ジョジョブラキ。 今更MH3G攻略!

黒曜石は砕けない@全武器種によるクリアを目指して : プーギー亜種の天玉

ジョジョブラキ

を追ってここまで来たけどよォ~ どうやら違ったみてーだからアンタらハンターに任せるよ。 うまくいけば、おれのスタンドを使えるようになるかもっスよ! だが気をつけな。 グレートですよこいつはァ…! 概要 狩猟環境安定の火山でブラキディオスを狩猟するという一見普通のクエストに見えるが……。 実はこのクエストに出てくる固体は電撃・ランディープの&JUMP・獄界の門番のを髣髴とさせる…いや、それらをも超える 超絶強化個体である。 体力、攻撃倍率、全体防御率、怯み倍率、サイズが 通常個体と比べて大幅に上昇している点では前例二つと同じなのだが、この固体はそれに加えて、(この個体の元ネタと推測できる の、を再現するかのように) 怒りやすさに異常な補正が加えられている。 具体的に言うなら、攻撃力98&ゲージ黄色のハンターナイフで斬りかかっただけで即座にプッツンする。 というか、 キック一発でもマジギレする。 その短気っぷりはもはややなどの比では無い。 火薬岩1つ砕いただけで逆上し、剣先がかすっただけで激怒し、 ウロコトルから邪魔を食らっただけで殺気立ち、ハンターが蹴っただけで怒髪天、 挙句の果てには自分でバラ撒いた粘菌の爆発に巻き込まれて逆ギレ激昂する始末。 モンスターハンター大辞典wikiの記述より抜粋。 ただでさえブラキは怒り状態が危険なのに、ほぼ常時キレっぱなし&金冠サイズ&超攻撃力という補正が加わったこの固体の強さは最早危険という言葉すら生ぬるい。 依頼人が 「グレートですよこいつはァ…!」と言ったのも頷けるだろう。 このとんでもない仕様ゆえに日本全国で心を粉々に砕かれたハンターが続出し、このクエストはMH3G最凶のクエストとして多くのハンターの心に刻まれる事となった。 一方で心を砕かれるどころかこのクエストを 上位武器や 下位武器、 防具無しで突破する超人ハンターも現れており、多くのハンターに希望を与えたのだとか(下記の動画も参照)。 というより、プロハンの間では 腕試しの最高峰のクエストのような捉え方もされており、本クエストのソロクリアを目標にしていた者も決して少なくはなかったようだ。 ただ、イベントクエストと腕試しクエストを抱き合わせにすることに関してはさすがにまずいと判断されたのか、以降のクエストではここまで極端な強化クエストは一切登場していない。 このクエストをクリアし、コラボアイテムの「不砕のダイヤ」を5つ集めることで、東方仗助の:を模した「クレイジー・D」を作成できる。 攻撃力は同作トップの値を誇るが斬れ味ゲージが匠発動でも白までとイマイチ。 ただ、このハンマーには特殊な効果が備わっており、他のプレイヤーを攻撃すると、 攻撃したプレイヤーの体力を微量回復させることができる。 恐らく、「触れた物体を直す」というクレイジー・ダイヤモンドの性能を意識したものなのだろう。 なお、海外版のMH3Uでは版権の都合からデザインと名称が差し替えられており、「Majestic Scepter」という王冠を象った金色の杖のような武器になっている。 」がある(元ネタはやはり4部における同名のエピソード)。 このカメユークーポンはクリアすることでも入手でき、と専用のお面「」を作成できる。 ちなみに、お面の熟練度が最大になると、落し物でやはりこのカメユークーポンを拾ってくることがある。 コラボ先のと名前の一部が同じなため、一部ではもじって『ブラキDIOス』などとも呼ばれている。 (もっとも、作品こそ同じだが、違う部のキャラである。

次の

対ジョジョブラキ用不屈挑戦者装備【スラッシュアックス】 : プーギー亜種の天玉

ジョジョブラキ

Contents• ジョジョブラキディオスとは MH3Gのモンスター超絶強化クエストの一つです。 ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けないとのコラボイベントで、強化された ブラキディオスがターゲットです。 他には ジンオウガ亜種とラギアクルス亜種の超絶強化クエストもありましたが、 主観ですがジョジョブラキが一番難易度が高かった気がします。 内容は サイズが 最大金冠確定で、 体力と攻撃力が強化されています。 それも大幅に・・。 攻撃力は最大強化した剣士でも一撃で沈むことがあるくらいです。 ガンナーだとカスッただけで 回復薬Gを飲みたくなるくらいのダメージがあります。 ジョジョブラキの強い点 さて、ジョジョブラキの強い点から纏めてみましょう。 超火力 上にも書いた通り超火力です。 剣士ですら一撃で沈めることができる超火力、ガンナーはほとんどの攻撃で即死。 カスッただけで半分くらい持っていくほどの火力。 これがジョジョブラキの強さの一因です。 最大金冠確定 ただでさえ、嫌らしいブラキの動きに 最大金冠(規格外)なので、ちょっとした動きでも尻尾に掠ったりとか良くします。 広範囲攻撃においては避けるのも一苦労。 納刀してダイブする必要も出てきます。 なら、ガードすれば?って思うかもしれませんが、 3Gの爆破やれらのはガード時も爆破する仕様なのでガード武器はむしろやり難いです。 怒りっぱなし 常に怒ってます。 流石に出会ったときは怒ってませんよ? ただね、ただちょっとだけ、目印付けさせてもらったら、もう怒っちゃいますよ。 「俺に触るとやけどするぜ」 状態なんですよ。 めちゃくちゃ高い体力 通常の3倍くらいあるんじゃないかってくらいの体力を有しています。 1~3のおかげで、そもそも攻撃チャンスが少ないです。 さらに追い打ちをかけるように4があります。 4人で戦っても30分くらいはかかると思います。 その間 ずっと集中していないとあっという間に3乙してしまいます。 正直もう戦いたくないです。 極ベヒーモスとは FF14とのコラボイベントです! モンハン側からは FF14にリオレウスが出張しています。 獄ベヒーモスの戦い方は本家のFF14の戦い方で戦う必要があります。 タンクが居てヒーラーが居てDPSが居てとRPG通り役割分担をしなくては厳しい戦いになります。 こちらから出張しているFF14のレウスも阿鼻叫喚だったみたいですが、 モンハンの戦い方を知ってたら楽だったとは聞きますが。 極ベヒーモスの強い点 続いて極ベヒーモスの強い点です。 エクリプスメテオ ベヒーモスの代名詞と言われる 『エクリプスメテオ』根性なんて関係なしに即死させるこの技を対策しないと勝ち目はありませんね。 これのためにコ メットを守りながら戦う必要があるので、立ち回りが限定されてしまいますね。 ミールストーム 戦場に設置型の竜巻。 置く場所は多少選べるにしても、これが戦場にあると動きがかなり制限されて戦いにくくなってしまいますね。 DPSチェック エリア3で一定以上のダメージを出さないと問答無用で 『エクリプスメテオ』。 コメットが無いのでジャンプで避けるしかありません。 エリア4の狭さと図体のでかさ エリア4の狭いエリアでベヒーモスの巨体が暴れまわります。 これだけで戦うのがしんどいですね。 ジョジョブラキの弱い点 強い点があれば弱点も多少あります。 ジョジョブラキの弱点は、 一応普通のモンスターなんです! なので、罠・閃光玉・状態異常全部効きます。 体力が高いのでハメ倒すのは難しいですが、それなりに体力を削ることはできると思います。 その後がしんどいですが・・・。 過去作なのでエリアが分かれているためピンチになったら 最悪エリチェンで緊急退避もできますね。 極ベヒーモスの弱い点 弱いというよりは、公式から倒し方が明示されているところでしょうか。 タンク・DPS・ヒーラーと別れて戦うようにするってアナウンスが有ったため、編成で考えることはあまりなかったでしょう。 あと ベヒーモス自体の火力はあまり高くない。 いや高いけどジョジョブラキほどではないので、タンカーが敵視取って戦っていれば比較的安全に戦うことができます。 まとめ 極ベヒーモスの強さはギミックによるところが大きいと思います。 先にも書いた通り極ベヒーモスの 難しさはギミックと役割分担によるものです。 この辺り、 MMORPGやっている人とやっていない人の差が出てくると思います。 役割分担を理解している人達なら、そもそもそんなに難しくクエストです。 ヒーラーが殴りに行ったりとか言語道断ですね。 それでタンカーが落ちたりしたら目も当てられません。 タンカーはヒーラーが回復してくれる前提で戦っているのですから! あ、ちょっと愚痴っぽくなっちゃってけど極ベヒーモスは普通の攻略したらそんなに難しくないと思います。 追記:アイスボーンに両方とも出たらどうなる? アイスボーンが発売されて半年近く経ちますが、 アイスボーンに『ジョジョブラキディオス』と『極ベヒーモス』が出たらどうなるのか?です。 結論 『ジョジョブラキディオス』は正直来てほしくないかな。 こいつばっかりは、野良で勝てる気がしない。 多分今回来るとしたら 歴戦個体で来るだろうし。 常に怒ってるから 壁ドンもできないし・・・。 『極ベヒーモス』は多分来るんじゃないかなって思っています。 極ベヒーモスはちゃんとした戦い方をすれば超難関ってわけではないがしています。 (使用が変わっていなければですが・・。 ) それでもVCを使ってちゃんと連携を取っていかないと厳しいですね。

次の

【MH3G】ジョジョブラキ 剣士ソロ【モンスターハンター3...

ジョジョブラキ

概要 リーゼントの若者 殺人鬼を追ってここまで来たけどよォ~ どうやら違ったみてーだからアンタらハンターに任せるよ。 うまくいけば、おれのスタンドを使えるようになるかもっスよ! だが気をつけな。 グレートですよこいつはァ…! MH3Gの名物、 モンスター超絶強化クエスト第3弾 USJで先行配信された「」を含めれば第4弾。 相手はクエスト名から連想できる通り ブラキディオス。 ではもはや当然となった と攻撃力の大幅増加、 さらに 最大金冠確定であることがブラキディオスの動きと 見事にマッチしており、 物凄い俊敏さから一撃で剣士の最大体力を7割以上も削る攻撃を怒涛の如くぶち当ててくる。 ましてやブラキが放つ技で トップクラスの攻撃力を誇るなぞ喰らおうものなら しかも後述の通り動きが早い上、無理に踏み込むとあっというまにキャンプ送りにされてしまう為に攻撃チャンスが少なく、 結果する事もできないまま になりやすい。 その最たる原因は、他の超強化個体と違い 超が3つ付くほどキレやすい事にある。 元々ブラキディオスは比較的怒り易いモンスターであるが、 その短気っぷりはもはややなどの比では無い。 1つ砕いただけで逆上し、剣先がかすっただけで激怒し、 から邪魔を食らっただけで殺気立ち、ハンターが蹴っただけで怒髪天、 挙句の果てには 自分でバラ撒いた粘菌の爆発に巻き込まれて激昂する始末。 つまり時以外は 常時キレっぱなしで、 平常時がほぼ存在しないのである。 一体このブラキディオスの身に何があったというのだろうか? リーゼントのような形の頭殻を誰かに馬鹿にされでもしたのだろうか? 初めて挑戦し、攻撃を当てたハンターがになったのは言うまでもない。 MH3Gのイベクエをプレイする前に言っておくッ! おれは今8月17日配信のイベクエを ほんのちょっぴりだが体験した い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが…… ,. イ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… また、ブラキディオスは他のモンスターと違い、 通常時と怒り時で完全に別物と化すのがこの原因を更に加速させている。 一応、ダメージのないやペイント弾、はスルーしてくれる。 その圧倒的な強さから2chでは配信直後から 3乙、時間切れの報告が相次ぎ、 片手で行くのが有利かと思ったら 圧倒的すぎる体力の前に時間切れ、 かろうじて「」で最初の撃破報告があがるという有様だった。 なお、ご承知の通り ガンナーではブラキの攻撃を耐える事は不可能。 爆破部分でも 瀕死、どころか 慣性で振られる尻尾に触れただけで5割近く削られる。 剣士装備の最高防御力であっても、 1発耐えるのが精一杯 粘菌による追撃を考えれば生半可ではない。 最高威力を誇る爆破前の角突き刺しに至っては、最強個体の場合 防御600未満では問答無用で即死である。 故に、の方がまだ楽に感じられるといった意見すら挙がる始末である。 どうしてこうなった…。 攻略にはブラキの攻撃を全て避ける、まさにネタ抜きで級の腕を要求される。 で生存率を上げるか、常時怒り状態なのを逆手にとってを最大活用するか、 耐えられないならいっそ開き直って・の攻撃力に全てを賭けるか、 すべてはあなた次第である。 もちろん、自分自身が慣れているかどうかもあるのだが、 このブラキディオスに関して言えば、比較的大剣で行くとが良いという意見が多い。 他武器と比べて比較的頭を攻撃しやすく、さらにやの発動があれば 怒り咆哮時に溜め斬り3を一発当てることができる。 これも一撃重視の大剣ならではの攻撃だ。 非怒り時に1ダメージでも与えれば 疲労時を除き 確定で怒り咆哮が来るので溜め斬りが当てやすい。 にはめても溜め斬りループを繰り出すことができる。 いくら強個体であったとしても、溜め斬りループは痛い。 採用される大剣は、水属性でスロット2のや、同じくスロット2で便利ななど。 頭のみを狙うなら、 タルタロスと比べ僅差ではあるが 攻撃力最強のも候補にはなる 勿論この場合、を発動させるとさらに効果が高いが、 他に優先すべきスキルの方が多いのであまりお勧めしない。 その他、クリア報告が多いのは、上記のやや等であるが、 一応全武器種でのクリアは報告されている。 最も大事なのは、 どんな困難に直面しても 決して砕けることのない狩魂、 そして 狩猟を成し遂げんとする黄金の精神…といったところか。 プレイヤーからの評価• この様な度の過ぎた調整をされた強化個体はメインシリーズでも前例がなく、 更にそれがコラボクエだったことも重なり、配信直後は様々な物議を醸した。 というのも、コラボ武器であるを生産するには、 このクエストのクリア報酬に出るイベント限定素材『不砕のダイヤ』が5個必要となる。 MH3Gは仕様上オンラインプレイが困難だったことからソロプレイヤーが多く存在しており、 カジュアルプレイヤーからは クエストがクリアできないので コラボ武器が作れないという モンハンシリーズにあるまじき悲鳴が上がることとなった。 開発側もこの問題は承知していたようで、昨今の作品のイベントクエストでは 比較的易しいサブターゲットによってもイベント限定素材を得られるケースが増えている。 一方、これまでとは一線を画した難易度については評価する声も多く、 エンドコンテンツ的な超高難度クエストとしては多くのプレイヤーから支持されている。 MH3Gの看板モンスターである獣竜種、砕竜ブラキディオスの究極強化クエストということもあり、 最盛期には本クエストを「 MH3Gにおける最後の目標」として果敢に挑戦するハンターも多数見られた。 クリアすることがプレイヤーのこの上ない実力の証左となりうる、 MH3Gやり込みの最高峰の印を確立したクエストとも言えるだろう。 装備、アイテム、知識、己の腕を振り絞り、火山にて待ち受ける砕竜との死闘を繰り広げた末に このクエストを1人で達成した貴方はMH3Gを「極めた」と胸を張って言っていい。 こんな超高難易度クエストでも時が経てば 変態的なやり込みの対象となるもので、 発売から数ヶ月後には以下のような目を疑いたくなるようなクリア内容が報告されていた。 全12種類の武器でソロクリア• やでソロクリア 3Gきっての残念武器たち• や、、、でソロクリア 上位武器• 、、でソロクリア 下位武器 これは決して見間違いではない。 正真正銘 裸や下位武器である。 本クエストが如何に超人…もといプロハンを刺激したかがよく分かるだろう。 現在ではこうした攻略の動きこそ流石に落ち着いてはいるが、早いと 20分すら切っての狩猟動画も見られるように。 配信当時からしたらもはや異次元のレベルに来ていると言えるだろう。 このクエストおよびこのクエストに登場するブラキディオスのネット上での略称は 「 ジョジョブラキ」「 黒曜石」「 黒曜ブラキ」「 ブラキDIOス」等が一般的である。 ジョジョの奇妙な冒険のの名前をもじって「 アラキディオス アラキ 」と呼ばれることも稀にあるとかないとか。 難易度としてのインパクトの高さからか、配信時点では「黒曜石」と検索エンジンにかけると 一番上に「 黒曜石は砕けない 攻略」などというサジェストが出現したり、 それどころか 「こくy」と打った時点で予測一覧、それも結構上の方に出ることすらあった。 これは「コクヨのヨコク」というフレーズで有名な大手会社 「コクヨ」とどっこいどっこいのレベルで、 本物の黒曜石涙目な事態を引き起こしていた。 MH3G発売から大分年月が経った現在では流石にそこまで極端ではないが、 相変わらず「こくよう」と打った時点でサジェストが即座に反応するなど、 今なおMHにおける強化クエストの代表格として世に名を轟かせているクエストである。 MHWでゲームエンジンが一新され歴戦王など難しいコンテンツが追加されてなおこの評価である以上、 今後何本新作が積み上がったとしてもこのクエストのクリアは一つのステータスとなることだろう。 忘れられがちだが、実は ブラキディオスの強化個体は四か月前に実装されている。 「」に登場した乱入個体がそれ。 …とはいっても強化割合は常識の範囲内であり、クエスト自体も旨味の少ない内容だったことから、 当時のプレイヤーからはほぼスルーされ、話題を攫うようなことはなかった。 それより前に攻撃力がが配信されていたことも、 この微妙な強化個体の空気化に拍車を掛けていたと言える。 ブラキディオスはにも登場しており、 奇しくも二週連続でイベクエ出演を果たすこととなった。 MH3G発売前は散々な評価を受けていたブラキディオスであったが、 3シリーズを締め括るイベクエにおいて確かな足跡を残したのは間違いない。 このクエストは、HR6から受注可能である。 つまり、 相当な腕前を持ったプロハンターなら、 G級序盤で 高性能のブラキ武器の最終強化が 理論上可能である。 他の使い勝手の良い武器で普通にHR7に上げて通常個体のブラキを狩った方が遥かに楽なのは言うまでもないが、 上述の通り裸や下位武器でクリアしたという 変態ハンターの報告も確かに存在しており、完全に不可能、遠回りとは言い切れない。 新たにMH3Gで一狩り行こうというプレイヤーは、浪漫を求め、 『遠回りこそが最短の道』だと信じて挑戦してみるのはいかがだろうか? 一応、大半のブラキ武器の強化3段階目「爆砕の~」までなら、 メラルーフェイクのぶんどりで素材を手に入れることができる 最終強化は部位破壊および捕獲報酬限定の剛鉄拳が必要。 このクエストはHR6で火山に行ける便利な採集クエストとしての側面も持つため、 メラルーフェイクを連れて秘境探索など良いかもしれない。 なお彼の余りある攻撃力が功を奏す数少ない点として、 こうして採取に向かった際の港への帰還が という点がある。 火山地帯のエリアに行かないといけないのが少々面倒ではあるが、 ブラキ武器作成と炭鉱作業を一片に片付けたい場合は重宝するだろう。 仮にHR6の時点でこの個体を砕くのであれば、 使う武器はやはりタルタロスかグロンド・ギガあたりが筆頭になるだろう。 防具に関してはヘリオスZならば匠と高級耳栓、加えて集中などまでなら余裕をもって両立可能。 更にG級序盤から防御力600前後に到達できる優れ物であり、現実味が全くない訳でもない……かも。 MHW:I現在でも非常に難易度の高い部類に入るクエストだが、 超強化を施された4シリーズに比べると 全体的な動きは3Gの方がやや易しめである とはいえ様々な点で弱体化がなされたXシリーズよりは大分強いが。 特に大きく踏み込みながら腕を叩きつける攻撃や回り込みからの前方爆破など、 MH4で追加された凶悪なモーションは使用してこない点は大きい。 ハンター側の操作性や武器やお守りの性能なども異なるので比較は難しいが、 もし3G全盛期で当クエストのブラキを倒せなかったという人も 今になってリベンジすれば勝てるかはさておき結構いい勝負が出来る……かもしれない。 特にギルクエLv140の個体はジョジョブラキに勝るとも劣らない圧倒的戦闘力を持つため、 そちらを下すことが出来ていればこちらに対しても勝ちの目はあることだろう。 ただ、4シリーズのギルクエ個体は破壊力でこそジョジョブラキに伍するものの、 諸々を含めた 相対的な 耐久力ではこちらにやや劣っており、 ギルクエ個体を下した猛者でも高すぎる体力値に集中力を切らされる可能性は十分にある。 また狩猟環境に関しても、ダメージゾーンが存在せずクーラードリンクも不要な未知の樹海と比較すると 3シリーズの火山はの妨害が激しい分かなり劣悪。 また、「全体的な」と先に強調した通りブラキディオスの動き自体も完全に3Gの個体が劣るわけではなく、 3Gには4以降オミットされた凶悪なデスコンが存在しているのも当時のプレイヤーはご存知のことだろう。 いずれにせよ、実に配信後10年すらも徐々に迫りつつある今となっても 頭一つ抜けた強敵であるのは間違いないだろう。 あくまでも推測だが、ジョジョのコラボクエスト第2弾としてブラキディオスが選出されたのは、 ジョジョ第4部のが爆弾にまつわるスタンドを所持しており、 それに伴い、爆弾つながりでの選出となったと考えられる。 ただ、爆弾という特徴が共通しているだけで、このボスキャラは 植物のように平穏な生活を望む 滅多にキレない性格であるのに対し、 先述のようにこのブラキディオスは超キレやすいという真反対の特徴を持つ 強いて言えばかなり神経質であるので、あまりにも些細な事でイラつく上に、 プライドや自意識もかなり高く、気に入らないことがあったり思い通りにならなかったりすると割とすぐに怒りを顕にする。 リーゼントみたいな頭である点、特定のきっかけで簡単にキレる点などは むしろクエスト依頼主でもある主人公の方とよく似ている。 原作との関連性• クエスト名「黒曜石は砕けない」は、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部のサブタイトルである 「ダイヤモンドは砕けない」のである。 第4部の主人公「東方仗助」は基本的に温厚だが、髪型を貶されると 自分が何をしてるのか分からなくなる位プッツンしてしまう人物であり、 このクエストに登場するブラキディオスの異常なまでの怒りやすさはそれを反映したものと考えられる。 仗助自身はこのブラキディオスと違い、髪形を貶されない限り怒りやすさは並程度であるが。 なお、このクエストの依頼人は、髪形がリーゼントとされていることや、 語尾を伸ばす特徴的な喋り方、「グレート」という口癖等から、東方仗助本人とみてまず間違いない。 また、第4部のラスボスである「吉良吉影」のスタンド「キラークイーン」の能力は 爆発させる方法こそ差異があるものの、 爆発を操る能力であるという点はブラキディオスと共通している。 依頼文にある「殺人鬼」とはまさにこの吉良吉影のこと。 爆発を操るスタンドの能力で死体を完全に消滅させる手口で、発覚しない猟奇殺人を重ねてきた。 第4部を全く知らない人は「いくらなんでも人間とブラキディオスを間違えるか?」と思うかも知れないが、 原作では吉良は途中で 全くの別人と外見を入れ替えて行方をくらましており、 追っている仗助達は吉良の外見上の手がかりを失っている。 そんな折に爆発を操って戦う者の存在を聞きつければ、もしやと思うのも致し方ないだろう。

次の