昭和64年 500円玉 価値。 昭和64年硬貨の価格・価値!5円玉・10円玉・500円玉

平成31年と昭和64年 硬貨買取価値と知らないと損する硬貨の話

昭和64年 500円玉 価値

あなたが普段何気なく使用している500円玉に、額面価格以上の価値があることはご存知でしょうか? 額面価格以上で売ることができる500円玉は、昭和62年と昭和64年の500円玉となっております。 この2年で発行された500円玉の数は、他の年と比べて圧倒的に枚数が少ないので希少価値が高くなっております。 そこで本記事は、昭和62年と昭和64年の500円玉の価値とおすすめの買取業者について紹介していきます。 昭和62年と昭和64年の500円硬貨の価値とは? 硬貨の種類 買取価格 1,500円 1,000円 上記の表の通り、昭和62年と昭和64年の500円玉には、額面価格以上の価値があります。 その理由としては、昭和63年には約1億4800万枚以上発行されたのに対して、価値の高い昭和62年の発行枚数は277万枚、発行枚数が1604万枚となっております。 また昭和64年に関しては元号変更に伴い一週間のみの発行になり、珍しい硬貨としてコレクターからの人気も高くなっております。 ネットオークションやフリマの落札相場を見てみると、600円〜800円なので買取業者に買取してもらった方が高値で売ることができます。 500円玉の状態によっては、先ほど紹介した買取価格より上昇する可能性もありますので、丁寧に保管しなるべく早めに買取査定してもらうことをおすすめします。 500円プルーフセットはセットで買取を! 昭和62年に発行された500円プルーフセットは、専用のケースに入った状態で販売されました。 プルーフセットはコレクター向けに発売され、観賞用として「光沢のある硬貨」となっています。 プルーフセットの場合は、専用のケースと合わせて買取してもらうことで買取価格のアップが期待できます。 500円玉の買取ならバイセル 買取実績が業界TOPクラス! バイセルの全国で非常に人気で、土日は予約が取ることが困難なほど人気な買取業者です。 その理由は、豊富な鑑定実績から生まれる鑑定眼で正確な査定が期待できるからです。 月間20,000件の買取依頼あり、豊富な買取実績から生まれる鑑識眼でどの買取業者よりも正確な査定が期待出来ます。 さらにバイセルの査定員は、独自の厳しいテストに合格した方のみ査定員として、査定することができます。 なので「査定員の質が高く買取価格もどこよりも高いので、安心して査定依頼できる」と多くの方が、査定依頼をしているようです。 面倒な手間は一切なし!無料出張買取! バイセルは、査定申込から取引完了までが非常にスピーディーです。 ネットからの簡単申込で、自宅まで駆けつけてくれます。 出張買取と聞けば、「出張料など色々費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、 バイセルであれば費用は一切かかりません。 また、自宅に査定員を招くのが不安だという方には、郵送買取などさまざまな買取方法を利用できるのもバイセルの特徴です。 どんな500円硬貨でも丁寧に査定してくれるバイセルに、ぜひ一度査定依頼してみてください。 500円玉の価値を知りたい方へ 昭和62年・昭和64年の500円玉の価値について詳しく紹介してきました! しかし500円玉を財布の中から見つけた方は、こんな風にお考えかもしれません。 汚れているし傷も目立つから、買取してもらえないだろう…• 1枚の査定のために、時間を作るのはちょっと… 確かにこのような不安を抱くもの分かります。 しかし、 買取相場は一例であって、実際査定してもらうと相場以上の価値があるなんてこともあります。 私自身、「最初は汚れが目立つ500円1枚のためにと…」、査定依頼するのをためらっていましたが、無料で査定依頼できるとのことで実際に査定していただいた結果800円で買取指定いただけました。 多少のキズや汚れであれば、額面価格で買取してもらうことができますので、ぜひ一度無料査定だけでもしてもらうことをおすすめします 査定から買取まで一切費用はかかりませんので、是非バイセルに、査定依頼してみてください!.

次の

【古銭買取】100円玉の価値・価格の一覧まとめ!相場はどのくらい?

昭和64年 500円玉 価値

50円玉の流通過多が原因で、一般流通用としての発行がされなかった 昭和62年50円硬貨。 その年の硬貨の発行を記念して発売されている、500円から1円硬貨までが入ったミントセットの存続にもかかわることから、 昭和62年のミントセット用にのみ発行されました。 お持ちの方は、 「今売ったらどのくらいになんだろう?」 こんな疑問をお持ちではないですか。 なかには、 「もっと価値が高くなるまで持ってた方がいいのかなぁ」 とお考えの方も多いかもしれません。 ですが、そのまま置いておくのは 非常にもったいない…。 実は今、 昭和62年50円硬貨の価値が上昇しているんです。 理由は、東京オリンピック開催を間近に控え、外国人観光客が増加していること。 日本の現代コインを集めている海外のコレクターも多く、お土産として購入する動きが高まっています。 保存状態のいいものであれば、 3,000円以上で売れることもあるんです。 購入の動きが増加し価値が上がっている今、昭和62年50円硬貨を査定に出すのがおすすめですよ。 このページでは、 昭和62年50円硬貨の買取相場をご紹介します。 高価買取が期待できる買取業者もあわせてお伝えしていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。 このように、昭和62年50円硬貨には プルーフ硬貨と白銅貨の2種類があり、買取相場も異なります。 どちらのコインも、500円から1円硬貨までがセットになった コレクション用ミントセットの1部として発売されました。 通常の50円のように、 一般の流通に出回らなかったため、希少価値が高く現在もプレミア価格で取引されています。 50円プルーフ硬貨は、表面を鏡のように磨いた特殊な加工が施されている 美しさが特徴のコイン。 プルーフ硬貨は各状態の中でも買取相場がもっとも高く、 1,600~3,000円での買取が期待できます。 一方、50円白銅貨は発行枚数545,000枚と、 毎年発行されている通用50円硬貨の中で枚数が一番少ないもの。 買取相場は、 額面の30倍にもなる1,500円以上と、現代硬貨では高価値の希少なコインです。 昭和62年50円硬貨は、保管状態によって買取額が大きく上回ることが多いため、 一度プロに見てもらうのがベスト。 買い求める動きが高まり、 確実に高値での取引が望めるこのタイミングに売るのがおすすめですよ。 買取相場が分かったら、次は どこで売るかですね。 一口に現代硬貨の買取業者といってもその数は多く、 査定額も変わってきます。 特に現代硬貨に関しては、現在も日常的に使われているため価値が付きにくいことも多く、 安易に業者選びをしてしまうと損をしてしまうことも。 そうならないためにも、 査定に出す前に業者同士を比較することが大切です。 そこで、大手買取業者3者を比較し、もっともおすすめな業者を選んでみました。 福ちゃんは、 買取実績の豊富さと査定額の高さが強みの買取業者。 200万点以上を査定した経験豊富な鑑定士が在籍していて、 硬貨本来の価値を見極めて査定額を付けてくれます。 さらに、福ちゃんでは現在 買取額最大20%アップキャンペーンを実施していて、他の2業者よりも高額でお得に買取ってもらえる可能性が高いです。 お手元の硬貨を 1円でも高く売りたいのであれば、買取を福ちゃんに依頼して間違いないですよ。 また、福ちゃんには 比較した3社で唯一、Webでの査定が可能です。 Web査定は、 売りたい硬貨の写真を撮って福ちゃんの公式ページに送るだけで買取額を確認できるシステム。 店舗に持って行ったり、鑑定士を自宅に呼んだりする必要もないため、 仕事や家事で忙しい方でも気軽に査定依頼ができます。 自宅にいながら時間の空いたときに査定できるのも、福ちゃんのメリットですよ。 福ちゃんは、当サイトでも徐々に評価を上げている注目の業者。 昭和62年50円硬貨の買取をご検討の方は、ぜひ福ちゃんを利用してみてくださいね。 昭和62年50円硬貨の買取をお考えの方へ 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 昭和62年50円硬貨の買取相場と、おすすめの買取業者をご紹介しました。 「キズがついてるし、買取ってもらえないだろうな…」 「売るかまだ微妙だけど、査定額が知りたい…」 ここまでお読みになった方は、こんな風に思い 査定に出すことをためらっているかもしれません。 たしかに 状態がよくない硬貨は、買取してもらえないと思ってしまいますね。 なかには、キズや汚れがあるからと 自分で価値が付かないと判断し、査定に出すことをあきらめてしまっている方も多いかもしれません。 ですが、 福ちゃんならキズや汚れのある硬貨の買取実績が豊富で安心。 福ちゃんは 日本国内のみならず、海外にも独自の販売ルートを持っているため状態の悪い硬貨でも価値を見極め買取してくれます。 他の業者では断られた硬貨でも、 福ちゃんなら買取ってもらえる可能性大ですよ。 もし、 買取額に満足いかなければキャンセルも無料でできます。 「査定額だけ確認したい」 「売るかどうかは価格を見てから決めたい」 このような方でも、 気軽に査定に出せるのは嬉しいですね。

次の

昭和64年硬貨の価格・価値!5円玉・10円玉・500円玉

昭和64年 500円玉 価値

硬貨の価値について では、まず硬貨の価値について述べていこう。 付加価値のつく硬貨というのはどういうものなのかを事前に知っておくと、硬貨を売るときに役に立つだろう。 初歩的な知識をここで押さえておくといいだろう。 歴史的価値、美術品としての価値が付く場合がある この硬貨の価値として 付加価値というのを押さえておくといい。 硬貨のなかでも、ここで取り上げている1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の小銭は、市場では基本的な価値つまり、1円なら1円の価値があるわけだが、売れる硬貨や貨幣というのはそれ以上の価値があるため中古市場などで売れるのである。 とくに硬貨や貨幣でよく 高額査定になるのが 古銭などの古い硬貨や貨幣。 このような硬貨は歴史的価値や貨幣としての価値はなくとも、美術品としての価値はある。 そのような硬貨は 高値で売れる。 希少価値で大体の硬貨価値は決まる 上記で 付加価値のことについて述べてきたわけだが、その付加価値は歴史的価値や美術品としての価値は付加価値として大事だが、 売れる金額に大きく影響する価値としては、やはり 希少価値になる。 いくら、歴史的価値、美術品としての価値がある硬貨があっても大量にある硬貨であれば、さほど価値はない。 基本的に数の少ない硬貨が高額で売れる傾向にあるのだ。 そのような希少な硬貨は手間や時間をかけて製造されるものが多いため、 美術品としての価値が付くことが多いのである。 基本的には数の少ない硬貨は希少価値がつくので、 高額で売れるのである。 大体の硬貨の価値はこの希少価値で決まる。 ここで取り上げている1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の価値は希少価値によって、高額で売れているものなので押さえておこう 使用されている素材によっても硬貨の価値は決まる また、ここで取り上げる1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の硬貨には、あまり関係ないが、古銭などの場合、金や銀、また銅などの 希少な素材で製造されている硬貨がある。 このような希少な素材でできている硬貨はその素材自体にも価値があるので、 大きさや重さで査定されることも多い。 素材自体に価値があることもある。 記念硬貨の価値も高い また、ここで取り上げる1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の硬貨のなかでも、 記念硬貨というものがある。 オリンピックや国の生誕何周年を祝う硬貨など世界には多数ある。 このような記念で作られる硬貨も価値が高いようだ。 どこで売れるのか? 上記では簡単にではあるが、硬貨がどこで売れるのかという点について述べてきた。 次は、このような硬貨が どこで売れるのかについて述べておこう。 硬貨や貨幣を買い取っている業者で売る このような硬貨や貨幣がどこで売れるのかだが、簡単にいえば、そのような 硬貨や貨幣を買い取っている業者がある。 例えば、 骨董品屋、 古美術品を扱う業者、 質屋、 総合リサイクルショップ、硬貨を専門とする 業者買取などがある。 ネット検索をしてみればすぐにみつかあるのでリサーチしておくといいだろう。 また、 業者での買取では知識のあるスタッフが査定をしてくれるので、安値で売ってしまうケースも少ないので 安心して売ることができるだろう。 だが、業者によっては買い叩かれることもあるので、業者選びは 慎重しよう。 業者選びのポイントは口コミや業者のサービスをじっくりリサーチして、 なるべく多くの業者の情報を知ることが大事だ。 そのなかで、信頼のできる業者を選んで売るといいだろう。 フリマアプリやネットオークションで売ることも主流 上記で述べたような業者で売るという方法もいいが、今は フリマアプリやネットオークションなどのネットサービスを利用して売ることも主流になりつつあるので、このような売却も検討すべきだろう。 とくに ヤフオクなどのネットオークションサイトでは、古銭や貨幣などのコレクションを出品している人は多く、高額で売れているようだ。 相場も高いのでネットサービスを利用して売る人は多い。 参考: 硬貨を売るならヒカカク!で賢く一括査定申込み オークションサイトやフリマアプリなどを使うのは面倒、取引の際のトラブルも不安。 「ヒカカク!」は楽に高く売りたい時、様々な買取業者の買取価格を比較できる相場情報サイトだ。 上記では、硬貨を売る方法として、買取業者やフリマアプリ、オークションサイトなどを紹介してきたが、本当に 高価買取を実現させたいのであれば、これらの手段を複合的に組み合わせたり、買取業者を複数利用してもっとも高い値段を提示してくれた店に売ったりすることがおすすめだ。 ただ、上記のような手段は、手間も時間もかかり、多忙な人には合わない。 そこで「ヒカカク!」の 買取業者一括査定依頼サービスをおすすめしたい。 から、無料で複数の買取業者へ査定依頼ができる。 硬貨の買取を考えている人はぜひ利用してみてほしい。 高額査定が期待できる希少価値の高い硬貨とは では、ここで1円、5円、10円、50円、100円、500円玉で 高く売れる希少価値の高い硬貨を紹介していこう。 それぞれの硬貨でどのような硬貨が高く売れるのかを知っておこう。 ここでは、造幣局の年銘別貨幣製造枚数を参考にして紹介する。 造幣局URL: 年銘別貨幣製造枚数 1円の希少価値が高い年代• 昭和64年… 116,100 製造枚数• 平成12年… 12,026 製造枚数• 平成13年… 8,024 製造枚数• 平成14年… 9,667 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• 1円は比較的、最近のものがあまり製造されていなく、とくに 平成23〜25年の1円は発行されている枚数が少ないので、価値があるようだ。 昭和64年のものはわずか一週間ほどしかない年代ということもあり、希少価値は高い。 5円の希少価値が高い年代• 昭和23年~24年 無孔 穴なし• 昭和25年~28年 昭和32年~33年 楷書体 5フデ• 平成22年… 510 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• この5円は 5フデと言われる、5円玉の書体が筆で書かれたような書体のものが高い価値がある、また、 昭和23〜24年までの穴なし5円も希少価値は高いので押さえておこう。 10円の希少価値が高い年代• 昭和32年 ギザ付き… 50,000 製造枚数• 昭和33年 ギザ付き… 25,000 製造枚数• 昭和61年 ギザなし… 68,960 製造枚数• だが、このギザ10はすべてのギザ10が高価値というものではない。 そのなかでも 昭和32年〜33年のギザ10は枚数が少ないので、この年代のギザ10が人気なのである。 50円の希少価値が高い年代• 昭和33年 無孔 穴なし … 18,000 製造枚数• 昭和60年… 10,150 製造枚数• 昭和61年… 9,960 製造枚数• 昭和62年… 775 製造枚数• 平成22年… 510 製造枚数• 平成23年… 456 製造枚数• 平成24年… 659 製造枚数• 平成25年… 554 製造枚数• 平成26年… 7538 製造枚数• また 昭和33年の穴なしのものも高い価値がある。 100円の希少価値が高い年代• 昭和32~33年 銀紙幣 鳳凰• 昭和34~42年 銀紙幣 稲穂• 昭和36年… 15,000 製造枚数• 昭和39年… 10,000 製造枚数• 平成13年… 8,024 製造枚数• 平成14年… 10,667 製造枚数 100円は、昔の 銀紙幣時代のものがやはり価値がある。 現在、 金、銀、プラチナは価値が年々上がってきているので、今後も価値があがる可能性もあるだろう。 最近のものでは 平成13年〜14年の100円が希少なので押さえておくといい。 500円の希少価値が高い年代• 昭和62年… 2,775• そのなかでも 昭和62年と一週間で終わった 昭和64年のものは価値がある。 まとめ 本コラムでは、1円、5円、10円、50円、100円、500円玉の希少価値が高い硬貨を紹介してきた。 ここで紹介したように、1円、5円、10円、50円、100円、500円玉それぞれで価値の高い 年代がある。 それはこのような硬貨に 価値を感じ収集しているコレクターという存在がいるからだ。 ただ、このコレクターも少なくなってきており、今後も価値を保っていける市場なのかはわからない。 なので、このような硬貨を売る場合には、 慎重にリサーチをして判断したほうがいい。 その上で本コラムのポイントや情報を参考にしてほしい。 参考:• 参考:.

次の