パワプロ シャベリン。 FFT獅子戦争攻略日記: ふみの野球&ゲーム

ジャベリン (対戦車ミサイル)

パワプロ シャベリン

バッジの基本情報 デッキにセットして効果発動! デッキにセットするだけでOK! バッジとはイベントデッキにセットすることでサクセス中に特別な効果を発揮させることができるアイテム。 セットしても消費せず、何回でも使うことができる。 バッジによって効果が異なる バッジは複数種類あり、基本能力の限界突破が可能なもの・強力なイベントが発生するものなどさまざま。 育成するポジションに合わせたバッジをセットすることが重要になる。 バッジ効果はサクセス中複数回発動し、イベント発生率が高いほど発動しやすい。 特定キャラセットで効果UP! バッジによっては「リンクセット効果」があるものがあり、特定のイベキャラをデッキにセットすることでバッジ効果がアップするものがある。 リンクセット効果は対象人数によって強化されていくが、 助っ人は対象外なので注意。 ウィークリーリーグに参加しよう バッジ屋を解放するにはバッジコインを入手しなければならない。 コインは「ウィークリーリーグ」に参加することで入手できるが、参加にはチームランク10000が必要。 まずは選手育成でチムラン上げが必要になる。 好成績ほどたくさん入手 ウィークリーリーグの成績が上位になるほど、多くのバッジコインを入手できる。 パワマッチスタジアムでも入手可能 パワマッチスタジアムのMYスタジアムをタップするとバッジコインが入手できる。 入手数は時間経過で累積するが、時間あたりの入手数はそこまで多くない。 コインを受け取りでバッジ屋が出現 バッジにはレベル効果が設定されており、同じバッジを入手することでLv上昇。 Lvに応じた効果が発動される。 まずは1種集中でLv10にしよう さまざまなバッジを均等に強化していっても、バッジの真価は発揮されない。 よく使いそう、と思うバッジをまずはLv10まで上げてしまうのがオススメ。 Lv10まで必要なバッジの総数は115個。 Lv20までは415個が必要になる。 コインの節約になるので、朝・昼・晩の3回バッジ屋を確認しておこう。 レスキュー パッチ 上限解放にはメンタルキャラが必要だが、 イベント発生時の体力回復がとにかく優秀。 発生率も高めで、練習中心の高校で強い。 技術ptが余りやすい高校で使いやすい。 スプリンター 天空中央高校で併用すると最大スピード上限108まで伸ばすことが出来る。 シナリオキャラを入れるだけで開放条件を満たせる。 WG・SMF育成時にうまく採用できると強力。 GOAL! ガチャ限定バッジが無い時に使える。

次の

【パワプロアプリ】ジャベリン五十嵐の評価とイベント【パワプロ】

パワプロ シャベリン

訓練にて発射されるFGM-148 より開発構想が検討され、に初の試射が行われた。 への配備開始はのことである。 FGM-148の開発・製造は社・社(現在はそれぞれ、社・社)の合弁企業であるJAVELINによって行われ、これまでに20,000基以上の本体と、3,000基以上のCLU(Command Launch Unit, 分離可能な発射機とのセットで、これによりFGM-148は安全な場所から目標を狙い、離れた場所にある発射機からミサイルを発射するといった運用が可能になる)が納入されている。 には、()に360基のミサイルと40基の発射機・トレーニング機器・サポート、そして、トレーニングプログラムまでを包括的提供する契約が3,900万で締結された。 これは、ミサイル1基あたりにつき10万USドルに相当する。 1月には、が軽誘導(Light Forces Anti-Tank Guided Weapon System, LFATGWS)トライアルにおいてFGM-148を採用することを決定した。 から旧式のからの転換が進んでいる。 の携行装備の中でも大変高価な装備であるため、世界のの中でも実射訓練の多いでも訓練にはシミュレーターを使用する。 このシミュレーターにおいて好成績を残した者のみが実機での実射訓練を行える。 2003年のイラク侵攻作戦()において初めて実戦使用された。 、アメリカは、国内の混乱が続くに対して、ジャベリンなど対戦車ミサイルを含む防衛装備の提供を行うことを明らかにしている。 概要 [ ] 弾着の様子 主な目標はであるが、や、さらには低空を飛行するへの攻撃能力も備える。 完全な「撃ちっ放し」()機能、発射前の・自律誘導能力、バックブラストを抑え室内などからでも発射できる能力などを特長とする。 のは、装甲車両に対しての薄い上部を狙うトップアタックモードと、建築物などに直撃させるためのダイレクトアタックモードの2つを選択できる。 トップアタックモードでは高度150m、ダイレクトアタックモードでは高度50mを飛翔する。 は、画像と内蔵によって事前に捕捉した目標に向かって自律誘導される。 は、を備えている。 これは、メイン弾頭の前に、より小さなサブ弾頭を配置したもので、サブ弾頭によりなどのを無力化した後にメイン弾頭が主装甲を貫通するように設計されている。 FGM-148は、CLU(Command Launch Unit)と呼ばれる発射指揮装置の部分と、の部分(LTA(Launch Tube Assembly)と呼ばれる発射筒体と、発射筒に収められたミサイル本体)から構成されている。 総重量は22キログラム。 ミサイル本体は射出用ロケットモーターによって発射筒から押し出され、数m飛翔した後に安定翼が開き、同時に飛行用ロケットモーターが点火される。 これにより、バックブラストによって射手の位置が露見する可能性を抑え、後方が塞がっている室内(高さ7フィートx幅12フィートx奥行15フィート)などからも安全に発射することができる。 ミサイルは完全自律誘導のため、射手は速やかに退避することができる。 運用は1名でも可能であるが、通常は射手と弾薬手の2名で行う。 弾薬手は、発射時の周囲警戒も担当する。 採用国 [ ]• :発射機92基• :発射機30基• :発射機30基• :発射機24基• :発射機90基• :発射機60基• ():発射機60基• :発射機200基• 性能 [ ]• 装甲貫徹力:換算600mm以上• 所要時間:発射準備30秒以下、再装填20秒以下• 発射指揮装置(CLU)• パッシブ目標捕捉・諸元入力• 内蔵熱源暗視装置 - 4倍率(昼間)、4倍率または9倍率(夜間)• バッテリー有効時間 - 4時間• 価格:40,000(ミサイル本体) 125,000USドル(CLU) 類似のシステム [ ]• 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 終盤、がと一緒にのに対して使用する。 『』 を占領したが、隊員を乗せてホワイトハウスに近づいてくるへの攻撃に使用し、3機ともする。 劇中では「」と表記・呼称される。 漫画 [ ] 『』 旭日第6部隊(ボスフォート6)がから身を乗り出して使用するが、1発目はヨナの放ったが空中でしたためされ、2発目を撃とうとしたところをヨナのによって射撃手を倒され、無力化される。 ゲーム [ ] 『』 実際の訓練と同じく、シミュレーター後に実射訓練を受ける形式。 『』 『』 『』 『シリーズ』 『』 陣営で使用可能なとして登場する。 名称が「FGM-148」ではなく「FMG-148」となっている。 『』 『』 版にに実装された。 壁越しに敵を捕捉できるが、姿勢が限られる、に対して攻撃できない、が中途半端で命中しにくいなど、実物とは大きく異なる仕様になっている。 『』 『』 敵の破壊が必要なシーンに出現する。 本作のテーマを象徴する兵器でもある。 は実物に似せてあり、ゲーム中では壁越しにできる。 『』 キャンペーン、マルチプレイなどで使用可能。 キャンペーンではのや車両に向けて発射可能。 『』 Act II「Iron Lady」の終盤、付近のに追い込まれたプレイヤーたちの近くに落ちており、プレイヤーが使用してロシア軍のやを破壊することが可能。 『』 『』 マルチプレイ(アンロック武器)・COOPモード(OPERATION EXODUS)で使用可能。 マルチプレイでは他のの装備品「SOFLAM」()を使用する事でトップアタックモード運用が可能(また、これにより航空機への使用も可能)。 『』 工兵の専用武器として登場。 実物とは違い、ミサイル発射後も着弾まで目標をロックしておく必要がある。 しかし、PLDやSOFLAMなどでロックオンしてもらうことにより、・トップアタックモードが使用可能になる。 『』 発射後、R3スティックで操作可能。 非常に威力が高く、と並んで唯一を一撃で破壊できる兵器でもある。 トップアタックモードは使用できず、ダイレクトアタックモードのみの仕様となっている。 に向けてロックオン・攻撃も可能。 『』 東城会の構成員が使用。 桐生に向かって撃つがかわされてしまい、八幡組の車に着弾する。 脚注 [ ] [].

次の

ワザップジョルノとは (ワザップジョルノとは) [単語記事]

パワプロ シャベリン

5 初期評価25 SR ,30 PSR Lv. 15 コツレベボーナス2 Lv. 25 筋力ボーナス4 Lv. 37 SR上限開放時 初期評価50 SR Lv. 40 SR上限開放時 初期評価55 SR ,60 PSR Lv. 走力上限突破時の単独査定は126とかなり高いため、選手査定を伸ばす上で大いに役立つ。 メイン得意練習が走塁 得意練習2種持ちであり、内訳はメインが走塁でサブが打撃。 メイン得意練習が走塁で優秀なキャラは数少ないため、メイン得意練習が走塁であることの恩恵が大きいシナリオではかなり貴重な存在となる。 打撃固めにも対応可能 打撃の得意練習を持っているため、打撃固め編成にも対応可能。 対応基礎ボーナスは打撃固め編成において余りやすい技術ではなく筋力なので、経験点バランスが整いやすくなる。 使用する際の注意点 タッグ発生が遅くなりやすい 初期評価がSRLv35時点で45とかなり低く、タッグ発生が遅くなりやすい。 初期評価の低さをカバーするため、育成開始後は優先して追ったり入手可能キャラを入れると良い。 ジャベリン五十嵐のシナリオ適正 最強シナリオ適正 A以上のみ.

次の