あなたはハッキングされた可能性。 www.instavin.com:iPhoneもハッキングされる可能性がある (1/2)

ツイート2件「差別の可能性」 ヘイト禁止条例で初諮問:朝日新聞デジタル

あなたはハッキングされた可能性

あなたは大丈夫?iphoneのハッキング対策! 安全そうに思えるiPhoneですが、実はハッキングされる可能性を持っているということをご存知でしょうか。 巷では「iPhoneはハッキングされない」など、言われていますが、実はそんなことはありません。 iPhoneやiPadは、インターネットを介するデバイスである以上、常にハッカーと隣合わせであるという危険性を認識しておきましょう。 iPhoneにはアドレス・本名はもちろん、写真やメールなど個人情報だらけですよね。 頭の片隅にiPhoneにもハッキングの危険があると知っているだけで、ハッキングされた際の対処速度がグンと上がります。 ということで、自分のiPhoneがハッキングされているかどうか確認する方法と、ハッキングされた際の対策方法についてご説明していきます。 これを読んで、しっかりとご自身のiPhoneのハッキング対策を行ってみて下さい。 ハッキングされた時の症状 自分のiPhoneがハッキングされた場合、必ず何かしら「全く身に覚えもない、知らない事が起きる」ということに注意しましょう。 例えば、iPhoneに突然お知らせが届いたりします。 見たこともないメールアドレスに対して、FACE TIME、iCloud、iMessageなどを追加しますか? このお知らせがiPhoneに表示された場合は、ハッキングを疑う必要があります。 このお知らせは、通常新しくiMacを買って同じApple IDでログインしたというような場合に、iPhoneとiMacを同期する目的で表示されるようなお知らせで、メールアドレスは自分のApple IDです。 もし、知らないメールアドレスに対するお知らせがiPhoneに届いた場合は、自分のApple IDが乗っ取られたと考えましょう。 Apple IDを乗っ取られると、パスワードを変更されアプリやiTunesでの音楽購入などが出来なくなります。 さらには、Apple IDにクレジットカードを登録している方なら、それを使って知らない決済をされてしまい、膨大な支払いが届くなんてことも起こりえます。 ・自分のiPhoneがハッキングされているか確認するには、自分とは全く無関係のお知らせが届いているか ・Apple IDのパスワードが変更されていないか この2点をチェックするとよさそうです。 ではどのようにして、ハッキングを防げば良いのか、続いてはハッキング防止対策について説明いたします。 ハッキングを防ぐための設定方法 1.AppleIDの2段階認証(2ファクタ認証)を設定する これはアカウントへのアクセス行為に対して、パスワード入力の他に本人認証を行うものです。 設定はiPhoneから簡単にすることができます。 safariから「」へアクセスすると、サインインを求められるので、ご自身のApple IDとパスワードを入力すると下記の画像のように表示されます。 こちらの画面の指示に従って行くことで、簡単に2段階認証(2ファクタ認証)を設定することができます。 2.パスワードを使いまわさず、なるべく複雑なものにする パスワードを誕生日などのわかりやすいものにしたり、明らかに桁数が少ないものだったりすると、見破られてしまうリスクは非常に高くなります。 ランダムな英数字にして、できれば記号や大文字小文字が混ざったものにするとよいでしょう。 またパスワード管理ツールというアプリやソフトもあるのでお勧めです。 パ スワード管理ツール「」 パスワード自動生成ツール「」 3.iPhoneにパスコードロックをかける パスコードの設定はロックを解除するときに用いられます。 4桁の番号だけでなく、英語や特殊文字も利用できるので、パスワードと同様に予測しにくいものにしましょう。 4.遠隔操作で盗撮・盗聴されるアプリも 搭載されているスピーカーやカメラから遠隔操作によって情報を盗まれるということがあるようです。 対策としては、ウイルス対策ソフトを最新の状態にし、アプリのアップデートはすみやかに適用することです。 また不審なメールやSNSのメッセージは開かないことも重要です。 指紋認証によるハッキング iPhone5sから搭載されたTouchIDという指紋認証システムですが、ハッカーの中では指紋認証を写真を合成した画像でハッキングすることができたと発表されています。 関連記事: しかしこれはとても高度な技術で手間もかかるようなので、一般の人のiPhoneがこれでハッキングされるとは考えにくいと思われます。 アプリのハッキング LINEやGoogleアプリ、メールアプリなどのアカウントとパスワードが盗まれるという可能性は、かなり有りえます。 特にアカウント名とパスワードを簡単なものにしていたり、使いまわしたりといったことによって、攻撃側が何度も何度も試すことによって見破られてしまう可能性が、大いに考えられます。 なので先にあげたようにパスワードの設定を慎重に行って、低敵的に変更するといった工夫をすることも重要となっています。 まとめ 以上、iPhoneがハッキングされているか確認する方法と対策でした。 指紋認証ハッキングは、あまり心配する必要がなさそうですが、パスワードを使用しているApple IDやアプリなどは十分ハッキングの可能性がありそうです。 日頃から、わかりづらいパスワードに更新するという一手間が、ハッカーから身を守る対策となりそうですね。

次の

謙遜と可能性 ジェーン・スーさん「奴隷根性のシミ抜きは自分で」と: J

あなたはハッキングされた可能性

自己肯定のススメだ。 コラムは「インポスター症候群」の説明で始まる。 自分の成果について、どうしても「私には実力があったのだ」と満足できない精神状態、思考癖のことらしい。 「たまたま運がよかったからだとか、分不相応だとか、そういう風に考えてしまう... そりゃあ世の中、ひとりの力で成し得ることばかりではありません... しかし問題は、インポスター症候群に陥りやすいのが、女性とマイノリティというところ」 ここで実例が示される。 ジェーンさんの長年の友人に、30年にわたりアカデミー賞を観察し、独自に賞の行方を予想している女性がいる。 趣味とはいえ、これが実によく当たり、全24部門のうち21を的中させた年もあったそうだ。 「彼女の口から語られる受賞法則やエピソードはとても面白く、本にまとめたら、多くの人を楽しませるに違いない」... そう思ったジェーンさんは昨年、本人に出版を勧めてみた。 ところが、彼女は「こんな法則は、映画好きなら誰でも知っている」「これを面白いと思う人なんて、そう多くはないはず」とにべもない。 「私なんかが」「こんなもの」「〇〇なんて」といった発言... 「私の周囲では女ばかりが使います。 一方、男友達に『あなたはこれが得意だから、あれやってみたら?』と勧めて『俺なんかが』と断られたことはほとんどない」... たいていの男は得意げに様々なアイデアを返してくるし、興味がない時はハッキリそう言われるという。 なぜならインポスター症候群ではないから、というのが筆者の見立てである。 女は控えめがいい? ジェーンさんは、女友達に色んなことを勧めまくっているらしい。 しかし、たとえば「それじゃなくて、これならやりたい」と切り返してきたのはひとりだけだという。 「これ、結構厄介ですよ。 女は控えめなほうがいいって刷り込みを社会から受けた我々は、いつまで経っても自信満々になれないばかりか、己の可能性も信じられなくなってしまう。 はっきりNOが言えないのも、問題っちゃ問題だし」 「控えめなサポート役」は誰かに強制されたものではないとしたうえ、筆者は最後に、女性たちの奮起を強めの表現で求めている。 「沁みついた奴隷根性のシミ抜きは、自分でやらなきゃ誰がやる。 できるかどうかじゃなくて、やりたいかやりたくないか。 そこを曖昧にしておけば好感は持たれるかもしれないけれど、あなたに好感を持った人は、あなたを幸せにしてくれるわけじゃないのですよ」 ちなみにインポスター症候群の実例として文中で紹介された友人は、結局アカデミー賞に関する本を出し、重版もされたという。 毎回、伏せ字のところに言葉が入る。 今回は「謙遜と可能性と私」。 謙遜のつもりで選んだ言葉の奥底に自分への過小評価は潜んでいないか、それがあなたの潜在能力や可能性を摘んでいないか... そんな問いかけだろう。 総じて女性の自己評価は低い、という主張については、まあそうかなと思う。 内助の功、女房役といった言葉があるように、とりわけ日本女性は長らく男性の社会的活躍を裏で支える役回りで、それが標準的な正しい生き方とされてきた。 筆者はこれを「社会から受けた刷り込み」「沁みついた奴隷根性」と表現する。 結果、女性は「自信満々になれないばかりか、己の可能性も信じられなくなる」と。 そのうえで男の側を責めるのかと思いきや、シミ抜きは自分でやりなさいと女たちを突き放す。 「男に媚びるような生き方」を嫌悪していると思われるジェーンさん。 低い自己採点に甘んじ、できるのにしない同性たちが歯がゆくて仕方がないのだろう。 確かに、世の男性や仕組みを変えるより、女性自らが変わるほうが手っ取り早い。 女が変わるということは、社会の半分が変わるということだから。 冨永 格.

次の

「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります」原因と対処法を解説

あなたはハッキングされた可能性

「ブレインハッキング」ーー文字通り、脳、意識をハッキングする可能性が指摘されているのをご存じだろうか。 人間の記憶、知識をデータとして扱うことができるなら、それを外部から読み取る、読み出すことなど、造作もなくなってしまう。 その背景には5Gネットワーク、そしてやはりHAARPの稼働が見え隠れするのだ。 文=宇佐和通 思考を読み取る技術が実用段階へ 医療分野での集中的な実用化を経て、 脳コンピューターインターフェイス(BCI)の商業利用が急速に進んでいる。 その過程で、多くの専門家が ブレインハッキングの危険性について警鐘を鳴らしているのも事実だ。 たとえば、BCI経由でATMの暗証番号や各種パスワードが盗み出される可能性すらある。 それだけではない。 ブレインハッキング・テクノロジーの精度が上がれば、 思考そのものがすべて盗み出されてしまうというシナリオさえ成立する。 アラバマ大学およびワシントン大学で行われた検証結果は、BCIテクノロジー開発各社に対し、根本的なモラルを問うことになりそうだ。 脳とコンピューターをつなげる装置の開発はさかんに行われているが、この分野では必然的に 人間の記憶を単なるデータとして取り扱う。 いかなる種類の記憶もデータとしてコンピューターに吸い上げることになるため、きわめて個人的な情報も含まれる。 BCIテクノロジー関連企業にとって、現実的な問題は技術面ではなく、法律面と倫理面に集中しそうだ。 それに伴い、少なくともアメリカでは、電子情報と個人の記憶の境界線を法的に定め、知的財産としての個人の記憶の所有権を担保する法律が必要であるという議論が盛んになりつつある。 脳内の電気活動の様子は、脳波図によるモニタリングが可能だ。 臨床的には頭皮に直接電極を装着する形式で測定が行われる。 医学界ではかなり長い間実践されてきた方法で、信頼性も高い。 1998年ころまでは統合失調症の症状判定にも用いられていたが、2000年あたりから医学分野よりも商業分野における利用が爆発的に増加した。 家庭用ポータブル脳波計は 『エモーティブ・エポック』のような子どもでも使える初歩的モデルから臨床的使用に耐える高性能モデルまで、量販店で手に入れられるようになっているのが現状だ。 イーロン・マスクもフェイスブックもそれぞれ自社ブランドの製品を販売している。 アラバマ大学が行ったBCIハッキング実験では、対象の脳内にある4桁の暗証番号を正確に判定する確率を1万分の1から20分の1にまで上げることができることが証明された。 より複雑な構造であるパスワードに関しても、6文字までなら正確に導き出せる確率は50万倍も上がり、500分の1にまでにできる。 ただ、こうしたファクトを突き付けられても 『エモーティブ・エポック』を製造・販売しているエモーティブ社は、今のところ主として科学界から寄せられる批判を気にする様子を全く見せていない。 公式コメントで「そこまでは精度が上がってはいない」と繰り返すばかりだ。 アラバマ大学の検証では、被験者に『エモーティブ・エポック』と同等のスペックを持つ ヘッドセット型脳波計を装着してもらうという方法論が用いられた。 その状態でいくつかの暗証番号とパスワードをキーボードに入力してもらいながら、 入力データと脳波の関連性を探っていく。 およそ200文字のデータ入力が終了した時点で、次に入力される可能性が高い文字がアルゴリズムによって予測されていく。 アラバマ大学コンピューター/情報工学部検証チームのリーダーを務めるナイテシュ・サクセーナは、次のように語る。 「たとえば、オンラインゲームをプレイしながら別ウィンドウを開いて口座の残金を確認するといった行為は、ほんの一瞬であっても非常に危険です」 ワシントン大学では、データ収集という側面に特化した検証が行われた。 被験者にオンラインゲームをしてもらいながら、画面の端にサブリミナル・メッセージを映し出す。 その瞬間に被験者が示す反応を、ヘッドセット型の脳波計がキャッチし、脳波図という形で表現する。 検証に参加したコンピューターサイエンスの専門家タマラ・ボナッチ教授は、以下のように語る。

次の