アルミノプロフェン。 プレフェミンほか:DI Online

要指導医薬品「ルミフェン」

アルミノプロフェン

佐藤製薬は2日、7月8日より要指導医薬品の ルミフェンを発売することを発表しています。 肩、腰、ひざなど炎症性の痛みに飲んで早く効く! 有効成分「アルミノプロフェン」配合鎮痛剤 『ルミフェン』(要指導医薬品)新発売 (佐藤製薬株式会社ニュースリリース 2014. 02) 商品ブランドサイト: 添付文書 服薬指導チェックシート このルミフェンは、医療用医薬品として発売されていたミナルフェン錠のスイッチ品で、イブプロフェンと構造が類似したプロピオン酸系のNSAIDsであるアルミノプロフェンが配合されていますが、ご存じのように、ミナルフェン錠は2009年3月末で既に薬価からも削除されており、異例の形での再登場となります。 承認のための審議は、2012年6月7日に開催された一般用医薬品部会で行なわれていて、下記資料と議事録と合わせてみると、今回のスイッチまでのいきさつがわかります。 佐藤製薬が、2009年5月に承認を承継、一般用医薬品として申請し、今回の発売にこぎ着けています。 この領域の一般用医薬品というと、相当シェアが拡大したロキソニンSと、イブプロフェンが配合された、ナロンエースやイブのブランド、アスピリンが主薬のバファリンなどがしのぎを削っていますが、ロキソニンと比べると認知度としてはどうしても劣るこの「ルミフェン」が果たして生活者の支持を得られるかは未知数です。 希望小売価格も12錠1200円と、ちょっぴり強気の価格設定も気になります。 (クギをさされているのに、いいのかなあ、今回のプロモーション。 それとミナルフェン錠の過去の添付文書やインタビューフォームが入手できないのも困ったもんだ) 関連ブログ: ルミフェンの特徴は (くすりの勉強 -薬剤師のブログ- 2014. 05)• カテゴリー• 511• 308• 124• 1,971• 189• 476• 484• 137• 143• 1,278• 669• 122• 427• 369• 277• 184• 171• アポネットR研究会とは• アーカイブ• TOP10 Articles From Dec 2012•

次の

解熱鎮痛薬『ルミフェン』と、ちょっと変わった痛み止め薬のご紹介|Short Slacks

アルミノプロフェン

ルミフェンの特徴は? 第一類医薬品としてルミフェンが2014年7月8日から発売される。 スイッチ直後なので要指導医薬品。 成分はアルミノプロフェン。 ロキソニンのロキソプロフェンと同じ、プロピオン酸系のNSAIDs。 医療用医薬品としては、ミナルフェンが同成分ですが、ロキソニンほど処方されてはいない。 てゆーかほとんど処方をみない。 特徴がわからない。 てゆーか調べたらもうすでに販売中止になってるし。 いつの間にか販売中止とかに遭遇すると、ついていけてない感にゲンナリします。 ルミフェンの鎮痛消炎効果はロキソニンの2倍、という資料がありましたが、どうなんだろう。 NSAIDsの鎮痛効果の比較は難しい。 しかし、佐藤製薬的にはそこらへんを強調して、「つらい関節痛や腰痛、肩こり痛によく効く」とパッケージに印字して、頭痛、生理痛のロキソニンとの差別化を図っているようです。 ルミフェンはダブルインヒビター? ルミフェンはダブルインヒビター(デュアルインヒビター?)だそうな。 ホスホリパーゼって何だ? ということでアラキドン酸カスケードから勉強しなおし。 リン脂質は細胞膜の主要な構成成分であり、その構造中には親水性基と2本の疎水性基を持つ。 この疎水性基をリン脂質から切り出す酵素であるホスホリパーゼA2 PhospholipaseA2,PLA2 により細胞膜から遊離した脂肪酸 アラキドン酸 が、その後シクロオキシゲナーゼ Cyclooxygenase,COX によりプロスタグランジン類やトロンボキサン類に変換される。 一方、リポキシゲナーゼ Lipoxygenase,LOX によりロイコトリエン Leukotriene,LT 類に代謝され、これらの代謝物は種々の生理活性を示す。 これらの代謝物を総称してアラキドン酸代謝物及びエイコサノイドと呼ぶ。 ステロイドの抗炎症作用機序がホスホリパーゼA2阻害だったような。 仮説? NSAIDsだけどステロイドに近い抗炎症作用が期待できるってこと? まあ、そんな良い薬だったら販売中止になってないだろう、っていう。 関節痛や腰痛にOTCの内服の痛み止めで対処する、っていう人は少ないような気がする。 サロンシップなどの外用剤はよく使われるけど。 一朝一夕で治るような痛みでは無いだろうし、どのくらいのタイミングで受診勧奨するのがよいのかな。 595• 171• 220• 146• 196• 226• 210• 113• 178• 101• 135• 153•

次の

関節痛に有効な解熱鎮痛薬「ルミフェン」:市販薬トレンドウォッチ:日経Gooday(グッデイ)

アルミノプロフェン

使用上の注意点 (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります) 1.次の人は服用しないでください (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (2)本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用してぜんそくを起こしたことがある人。 (3)15歳未満の小児。 (4)次の診断を受けた人。 胃・十二指腸潰瘍 (5)出産予定日12週以内の妊婦。 2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください 他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬 3.服用後、眠気、めまい、一時的な視力低下感があらわれた場合は、乗物又は機械類の運転操作をしないでください 4.服用前後は飲酒しないでください 5.長期連用しないでください 使用上の相談点 1.次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)授乳中の人。 (4)高齢者。 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (6)次の診断を受けた人。 血液の病気、肝臓病、腎臓病、心臓病、気管支喘息、潰瘍性大腸炎、クローン病 (7)次の病気にかかったことのある人。 胃・十二指腸潰瘍、血液の病気、肝臓病、腎臓病 2.本剤のような解熱鎮痛薬を服用後、過度の体温低下、虚脱(力が出ない)、四肢冷却(手足が冷たい)等の症状があらわれることがあります。 その場合には、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 3.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 【関係部位:症状】 皮膚:発疹・発赤、かゆみ 消化器:胃痛・腹痛、胃・腹部不快感、吐き気・嘔吐、胃のもたれ、食欲不振、口内炎、口のかわき 精神神経系:眠気、口内しびれ感、指のしびれ感、声がれ、ふらつき感、頭痛、めまい 循環器:動悸呼吸器息苦しさ その他:むくみ、発熱、鼻出血、味覚異常、脱毛、一過性の視力低下 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください 【症状の名称:症状】 ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 胃・十二指腸潰瘍、消化管出血:みぞおち・上腹部痛を伴い、吐血や下血等の消化管出血があらわれる。 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 紅皮症(剥脱性皮膚炎):高熱を伴って、発疹・発赤、かゆみが全身の皮膚にあらわれる。 出血性ショック:脈拍数が増加し、顔色が青白くなり、手足が冷たくなり、冷や汗があらわれる。 血液障害(再生不良性貧血、無顆粒球症):のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたのうらが白っぽくなる、出血しやすくなる(歯茎の出血、鼻血等)、青あざができる(押しても色が消えない)等があらわれる。 血液障害(溶血性貧血):顔色が悪くなり、疲れやすくなり、だるさ、動悸・息切れがあらわれる。 腎障害:発熱、発疹、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢、尿量減少等があらわれる。 間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。 うっ血性心不全:全身のだるさ、動悸、息切れ、胸部の不快感、胸が痛む、めまい、失神等があらわれる。 無菌性髄膜炎:首すじのつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐き気・嘔吐等の症状があらわれる。 (このような症状は、特に全身性エリテマトーデス又は混合性結合組織病の治療を受けている人で多く報告されている。 ) ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しい等があらわれる。 4.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください 便秘、下痢 5.1から2回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください(他の疾患の可能性も考えられます) 保管および取扱上の注意点 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。 ) (4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。

次の