僕たち が やり まし た 最後。 僕たちがやりました

僕たちがやりました(ドラマ)の川栄李奈フルヌード濡れ場動画の無料視聴方法!Pandora・Dailymotion他

僕たち が やり まし た 最後

「僕たちがやりました」最終回 【償いへの逆転劇!生きろ…罪背負う僕らの最後】 ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ( 窪田正孝)、伊佐美( 間宮祥太朗)、マル( 葉山奨之)、パイセン( 今野浩喜)。 ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま連れ去られてしまった。 トビオらを拉致したのは、輪島( 古田新太)の指示を受けた西塚( 板尾創路)、玲夢( 山田裕貴)たちだった。 4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画を公開していたせいでネットは騒然。 この騒動に激怒した輪島から、パイセンを殺せと命じられたというのだ。 「小坂秀郎はこれから殺される。 あなたたちはもう関係ない。 全部忘れてください」。 西塚はトビオ、伊佐美、マルにそう言い放つと、絶体絶命のパイセンを残して10秒以内に消えろと迫り…。 一方、動画を見た蓮子( 永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。 同じ頃、安否もわからないトビオらの行方を追う飯室( 三浦翔平)に、菜摘( 水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。 ささいなイタズラ心をきっかけに、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。 認められない罪が認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!? 原作を超える衝撃のラストが待ち受けている! 最終回、原作と違うみたいですね。 見終わった率直な感想は「え…なんか…」という感じでした。 先生(水川あさみ)のその後も気になったし、パイセンが10年だけで 出てこられたのも疑問でした。 ヤバ高爆破事件に関して、 トビオ(窪田正孝)・伊佐美( 間宮祥太朗)・ マル( 葉山奨之)・パイセン( 今野浩喜)の4人とも罪の重さは 同じなのに人によってここまで罪の意識が違ってくるんだなぁと思いました。 10年後のシーンで 伊佐美とマルが、それぞれ人生うまくいってるように描かれていて トビオだけ何でこんなに苦しまなきゃいけないの…と思いました。 最後のシーン息苦しかった…。 トビオだけ髪型も服装とかの雰囲気もあんまり変わってなくて、 10年経っても「あの時」を背負って生きてるんだなぁと思いました。 トビオと蓮子が再会して、蓮子は結婚してて妊娠していた。 なんて結末なの。 と思ったけど、 結局トビオが蓮子と結婚してハッピーエンドっていう形だと なんかまた違うのかな。 このドラマの場合は。 犯罪者が自分のしたことを忘れてしまって 幸せに生きていくのも違う気がするというか。 「自分の罪を背負って、生きていけなければならない」 トビオの生き方が描かれた良い終わり方だったのかぁとも思いました。 「僕やり」の4人の演技良かったです! 窪田正孝くんの演技、やっぱり素晴らしいです。

次の

「僕たちがやりました」衝撃の最終回。マルは本当にクズなのか。ちゃんと考えてみよう

僕たち が やり まし た 最後

最終回のあらすじと結末 動物マスクを被った謎の集団に襲われて気を失うトビオ( 窪田正孝)、伊佐美( 間宮祥太朗)、マル( 葉山奨之)、パイセン( 今野浩喜)の4名。 気が付くと目の前には西塚( 板尾創路)、玲夢( 山田裕貴)たちの姿があった。 輪島( 古田新太)は事件の真相をネット上に公開され騒動を起こしたことに激怒し、西塚にパイセンを殺すよう命じる。 パイセン以外の3人は逃がしてもいいといわれ、マルと伊佐美は逃げ出してしまう。 しかし、トビオはその場に残りパイセンを助けようと抵抗する。 パイセンは玲夢に馬乗りにされ、ゴミ扱いされたことに逆上。 玲夢の体をその場に落ちていたナイフで何度も突き刺し、殺してしまう。 直後に表れた飯室成男 三浦翔平 たち警察に取り押さえられ捕まるパイセン。 トビオも連れていかれるがすぐに釈放。 結局爆破事件の真相は輪島の圧力によってなかったことにされる。 それでも事件の真相を明かし罪を償いたかったトビオは、爆破事件のときに使った爆弾がまだ残っていることに気付き、学校の屋上で全てを懺悔する。 再度警察に連行され、そのニュースを見ていた伊佐美とマルも出頭。 トビオがパトカーに乗る瞬間、蓮子( 永野芽郁)がかけつけトビオにキスをする。 その直後に蓮子が「あなたが一生会いたくなくても…私は会いたい。 待ってる。 」と告げ、トビオを乗せたパトカーは去っていく。 その1週間後、菜摘( 水川あさみ)が爆破事件について虚偽の証言をしたことを警察に話し、教師を退職。 飯室から何故本当のことを話したのか聞かれ、人は変わることができるんだって生徒たちから教わりましたと話す。 そして10年後。 ウォーターサーバー業者でアルバイトをしていたトビオだったが、ネット上に上がっていた爆破事件の写真が社内で広まっていることを伝えられバイトを退職。 職探しをしていると、携帯に非通知着信が入る。 電話に出ると、その相手はパイセンだった。 呼び出され、向かった場所に行ってみると伊佐美とマルも来ていた。 伊佐美は2人目の子供ができ(名前は翌朝と書いてネモ。 1人目は明日男と書いてトゥモロオ)、 マルはキャバクラのオーナーになっていた。 パイセンは「芸人になろうと思ってる」とネタを披露しはじめたところ、伊佐美とマルは先に帰ってしまう。 トビオが「人殺してんのに何夢語ってんすか?」と聞くと、パイセンは「生きているからしゃーない、自分に残っているものはお笑いしかない」と話す。 パイセンからお前は何が残っているのかと聞き返されると、「時々死にたくなる自分です。 」と泣きながら話す。 それに対しパイセンは、「たま~に死にたくなるのがお前が生きてる証拠や」と返す。 4人で久しぶりの再会を果たしたトビオは、帰り道でバッタリ蓮子と遭遇する。 蓮子の左薬指には指輪が、そしてカバンにはマタニティマークがぶら下がっていた。 その場では会話もほとんどなく別れるが、少し離れてから蓮子が 「トビオ!…良かった、生きてて。 頑張ったね。 」と告げて立ち去る。 その後トビオは市橋の幻影にナイフを突きつけられ、持ってもいないナイフで自殺しようとする。 そしてトビオの「生きる。 生き続けなきゃ。 」の言葉を最後にドラマの幕が閉じる。 感想 最終回は本当に終始ドキドキしながら見ていた。 出だしからナイフを突きつけられるシーンがあり、いきなり殺されるんじゃないかと思い、自分の視界を塞ぎたい気持ちになった。 まさか逆にパイセンが玲夢を殺してしまうとは考えてもいなかったので、思わず「マジで!!?嘘でしょ!!?」と声を上げてしまったくらいだ。 逃げ出したマルと伊佐美は助けてくれる人を探しに行ったのかとも思ったが、やっぱり自分が一番かわいいか〜。 トビオは「そこそこの人生でいい」と考えていたみたいだが、本当に繊細で真面目な男だったと思う。 身の危険を承知の上でパイセンを助けようとしたり、学校の屋上で自白して捕まろうとするヤツは、既に「そこそこ」の域を超えている。 そして蓮子に「待ってる」と言われたシーンでハッピーエンドを期待していたからか、10年後の再会時には本当に切なくてたまらなかった。 最後の市橋登場シーンは、本当にホラーチックで恐怖しかなかった。 トビオの「生きる。 生き続けなきゃ。 」は、生き続けることで罪を償っていこうという決意の表れだったと思う。 市橋は真実を知らないが、トビオは全てを知っている。 マルのようなタイプなら、「どうせ市橋は何も知らないんだし気にしなくていいじゃん」くらいに思うのかもしれないが、真面目なタイプのトビオにはそれが重くのしかかってくるのだろう。 そして蓮子は最後まで天使だなぁと感じた。 真実を知っても、「頑張ったね!」と言えるその心。 素晴らしい。 見習うべき精神。 そして気になること。 飯室と輪島の戦いの決着について。 飯室死んじゃうのかなぁ?とか考えていたが、結局わからずじまいだった。 あと、飯室はトビオたちに対し、「闇の中」発言をしていたが、過去に大事な人を殺されたとか、何かあったのだろうか?輪島に対しても憎しみともとれるような感情を剥き出しにしていたし、その部分をもっと深掘りしてほしかった。 ただ、本当に最後まで目の離せない展開であっという間に終わっていたという感じ。 ここまで重く辛く、そして切ないストーリーはあっただろうか? 人生はそんなに甘くないということを教えてくれたドラマであった。 それから、ドラマと原作ではラストが違うそうなので、原作のほうも読んでみようと思う。

次の

www.instavin.com: 僕たちがやりました: generic

僕たち が やり まし た 最後

最終回目前ということもあり、第9話で6. 最終回で一気に突き抜けることができるのか、注目です。 目立つ方法で真実を自首するトビオたち 矢波高校の爆破事件はパイセンの父親である輪島宗十郎の手によって揉み消されたことでトビオらが事件を起こしたのに、何もなかったことに、無実になってしまいましたが、トビオらはそれを受け入れることができません。 そして、トビオ、伊佐美、マル、パイセンの4人は本当は自分たちが事件を起こしたことを自首するために計画を立てます。 普通に警察に行って自首をしても輪島の手によって事件は揉み消されてしまう。 ならば、世間の注目を集まる方法で自首をすれば、もみ消すことはできないと考えたのです。 まず、ドローンを使って事件の真相と自分たちが自首している動画をアップしてあるQRコードが印刷されたチラシを渋谷のど真ん中にばら撒いて、自分たちの手でもそのチラシを配ります。 僕たちは…人を殺しました!!!」 伊佐美:「矢波高爆破事件で、10人殺した犯人は俺たちです!」 マル:「ホームページを見れば、本当のことはわかります。 もみ消された事件の真相を知ってください!」 パイセン:「人は間違える生き物です。 間違えた後にどうするかがその人間のが生きる姿です。 僕たちは間違いました。 捕まえてください!僕たちがやりました!!!」 と真実を明らかに。 しかし、そこに覆面の男が数人乱入してきてハンマーで4人は殴られてしまうことに…。 僕たちがやりました(僕やり)最終回(10話)あらすじ(ネタバレ) スポンサードリンク ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。 ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま連れ去られてしまった。 トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たちだった。 4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画を公開していたせいでネットは騒然。 この騒動に激怒した輪島から、パイセンを殺せと命じられたというのだ。 「小坂秀郎はこれから殺される。 あなたたちはもう関係ない。 全部忘れてください」。 西塚はトビオ、伊佐美、マルにそう言い放つと、絶体絶命のパイセンを残して10秒以内に消えろと迫り…。 一方、動画を見た蓮子(永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。 同じ頃、安否もわからないトビオらの行方を追う飯室(三浦翔平)に、菜摘(水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。 ささいなイタズラ心をきっかけに、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。 認められない罪が認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!? 原作を超える衝撃のラストが待ち受けている! パイセンが玲夢を刺す パイセンは玲夢に「ゴミは死ぬまでゴミなんだよ!!」と首を締められて意識を失いつつあります。 と、その時。 パイセンは近くに落ちていたナイフを玲夢の腹に刺したのでした。 「俺のどこが悪いねん。 強い奴が偉いんか?俺がゴミならお前らもゴミやぞ!…俺は、ただ、楽しく生きたかっただけや!それが何が悪いねん!!」 さらにパイセンがナイフを突き刺します。 玲夢はそのまま息絶えてしまうのでした…。 パイセンは笑いながら「足痺れてたの治ったわ…!」と…。 と、そこに刑事の飯室らと菜摘がやって来ます。 そして、そのままパイセンは逮捕され連行されていくことに。 トビオは「なんで人殺してんだよ!何やってんだよ!パイセン!」と叫んでいます。 … トビオは飯室に「俺の逮捕はまだですか?」と聞いています。 しかし、パイセンは錯乱状態になってしまったことから殺人を犯してしまったことになっていると。 ここでも輪島宗十郎が根を回していたのでした。 スポンサードリンク トビオが再び… ある日、トビオは部室に行って何かを探しています。 そして、トビオは屋上に上がり、あの事件の日に使った簡易爆弾を持って叫んでいます。 この様子は表で取材をしていたマスコミもカメラを向けて放送をしています。 「矢波高爆破事件の犯人は俺たちだー!このまま、握りつぶされてたまるか!!!」 騒ぎになり蓮子が屋上の下にやって来ます。 伊佐美は今宵の家でこの様子をテレビで見ています。 トビオはあの時使った爆弾を校舎に仕掛けたのだという。 「見てろ…俺らが作った爆弾!!」 生徒らは混乱して逃げ惑います。 「ああああ!!!!」 トビオはボタンを押します。 「ガシャん!!!」 ガラス窓が割れます。 「ははははは…!あの日…俺らがやろうとしたのはたったこれだけのことだったんだよ。 なのに…うう。 あんなことになって。 たくさんの人が死んで。 俺ら…軽いいたずらのつもりでしたのにさ…。 もう人殺して、この先どうなるとかさ、10人も死んだとか、実感が湧かなくて、頭の中が混乱して、怖くて。 だから現実彼逃げて逃げまくったよ。 関係ない人まで巻き込んで、たくさん心配かけて。 大事な人まで騙して。 もう、生きてくのが辛くなって、何もかも終わりにしたかった。 でも…死ぬこともできなくて…新しい自分で生きていこうって思ったけど、それもダメで。 なのに…こんな俺でも…あいつ。 市橋…。 ごめん。 俺、マジでクズ。 クズだよ。 もう最低最悪のゴミ野郎。 綺麗事ばかり並べて本当のことをずっと隠してたんだもな。 俺が…俺が…俺たちが殺しました。 ごめんさない、本当にゴメンなさい…。 もうたくさん。 こんなクソみてえな人生、死んで罪を償えるなら物凄く死にてーよ。 でもそれじゃ、逃げて来たことと一緒じゃん。 だから、俺さ、もうどうしていいかわかんねーんだって!どうしたらいいだよ!頼むから、俺を!お願いだから!俺…俺たち、捕まえてくれよ!俺たちがやったから!」 伊佐美は今宵に「ゴメン、俺やっぱり…」と家を出ていきます。 そしてマルもホテルから出て行きます。 トビオは「捕まえろよ!」と叫んでいるところに、警察がやって来て連行されていくことに…。 飯室が「増渕。 いくぞ。 」と言います。 「トビオ!」 蓮子が叫びます。 「蓮子…。 」 トビオは笑顔で舌を出します。 するとトビオに抱きついてキスをします。 「あなたが一生会いたくなくても、私は会いたい。 待ってる。 」 トビオは何も言わずに警察車両に乗り込んでいきます。 … 1週間後。 刑事は菜摘に話をしています。 伊佐美とマルも出頭して来て証言が一致していると。 このままであれば有罪なるのだという。 菜摘が輪島からお金をもらい嘘の証言をしていたことから菜摘も罪に問われることになると。 しかし、一つ問題があるのだという。 先に出頭して来たパイセンのそっくりさんが証言を変えて、自分がプロパンガスを仕掛けたと言って来たのだという。 だから有罪になるかどうかは分からないと…。 菜摘は学校を退職。 あの4人に教えられたのだという。 「人は変わることができるんだって。 だから、私も逃げずに戦おうと思ったんです。 」 菜摘は飯室にそう言って去って行きます。 輪島宗十郎はいつものキャバクラに。 すると飯室が現れます。 西塚が「私が話しを聞きましょう。 すると「ええ、あなたに用があるんです。 あなたに逮捕状が出ています。 」と西塚を逮捕するのでした。 「次はあなたですよ。 」 「あーい、トゥーンませーん。 」 …10年後。

次の