きゅうり 茹で方。 きゅうりの下ごしらえ・洗い方・切り方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

自家製きゅうりのキューちゃん(漬物)★ by yamita 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きゅうり 茹で方

きゅうりの下ごしらえの方法とは きゅうりの下ごしらえ・洗い方 まな板の上に乗せて転がします そのままでも食べられますが、緑色の固い皮の処理をしておくと、味が一層よくなります。 イボが取れ、味がなじみやすくなります。 さらに、水で塩を洗い流し、サッと熱湯にくぐらすと、緑がパッと鮮やかになります。 料理をきれいに仕上げたいときに、やってみたください。 軽く絞ったら、そのまま食べたり、酢の物や和え物にしたりしてみてください。 サラダ、酢の物など、生の食感を楽しむ料理に向いた切り方です。 太めに切れば「小口切り」になります。 2: 1を少しずつずらして重ねます。 3: 端から千切りにしていきます。 4: 縦の千切りの場合は、きゅうりを4cmほどに切り、縦の薄切りにします。 5: 3と同様に、4を少しずつずらして重ねたきゅうりを、端から千切りしていきます。 冷たい前菜や麺の具材、サラダなど、シャキッとした歯ごたえを楽しむ料理に向いた切り方です。 2: 1を縦半分に切ります。 この状態でも太い場合は、さらに縦半分に切れば、できあがりです。 スティックに切ったきゅうりは、お菓子を食べる感覚でポリポリといただけます。 おつまみやピクルスにぴったりですよ。 2: 1で入れた刃の角度を維持し、きゅうりを少し回転させては切り、回転させては切っていきます。 切り口が様々だと、味がしみやすいので、和え物や炒め物に向いています。

次の

自家製きゅうりのキューちゃん(漬物)★ by yamita 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

きゅうり 茹で方

ジャンボきゅうりの下処理 野菜作りをしている人にとっては育ちすぎのジャンボきゅうりをどうやって食べるか??というのはいつも悩ましいことだと思います。 今回は1本300gくらいに成長したジャンボきゅうりを2本(計600g)を使って、うちの定番でもある、冷めても美味しい煮物を作ります。 まず、ジャンボきゅうりは両端を切り落としてピーラーなどでまだらに皮をむきます(皮は8~9割むけばOKです)。 続いて、きゅうりを1. 5㎝幅に切ります。 1本300gくらいに成長したジャンボきゅうりは輪切りにすると種も少し大きく育っていますが、写真くらいの大きさなら美味しくいただけます。 鍋にきゅうりを入れて、 水500mlを加えます。 これできゅうりの上に水がくるくらいの水加減になると思います。 沸いたらAの調味料を順に加え、続けてかつお節を加えて箸で軽く混ぜ合わせます。 煮汁が再沸騰したら火を少し弱め、軽く煮汁がぐつぐつ沸く火加減で 20~25分ほど炊きます。 *20分ほどたてば2枚目の写真のようにきゅうりの半分近くは煮汁から出る状態になります。 特に落し蓋をしなくてもきゅうりには火が通りますし、食べるときはかつお節が煮汁を吸った状態で食べるので、きゅうりに味を含むかどうはあまり気にせずで大丈夫です! 火から外した煮汁の量はこのくらいが一つの目安となります。 このくらいで熱々でも冷ましても美味しい加減だと思います。 おすすめは 粗熱が取れたら冷蔵保存し、冷たい状態で食べること。 冷蔵で3~4日ほど日持ちするので、ぜひジャンボきゅうりがたくさんあるときに作ってみてください。

次の

【夏レシピ】おつまみに最適!きゅうりの美味しい食べ方と料理に合う切り方のコツも紹介 (2/2)

きゅうり 茹で方

ガッテン流とうもろこしの茹で方 とうもろこしを茹でる場合、水から茹でたほうがゆっくり温度が上がるため、じっくり加熱されより美味しく仕上げることができます。 加熱の仕方としては電子レンジを使った簡単な方法もありますが、レンジが使えないときや茹でて調理したい場合にオススメの方法です。 電子レンジ加熱の仕方はこちら。 今回はガッテン流の水から茹でる方法と、以前トリックハンターで川越シェフが紹介されていた皮付きのままゆでる方法をご紹介します。 基本的な茹で方は全く同じで、皮をつけるかつけないかだけの違いです。 薄皮を残すとでんぷんが水に溶けださないので実の中に残りとても甘い味にすることができます。 調理時間 10分 調理器具 鍋・ざる レシピの分類 下ごしらえ・副菜 レシピの種類 日本料理 材料 鍋に入る分量(1~2本) 皮付きのとうもろこし 1本 水 鍋にたっぷりと 塩は入れません。 皮をむくと鮮度が落ちやすくなるので、調理の直前に皮をむくようにしてください。 レシピ動画 品種によって5分がいい場合もありますが、5分以上は茹でないように注意してください。 我が家はたいてい3分ゆでてちょうどいいゆであがりだな、と思っています。 4、ゆであがりのサインは、実全体が鮮やかな黄色になったころ。 皮つきの場合も皮ごしに色の変化を見ることができます。 ざるに取り出し、粗熱を取ります。 皮付きでゆでた場合は皮付きのまま粗熱を取り、ある程度冷めたら皮をむきます。 5、取り出したあとはすぐにラップで包むと表面がしわしわになるのを防ぐことができます。 そのまま食べやすい大きさに切って食べても美味しいですし、ラップで包んで冷蔵保存や粒を外してジッパー袋に入れれば冷凍保存も可能です。 皮あり・皮なしの味の違いとは? 今回検証のために、同じ日に同じ品種のものをスーパーで購入し、同じタイミングで皮あり・なしでゆでて違いを比較してみました。 まずゆであがりは皮なしの方が甘みが強く感じました。 ジューシーでうまみがじゅわっと口の中ではじける感じ。 食感も粒が立っている。 皮ありは『意外とあっさりしてる・・・?』というイメージでした。 ただ、しっかりと冷めて時間を置いてから食べ比べてみたところ、皮ありの方が美味しかったです。 時間がたって冷めると皮ありは甘みがぐっと引き立ち味が濃く感じました。 何も知らない夫に、何も知らせずに食べ比べをしてもらったところやはり皮アリのほうが味が濃く美味しい、という意見に。 トリックハンターの実験によると皮ありでゆでると糖度が11%だったのが17%にまでアップしていたので、甘みが強く感じたのかもしれません。 まとめてみると・・・ 皮あり 皮なし ゆでたて 意外とあっさり ジューシー 冷めてから 甘み・うまみが強く美味しい 食感もちょうどよい ゆでたてより味が薄くなったように感じる 粒が立っている食感 というわけで、我が家は子供がまだ小さいこともありゆでたてすぐを食べる機会はあまりないので皮あり、水からゆでるという方法が美味しいという意見でまとまりました。 味の好みはあると思うので、作り分けてみて食べ比べてみると好みの味に巡り合えるかもしれません。 以上『 とうもろこしの茹で方』のご紹介でした。 簡単にできるので、是非試してみてくださいね。 もう1つの加熱方法のレンジもおすすめですよ。 こちらは皮をむくのがものすっごく楽になります。 動画でもすぽーんと実が出る様子をご紹介しているのでよろしければご覧ください。 ガッテンで話題になった料理ならこちらもおすすめです。

次の