ナニカ 画像。 アルカ=ゾルディックの性別、能力は!?5大厄災の1つである「ナニカ」との関係を徹底解説!

【あつまれどうぶつの森】タヌポータルを使って一瞬でマイデザを作る方法

ナニカ 画像

設定ファイルのフォーマット変更• 設定の構造を変更し、フォーマットをJSONに変更しました。 これまでのXML形式の設定ファイルも読み込み可能で、JSON形式に自動的に変換されます。 設定ファイルの後方互換性はおおよそ1年ほど維持されます。 つまり2021年の夏頃のバージョンでは旧XML形式は読み込めなくなる予定です。 エクスポートされた設定データも同様です。 起動高速化:ZIP版を含め、旧バージョンより起動が高速化します。 ナビゲーター:回転やスケール変更などの画像操作を行うナビゲーターパネルを新しく追加。 ナビゲーター:「基底スケール」設定を追加。 ストレッチ適用サイズをさらに補正します。 ナビゲーター:「ページを移動しても回転を維持」等の設定をナビゲーターパネルに移動。 ナビゲーター:自動回転設定かつ回転の維持をONにしている場合、ブック読み込み時にその回転方向を強制するようにした。 スクリプト:JavaScriptでコマンドを拡張できるようになりました。 詳細はスクリプマニュアルを参照してください。 スクリプト:既定では無効化されており、使用するためには設定で有効にする必要があります。 コマンド:「設定を保存」追加。 コマンド:「前の表示ページに戻る」「次の表示ページに進む」追加。 ページ単位の内部履歴をたどります。 コマンド:「ランダムなページに移動」追加。 コマンド:「ランダムなブックに移動」追加。 コマンド:「前のNeeViewに戻る」「次のNeeViewに進む」追加。 複数起動時にNeeViewを切り替えます。 コマンド:「名前をつけてファイルに保存」画像保存ダイアログで登録されたフォルダーを選択できるようにした。 コマンド:スクロール系のコマンドパラメータにスクロール時間設定を追加。 システム:名前順の並び替えに自然順を適用する設定追加。 システム:マウスクリックでウィンドウをアクティブ化したときのマウス操作を無効にする設定を追加。 パネル項目:ダブルクリックでブックを開く設定追加。 パネル項目:複数選択できるようにした。 パネル項目:リストのサムネイル表示やバナー表示でもポップアップ設定できるようにした。 パネル項目:リストのサムネイル表示でのホイールスクロール速度倍率設定を追加。 サムネイル:画像解像度設定を追加。 本棚:現在開いているブックを示すオレンジ色のマークを追加。 本棚:現在の項目数を表示する設定を追加。 本棚:Backキーで上位フォルダーに移動するショートカット削除。 本棚:項目の種類を区別せずにソートする設定追加。 本棚:既定の並び順設定「標準の既定の並び順」「プレイリストの~」「ブックマークの~」を追加。 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「外部アプリで開く」を追加。 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「フォルダーにコピー」を追加。 本棚、ページリスト:コンテキストメニューに「フォルダーに移動」を追加。 ファイルの移動ができるようにした。 ファイル操作許可されている場合のみ有効。 本棚、ページリスト:右ボタンドラッグに移動属性を追加。 エクスプローラーにドロップすることでファイル移動できるようになる。 ファイル操作許可されている場合のみ有効。 ページリスト:移動ボタン追加。 ページリスト、ページマークリスト:画像ファイルを外部にドラッグできるようにした。 履歴:現在ブックの場所の履歴のみを表示する設定を追加。 履歴:無効な履歴を起動時に自動削除する設定を追加。 エフェクト:エフェクトパネルにトリミング設定追加。 エフェクト:「ドットのまま拡大する」の適用倍率設定を追加。 ルーペ:開始カーソル位置を画面中央にする設定追加。 ブック:ブック終端での先読みをページ送りの逆方向にも行うようにした。 ブック:ページ終端挙動に「ダイアログで確認」を追加。 ブック:2ページ表示のときにページの終端にダミーページを表示する設定追加。 ブック:ブックが開けない場合の通知設定を追加。 ブック:シャッフルしたときにページをリセットする設定を追加。 画僧ドラッグ操作:「範囲を選択して拡大」を追加。 画像ドラッグ操作:拡大と同時に画面中央に移動するマウスドラッグ操作「拡大縮小 スライド式、中央寄せ 」を追加。 起動オプション:起動時にスクリプトを実行するオプション "--script" 追加。 起動オプション:ウィンドウ状態を指定するオプション "--window" 追加。 設定:検索ボックスの追加。 設定:コマンド設定のリストに検索ボックス追加。 設定:SVGの拡張子を設定できるようにした。 コマンド:「スクロール+次のページに進む」「スクロール+前のページに戻る」コマンドのN字スクロールの挙動改善。 移動の割合を均等にした。 コマンド:「スクロール+次のページに進む」「スクロール+前のページに戻る」コマンドパラメータに「ページ移動猶予 秒 」追加。 あわせて「スクロール停止」フラグは廃止。 システム:エクスプローラーの削除確認ダイアログ挙動変更。 ごみ箱にはいらないときのダイアログだけ表示するようにした。 システム:本棚等の内部履歴の上限が無制限だったのを100に変更。 表示:ウィンドウサイズが変わったときに表示画像位置を調整しないようにした。 表示:キャプションがメインビューに恒久的に表示される場合に画像が隠れないようにした。 パネル:パネルリストの左右キー操作を既定で無効にした。 本棚:検索ボックスのレイアウト変更。 検索設定は本棚パネルのメニューに移動。 サムネイル:キャッシュのフォーマットを変更。 これまでのキャッシュは破棄されます。 サムネイル:キャッシュの保存場所をフォルダーのパスからファイルのパスに変更。 サムネイル:キャッシュの有効期限が設定可能にした。 サムネイル:サムネイル画像解像度等の設定が変更された場合、異なる設定のキャッシュは自動的に再生成されるようにした。 ブック:透過画像の背景にチェック模様を指定できるようにした。 ブック:標準画像ファイルの拡張子を編集できるようにした。 ブックページ:操作感変更。 ブックページ画像上でもジェスチャーが有効になるようにし、ダブルタッチでブックを開けるようにした。 ブックページ:レイアウト変更。 フォルダーアイコン表示を削除。 ブックページ:画像のサイズ設定追加。 起動オプション:フルスクリーオプション "-f" を廃止。 設定:ページ表示設定をブック設定に統合、dip関係の設定を画像形式設定に移動。 設定:設定ページの再編。 「表示」項目を再編成し「ウィンドウ」「パネル」といったグループに再編。 設定:外部アプリ設定を廃止、「外部アプリで開く」コマンドのコマンドパラメータで指定するように変更。 プロトコル設定、区切り文字設定を削除。 設定:クリップボード設定を廃止、「ファイルをコピー」コマンドのコマンドパラメータで指定するように変更。 区切り文字設定を削除。 その他:「表示サイズ」を「ストレッチ」に名称変更。 その他:検索ボックス、アドレスバー等でのEscキーをコマンドショートカットとして受け付けるようにした。 その他:各種ライブラリ更新。 その他:細かなレイアウト修正。 サムネイル画像作成失敗時にクラッシュする可能性のある不具合修正。 プレイリストの検索でクラッシュする不具合修正。 プレイリストは検索に対応していないので無効化した。 サブフォルダーを含めてブックを開くときに開けない圧縮ファイルがあった場合にブックそのものが開けない不具合修正。 そのファイルのみスキップするようにした。 圧縮ファイルの名前変更に失敗する可能性のある不具合修正。 ウィンドウ最小化からの復帰で画像位置が変更される不具合修正。 その他細かな不具合修正。 再びパッケージを分けることになりました。 x86版の需要ってあるのかな…。 匿名 大規模な更新お疲れ様です。 毎日便利に、そしてありがたく利用させてもらっています。 今回のスクリプト対応によって操作の更なる省力化が実現できました。 以前のバージョンでときどき遭遇した強制終了も今のところなく、安定性も確実に高まっている印象を受けます。 率直に言ってこの新バージョンは素晴らしいです!! 感想ついでに要望を一つ書かせてもらいます。 ぜひとも一度ご検討ください。 現状は判定幅が縦横共通であるため縦の誤爆と横の移動距離抑制を両立させることは難しく、個別に設定できるとうれしいです。 匿名 初めまして、こんにちは。 ページ表示を「2ページ表示」にしている時に、 ページスライダーをマウスドラッグすると、1ページずつスライドしますが、 これは仕様なのでしょうか? 2ページ表示にしている時には、2ページずつスライドする方が ページをスライドしやすいので、設定に用意して頂けますと助かります。 例えば、現在、『20ページと21ページ』が表示されていて、スライダーを1コマ動かすと、 『22ページと23ページ』が表示されるようにして欲しいです。 現在は、『21ページと22ページ』が表示された後に、『22ページと23ページ』が表示されるのですが、 『21ページと22ページ』の表示はない方が読みやすいので、どうかよろしくお願い致します。

次の

YGGDRASILL SOFT

ナニカ 画像

イラストから、 こんな感じでドット絵の設計図を起こすことができます。 印刷するなどしてこれを見ながらドット絵を打ち込んでください。 「とびだせ どうぶつの森」での色指定の目安に、「パレットナビ」を生成することもできます。 「とびだせ どうぶつの森」に取り込みたいなら、QRコードを作ることができます。 また、設定でじぶんの村名と名前を埋め込んだQRコードにすることもできます(詳しくはで)。 ドット絵ナニカで生成するQRコードを取り込んだ結果、どのようなことがおきても、すべて使用者の自己責任となります。 「どうぶつの森」での使用例。 こんな感じです。 PC版ドット絵ナニカの頒布は終了しました。 download Web版を使う 「ドット絵ナニカ」というアイコンに、変換したい画像を ドラッグ&ドロップすると、メッセージが表示され、png形式の設計図が生成されます。 生成された画像は、元画像と同じフォルダに自動的に保存されます。 マイデザイン1枚分(32ドット幅)の設計図と一緒に、QRコードとパレットナビが生成されます。 別のサイズに縮小したり、パレットナビが要らないときは、 「高度な機能」フォルダに用意したプリセットのバッチファイルを使ってください。 次のプリセットを用意しています。 縮小と減色x32• 縮小と減色x64• 縮小と減色x96• 縮小と減色x128• 縮小と減色x160• 設計図x32• 設計図x64• 設計図x96• 設計図x128• 設計図x160 たくさんあるので、エクスプローラの表示を「一覧」に切り替えると便利です。 」と言われる 「'java' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。 」 というメッセージが出る場合は、パソコンに Java がインストールまたはセットアップされていません。 Java をインストールしてから再度試してみてください。 それでも解消しない場合は、Javaへのパスが通っていない可能性があります。 通常は環境変数「PATH」に Java. このパスは OSや環境により異なるため、一概にココ、とは言えないのです。 ですが JavaのVersion 7系をインストールしている場合は、次のパッチを使うことで対処できるかもしれません。 bat - ドット絵ナニカ. bat をすべて、元のドット絵ナニカに上書きしてください。 パスを追記する場合 環境変数「PATH」に Java. exe までのパスを追記する手順は次の通りです。 パスの追記に際しては、既存の記述との間を「;」で区切るのを忘れると、いままで 動いていた他のプログラムが動かなくなることがあるので、注意して作業してください。 exe までのパスは次のコマンドで調べることができます。 次のようにたくさん見つかるときは、一番大きいバージョン番号 jre7 とか が付いているものを選べば大体当たりです。 exe」は消します。 環境変数の設定画面は、次の操作でアクセスできます。 マイコンピュータを右クリック 2. プロパティを選択 3. 詳細設定タブ - 環境変数 ボタンをクリック 4. コンピューターを右クリック 2. プロパティを選択 3. 左ペイン「システムの詳細設定」をクリック 4. 「環境変数」を選択 5. 環境変数の Path を編集(無い場合は新規作成) 環境変数には、ログオンしているユーザだけに適用される「ユーザー環境変数」と システム全体(そのコンピュータにログオンするすべてのユーザ)に影響が及ぶ 「システム環境変数」とがあります。 「システム環境変数」を設定すれば確実ですが、 自分のパソコンでない場合や悪影響が不安な場合は「ユーザー環境変数」のが安心です。 良く分からない場合は、インターネット上に詳しい解説も公開されているので、調べてみてください。 java、pathのキーワードで 「エラー: メイン・クラスcom. yggdrasillsoft. util. image. Entryが... 」と言われる 「エラー: メイン・クラスcom. yggdrasillsoft. util. image. Entryが見つからなかったかロードできませんでした」または 「Exception in thread "main" java. lang. このエラーは、プログラム本体(dot-e-nanika. jar)が正しい場所にない場合に起きます。 例えば一部のファイルだけを解凍して使おうとしたり、 同梱されている「dot-e-nanika. jar(ドット絵ナニカの本体)」を消してしまったり、 「ドット絵ナニカ Java7用パッチ」を「ドット絵ナニカ」本体に上書きしないで使おうとしたりすると起こります。 ドット絵ナニカは、解凍されたファイル構成を変更すると正しく動作しません。 このエラーが出る場合は、下記のファイル構成を参考に正しい構成に直すか、zipから解凍し直してください。 プログラムを別の場所に移動するときは、解凍されたフォルダ(nanika フォルダ)ごと全て移動してください。 「ファイル、ナイヨ」と言われる ドラッグ&ドロップをせずに「ドット絵ナニカ」を直接起動したためです。 変換したい画像ファイルを「ドット絵ナニカ」のアイコンにドラッグ&ドロップしてください。 デスクトップにドット絵ナニカを置いている場合で、ドラッグ&ドロップしているにも関わらずこの事象が発生するときは、 ドット絵ナニカ本体をフォルダごとCドライブ直下などに置くと、正常に動作するようです。 環境の問題と想像していますが、2013年1月現在正確な原因は特定できていません。 「アナタノ村ノ QRコードガ、ナイヨ」と言われる 「me」フォルダにQRコードの画像が無いと、このエラーになります。 あなたの村名とあなたの名前を設定したQRコードを作る場合は、「高度な機能」フォルダ内の「me」フォルダに、 あなたの「とびだせ どうぶつの森」で作成したQRコードの画像を置く必要があります。 詳しくはを見てください。 「アナタノ村ノ QRコードハ、ドレ?」と言われる 「me」フォルダに複数の画像がある場合、このエラーになります。 あなたの「とびだせ どうぶつの森」で作成したQRコードの画像は、1つだけ置いてください。 「アナタノ村ノ QRコードガ、ヘンダヨ」と言われる 「me」フォルダにある画像がQRコードでないか、読みづらいQRコードです。 画像を圧縮したり、加工したりすると発生する場合があります。 別のQRコード画像か、画質の良いQRコード画像に差し替えてください。 「アクセスが拒否されました。 」と言われる CD-ROMドライブなど、保存できない場所から画像がドラッグ&ドロップされたためです。 「ドット絵ナニカ」は、ドラッグ&ドロップした元画像がある場所に変換後の画像を保存します。 元画像はデスクトップやピクチャなど、保存可能な場所からドラッグ&ドロップしてください。 「javaがどうとか Exception」とか言われる 画像が未知の形式であるとか、環境設定が想定外の状態である状況です。 解消方法は事象により異なります。 掲示板から状況を報告して貰えれば、対処できるかもしれません。 その際には、 - 使っているパソコンのOS - 何をしたらどうなったか - 何をしたいか を明記してください。 「 ナニカのキーを押せば、おしまい。 」とか言われる 処理が完了したことを知らせる正常なメッセージです。 キーボード上の何かのキー(スペースとかEnterとか)を押してください。 1.縮小結果をさらに微調整する 色やドットの位置が微妙に気に入らないときは、ドットを打ち込みながら調整する必要があります。 それはそれで楽しいのですが、QRコードで取り込みたいときや再現性を優先したいときには 少し手間がかかります。 そんなときは、「縮小と減色だけする」機能をうまく使うと、より完成度の高いドット絵を作ることができます。 まず、「高度な機能」フォルダにある「ドット絵ナニカ 縮小と減色x32 」を使って、減色と縮小だけを施した絵を作ります。 これをペイントやGIMPなどのツールで好きに編集します。 これを再度ドット絵ナニカで処理すれば、 編集した後の状態で設計図を生成することができます。 もちろん、そのままQRコードにして取り込むこともできます。 2.あらかじめ色味を整える ドット絵ナニカは、画像を解析して色を15色まで減らす処理を行っています。 減色処理には色々な方法があるのですが、ドット絵ナニカはアニメのようなイラストを想定した アルゴリズムを採用しています。 そのため、パソコンで描いたCGのようなイラストは比較的きれいに仕上がるのですが、 写真のように色の数が多くて変化に富んだ画像だと、 きれいな色合いを再現できないことがあります (GIFやPNG系は得意でJPEG系が苦手、と言えば、イメージし易いでしょうか)。 次のいちごのサンプルがあります。 何も加工せずにドット絵ナニカで処理すると、このようになります。 13番のピンク色(画像左中央付近)や14番の赤色(画像右中央付近)が、 それぞれ 1ドットだけ浮き出てしまいました。 対象が写真の場合、このような処理結果になり、 貴重な色数(パレット)を浪費してしまうことがあります。 そこで、あらかじめ色を調整してみましょう。 若干明るくし、さらに 16色に減色しておきます。 元画像としては荒く見えますが、どうせ縮小するのでこれで良いのです。 これをドット絵ナニカで処理すると次のようになります。 塗りつぶしたような起伏に乏しい色味から、適度な変化のある色使いになりました。 使っている色が 10色まで減ったわりにおいしそうな感じになったと思いませんか。 ドット絵ナニカは、元画像を解析して、どうぶつの森用の160色パレットと比べてより近い色に寄せていくことで減色を実現します。 そのため、このようにあらかじめ色を減色したり、色味を調整したりしておけばあるていど期待した色合いを保つことができます。 減色には色々な手段がありますが、フリーソフトで簡単にできるのは GIMP などが便利です。 減色した画像は、JPEGで保存すると色数がまた増えてしまう場合があるので、PNG や BMP などで保存してください。 3.縮尺を指定する ドット絵ナニカは、大きな画像を自動的に 96dot ピクセル 幅に縮小します。 しかし、ワンポイントで使いたいような小さなイラストは 96dot もの大きなドット絵だと 取り扱いも作るのも大変になってしまいます。 そんなとき、ドット絵ナニカは生成される絵の幅を選ぶことができます。 「高度な機能」フォルダにある「ドット絵ナニカ 設計図x32 」や「ドット絵ナニカ 設計図x64 」を使うことで、 32dot幅と64dot幅のドット絵をそれぞれ生成することができます。 32dot幅 64dot幅 同じく「高度な機能」フォルダにあるプリセットのバッチファイルを使うことで、 用途にあわせて設計図を作成することができます。 ぜひ試してみてください。 「高度な機能」フォルダにあるのはその一例です。 ここでは、目的別に使い方を解説します。 1.じぶんの村のQRコードを作る ドット絵ナニカには、じぶんの村のQRコードを生成する機能があります(Version 1. 51以降)。 このQRコードには、あなたの村名と名前が埋め込まれます。 このQRコードをあなたの3DSで読み取れば、通常の絵と同じように自分で好きに書き換えたり、 タイトルを付け直したり、ともだちに配布したりすることができます。 じぶんの村のQRコードを作るには、初めて使うときに一度だけ 産地情報(あなたの村名や名前などの情報)をドット絵ナニカに教える必要があります。 とびだせ どうぶつの森で作成した自分の村のQRコードをパソコンに取り込み、 「高度な機能」フォルダ内「me」フォルダに保存してください。 ファイル名は何でも良いですが、画像は「jpg」か「png」か「bmp」のいずれかの形式である必要があります。 また、マイデザインPROのQRコードではうまくいかないようです。 どんなデザインでも良いので、自分で作った普通のマイデザインの画像を使ってください。 」を使えば じぶんの村のQRコードができます。 2.意図したサイズの設計図を作る ドット絵ナニカは、幅を基準に縦横の比率を保ったまま縮小します。 標準の幅は96dotで、例えば「ドット絵ナニカ」は幅 96dot になるように縮小します。 「高度な機能」フォルダの「ドット絵ナニカ 設計図x64 」を使えば幅 64dot になるように縮小します。 配布しているバッチファイルは 32dot 刻みで 160dot用 まで用意していますが、この幅は任意に指定することができます。 「ドット絵ナニカ. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 同じ要領で「-s 256」などとすれば横 8枚分 32dot x 8 のサイズになります。 jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 3.好きな画像形式にする 通常、ドット絵ナニカが生成する設計図画像はpng形式です。 普通の使い方ならこれで問題ないですが、二次加工したり印刷したりする関係上、 別の形式で出力したい場合があります。 そんなときは 「ドット絵ナニカ. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 同じ要領で「-t BMP」とすればBMP形式で保存できるようになります。 いいのか、『黒髪』じゃないから。 殺せんせー 無駄に大きい。 鏡音リン だけどなんかバニーガールに見える気がする...

次の

ヨクアルナニカ: 画像ビューアー 「NeeView」37.0 更新しました

ナニカ 画像

イラストから、 こんな感じでドット絵の設計図を起こすことができます。 印刷するなどしてこれを見ながらドット絵を打ち込んでください。 「とびだせ どうぶつの森」での色指定の目安に、「パレットナビ」を生成することもできます。 「とびだせ どうぶつの森」に取り込みたいなら、QRコードを作ることができます。 また、設定でじぶんの村名と名前を埋め込んだQRコードにすることもできます(詳しくはで)。 ドット絵ナニカで生成するQRコードを取り込んだ結果、どのようなことがおきても、すべて使用者の自己責任となります。 「どうぶつの森」での使用例。 こんな感じです。 PC版ドット絵ナニカの頒布は終了しました。 download Web版を使う 「ドット絵ナニカ」というアイコンに、変換したい画像を ドラッグ&ドロップすると、メッセージが表示され、png形式の設計図が生成されます。 生成された画像は、元画像と同じフォルダに自動的に保存されます。 マイデザイン1枚分(32ドット幅)の設計図と一緒に、QRコードとパレットナビが生成されます。 別のサイズに縮小したり、パレットナビが要らないときは、 「高度な機能」フォルダに用意したプリセットのバッチファイルを使ってください。 次のプリセットを用意しています。 縮小と減色x32• 縮小と減色x64• 縮小と減色x96• 縮小と減色x128• 縮小と減色x160• 設計図x32• 設計図x64• 設計図x96• 設計図x128• 設計図x160 たくさんあるので、エクスプローラの表示を「一覧」に切り替えると便利です。 」と言われる 「'java' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。 」 というメッセージが出る場合は、パソコンに Java がインストールまたはセットアップされていません。 Java をインストールしてから再度試してみてください。 それでも解消しない場合は、Javaへのパスが通っていない可能性があります。 通常は環境変数「PATH」に Java. このパスは OSや環境により異なるため、一概にココ、とは言えないのです。 ですが JavaのVersion 7系をインストールしている場合は、次のパッチを使うことで対処できるかもしれません。 bat - ドット絵ナニカ. bat をすべて、元のドット絵ナニカに上書きしてください。 パスを追記する場合 環境変数「PATH」に Java. exe までのパスを追記する手順は次の通りです。 パスの追記に際しては、既存の記述との間を「;」で区切るのを忘れると、いままで 動いていた他のプログラムが動かなくなることがあるので、注意して作業してください。 exe までのパスは次のコマンドで調べることができます。 次のようにたくさん見つかるときは、一番大きいバージョン番号 jre7 とか が付いているものを選べば大体当たりです。 exe」は消します。 環境変数の設定画面は、次の操作でアクセスできます。 マイコンピュータを右クリック 2. プロパティを選択 3. 詳細設定タブ - 環境変数 ボタンをクリック 4. コンピューターを右クリック 2. プロパティを選択 3. 左ペイン「システムの詳細設定」をクリック 4. 「環境変数」を選択 5. 環境変数の Path を編集(無い場合は新規作成) 環境変数には、ログオンしているユーザだけに適用される「ユーザー環境変数」と システム全体(そのコンピュータにログオンするすべてのユーザ)に影響が及ぶ 「システム環境変数」とがあります。 「システム環境変数」を設定すれば確実ですが、 自分のパソコンでない場合や悪影響が不安な場合は「ユーザー環境変数」のが安心です。 良く分からない場合は、インターネット上に詳しい解説も公開されているので、調べてみてください。 java、pathのキーワードで 「エラー: メイン・クラスcom. yggdrasillsoft. util. image. Entryが... 」と言われる 「エラー: メイン・クラスcom. yggdrasillsoft. util. image. Entryが見つからなかったかロードできませんでした」または 「Exception in thread "main" java. lang. このエラーは、プログラム本体(dot-e-nanika. jar)が正しい場所にない場合に起きます。 例えば一部のファイルだけを解凍して使おうとしたり、 同梱されている「dot-e-nanika. jar(ドット絵ナニカの本体)」を消してしまったり、 「ドット絵ナニカ Java7用パッチ」を「ドット絵ナニカ」本体に上書きしないで使おうとしたりすると起こります。 ドット絵ナニカは、解凍されたファイル構成を変更すると正しく動作しません。 このエラーが出る場合は、下記のファイル構成を参考に正しい構成に直すか、zipから解凍し直してください。 プログラムを別の場所に移動するときは、解凍されたフォルダ(nanika フォルダ)ごと全て移動してください。 「ファイル、ナイヨ」と言われる ドラッグ&ドロップをせずに「ドット絵ナニカ」を直接起動したためです。 変換したい画像ファイルを「ドット絵ナニカ」のアイコンにドラッグ&ドロップしてください。 デスクトップにドット絵ナニカを置いている場合で、ドラッグ&ドロップしているにも関わらずこの事象が発生するときは、 ドット絵ナニカ本体をフォルダごとCドライブ直下などに置くと、正常に動作するようです。 環境の問題と想像していますが、2013年1月現在正確な原因は特定できていません。 「アナタノ村ノ QRコードガ、ナイヨ」と言われる 「me」フォルダにQRコードの画像が無いと、このエラーになります。 あなたの村名とあなたの名前を設定したQRコードを作る場合は、「高度な機能」フォルダ内の「me」フォルダに、 あなたの「とびだせ どうぶつの森」で作成したQRコードの画像を置く必要があります。 詳しくはを見てください。 「アナタノ村ノ QRコードハ、ドレ?」と言われる 「me」フォルダに複数の画像がある場合、このエラーになります。 あなたの「とびだせ どうぶつの森」で作成したQRコードの画像は、1つだけ置いてください。 「アナタノ村ノ QRコードガ、ヘンダヨ」と言われる 「me」フォルダにある画像がQRコードでないか、読みづらいQRコードです。 画像を圧縮したり、加工したりすると発生する場合があります。 別のQRコード画像か、画質の良いQRコード画像に差し替えてください。 「アクセスが拒否されました。 」と言われる CD-ROMドライブなど、保存できない場所から画像がドラッグ&ドロップされたためです。 「ドット絵ナニカ」は、ドラッグ&ドロップした元画像がある場所に変換後の画像を保存します。 元画像はデスクトップやピクチャなど、保存可能な場所からドラッグ&ドロップしてください。 「javaがどうとか Exception」とか言われる 画像が未知の形式であるとか、環境設定が想定外の状態である状況です。 解消方法は事象により異なります。 掲示板から状況を報告して貰えれば、対処できるかもしれません。 その際には、 - 使っているパソコンのOS - 何をしたらどうなったか - 何をしたいか を明記してください。 「 ナニカのキーを押せば、おしまい。 」とか言われる 処理が完了したことを知らせる正常なメッセージです。 キーボード上の何かのキー(スペースとかEnterとか)を押してください。 1.縮小結果をさらに微調整する 色やドットの位置が微妙に気に入らないときは、ドットを打ち込みながら調整する必要があります。 それはそれで楽しいのですが、QRコードで取り込みたいときや再現性を優先したいときには 少し手間がかかります。 そんなときは、「縮小と減色だけする」機能をうまく使うと、より完成度の高いドット絵を作ることができます。 まず、「高度な機能」フォルダにある「ドット絵ナニカ 縮小と減色x32 」を使って、減色と縮小だけを施した絵を作ります。 これをペイントやGIMPなどのツールで好きに編集します。 これを再度ドット絵ナニカで処理すれば、 編集した後の状態で設計図を生成することができます。 もちろん、そのままQRコードにして取り込むこともできます。 2.あらかじめ色味を整える ドット絵ナニカは、画像を解析して色を15色まで減らす処理を行っています。 減色処理には色々な方法があるのですが、ドット絵ナニカはアニメのようなイラストを想定した アルゴリズムを採用しています。 そのため、パソコンで描いたCGのようなイラストは比較的きれいに仕上がるのですが、 写真のように色の数が多くて変化に富んだ画像だと、 きれいな色合いを再現できないことがあります (GIFやPNG系は得意でJPEG系が苦手、と言えば、イメージし易いでしょうか)。 次のいちごのサンプルがあります。 何も加工せずにドット絵ナニカで処理すると、このようになります。 13番のピンク色(画像左中央付近)や14番の赤色(画像右中央付近)が、 それぞれ 1ドットだけ浮き出てしまいました。 対象が写真の場合、このような処理結果になり、 貴重な色数(パレット)を浪費してしまうことがあります。 そこで、あらかじめ色を調整してみましょう。 若干明るくし、さらに 16色に減色しておきます。 元画像としては荒く見えますが、どうせ縮小するのでこれで良いのです。 これをドット絵ナニカで処理すると次のようになります。 塗りつぶしたような起伏に乏しい色味から、適度な変化のある色使いになりました。 使っている色が 10色まで減ったわりにおいしそうな感じになったと思いませんか。 ドット絵ナニカは、元画像を解析して、どうぶつの森用の160色パレットと比べてより近い色に寄せていくことで減色を実現します。 そのため、このようにあらかじめ色を減色したり、色味を調整したりしておけばあるていど期待した色合いを保つことができます。 減色には色々な手段がありますが、フリーソフトで簡単にできるのは GIMP などが便利です。 減色した画像は、JPEGで保存すると色数がまた増えてしまう場合があるので、PNG や BMP などで保存してください。 3.縮尺を指定する ドット絵ナニカは、大きな画像を自動的に 96dot ピクセル 幅に縮小します。 しかし、ワンポイントで使いたいような小さなイラストは 96dot もの大きなドット絵だと 取り扱いも作るのも大変になってしまいます。 そんなとき、ドット絵ナニカは生成される絵の幅を選ぶことができます。 「高度な機能」フォルダにある「ドット絵ナニカ 設計図x32 」や「ドット絵ナニカ 設計図x64 」を使うことで、 32dot幅と64dot幅のドット絵をそれぞれ生成することができます。 32dot幅 64dot幅 同じく「高度な機能」フォルダにあるプリセットのバッチファイルを使うことで、 用途にあわせて設計図を作成することができます。 ぜひ試してみてください。 「高度な機能」フォルダにあるのはその一例です。 ここでは、目的別に使い方を解説します。 1.じぶんの村のQRコードを作る ドット絵ナニカには、じぶんの村のQRコードを生成する機能があります(Version 1. 51以降)。 このQRコードには、あなたの村名と名前が埋め込まれます。 このQRコードをあなたの3DSで読み取れば、通常の絵と同じように自分で好きに書き換えたり、 タイトルを付け直したり、ともだちに配布したりすることができます。 じぶんの村のQRコードを作るには、初めて使うときに一度だけ 産地情報(あなたの村名や名前などの情報)をドット絵ナニカに教える必要があります。 とびだせ どうぶつの森で作成した自分の村のQRコードをパソコンに取り込み、 「高度な機能」フォルダ内「me」フォルダに保存してください。 ファイル名は何でも良いですが、画像は「jpg」か「png」か「bmp」のいずれかの形式である必要があります。 また、マイデザインPROのQRコードではうまくいかないようです。 どんなデザインでも良いので、自分で作った普通のマイデザインの画像を使ってください。 」を使えば じぶんの村のQRコードができます。 2.意図したサイズの設計図を作る ドット絵ナニカは、幅を基準に縦横の比率を保ったまま縮小します。 標準の幅は96dotで、例えば「ドット絵ナニカ」は幅 96dot になるように縮小します。 「高度な機能」フォルダの「ドット絵ナニカ 設計図x64 」を使えば幅 64dot になるように縮小します。 配布しているバッチファイルは 32dot 刻みで 160dot用 まで用意していますが、この幅は任意に指定することができます。 「ドット絵ナニカ. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 同じ要領で「-s 256」などとすれば横 8枚分 32dot x 8 のサイズになります。 jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 3.好きな画像形式にする 通常、ドット絵ナニカが生成する設計図画像はpng形式です。 普通の使い方ならこれで問題ないですが、二次加工したり印刷したりする関係上、 別の形式で出力したい場合があります。 そんなときは 「ドット絵ナニカ. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. jar" com. yggdrasillsoft. util. image. 同じ要領で「-t BMP」とすればBMP形式で保存できるようになります。 いいのか、『黒髪』じゃないから。 殺せんせー 無駄に大きい。 鏡音リン だけどなんかバニーガールに見える気がする...

次の