手助けを受けてから離れたところまでは航された〈〉であった。 なお、航中に、それを見つけたのが接近してきたが、かろうじて動いた5でそれを追い払うことに成功し、防艦としての意地をみせるが、浸が止まらず艦も傾斜するほどになっており、この場では手の尽くしようがいことから、最終的に官ゼーから、自沈処理とすることが命じられた。 12年15分、〈〉は爆破により自沈し、の一員となった。 年、除籍。 わずか1年にも満たない艦ではあったが、5つのに加え、そので殊勲部隊章を受章した。 関連動画。 ん、Thanks. 例によってカリ あたしの関連静画に何か問題ある? 関連項目が来ちゃったか。 仕方ない、始めるよ。 軍 US Navy• [護衛]• [防 ]• [] ,• [護衛]• 敵…?(で登場)• …苦手意識はあるが、の性格もあって仲は悪くない様子• …自身のの通り「 」呼びしている• …何とにをされるが… 【 】 ・級 - ・級 - ・p級 - ・級 - 陸軍 - - 択捉 -.

次の

アトランタ(艦これ)とは (アトランタとは) [単語記事]

アトランタ艦これ

僕も仕事が無ければ香取と一緒に日向ぼっこしたいよ」ニコッ 香取「これからも沢山機会があります。 どうされました? あ、掛けてください」つ椅子 香取「ありがとうございます。 えっと、最近妙に頭痛や腹痛が続いていて、一度診断してもらえませんか?」 明石「頭痛と腹痛ですね……他に症状はありますか?」 香取「う~ん……トイレに行く回数が増えたかもしれません」 明石「ふむふむ……他には?」カキカキ 香取「今はそうでもないのですが、身体のだるさと眠気がひどい日があります」 明石「……ふむ。 最近胸が痛いと感じたことはありました?」 香取「少し前にありましたけど、今は治まってます」 明石「腰痛はありますか?」 香取「あ〜、少し痛いかもしれません」 明石「最近味覚や嗅覚に変化はありましたか?」 香取「そうですね……ちょっと変わったかもしれません。 なんとなくですが……」 明石「そうですか……ちょっと検査するのでお時間を頂きますがよろしいですか?」 香取「はい、大丈夫です」 明石「分かりました。 ではーー」 〜香取詳しく検査中〜 明石「おめでとうございます。 ご懐妊ですよ。 約五週間ですね」ニコッ 香取「えぇ!? 」 明石「ちゃんと検査したので間違いありませんよ。 おめでとうございます」ニコニコ 香取「ほ、本当なんですか!? 本当に!? 香取 完.

次の

アトランタ

アトランタ艦これ

神楽です。 2019年秋冬イベント最終海域突破報酬艦である 防空巡洋艦・Atlantaの 対空性能がこれまでとは一線を画すレベルで高い というのは話題になったかと思います。 専用装備が求められはしますが、 全ての項目において対空カットインの性能がトップです。 特にすごいのがその発動率で、 おおむね9割ほどの確率となっているようです。 水偵を積めずに弾着観測射撃が出来ず、夜戦でも強くはないアトラちゃんですが、 こと防空という一点に関しては最強の座に君臨していますね。 艦これでは均一な性能であることよりも、何か一芸、一点突破の偏った子の方が 局所的な活躍が期待出来る傾向があるという点では、まさにその申し子といえましょう。 6-5海域・中央ルート 思えば、6-5海域は実装から 攻略のトレンドが移り変わっていった場所でした。 当初は上ルート以外での攻略は現実的ではなく、 道中での無慈悲な大破撤退にヒーコラ言いながら攻略するという 5-5海域とさして変わらない魔境でありました。 ……ボスに辿り着ければほぼ勝てるのは有情でしたが。 それが二期になって空襲マスや潜水艦マス、夜戦マスでの燃費が減ったことで 下ルートでの攻略が現実的になり、現在のトレンドとなっています。 そうした移り変わりの中でも、 一切無視されていたのが中央ルートです。 編成条件が厳しい上に、潜水艦と空襲マスが連続するという仕様が どうにもルートとしての旨味がないという判断があったからですね。 そこに一石を投じるのが、防空巡洋艦の存在というわけです。 その対空カットインの性能は折り紙付きであり、 危険な空襲マスでの被害を大幅に減らしてくれるだろうという期待が持てます。 戦艦と空母の割合は、制空権を取れるのは当然とした上で自由に決めれば良いと思います。 軽巡枠は、今回のテーマであるアトラ。 基地航空隊は、 一部隊を東海部隊にしてEマスの潜水艦に送るという手もありますが、 オーソドックスにボスへ向かわせることにします。 制空拮抗削りにして、より確実に枯らす方向でやってみましょう。 6-5-Cマス・空母機動部隊 また消費を。 遠回りしたせいか、燃費がエグいことに。 そのぶん、艦戦・水戦しか持って行かなかったのでボーキの消費は抑えめでしたが。 総評 聞きしに勝るアトラの対空カットイン発動率と撃墜っぷりでした。 十全な対空が発揮されるのはどう頑張っても五分五分なので、 ほぼ確実に被害を軽減してくれると思えば充分でしょう。 対空以外はダメダメな子ですが、それゆえに特化した性能は 何も6-5海域のみならず他の海域でも活かされることでしょう。 敵・航空戦力を問答無用で黙らせて回ると考えれば、 その貢献度は凄まじいことになるわけですから。 そして、 6-5海域・中央ルートですが 編成の都合上、上ルートからでないと旨味はなさそうですね。 下ルートスタートであれば、いつもの下ルート編成の軽巡枠を アトラにしてしまえばそれで済むというお手軽さが勝ると思われます。 危険なCマスをネルソンタッチで切り抜けるというのは魅力的ですので、 中央ルート編成の開拓も進むことでしょう。

次の