チョン ダビン。 『オクニョ』少女期チョン・ダビン、今では肩出しドレス 小悪魔グラビアも披露するほどに成長中!!

「オクニョ 運命の女(ひと)」ヒロイン交代:チョン・ダビンからチン・セヨンへ!予告動画

チョン ダビン

名 前: チョン・ダビン Jung Da Bin• ハングル表記: 정다빈• 生年月日: 1980年 3月 4日• 没年月日: 2007年 2月 10日• カテゴリ: タレント、女優• デビュー: 2000年映画『燃ゆる月』• 学 歴: 東国大学演劇映画科• ニックネーム: リトル チェ・ジンシル• 理想のタイプ: 私のことを理解してくれる人、ファッションセンスがあって美肌な男性。 血液型: O型• 干支 えと): 申• 星座: うお座• 好きな食べ物: チキン、お菓子、アイスクリーム• 関連リンク:.

次の

韓国「チョン・ダビン」のプロフィール、画像・動画、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

チョン ダビン

(写真提供=SPORTS KOREA) NHK総合テレビで放送されている韓国時代劇『オクニョ 運命の女(ひと)』。 その主人公オクニョの少女時代を演じる子役が、「素直で愛くるしく、ハキハキしてかわいい」と世のオジさんたちの間で話題だ。 演じている子役の名は、チョン・ダビンという。 韓国では有名な人気子役だ。 生まれは2000年4月25日。 つまり、今年で18歳 のちに紹介する写真を見ればドキッ!! とするかもしれない。 ドラマ『オクニョ』は韓国で2016年4月30日から放映が始まったので、ドラマ出演者はまだ16歳だった。 肌を露わにしたドレス姿も披露!! ただ、その年の暮れには、『オクニョ』出演俳優たちと『MBC演技大賞』に参加。 見事、子役賞に輝いたのだが、それ以上に視聴者を驚かせたのは、彼女の姿だ。 見ればわかると思うが、肩を露わにした純白のドレス姿で会場に姿を現したのだ。 (写真提供=SPORTS KOREA) そもそもチョン・ダビンは、かなり前から韓国の視聴者たちに愛された子役だった。 芸能界デビューは2003年1月。 当時はまだ3歳にもなっていなかったのだ。 チェ・ジウの子役も演じた少女 子役デビューは、2005年のMBCドラマ『ワンダフル・ライフ』。 以降、多くのドラマに出演。 『オクニョ』は彼女にとって、24作目のドラマだった。 2004年からは映画にも出演しており、2006年に公開された『連理の枝』では、ヒロインを務めたチェ・ジウの少女時代も演じている。 ちなみにも2008年にチェ・ジウが主演したドラマ『スターの恋人』でも、チェ・ジウ演じた役柄の少女期を任された。 」と思うほど意外だったわけだ。 (写真提供=SPORTS KOREA) 人気美女の登竜門・始球式へ もっとも、チョン・ダミンはこのドレス以外でも大胆な姿を見せている。 (写真提供=SPORTS KOREA) 例えば2016年5月には、韓国プロ野球の始球式に登場した。 韓国でもアイドルや女優など人気者になれば始球式に登板するが、チョン・ダビンも『オクニョ』人気でマウンドに立ち、見事なピッチングを披露したのだ。 参考記事: ちなみにチョン・ダビンには4歳年上の姉と弟がおり、姉チョン・ダソンはなんと現役の女子プロゴルファーである。 どうりで運動神経が良いわけだ。 そんなチョン・ダビンも今年で18歳。 『オクニョ』出演後は、MBCの『逆賊〜民の英雄ホン・ギルトン〜』 2017年 、SBSの『猟奇的な彼女』 2017年 と時代劇ドラマが続いたが、 今年はSBSドラマ『キス先にしましょうか』ではアメリカ留学から帰国を余儀なくされた傷心の女学生を見事に演じている。 最近はグラビアで小悪魔セクシーにも挑戦!! さらに、雑誌グラビアではそれまでの清純で明るいイメージから一転。 彼女のこれからに注目だ。

次の

チョン・ダビン プロフィール&出演ドラマ

チョン ダビン

- 好きなタイプ チョン・ダビンの理想のタイプについては、2007年に逝去の為、関連記事はない。 恋人がいたことも、自殺後に発覚した事であった。 性格 チョン・ダビンの詳しい性格は、不明である。 撮影現場では、いつもムードメーカーで、明るく振舞っていたそうだ。 しかし、身近な人達にも言えない、大きな悩みやストレスを抱えていたと思われる。 交際相手の話によると、以前も自殺未遂をしたことがあるとのことで、自殺の疑いが強いと言われていた。 しかし、ダビンに近しい関係者は、「彼女には、自殺する理由が全くない」と話し、他殺の可能性もあると言われていた。 しかし、解剖結果は、やはり自殺であった。 うつ病と言われていた時期も、あったという。 趣味 チョン・ダビンの趣味は、クロスステッチである。 特技 チョン・ダビンの特技は、ピアノ演奏である。 デビュー前の経歴 チョン・ダビンは、2004年に東国大学校演劇科随時試験に合格し、同大に入学した。 2007年2月10日午前、ソウル市江南区三成洞の男性の友人宅で、首をつりって死亡した。 警察は、自殺の可能性が高いと見ている。 まだ、26歳の若さであった。 所属事務所との契約を廻るトラブルや、仕事の減少などで、悩んでいたとされる。 なお、その前日の彼女自身のウェブサイトの日記には、「神が私を迎えに来た」などと書かれていた。 その突然の死は、韓国芸能界に強い衝撃を与え、彼女の葬儀には『屋根部屋のネコ』で共演した、キム・レウォンやイ・ヒョヌ、映画『あいつは格好よかった』で共演した、等、多くの芸能人が弔問に訪れた。 出身・家族・学歴 兄弟 弟 出生国 出生地域 高校 盆唐榮德女子高等学校 大学 東国大学校演劇科 解散・引退について 周囲からの評判 チョン・ダビンは、デビューしたての頃、「リトルチェ・ジンシル」と呼ばれ、実際に、トップスターのチェ・ジンシルの子供時代の役を任されたことがある。 『ノンストップ』の、世間知らずで元気な女の子役や、『屋上部屋のネコ』の、がむしゃらな女の子役を続けて演じるほどに、彼女は勢いに乗って、成長してきた。 彼女の溌剌としたイメージは、映画『あいつは格好よかった』で、更に弾けた。 平凡なようで破天荒、喧嘩をしょっちゅうするが、格好いい男の心を奪い取る女子高生の役は、彼女に適役であった。 整形 なし 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の