業務 スーパー チュロス オーブン。 業務用スーパーのチュロスの作り方!オーブントースターとフライパンはどっちが美味しい?|毎日がおばけパーティー

業務スーパーチュロス揚げないでトースターOK!冷凍2種の違いは?

業務 スーパー チュロス オーブン

さて、 業務スーパーに販売されているチュロスの味はどんな感じだったかというと、上手に作れば全体的にカリっとした感じで、 しばらく噛んでいるともっちりした食感に変わってきます。 もっちりするカリカリのフライドポテトみたいな感じですが、恐らく食べてみないとこの感覚は分からないと思います。 業務スーパーではなく、コンビニで販売されているタイプのチュロスというものがありますが、あれは全体的にもっちり、ほんのりさっくりという感じに仕上がっております。 あのような感じではなく、業務スーパーで手に入れるものは、全体的にカリカリと仕上がっております。 また、味付けなどは特にしなくとも甘く仕上がっているので、そのまま食べることができます。 まずいというような意見も見かけますが、作り方が大半悪いだけで、チュロスそのものはどこのメーカーもかなりの工夫をしていない限り成分にほとんど変化もありません。 業務スーパーのチュロスを揚げない方法はフライパンなどを活用 さて、業務スーパーで販売されているチュロスは調理済みではないため、何かしらの工夫をする必要があります。 そして、 油で揚げるのは散ったりしてかなり面倒だと思います。 筆者もその考えの一つで、検索ワードにも揚げない方法と出てきているあたり、それくらい 面倒と思っている人が多い証拠でもあります。 さて、揚げない方法ですが、基本的にはフライパンを活用したのでも良いです。 揚げない方法だとこんな感じ 欠点としては、色々なサイトで見るような写り栄えのするチュロスが出来上がるわけではありません。 念のためその方法で焼いてみたので、写真を貼り付けてみました。 味としての感想は、全体的にもっちりという感じで 意外にこれはこれで悪くはありません。 実は揚げない方法を書いておきながら、揚げることもしてみたのですが、それを考えても甲乙つけがたい感じです。 チュロスが好きな方で時短にしたい方は、業務スーパーの格安価格で手に入れる価値はあります。 どこかで見かけた情報ですが、中々綺麗なきつね色にならないと書いていた先人のレビューをしていた方が居ましたが、まさにその通りだなと実感しました。 さて、揚げない方法を紹介しておきながらも、揚げるとどうなるのかと気になっている方も居ると思いますので、念のため揚げました。 しかし、何としてでも油が散って後片付けの類はなるべくしたくないので、できる限り簡単な方法でやってみました。 フライパンではなく今回はスキレットとグリルを使用しました。 スキレットに油を1cmくらい垂らして、あとは180度まで温度を上げます。 レンジを使う方法はないのかと思われるかもしれませんが、チュロスではなくまずい粉っぽい何かが出来てしまうのでお気をつけください。 また、フライパンを利用するのもありなのですが、それだと後片付けが格段にめんどくさくなったり、油の使用量も多くなるので、スキレットを1つ持っておくことを業務スーパーのファンにはおすすめしております。 揚げるとこうなります さて、完成しましたが、やはり揚げない方法に比べて仕上がりは全体的に狐色に仕上がっており、幾分か綺麗な感じでおいしそうに見えます。 シロップなどをかける必要もあまり感じないほど、生地は甘いので、甘党ではない方はそのままで良いです。 しかしそれでも、甘味がほしいんだという方には最後にアレンジについて説明しておりますので、そちらを参考にして下さい。 実際に食べてみると、カリカリ度がアップしております。 しかしながら、ちょっとお腹が膨れてきていたのか、油っぽいせいかはよく分かりませんが、先ほど揚げない方法で紹介したものと 甲乙つけがたい仕上がりになっております。 ただ、揚げない方法は粉っぽさが残ってしまう場合もあるので、それが嫌な方は少々面倒でも揚げるのが良いかもしれません。 できました! 他にも、トースターを使ってカリカリに焼きえ揚げてみたりするのも良いです。 レンジなどを使う人も居ますが、単に解凍をしてしまうだけになってしまうので、こちらはあまりおすすめしません。 オーブン機能がついてあるレンジを使うのならば問題はありません。 ただし、筆者のように今回は、グリルとスキレットを利用する方が、 総合的に後片付けも楽になるので、おいしいものも食べたいけど、とにかく揚げるのが面倒という方は、このスタイルを試すようにしてみてください。 こうやって焼くのは、あまり油っぽいのが好きではない方や、そろそろ歳だけど、こういったスイーツもまだまだ楽しみたいなという年代の方にはおいしく食べることができる方法です。 揚げるのも焼くのもそれぞれの良さがあります。 業務スーパーのチュロスのアレンジ方法について ホイップクリームやチョコソースを混ぜてもOK 業務スーパーで販売されている チュロスのアレンジ方法は、特に何もしなくともおいしいですが、他にアレンジするのであれば、ホイップクリームをかけてみたり、パパンというトーストに味をつけるシュガーがあり、それでストロベリーの風味をつけたしてみたり、チョコシロップをかけるのも良いです。 どれかでおすすめするならば、筆者はパパンのシュガーか、業務スーパーで販売されているホイップクリームを賢く使うのが良いのではないかと個人的に思います。 特にスイーツが好きならば、色々他にも応用できそうです。 業務スーパーのチュロスのカロリーについての注意点と書ききれなかった本数 業務スーパーのチュロスのカロリーが参考までにサイトにも表記されており、実際は171kcalで、炭水化物34. 9g、脂質1. 8g、たんぱく質3. 9gとなっております。 ただ、 これはチュロスそのもののカロリーになっており、揚げたりした場合は平気でここに150kcalくらいはプラスされそうです。 元は脂質が少ないだけに、焼くだけであればカロリーはこのままですが、揚げるとなればカロリーはちょっと高くなってしまう傾向にあります。 また、書ききれなかったことがありますが、業務スーパーで販売されているチュロスは何本くらい入っているのという疑問があるので、数えてみました。 筆者の場合は36本で、前後してしまう可能性があるようです。 そういうのもグラム数で販売されているので、このあたりに誤差が出てしまうのは仕方ないようです。 34本~40本くらいの間で誤差が出ているようなので、買う方はそのあたりに気をつけておきましょう。

次の

業務スーパーのチュロスの揚げない作り方は?オーブントースター/レンジ

業務 スーパー チュロス オーブン

業務スーパーで買えるおすすめのチュロスの1つ目は、国産の揚げる冷凍チュロスです。 基本的に、チュロスは揚げるスイーツなのですが、揚げずに作れるものも登場しているので分類されます。 日本で生産されていて、内容量500gにもかかわらず、でお値段は97円(税抜)というお得さです。 テーマパークで販売されているものは、ボリュームたっぷりの長めのタイプですが、こちらは少し短めとなっています。 家庭で調理するので、フライヤーで一気に揚げられるようにしているのかもしれませんね。 生の状態で冷凍してあるので、形が崩れてべとべとにならないよう、解凍させずに揚げていきましょう。 ちなみに、気になるカロリーは100gあたり171kcalですが、油で揚げる前のものです。 揚げたあとは、150kcalはアップすると考えておきましょう。 余ったら冷凍庫で保存して、ちょこちょこと取り出して食べられるのが、冷凍チュロスの魅力です。 こちらは、すでに焼き色がついているタイプなので、オーブントースターに入れて焼くだけでOKとなっています。 内容量200gで、お値段は248(税抜)円と、こちらもかなりお得です。 サイズとしては、長さが18cmなので、1本でも満足感があります。 スペイン産のチュロスは、100gあたり329kcalと高めです。 焼き色がついていることから分かるように、一度調理をすませてから冷凍しているんですね。 最大の魅力は、食べたいときに、さっと取り出してオーブンで焼くだけという手軽さです。 油を使って揚げるとなると、手間や後片付けが大変になりますよね。 美味しすぎるので食べ過ぎに注意しましょう。 国産の場合、くっつくのが心配な方は油を薄くひいてから焼いてみましょう。 香ばしさを求めるのなら、バターでもOKですよ。 しっかりとカロリーカットしたい方は、何もひかずに焼きましょう。 弱火にかけて、ときどきひっくり返しながら、7分~8分ほど焼いていきます。 しかし、油とは違い、こんがりきつね色とはならないので、見た目は少し落ちてしまいます。 スペイン産の場合は、もともと焼き色がついているので、フライパンで調理しても見た目はそのままです。 しかし、スペイン産のデメリットは、調理済みなので油が染み込んでいることです。 フライパンで焼いてもカロリーカットにはならないので、その点は注意しましょう。 染み込んだ油があるので、フライパンに何もひかなくても良い点はメリットかもしれませんね。 国産の場合、耐熱容器に並べて600Wで3~4分加熱していきましょう。 レンジを使った場合は、あまり焼き色はつかず、白っぽい仕上がりになります。 食べた感じも、油で揚げたチュロスとは異なってくるのがポイントです。 レンジで加熱する方法は、オーブン機能との合わせ技として使ってもOKです。 レンジで解凍して、その後オーブンで焼く方法もあるので試してみてくださいね。 スペイン産の場合は、国産と同じ手順で加熱するだけで美味しく食べられます。 調理済みなので、見た目も味も、もとのチュロスそのままなので手軽に食べたい場合はオススメです。 また、せっかくレンジを使うなら、他のスイーツ作りにも挑戦してみませんか?こちらの記事では、レンジで作れるスイーツを特集しています。 魚焼きのグリルを活用して、調理していきます。 国産の場合、アルミホイルを敷いたうえに並べていきましょう。 弱めの設定で10分ほど焼いていきますが、揚げない作り方の中で、最も難易度が高いです。 外側が焦げつきやすく、中は生焼けという悲惨な状況になりやすいので、熟練のテクニックが求められます。 スペイン産の場合は、もう少し短めの時間でできますが、焦げつきやすいという点は変わりありません。 技術を身につけるか、オーブントースターやフライパンを活用するか、悩ましいところです。 こちらは、フランスから直輸入した一品で、「ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリー・レッドカラント」の4種類のベリーが堪能できます。 大型のタルトがまるごと冷凍されているうえに、自然解凍でOKなので、手間がかかりません。 贅沢にまるごといただいても良いですし、食べたいぶんだけカットしていただいても良いという、嬉しいスイーツとなっています。 コスパやバリエーションの豊富さを誇る、業務スーパーのスイーツに対抗できるのは、コストコのスイーツではないでしょうか?こちらの記事では、コストコのスイーツを徹底的にまとめています。 食べ比べるためにも、チェックしてみてはいかがでしょうか。 市販のキャラメルを5粒ほど耐熱容器に入れて、大さじ2杯ほどの牛乳を追加します。 レンジで3分加熱したあと、よくかき混ぜて、さらに3分加熱すれば完成です。 レンジでチュロスを調理しながら作ってみましょう。 業務スーパーの揚げないチュロスを味わいつくそう 業務スーパーのチュロスは、コスパに加えて、お手軽さというメリットを兼ね備えたスイーツです。 定番どおりに油で揚げても良いですし、オーブントースターなどでカロリーカットして食べても良いですね。 さまざまなバリエーションのトッピングも準備できるので、いろいろと工夫をしながら、味わい尽くしていきましょう。 国産なら市販のチュロスよりも低カロリーになるので、少し食べ過ぎてしまっても安心ですよ。

次の

業務スーパーチュロス揚げないでトースターOK!冷凍2種の違いは?

業務 スーパー チュロス オーブン

「チューロス」1袋500gの栄養価 原材料 小麦粉、砂糖、デキストリン、乳等を主要原料とする食品、ショートニング 大豆を含む 、食塩 甘味料 ソルビトール 、ベーキングパウダー カロリー 855kcal 100gでは171kcal タンパク質 19. 5g 100gでは3. 9g 脂質 9g 100gでは1. 8g 炭水化物 174. 5g 100gでは34. 9g 食塩相当量 2g 100gでは0. 冷凍チュロスの揚げ方• カチカチに凍った状態で揚げる。 チュロス同士がくっつかないようにする。 一度にたくさん揚げたいなら大きめのフライパンがおすすめ。 揚げている間はチュロスを箸で動かさない。 こんがりとした色がついたら網の上に取り出します。 このときはまだ柔らかくても大丈夫。 3~5分ほど放置するとカリッとしてきます。 そのままでも甘いのでまずは砂糖をかけずに味見する。 お好みに味付けして召し上がれ! 揚げたてはまだ柔らかいチュロスですが、3~5分そのまま放っておくとカリカリ食感へと変化します。 外はサクッと中はしっとりもちもちという雰囲気が断面からも伝わってくるでしょう。 チュロスは揚げているうちに結構な量の油を吸収しているので、油から取り出した後は網やキッチンペーパーの上でしっかりと油をきってから食べることをおすすめします。 業務スーパーチュロスを揚げずに調理する方法 業務スーパーのチュロスは揚げない調理法でも美味しく食べることができます。 サクサクもちもち食感を存分に楽しむには油で揚げるのが一番ですが、揚げ物は準備や後始末が面倒で気が進まないときもあるでしょう。 そんなときは オーブントースターを使えば揚げずに簡単調理できますので試してみてください。 オーブントースターで「揚げないチュロス」 オーブントースターで揚げずにチュロスを作るポイントは、チュロスの表面に油を塗っておくこと。 サクサク感は油で揚げた場合と比べると劣りますが、モチモチしていてなかなかおいしかったです。 さっそく作り方を見ていきましょう。 天板にクッキングシートをのせ、重ならないようにチュロスを並べます。 チュロスの表面を刷毛(はけ)で薄く油を塗ります。 焦げないようにアルミで蓋をして1000wで10分加熱します。 もう少しこんがりさせたい場合はアルミをはがしてさらに1~2分加熱します。 こんがりと焼き色がついたらトースターから出して、3~5分放置して完成です。 好みの味付けで業務スーパーチュロスをアレンジ! 業務スーパーのチュロスはそのままでもほんのり甘いので、味見をしてしてから好みの味付けをするといいでしょう。 冷凍チュロスとの相性抜群の味付けアレンジはこちらです。 スティックシュガー もう少し甘さが欲しい時はスティックシュガーをかけるとチュロス本来の味を楽しめます。 スティックシュガーならグラニュー糖の買い置きがない家庭でも来客用にいくつか用意してあるのではないでしょうか? ミルクココア チョコレート風味にしたいならミルクココアをかけるのが手軽でおすすめです。 揚げたてのチュロスにココアをからめるだけで満足感が違います。 シナモンシュガー シナモンシュガーをかけると簡単に大人味に変化します。 ミルクティーとの相性も抜群でシナモン好きにはたまらない組み合わせです。 紅茶は業務スーパーのセイロンティーが安くておすすめ。 1杯4円で飲めちゃうので、常備しておくといいですね。 アイシングチュロス 甘めのチュロスが好きな方には、はちみつ風味のアイシングチュロスがおすすめ。 作り方も簡単で、粉砂糖30g、はちみつ3g、水大さじ1を用意し、粉砂糖がしっかり溶けるまで混ぜ合わせてチュロスにコーティングするだけ。 ドーナツ店のような本格的な味わいを楽しめますので試す価値ありです。 ハート形チュロス 業務スーパーのチュロスは、味付けだけでなく形を変えても美味しくいただけます。 作り方は自然解凍してやわらかくなったチュロスをクッキングシートの上で好きな形にしてシートごと油で揚げるだけ。 カラリと揚がったらアイシングやチョコレートでコーティングするのもおすすめです。 いつものおやつが特別なお菓子に生まれ変わるので、バレンタインやホワイトデーなど季節のイベントにもぴったりです。 バラの形のチューロス チュロスを常温で柔らかくしてから、バラの花の形にしてみました。 ちょっぴり焦げてしまいましたが、チュロスについた焦げ目が花びらみたいで可愛いです。 業務スーパーチュロスのアレンジ方法は無限大! 業務スーパーのチュロスは1袋500gの大容量ですが、一つ食べると次々に手が伸びる魅惑スイーツでかなりおすすめの商品です。 アイスクリームやチョコレートソース、ホイップクリームとも相性がいいので、様々なアレンジを試してみましょう。 業スーにはチュロス以外にもおいしくてコスパの良い商品がいっぱいありますので、も参考にしてみてください。 宮城製粉の他の人気商品もぜひ見てみてくださいね。

次の