ふるさと納税 安くなってない。 節税ではないことが必ず理解できる!ふるさと納税徹底解説

ふるさと納税て、今すると来年の市民税が安くなるのですか?

ふるさと納税 安くなってない

Contents• ふるさと納税をすると住民税の決定通知書のどこでわかるのか(税額控除がふるさと納税だけの場合) ふるさと納税をしたけれど、ほんとに税金は安くなっているの?と 心配されている方もいるかもしれまのせん。 しかし、会社で引かれている住民税の額があんまり変わってないこともありますよね。 会社で住民税が引かれているのであれば、年額が毎月に分割されて納税しているので「税金が安くなった!」という実感はあまりないかと思います。 例えば住民税が年額で9,800円安くなったとしても、毎月にすると約816円です。 年間だと実感ありますが、毎月にすると住民税が安くなったという実感があまりしないのではないでしょうか・・・ だから、ほんとにふるさと納税をして住民税が安くなっているかを確認したいですよね。 確認は、5月に送られてくる住民税の決定通知書、正式な名前は 「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)」です。 (会社で住民税を給与から引かれている方) これで確認することができます。 これは私の住民税の決定通知書(北九州市)です。 北九州市では書かれていません。 書かれていなければ、右の四角の欄の「市民税」「県民税」と書かれた欄を確認します。 その中の「税額控除額」というそれぞれの欄を確認します。 金額の計算は下記のようになります。 (ふるさと納税で安くなる金額に加えて下記の「調整控除額」も含まれています。 (注)ワンストップ特例控除の対象となった場合、所得税からの寄附金控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人市県民税へ寄附金税額控除が適用され、減額される形となります。 この市県民税と所得税との人的控除の差による負担額の影響を調整するため、一定の式で計算した金額が市民税(県民税)の所得割額から控除されます。 詳細は、「 」をご参照ください。 【足あと】 最近、更年期なのかな~と思えることが多々あり、少々凹みます。 どうしたものかな~と、いろいろとやってはみているのですが、 効果が実感できてないです。 は~ 【昨日のにっこり】 同年代のお客様との話が楽しかったこと 移動中のオーディオブックが楽しかったこと 前日仕込みのグラタンが美味しかったこと 安部美幸 あべみゆき 九州北部税理士会八幡支部 税理士 医療法人の診療所の院長夫人として、院長夫人に向けたちょっと役立つ情報を税理士に関することと一緒に発信していきます。 院長夫人の悩み相談を受け付けております。 誰かに話したい、相談したい等がございましたら、お問い合わせください。 旅行や観劇が好きです。 ちょこちょこ旅行に行きます。 温泉でゆったりするのが好きです。 Twitter でフォロー• 16件のビュー• 14件のビュー• 8件のビュー• 7件のビュー• 6件のビュー• 6件のビュー• 5件のビュー• 4件のビュー• 4件のビュー• 4件のビュー アーカイブ• カテゴリー•

次の

【初級者向け】ふるさと納税でお得になっている実感がない理由 還付のスケジュールについて

ふるさと納税 安くなってない

実質2000円になると聞いて3万円ふるさと納税をしたけど、 2万8000円はいつ返ってくるの? ふるさと納税をしてお得と聞くけど、一時的には出費になりますよね。 ふるさと納税は納税しておわり!では控除は受けることができません。 申請を行う事で初めて控除を受けることができますが、 いつ税金が返ってくるのかわからないとちゃんと申請も出来ていたのか不安になったりしますよね。 ふるさと納税は一度払った税金が控除されるので、お得さを実感するのは翌年以降になります。 すぐにお金が返ってくるわけではないですが、ふるさと納税で自分にご褒美の返礼品をゲットして、控除の申請を行っておくと、 来年になってお得感を得られて二度おいしいです。 この記事ではふるさと納税をしたときにいつ・どうやって控除されるのかを解説します。 確定申告 申請期限・方法 2月16日~3月15日の間に税務署に郵送か持ち込みで書類を提出 特徴 1年分まとめて申請。 向いている人・できる人 ・自営業者 ・年収2000万以上 ・副業で年20万以上の収入がある ・住宅ローン控除の手続きを行う ・5団体を超える自治体に寄付する場合 ワンストップでは住民税のみ・確定申告では住民税・所得税が軽減される 税の控除を受ける申請方法は「ワンストップ特例制度」を利用する場合と、確定申告に2パターンあります。 ワンストップ特例制度を利用した場合は住民税が安くなり、 確定申告をした場合は住民税が安くなったうえに、所得税が還付されます。 とはいっても、ワンストップ特例制度を利用した場合は確定申告の時に比べて住民税の控除が大きくなるため、どちらで控除を受けても控除額自体は大きく変わりません。 今年ふるさと納税を使えば、 来年6月から5月の間の住民税が安くなります。 ふるさと納税をすれば自分へのご褒美としていつもよりちょっと豪華なサービスを受けたり、商品をゲットしたりすることができます。 すぐに返って来るわけではないですが、来年になって払ったふるさと納税額から2000円の自己負担額を除いた金額が返ってくるので、忘れたころに嬉しい控除が受けられます。 もう既にふるさと納税をされた方は納税した翌年の6月からの給料明細を是非チェックしてみてください。 まだされていない方は是非この機会に始めて、素敵なご褒美をゲットして来年の住民税を軽くしてみてはいかがでしょうか?.

次の

ふるさと納税しないほうがいい人とは?損する人と3つの理由

ふるさと納税 安くなってない

ふるさと納税って誰がやってもお得みたいに聞こえますが、デメリットはありますか? 損する人や、やらないほうがいい人ってどんな人ですか? 主婦 ふるさと納税といえば、実質2000円で豪華な返礼品がもらえるお得な制度として有名ですが、 そんなウマい話が日本国民全員に当てはまるわけがありません。 中には、ふるさと納税をやってもお得にならない人、メリットよりデメリットのほう大きい人、そもそもオススメできない人などがいます。 この記事では、そんな 「ふるさと納税をしないほうがいい人」を3つの理由とともにご紹介しています。 あなたはふるさと納税をしないほうがいいのか?やったほうがお得なのか?確認してみてくださいね。 ふるさと納税をやってもお得にならない・損をする• メリットよりデメリットのほうが大きい• ふるさと納税をやるのが向いていない それぞれ、具体的にどんな人が当てはまるのか、詳しく見ていきましょう。 お得にならない人 ふるさと納税は、寄付したお金が2,000円を除いて全額戻ってくる仕組みになっています。 この戻ってくるお金は 税額控除と呼ばれ、支払う税金が減額されるかたちで還元されます。 そのため、中にはこの仕組みが当てはまらない人、つまり「お得にならな人」がいるんです。 住民税を払っていない人 ふるさと納税の税額控除では、ほとんどの金額を「住民税」から控除します。 そのため、もともと住民税を支払っていないのであれば、減らすものがなく、いくら寄付をしてもお金が戻ってこないことになります。 ・扶養に入っていて住民税を払っていない人 ・住民税非課税世帯の人 などは、ふるさと納税をしてもお得になりません。 年収が低い人 ふるさと納税は、その人の年収と家族構成によって、寄付できる限度額が決められています。 年収が低ければ低いほど、寄付できる限度額も低くなるため、お得度が下がってしまいます。 例えば、こんな年収&家族構成だと、ふるさと納税ではほとんど得できません。 退職した人 会社を退職したために、今年1年のお給料が少なかったという人も、ふるさと納税では得できない可能性があります。 退職金が出て、年収が増えたように見えるかもしれませんが、そもそも 退職金というのは税制上優遇されているので、所得税や住民税があまり増えないようになっています。 支払う税金が増えないということは、ふるさと納税の限度額も増えません。 いくら寄付できるのか、ちゃんとした確認が必要になってきます。 産休育休中の人 産前産後休暇や育児休業中といのは、お給料は出ていませんよね。 つまり収入がゼロ。 もちろん、所得税や住民税もかかってこないので、ふるさと納税をやっても得できないということになります。 なお、 出産手当金や育児休業給付金といったお金はもらっているかもしれませんが、これらは税金がかからない収入なので、ふるさと納税の限度額を計算するときには関係ありません。 メリットよりデメリットが大きい人 次に、ふるさと納税で受けるメリットよりデメリットのほうが大きい人をお伝えしていきます。 手続きがめんどくさい人 ふるさと納税の申し込み自体は、ネットショッピングのように手軽にできるので簡単です。 しかし、寄付したお金を取り戻すための 税金控除の手続きにめんどくささを感じてしまい、お得とは分かっていてもなかなかやる気が起きない人も多いんです。 この税金控除の手続きですが、原則は確定申告をすることになっていますが、会社員や公務員の人であれば「ワンストップ特例制度」という簡単な手続きでOKとなっています。 なのに! このワンストップ特例制度の手続きでさえ、めんどくさいと感じてしまう人も中にはいます。 具体的には、寄付した自治体から送られてくる「ワンストップ特例の利用申請書」という書類に記入をして、返送するだけなんですけどね。 マイナンバーが分かる書類を添付書類として提出しなければならず、いちいちコピーするのがめんどくさいと感じる人もいます。 多くの人は「これくらいの手続きでお得になるなら」と感じているようですが、中には面倒くさい・忘れてしまうからやりたくないと感じる人もいると思います。 とにかく忙しい人 とにかく忙しく、時間が財産!ふるさと納税のために時間を割きたくない!という人は、デメリットを感じるかもしれないですね。 ふるさと納税では、返礼品を選んだり、税額控除の手続きをしたり、と少なからず時間がとられます。 返礼品を選んだりするのを楽しめればいいのですが、その時間さえもったいない!と感じる人もいるかもしれません。 節税効果を期待している人 ふるさと納税が節税対策になる、と勘違いしている人がいます。 ふるさと納税に節税効果はありませんのでご注意ください。 確かに、税額控除として所得税や住民税が減額されるのですが、それはあなたが事前に寄付したお金が戻ってきただけのこと。 支払先が寄付する自治体に代わるだけで、いわば 税金の前払いをしているだけなのです。 また、個人事業主でもふるさと納税の寄付金は経費にできず、あくまで「個人の出費」ですので注意してくださいね。 ふるさと納税が向いていない人 ふるさと納税をやればお得だけれど、積極的にやらないほうがいい人というのもいます。 ふるさと納税の仕組みが理解できない人 やってしまえば簡単なふるさと納税なのですが、寄付できる限度額があったり、税金控除の手続きがあったり、とある程度のルールがあります。 このルールを理解していないと、寄付したお金が戻ってこず、損してしまう場合だってあります。 身近に教えてくれる人がいなかったり、説明文を読んでもさっぱり理解できないような人は、無理してやらなくてもいいと思いますよ。 現在お金に余裕がない人 ふるさと納税では寄付したお金が戻ってきますが、 すぐにキャッシュバックされるわけではありません。 たとえば、住民税は翌年の6月にならないと金額が決定しないので、いくら税金が減るのかが確認できるのも 翌年の6月以降ということになります。 今年寄付したお金は、翌年にならないと戻ってこないですし、戻ってくるまでにも半年くらいの時間がかかるということなんです。 今現在の家計に余裕がなく、この「前払い」が難しいと感じる人は、無理してふるさと納税をやる必要はないと思います。 お金が戻ってくる実感がわかない人 ふるさと納税をやると、自己負担の2000円を除いた金額だけ税金が安くなります。 しかし、お金が戻ってきたという実感がわかない、という人も多いんです。 特に、会社員でワンストップ特例制度を利用するケースだと… 会社員の人は、そもそも住民税というのはお給料からの天引きです。 しかも、年間の住民税を12分割して、毎月のお給料から源泉徴収していきますよね。 手元からは5万円がなくなっているのに、戻ってくるときは4千円ずつ。 しかも1年かけて…。 トータルで見ればちゃんとお金は戻ってきているのですが、お金を払ったときのインパクトのほうが大きく感じる人は多いようです。 返礼品に魅力を感じない人 ふるさと納税でもらえる返礼品は多種多様!その土地の美味しい食材だけでなく、家電製品や日用品などももらうことができます。 しかし、これらの返礼品の中に、特にほしいものがなければ、無理にふるさと納税をやる必要はないのかなぁと思ってしまいます。 もちろん、自治体を応援したい!被災地の復興に役立ててほしい!という目的で寄付することもできるのですが、やっぱり返礼品目当ての人が多いですからね。 控除限度額が計算できない人 今では、ふるさと納税サイトのシミュレーションで寄付できる限度額の目安を簡単に計算できるようになっています。 一般的な会社員などであれば、控除限度額の計算はそれほど難しくないはずです。 しかし、 個人事業主であったり年金受給者であったり、そもそも課税所得の計算自体が特殊な人たちは、計算方法も少し複雑になっています。 限度額をオーバーすると、寄付したお金が戻ってこないので、失敗しないためにもちゃんと計算してからふるさと納税するようにしましょう。 今住んでいる自治体の税収を減らしたくない人 ふるさと納税の制度では、 寄付先の自治体にお金が支払われた分、あなたの住んでいる自治体の税金が減る仕組みになっています。 最近はニュースなどでも、都市部の税収が減っていることが問題として取り上げられることも多いです。 あなたが支払う税金は、あなたの暮らしをよりよくするために使われている大切なお金です。 子育て環境や住みやすさを充実させてほしいと思うなら、ふるさと納税はしないほうが賢明でしょう。 なお、ふるさと納税制度では、お住いの地域は対象外になっているので注意してくださいね。 ふるさと納税制度に疑問がある人 ふるさと納税が盛り上がる一方で、その制度内容に疑問を感じる人も増えています。 魅力的な特産品がある・ないで寄付金に差が出るのは不公平だ• 一定の自治体に寄付が集中するのはおかしい• 都市部の税収が減少するのはどうするのか?• お礼品という物目当ての寄付制度に違和感を感じる など、その理由は人によって様々です。 ご自身が納得していないのなら、無理にふるさと納税をする必要はないはずです。 あらためて、なぜ寄付をするのか?を考えてみてもいいかもしれないですね。 まとめ.

次の