年季 が 入る 意味。 なぜ、年季が「入る」と言うのでしょうか?

なぜ、年季が「入る」と言うのでしょうか?

年季 が 入る 意味

公開日: 2019. 12 更新日: 2019. 12 「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い 「年季が入る」という言葉をご存知でしょうか。 「年季が入ったわざ」「年季が入ったカバン」といったように使います。 日常会話でもよく使われている言葉ですが、意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 見聞きしたことはあっても、意味はよく分かっていないという方が多いかもしれません。 「年季が入る」と聞くと、意味は単純な感じがしますが、実は味わいのある言葉となっています。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「年季が入る」の意味や使い方、例文、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「年季が入る」の意味と使い方 「年季を入れる」の意味は「長年の修練を積む」 「年季が入る」の意味は「 長い間一つの仕事に従事して、熟練していること」です。 長年そのことの修練を重ねて、見事な腕前であることを表します。 また、「年季が入る」は「 あるものが長い間使われているさま」という意味でも使われます。 単に「古い」という意味ではなくて、「長く使われ続けていて、古くなる」という意味合いになります。 ・年季の入ったカバンはどことなく味わいがあって、持っているだけでテンションが上がる。 ・新しいものよりも、年季が入ったバイオリンで演奏した方が音に深みが出る気がする。 人に対して使う「年季が入る」は「熟練しているさま」 「年季が入る」は 長い間ある事についての技術を磨いて、その道のプロであることを表す場合に使います。 例えば、「長い間レストランで働いている彼は、料理を作ることに年季が入っている」といったように言います。 これは「彼は長くレストランで働いているので、食材を切ったり、料理を完成させることが早い」ということを表します。 「年季が入った人」だったら「長い経験によって、そのことの知識や腕前が優れている人」を指します。 「年季が入った」という表現は、「ものが長い間、よく使い込まれている」という意味で使われます。 「 年季を入れる」という言い回しでも使います。 意味は「長い間、ある物事を訓練すること」です。 例文 ・長年事務職に従事している、彼女の仕事をする動きには年季が入っている。 ・よく通うお店の板前さんの腕前には年季が入っていて、いつも美味しい料理を提供してくれる。 ・彼の年季が入った技術を見ると、長い間苦労してきたことが伺える。 ・職人の年季が入った動きに、つい見惚れてしまった。 ・彼はゴルフに関して年季が入っているので、毎年大会で優勝している。 ・遅刻しそうだと心配だったが、彼の年季が入った運転でなんとか間に合った。 ・ある物事についての知識や技術を身につけるために、一生懸命年季を入れる。 「年季が入る」の語源 「年季」の元々の意味は「奉公人を雇うときに定めた年限」 「年季」の元々の意味は「奉公人を雇うときに定めた年限」です。 「年季」は「年数を定めて、ある場所で働く」という意味の 「年季奉公」が由来となっています。 「働く年数が定められる」という意味から「経験があって熟練した」という意味で「年季」が使われるようになったのです。 「入る」の意味は「一定の時間が経過し、ある期間の内になる」 「入る」には様々な意味がありますが、「年季が入る」の「入る」は「」という意味です。 例えば、「夏休みに入ったので、存分遊ぶ」「夜に入り、一気に涼しくなった」などと使います。 「年季」は「」という意味なので、「年季が入る」で「」という意味になります。 「年季が入る」の類語・同義語 熟す (意味:技術に優れていて上手なこと) 「彼はピアノが熟していて、よくコンクールに出ている」 円熟する (意味:技術が優れていて、豊富な内容となっていること) 「彼女の円熟した演奏に聞き入ってしまう」 老練(ろうれん) (意味:経験を積んで、その物事が上手であること) 「老練な動きに感心する」 風格がにじむ (意味:あるものが長い年月を経て、趣が出ること) 「風格がにじんでいる家が並ぶ」 味が出る (意味:あるものが長い間使われて、趣が出ること) 「長く使っている財布に味が出てきた」 時代を帯びる (意味:ものが長い年代を経て、趣を持つこと) 「時代を帯びたお皿が欲しい」 時代めく (意味:古めかしくて趣がある) 「時代めいた建物に興味を持つ」 古びた (意味:古めかしいさま) 「古びた帽子ばかり持っている」 レトロな (意味:昔懐かしいこと) 「彼女はレトロなワンピースを着ている」 古めかしい (意味:昔の雰囲気があるもの) 「古めかしい建物の中に入る」 年代物(ねんだいもの) (意味:長い間を経て、価値があるもの) 「年代物の洋服をもらった」 「年季が入る」の対義語・反対語 経験が浅い (意味:知識や技術が十分でないこと) 「まだ経験が浅くて、何もできない」 未熟 (意味:技術が十分でないこと) 「彼女はまだまだ未熟である」 不慣れ (意味:物事にまだ慣れていないこと) 「不慣れだから、完成まで時間がかかる」 青二才(あおにさい) (意味:知識や技術が十分でない若い男) 「青二才の私ですが、よろしくお願いします」 駆け出し(かけだし) (意味:物事を始めたばかりで、慣れていないこと) 「彼はかけだしだから、ミスは大目に見てください」 見習い (意味:始めたばかりで、人のすることを見て学ぶこと) 「まだ彼は見習いだが、よく頑張っている」 なりたて (意味:ある物事になって時間が経っていないこと) 「なりたての頃は、物事を覚えるのに必死だった」 新米(しんまい) (意味:ある物事を始めてから、時間が経っていないこと) 「新米に仕事を教える」 くちばしが黄色い (意味:若くて、物事に慣れていないことをあざける語) 「彼はくちばしが黄色いから、信用できない」 尻が青い (意味:未熟で、物事に慣れていない) 「まだまだ尻が青いから、しっかりと物事を教える」 「年季が入る」の英語 「年季が入っている」の英語表現を見ていきましょう。 「修練した」を意味する英語は「skilled」「experienced」「trained」 人が主語で「修練した、熟練した」という意味ならば、 ・skilled ・experienced ・trained などの形容詞を使えばよいでしょう。 「古い」を意味する英語は「old」「age well」 直接的に表現すると「 old」になります。 「old」は物に対して使うとき「古い、ボロボロ」というニュアンスでネガティブな響きがあります。 」と表現するとよいでしょう。 このフレーズが一番「年季が入っている」のニュアンスに近いでしょう。

次の

「年季が入る」の使われ方

年季 が 入る 意味

公開日: 2019. 12 更新日: 2019. 12 「年季が入る」の意味と使い方、漢字、類語、「古い」との違い 「年季が入る」という言葉をご存知でしょうか。 「年季が入ったわざ」「年季が入ったカバン」といったように使います。 日常会話でもよく使われている言葉ですが、意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 見聞きしたことはあっても、意味はよく分かっていないという方が多いかもしれません。 「年季が入る」と聞くと、意味は単純な感じがしますが、実は味わいのある言葉となっています。 正しく使うためには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「年季が入る」の意味や使い方、例文、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「年季が入る」の意味と使い方 「年季を入れる」の意味は「長年の修練を積む」 「年季が入る」の意味は「 長い間一つの仕事に従事して、熟練していること」です。 長年そのことの修練を重ねて、見事な腕前であることを表します。 また、「年季が入る」は「 あるものが長い間使われているさま」という意味でも使われます。 単に「古い」という意味ではなくて、「長く使われ続けていて、古くなる」という意味合いになります。 ・年季の入ったカバンはどことなく味わいがあって、持っているだけでテンションが上がる。 ・新しいものよりも、年季が入ったバイオリンで演奏した方が音に深みが出る気がする。 人に対して使う「年季が入る」は「熟練しているさま」 「年季が入る」は 長い間ある事についての技術を磨いて、その道のプロであることを表す場合に使います。 例えば、「長い間レストランで働いている彼は、料理を作ることに年季が入っている」といったように言います。 これは「彼は長くレストランで働いているので、食材を切ったり、料理を完成させることが早い」ということを表します。 「年季が入った人」だったら「長い経験によって、そのことの知識や腕前が優れている人」を指します。 「年季が入った」という表現は、「ものが長い間、よく使い込まれている」という意味で使われます。 「 年季を入れる」という言い回しでも使います。 意味は「長い間、ある物事を訓練すること」です。 例文 ・長年事務職に従事している、彼女の仕事をする動きには年季が入っている。 ・よく通うお店の板前さんの腕前には年季が入っていて、いつも美味しい料理を提供してくれる。 ・彼の年季が入った技術を見ると、長い間苦労してきたことが伺える。 ・職人の年季が入った動きに、つい見惚れてしまった。 ・彼はゴルフに関して年季が入っているので、毎年大会で優勝している。 ・遅刻しそうだと心配だったが、彼の年季が入った運転でなんとか間に合った。 ・ある物事についての知識や技術を身につけるために、一生懸命年季を入れる。 「年季が入る」の語源 「年季」の元々の意味は「奉公人を雇うときに定めた年限」 「年季」の元々の意味は「奉公人を雇うときに定めた年限」です。 「年季」は「年数を定めて、ある場所で働く」という意味の 「年季奉公」が由来となっています。 「働く年数が定められる」という意味から「経験があって熟練した」という意味で「年季」が使われるようになったのです。 「入る」の意味は「一定の時間が経過し、ある期間の内になる」 「入る」には様々な意味がありますが、「年季が入る」の「入る」は「」という意味です。 例えば、「夏休みに入ったので、存分遊ぶ」「夜に入り、一気に涼しくなった」などと使います。 「年季」は「」という意味なので、「年季が入る」で「」という意味になります。 「年季が入る」の類語・同義語 熟す (意味:技術に優れていて上手なこと) 「彼はピアノが熟していて、よくコンクールに出ている」 円熟する (意味:技術が優れていて、豊富な内容となっていること) 「彼女の円熟した演奏に聞き入ってしまう」 老練(ろうれん) (意味:経験を積んで、その物事が上手であること) 「老練な動きに感心する」 風格がにじむ (意味:あるものが長い年月を経て、趣が出ること) 「風格がにじんでいる家が並ぶ」 味が出る (意味:あるものが長い間使われて、趣が出ること) 「長く使っている財布に味が出てきた」 時代を帯びる (意味:ものが長い年代を経て、趣を持つこと) 「時代を帯びたお皿が欲しい」 時代めく (意味:古めかしくて趣がある) 「時代めいた建物に興味を持つ」 古びた (意味:古めかしいさま) 「古びた帽子ばかり持っている」 レトロな (意味:昔懐かしいこと) 「彼女はレトロなワンピースを着ている」 古めかしい (意味:昔の雰囲気があるもの) 「古めかしい建物の中に入る」 年代物(ねんだいもの) (意味:長い間を経て、価値があるもの) 「年代物の洋服をもらった」 「年季が入る」の対義語・反対語 経験が浅い (意味:知識や技術が十分でないこと) 「まだ経験が浅くて、何もできない」 未熟 (意味:技術が十分でないこと) 「彼女はまだまだ未熟である」 不慣れ (意味:物事にまだ慣れていないこと) 「不慣れだから、完成まで時間がかかる」 青二才(あおにさい) (意味:知識や技術が十分でない若い男) 「青二才の私ですが、よろしくお願いします」 駆け出し(かけだし) (意味:物事を始めたばかりで、慣れていないこと) 「彼はかけだしだから、ミスは大目に見てください」 見習い (意味:始めたばかりで、人のすることを見て学ぶこと) 「まだ彼は見習いだが、よく頑張っている」 なりたて (意味:ある物事になって時間が経っていないこと) 「なりたての頃は、物事を覚えるのに必死だった」 新米(しんまい) (意味:ある物事を始めてから、時間が経っていないこと) 「新米に仕事を教える」 くちばしが黄色い (意味:若くて、物事に慣れていないことをあざける語) 「彼はくちばしが黄色いから、信用できない」 尻が青い (意味:未熟で、物事に慣れていない) 「まだまだ尻が青いから、しっかりと物事を教える」 「年季が入る」の英語 「年季が入っている」の英語表現を見ていきましょう。 「修練した」を意味する英語は「skilled」「experienced」「trained」 人が主語で「修練した、熟練した」という意味ならば、 ・skilled ・experienced ・trained などの形容詞を使えばよいでしょう。 「古い」を意味する英語は「old」「age well」 直接的に表現すると「 old」になります。 「old」は物に対して使うとき「古い、ボロボロ」というニュアンスでネガティブな響きがあります。 」と表現するとよいでしょう。 このフレーズが一番「年季が入っている」のニュアンスに近いでしょう。

次の

【年季が入るの意味をわかりやすく解説】例文・類語もご紹介します!

年季 が 入る 意味

「年季が入る」の類語• 円熟(えんじゅく) 「意味」十分に熟達して、ゆたかな中身をもつに至ること• 熟成する 「意味」成熟して十分なころあいに達すること• 味が出る 「意味」味わい深いさま• 時代を帯びる 「意味」道具などが長い年月を経て独特の雰囲気を持つようになること• 入るとは、「外から中に入る」という意味がある わかりやすい言葉で表現をするならば、「夏休み突入!」「夏休みスタート!」と言い換えることもできます。 つまり年季が入るとは、「長いあいだ、修練を積んで確かな腕をしている」という状態にのみ使えるということです。 「あと5年で年季が入る」とか、「まだ年季が入っていない」とは一般的には使われません。 別の言葉で、未熟者、修行中などといい例えられることがある。 日本語としては間違いではありませんが、褒め称えたり、敬意を示したいときには、もっと直接的な表現を使ったほうが伝わりやすいです。

次の