お 大事 にし て ください 敬語。 体調を気遣うメールで使える言葉18選|目上の人への敬語や返信方法も

「お大事に」の意味や使い方と敬語変換

お 大事 にし て ください 敬語

基本的な意味として、相手の身に起こってしまっている体調不良に対して気遣いの意味を示す言葉であると理解しておきましょう。 その意味を考えればわかる通り、相手を気遣う気持ちを示したい状況なら、いつでも使用することができます。 相手に対して病気や怪我を気遣って、早く治るように祈っていますという意思表示ができる便利な言葉であると言えるでしょう。 解釈の仕方によっては「お大事に」の一言だけでも、「お身体をお大事になさってください」「お大事になりませんようにお祈りしております」などと同様に、敬語表現と考えることができます。 ただし、「お大事に」はやはり省略表現ですから、解釈次第で意味が変わる言葉であり、文脈に応じた解釈が要求されるのが実情です。 相手に解釈を要求するため、場合によって意図していなかった意味でとらえられてしまう可能性もあります。 敬語として使用するのに問題はない言葉であるものの、他の表現が適切な場合もあると理解しておきましょう。 しかし、省略された言葉であるのは事実です。 その点を気にかけてしまう神経質な人もいるでしょう。 そのため、省略せずに正しく表現するのが目上の人に対する「お大事に」の正しい使用法です。 会話の流れで使う場合など、口頭で伝える際にはこの表現で問題ないでしょう。 お大事になさってください。 」 ・「病院に行かれるのですか? くれぐれもお大事になさってくださいね。 「お大事に至りませんようお祈り申し上げます」と表現すると、病気や怪我が大事に至らずにすみやかに回復してほしいと願っている気持ちが伝わりやすくなるでしょう。 このような形で敬語表現を使い分けると、目上の人からも評価を得られるかもしれません。 日程についてはまた後日、ご相談させていただけますと幸いです。 お大事に至りませんよう、お祈り申し上げます。

次の

「お大事に」敬語の意味と使い方の例

お 大事 にし て ください 敬語

「お大事に」は正しい敬語で使いたい 風邪で病院に行った時、医師や看護師から「お大事に」と声をかけてもらったことはありませんか?この「お大事に」はビジネスシーンで使用しても良いのでしょうか。 また使用する時はどのような表現を用いれば良いのでしょうか。 ここでは「お大事に」の意味と正しい敬語表現について紹介します。 「お大事に」の意味は相手の体調を気遣う挨拶表現の一種 「お大事に」の意味は「早く良くなってください」と 相手の体調を気遣う挨拶表現の一種です。 病院などでかけられる「お大事に」は「お身体が大事に至りませんようご自愛ください」の略なのです。 これ以上大事にならず病気が治りますようにという祈りが込められていますが、この言葉を上司や目上の人に使用する時の使い方には注意が必要です。 「お大事に」の敬語変換は「お大事になさってください」 「お大事に」はビジネスシーンで使用しても問題はない言葉です。 また、 上司や目上の人に使用しても失礼にはあたりません。 ただし、使用する場合には「お大事に」と短く省略せずに 「お大事になさってください」と正しい敬語表現を用いるのがビジネスマナーとしてもベターです。 上司や目上の人に使用する時の敬語表現としては「お大事にしてください」や「お大事になさってください」が正しいと頭に入れておいて、メールや電話などでは「お大事に」という短いフレーズは極力避けるようにしましょう。 「お大事になさってください」と同様の意味として「ご自愛ください」という丁寧な表現がありますので、覚えておくと良いです。 この2つの言葉は相手を気遣うのに最も適した言葉です。 「ご自愛ください」は手紙やメールの締めくくりの言葉としてもよく用いられます。 目上の人には失礼だという意見もありますが、そんなことはありません。 むしろ目上の人にこそ使うべき言葉なのです。 また、病気で休んでいる上司にメールで「ゆっくり休んでください」と言いたい時、「お大事になさってください」を用いると、きちんと目上の人を敬った表現で丁寧な印象になるので積極的に使っていきましょう。 「くれぐれも」や「どうか」を言葉の前につけるとより丁寧な言い回しになります。 「お大事に」の他にお見舞いメールで使える言葉 ・「静養」 この機会にゆっくり静養なさってください くれぐれも無理をなさらずご静養なさいますようお願い申し上げます ・「十分」 十分に養生され一日も早いご回復をお祈り申し上げます 「お大事に」の後は相手を気遣う声かけも大切 上司や目上の人にお見舞いメールを出すことはビジネスパーソンとしてとても大事なことですが、それとともに大切なのが快方された後の声の掛け方です。 「思ったよりもお元気そうで安心しました」や「顔色が良いので安心しました」など一般的なお見舞いの言葉として覚えておきましょう。 「あまりご無理をなさいませんように」など相手を気遣う声掛けも重要です。 ご入院されたとお聞きし、突然のことに大変驚きました。 その後お加減いかがですか?心よりお見舞い申しあげます。 平素より仕事を第一線で励まれていたためにご心労も絶えないのではないかと拝察いたしております。 これまで忙しくご活躍なさっていらっしゃった骨休みのおつもりでこの際十分にご養生に励まれ、一日も早いご回復、ご全快をお祈り申し上げます。 どうかお大事になさってください。 早速お見舞いにと思いましたが、お休みのところうるさくおしかけては迷惑と思い、乱文ではございますがこうしてメールを差し上げた次第です。 尚、お身体に障りますのでご返信はお気遣いないようお願い致します。 メールにて恐縮ですが取り急ぎお見舞い申し上げます。 「お大事に」の敬語を正しく使えるようになろう 「お大事に」は病気や風邪を引いた相手の体調を気遣う挨拶表現の一種です。 先輩や上司など目上の人に使用しても問題はありませんが、その場合は「お大事になさってください」まで言うのが最も正しい敬語表現です。 「お大事になさってください」「ご自愛ください」はメールや手紙でも使えるフレーズなので是非覚えておきましょう。 「お大事に」の意味を正しく理解したうえで相手を敬い、気遣うことができてこそ立派な社会人です。 ここで紹介した正しい使い方を覚えてまた一つ大人になりましょう。

次の

敬語でこれを言いたいときは?「送ってください」の場合

お 大事 にし て ください 敬語

「お大事に」がもつ2つの意味 「お大事に」の意味は「早く治りますように」 「お大事に」はほとんどの場合で「体調を気遣う」意図で使われ、「病気やケガなどが一日も早く良くなりますように」「どうぞ体を大切にして下さい」などの意味があります。 また「お大事に」は「お大事にして下さい」という一文が省略された表現となりますが、相手の不調に対して心から回復を祈っていることを伝えることができる言葉です。 「お大事に」のもう一つの意味は「大事になりませんように」 「お大事に」には「身体を大事にして下さい」という意味の他にもう一つ別の意味ががあります。 「お大事に」の「大事」は「おおごと」や「大変なこと」という意味があり、「おおごとになりませんように」「大変な事態に陥りませんように」という祈りが込められた言葉でもあります。 お見舞いをする時に「(大事に至らぬよう)、どうぞゆっくり休んで治療に専念してください」という気持ちを「お大事に」で表現してみましょう。 メールでも使える!「お大事に」の敬語表現の使い方・例文 「くれぐれもお大事になさってください」の使い方と例文 「くれぐれもお大事になさってください」は「お大事になさってください」に「くれぐれも」を付けた敬語表現で、より丁寧に気遣いの気持ちを相手に伝えることができます。 「くれぐれも」は「心から懇願する」という意味で使われることが多く、「お大事になさってください」という気遣いの気持ちをさらに強調することができるでしょう。 大変ですが何とか頑張っています。 ご無理をなさらずお大事になさってください。 ご無理をなさらずお大事になさってください。 今は治療に専念することが大切だと思います。 「お大事に」だけでも相手の受け止め方によっては敬語表現になる 「お大事に」という表現は、相手の受け止め方によっては「敬語表現」として成り立つこと もあります。 なぜなら「お大事に」の一言が実際は「お大事になさって下さい」という敬語表現の省略形だからです。 しかし、「お大事に」よりも「お大事になさってください」としたほうが、相手によっては「私の身体を心配してくれている」「早く良くなって欲しいと祈ってくれている」と丁寧な形で気持ちが伝わる場合もありますので、相手との関係性によって使い分けましょう。 「お大事に」の類語・言い換え表現 風邪や怪我をした相手に送る「お大事に」の言い換え例• 一日も早く職場に復帰されることをお祈りしております。 全快される日を楽しみにしております。 くれぐれもご無理をなさらないようにお願い申し上げます。 一般的に体調を気遣う場合の「お大事に」の言い換え例• 季節の変わり目でございますが、どうぞお身体を大切になさってください。 朝晩冷え込みが厳しくなってきておりますが、どうぞご自愛くださいませ。 「お大事に」を外国語で表現すると? 「お大事に」は英語で「take care」 英語で「お大事に」は「take care」が最も一般的ですが、その他、ゆっくり身体を労わって下さいという意味では「look after your self」も良いでしょう。 頭に「Please」を付けると、より丁寧な表現になります。 「お大事に」は中国語で「请多多保重」 中国語で体調が悪い人を気遣う時に使う表現は「请多多保重(チン ドゥオードゥオー バオジョン)」です。 「お大事に」は韓国語で「몸조리 잘 하세요」 韓国語で「お大事に」は「몸조리 잘 하세요(モムジョリチャルセヨ)」です。 病気や怪我で療養中や身体の弱い人、また出産後で身体が疲れている人への気遣いの言葉として使われています。 まとめ 「お大事に」は気やケガをした人へ気遣いの気持ちを伝える時に便利な言葉です。 目上の人に使う時は「お大事に」という省略表現より「お大事になさってください」「どうぞご自愛くださいませ」などの文章が完結した敬語表現を使うようにしましょう。

次の