ご 愁傷 様 です。 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の違いとは?分かりやすく解釈

ご愁傷様です、お悔やみ申し上げますの違いは? 誰に対して使うかの違い

ご 愁傷 様 です

身内に不幸があった際などにお悔やみの言葉として、 ご愁傷様という言葉を使いますよね。 ただ、このご愁傷様という言葉は一般的に知られているので、 言葉自体の意味などは知らずに使っていることもありますよね。 いちおうお悔やみの言葉だというのはわかるけど、 どういう意味を持っているのかまではわからなかったりしますよね。 また、日本語の面白いところなんですが、 ご愁傷様という言葉を別の意味でも使ったりします。 あとは何となくで理解していることで、 相手に失礼があったりということもありますね。 そういったこともあり、ちゃんとした意味を知ったり、 正しい使い方を知っておくことは大事なことです。 そこで今回はご愁傷様の正しい意味や使い方から、 文例やメールではどう返事を書けばいいのかなど、 総合的に情報をご紹介します。 ご愁傷様の意味は? まずはきっちりと意味を理解しないと、 正しく使うことはできないです。 そこで正しい意味について解説していきます。 「愁(しゅう)」という言葉は「愁える(うれえる)」とも読み、 これは心を痛めるという意味があり、悲しく思うというのが伝えられます。 さらに「愁傷」となると「心の傷をうれえる」ということになり、 相手のことを「気の毒に思う」というニュアンスになります。 これに 御(ご)と様(さま)という敬意を表す言葉を加えて、 ご愁傷様というお悔やみの言葉になったそうです。 また日本語というのは同じ言葉でも違った意味で使うこともあり、 気の毒に思うというのを相手をからかうというので使うこともあります。 こちらの場合は 相手に嫌味を言う際など、 あまり良い意味では使われていませんね。 若い人とかだと、ご愁傷様はからかうほうの意味で知っていて、 なんでお葬式で使うのかわからないって人もいましたね。 お葬式でそんな言葉を使うなんて失礼という感覚ですかね。 ご愁傷様の正しい使い方と文例 ご愁傷様の正しい使い方は基本的にはお葬式で使います。 「このたびはご愁傷様です」 お葬式ではこの言葉を言うだけで、 自分の気持ちを失礼なく伝えることができます。 お葬式の場はなかなか葬儀屋さんとかではなければ、 慣れている人とかはいないと思いますし、 なんて言葉を言ったらいいのかわからなくなるんですよね。 あまり余計なことを言うのも失礼になるかもしれないし、 深く入ることなく一言で簡潔に気持ちを伝えられます。 また言い方に関してはあまり大きな声で言うのは失礼になるので、 軽く相手に聞こえるぐらいで言うのがいいです。 大きい声ということは元気があるということで、 なんで元気なんだよってことでマナー違反です。 また、 もう1つ注意すべき点があります。 それは遺族に元気を出してもらおうとして、 他に何か気の利いた言葉を言うのはNGです。 他にも重ね言葉も使うのは良くないとされているので、 「かさねがさね」「たびたび」「くれぐれ」などは避けたほうが良いです。 あとは「し」や「く」なども避けたほうがいいとされているので、 なるべく使わないように気を付けましょう。 ただ、1番気を付けるべきことは、 安易な励ましの言葉を言わないことです。 ここは本当に気を付けるべき点で、 遺族の悲しみは他人にはわからないものです。 逆に傷つけることにもなるので注意しましょう。 お葬式の際の正しい例文 「このたびはご愁傷様です。 突然のことで驚いております」 まずは最初にこういったお悔やみの言葉を言います。 そして、その後に軽く生前の思い出をあくまでも短めに語った後に、 「心からお悔やみ申し上げます。 さぞお力落としの事と思いますが、 どうかお体にさわりませんように」 こういった言葉で締めくくれば過不足なく、 自分の思いなども伝えられると思います。 ご愁傷様の返事の仕方 遺族側が「ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」など、 言われた場合はどう返事をすればいいのか。 言う側も慣れていないのでどんな言葉を使っていいのか迷いますが、 それに対してどう返事をするのが正しいのかも迷いますよね。 お互いに普段慣れていない場でもありますからね。 基本的には「恐れ入ります」で問題ありません。 「ありがとうございます」という言葉はふさわしくないので、 簡潔に恐れ入りますというのがいいですね。 また他にも言葉が出ないときなどは、 「黙礼」するだけでも問題はありません。 メールでの返事の書き方と文例 ここまでは意味や使い方についてご紹介しましたが、 メールで身内の不幸があった際にどうやって返事を書けばいいのか。 これもあまり慣れていないということもあるので、 ひとまず「ご愁傷様です」という言葉で返せばいいかと 思うかもしれませんが、メールの場合はあまり適切ではありません。 メールだとなかなかこちらの真意なども伝わりにくいです。 先ほどの意味でも言いましたが、最近では相手をからかったり、 皮肉を言うためにも使ったりするので、対面とかでないと真意が伝わらず、 あまり良い印象を受けない可能性もあります。 では、メールではどんな文面の内容を返事で書けばいいのかを、 以下に文例を上げてご紹介します。 ・「お悔やみを申し上げます」 これは簡潔でこちらの気持ちを過不足なく伝えられるので、 使うならこちらの言葉のほうがいいですね。 他にもメールでは感情が伝わりにくいので、 ・「突然のことで驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 大変な時だと思いますが、くれぐれもご無理をなさいませんように」 このような言葉を付け加えるとより良いかなと思います。 あとは自分と相手との関係性で簡潔に伝えるのか、 相手を気遣ったり、何かしらの言葉をかけるのかなど、 決めていったらいいと思います。 まとめ ここまでご愁傷様の正しい意味と使い方や 文例からメールでの返事の書き方などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

友達に送るお悔やみの言葉はどうする?詳しい文例も紹介!|終活ねっと

ご 愁傷 様 です

ご愁傷様の例文 この度は、 誠にご愁傷様です。 お母上が亡くなられ ご愁傷様です。 ご愁傷様でございます。 心からお悔やみ申し上げます。 この度はご愁傷様でございます。 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 この度はご愁傷様でございました。 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 この度は誠に ご愁傷様でございます。 ご令室様のご逝去を悼み、心からお悔やみ申し上げます。 この度はご愁傷様でございます。 ご主人様のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。 この度は 誠にご愁傷様でございます。 佐々木部長様の突然の訃報に接し、謹んで哀悼の辞を表します。 この度は 誠にご愁傷様でございます。 社長様のにわかのご逝去は、誠に痛恨の極みでございます。 この度は ご愁傷様でございます。 突然の悲しいお知らせに接し、哀惜の念に堪えません。 この度は ご愁傷様でございます。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。 この度は ご愁傷様でございました。 ご家族のご傷心はいかばかりかとお察し申し上げます。 この度は誠に ご愁傷様でございます。 社員の皆様のご無念はいかばかりかと拝察申し上げます。 「ご愁傷様」以外のお悔やみの言葉 不幸があった場合に使う 「ご愁傷様」は 「ご愁傷様です」「ご愁傷様でございます」などと使われます。 「ご愁傷様」は一緒に使う言葉が大事 不幸ごとというのは、大抵が突然のことで困惑してしまうものです。 相手との関係性などによっては、お悔やみの気持ちを何と伝えれば良いのかわからないこともあるでしょう。 「ご愁傷様」という言葉は、お悔やみの言葉として失礼がなく安心して使うことができますが、その言葉だけでは不十分です。 お悔やみの言葉は「ご愁傷様」と一緒に使う言葉がとても大事な役割をします。 「言葉がありません」 「この突然の不幸に何と言えば良いのかわからない」と感じる その気持ちこそがお悔やみの言葉です。 「誠にご愁傷様でございます。 突然のことで何と申し上げれば良いのか、言葉がこざいません」などとすることで、亡くなったとの突然の別れを受け入れがたい気持ちを遺族の方に伝えることができます。

次の

お悔やみ申し上げます、ご愁傷様ですの違い。使う方、時期、返し方

ご 愁傷 様 です

社会人になると様々なシーンで、マナーや礼儀として知っておかなければならない言葉遣いがあります。 今回は社内や身近なビジネスパートナーに不幸が起きた際にどのような言葉や声をかけるべきなのかを取り上げたいと思います。 一社会人として良識ある対応ができるよう、しっかりと頭にいれておきましょう。 そもそも、この言葉の意味と正しい使い方とは何なのでしょうか?知らないうちに、お悔やみの言葉として浸透しているがゆえ、何となく使っている人もいるかもしれませんから、改めてここで確認しておきましょう。 はたして、「ご愁傷様です・御愁傷様です」という言葉はどんな意味で、どんな使い方をするのでしょうか!? 意味は「悲しむ」を指す相手を気遣う言葉 「ご愁傷様です・御愁傷様です」の意味については、日本語表現辞典(2011)によると、「愁傷」は「悲しむ」を指す意味で、「ご愁傷様」は不幸があった人に「お気の毒さまです」という意味を込めて言う文言、と定義されています。 また、「ご愁傷様です・御愁傷様です」を使う主な場面としては、相手を気の毒に思い、身内を失った人に対するお悔やみの語で「この度はご愁傷様です」といった風に使われるので、覚えておきましょう。 現在は「親しい人に対する同情」や「軽い皮肉」の意味でも使われている 嘆き悲しむという意味で広く使われている「ご愁傷様です・御愁傷様です・ご愁傷様でした」という言葉ですが、現在では、親しい人に対する「普段使いの慰め」や「同情の気持ちを表現する言葉」として使われる場合も多々あります。 その語意は「お気の毒」・「残念」といった意味になりますが、ここで気を付けたいのは言い方にもよりますが、一般的には、「それはご愁傷様」といったように軽い皮肉や、からかい気分で言う場合もある、という点です。 こうなると、同じ言葉でもかなり意味合いが違ってきますね。 実際に「ご愁傷様です」という言葉を使うときは、上司や同僚、そして先輩に誤解されないよう言い方には気を付ける必要があるでしょう。 「御愁傷様・ご愁傷様」をビジネスの弔事などで使っても良いのか? ここまでは、「ご愁傷様です・御愁傷様です」の正しい意味と使い方について見てきました。 基本的には、相手を気遣う際に使う言葉として認知されているご愁傷様ですが、現在では「同情」や「軽いからかい」という意味も含んでいるとお分かりいただけたでしょう。 では、そんな「ご愁傷様です・御愁傷様です」という言葉を、例えば会社の上司や同僚・先輩、そしてビジネスパートナーの身内に不幸があった際、葬儀などに参列する必要ができたときなど、ビジネスシーンで使用するのは問題ないのでしょうか? それとも、凡庸的すぎて広い意味を持ってしまった以上、マナーとして相応しくないと考えられ、「ご愁傷様です」を自分の言葉に置き換えて使わなければならないのでしょうか? その点をはっきりさせておきましょう。 「ご愁傷様でした」はビジネスシーンでも使ってOK いくら仲の良い会社の同僚や先輩、そして上司やビジネスパートナーであっても、身内の方に不幸があったときは、葬儀などで何を言っていいか分からないでしょう。 そんな折に「ご愁傷様でした」「この度はご愁傷様です」という言葉を使うことによって過不足なく、そして他意もなく自分の気持ちを伝えられるので、ご愁傷様でしたは、ビジネスシーンでも問題ないといえます。 気の利いた言葉を探すより「ご愁傷様でございます」の一言を ただ、もっと自分の言葉でご愁傷様です、という言葉の代わりを探す人もいるかもしれません。 ですが、そんな際は往々にして「元気を出して」という良くない言葉を掛けてしまう事にも繋がりかねません。 ビジネスで弔事に出席する必要がでたときは、「ご愁傷様でございます」という一言だけにするよう心がけましょう。 お悔やみの言葉「ご愁傷様です」の正しい使い方を例文で紹介 それでは最後に、「ご愁傷様」の正しい使い方を例文でご紹介します。 「どうしてこの言い方が良いのか」という理由も添えてあるので、急な弔事などで迷ってしまった人は、この例文をぜひ参考にしてください。 突然のことで驚いております。 」 そして、生前の思い出を端的に語ったのち、最後に 「心からお悔やみ申し上げます…さぞお力落としのことと思いますが、どうかお体にさわりませんように…」 という言葉で締めくくりましょう。 ご自身のお体は大丈夫ですか?お疲れでしょう。 」 と言う言葉は、遺族を気遣う際に心がけたい「ご愁傷様です」の使い方です。 こういった言葉を掛けられると、ご遺族もフッと気持ちが楽になり、喜ばれるでしょう。 お悔やみに伺えずすみませんでした。 お疲れかと存じますが、何かお手伝いできることがありましたら、お声がけください」 といったご愁傷様の使い方も有効です。 これは、葬儀に参加できなかった際などで、労をねぎらうと同時に、身の周りのことを助け合う協力の思いやりを表す事ができるので、仲のいい人に声を掛けるにはとても安らぐ一言です。 「ご愁傷様です・御愁傷様です」をメールで使うなら共感の言葉を添える もし直接、言葉で悲しみを伝えるのではなく、メールで「ご愁傷様です。 」と送るのであれば、単に送るだけでは心が伝わりません。 その際は、しっかりと相手への共感を含み、思いやりを持ったメールを送る様に意識するのが重要です。 「本当に残念でなりません」 「言葉が見つかりません」 「突然なことで動揺しております」 などといった言葉を、「ご愁傷様です」という言葉と合わせて使うと、気持ちが伝わるメールとなるでしょう。 「ご愁傷様です」の意味と正しい使い方を知り社会人として恥ずかしくない対応を! いかがでしたか!? 今回は、「ご愁傷様です・御愁傷様です」の意味と正しい使い方を例文でご紹介しました。 「ご愁傷様です・御愁傷様です」という言葉は、本来の意味だけでなく、「親しい人に対する同情」や「軽い皮肉」の意味も込めているのがお分かりいただけたでしょう。 そうなると、社会人のビジネスマナーとして、会社の人間や取引先の相手の身内に不幸があった場合に使うのをためらうかもしれませんが、他意がない限りはその心配はありません。 少し仰々しくても、きちんと「この度はご愁傷様です」と声をかけるのが正解といえます。 その際は相手を思いやる気持ちを忘れず、決して自分と故人だけの話にならないように注意しましょう。

次の