葛根 湯 いつ 飲む。 葛根湯はいつ飲むのが効果的なのか?飲み方とその注意点とは?

葛根湯の正しい飲み方とは!食前?食後?ベストタイミングなど

葛根 湯 いつ 飲む

漢方薬の葛根湯(かっこんとう)と言えば名前だけは聞いたことがあると言う方が多いのではないでしょうか。 この葛根湯は風邪の引きはじめに効果的とされ、病院でも処方されることがある漢方薬です。 また、薬局やドラッグストアでも市販薬が買えるほどなじみがあります。 今回はこの、葛根湯が体にもたらす効果と飲み方、注意点について紹介していきます。 漢方薬「葛根湯」の働きや効果とは? 葛根湯は、漢方の風邪薬としても知られており、主に風邪のひき始めに用いられれる昔からなじみの深い漢方薬のひとつです。 基本的には、体力のある方向けの薬で、頭痛、発熱、首の後ろのこわばり、寒気などといった症状に有効です。 この葛根湯は西洋医学の基礎研究でも、抗炎症作用があるといった研究結果が認められており、発病後1~2日で用いると効果的です。 いつもと違う体の不調が見られた場合、鼻炎や頭痛、炎症などでも幅広く使うことができます。 具体的に効果が認められている症状をまとめると、• 寒気、発熱• 鼻かぜ• 肩こり• じんましんのかゆみ• はれ、赤み• 筋肉痛 など このように幅広い症状に用いることができます。 葛根湯に含まれている成分(生薬) 風邪の諸症状に効果的な葛根湯には、7つの生薬が配合されています。 葛根(カッコン)• 麻黄(マオウ)• 桂皮(ケイヒ)• 芍薬 シャクヤク• 甘草 カンゾウ• 大棗(タイソウ)• 生姜 ショウキョウ ひとつひとつどのような効果があるのが見てみましょう。 葛根(カッコン) 葛根は、マメ科のクズの肥大根を乾燥したもの。 主に、解肌、透疹、潤筋、止渇、止瀉などの効能があり、頭痛や肩こりなどの風邪の初期症状、筋肉の緊張、口の渇き、下痢などに用いられます。 葛根湯にはこの葛根が多く含まれています。 麻黄(マオウ) 麻黄は、マオウ科のマオウなどの地上茎を乾燥したもの。 主に、発汗、鎮咳、利水の効能があり、発熱、頭痛、咳嗽(せき)、喘息などに用いられます。 この麻黄には、ドーピング検査の規制物質に指定されているエフェドリンという成分が含まれているので、大会などにでるときは注意が必要です。 桂皮(ケイヒ) 桂皮は、クスノキ科のケイの樹皮を乾燥したもの。 漢方的には、補陽、発汗、解肌、止痛などの効能があり、手足の冷え、腹痛、下痢、のぼせなどに用いられます。 芍薬 シャクヤク 芍薬は、ボタン科シャクヤクの根を乾燥したもの。 高さは約60cmで、紅や白色などのボタンに似た花が咲く特徴があります。 主な効能は、鎮痛・鎮痙、収斂、緩和作用などに効果があります。 他にも、慢性胃腸炎、生理不順、月経異常、冷え症、貧血症、血の道症、産前産後の諸病、婦人の更年期障害、急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛、神経痛の症状にも効果的です。 甘草 カンゾウ 甘草は、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの。 高さ40~70cmの多年草で、生薬としては、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものを用います。 主な効能は、鎮痛、鎮痙、解毒、鎮咳などに効果があります。 他にも、咽喉痛、胃痙攣、胃潰瘍、胃痛、十二指腸潰瘍、疼痛などの症状にも効果的です。 大棗(タイソウ) 大棗は、クロウメモドキ科ナツメの果実を乾燥したもの。 高さ10mほどの落葉小高木で、特に黄土の乾燥地帯に生育しています。 主な効能は、強壮、利尿、矯味などに効果があります。 他にも、腹部膨満感、消化不良を伴う胃腸疾患、感昌による下痢、発熱と悪寒が交互にあるような症状にも効果的です。 生姜 ショウキョウ 生姜は、ショウガ科ショウガの根茎のこと。 生薬としては、ショウガ科ショウガの根茎を用います。 主な効能は、芳香辛味性健胃、食欲増進、発汗などに効果があります。 他にも、胃内停水、座骨神経痛、腰痛、夜尿症、尿量が多い、四肢の冷痛、風邪、妊娠中のむくみなどの症状にも効果的です。 葛根湯の副作用や注意点 一般薬と比べ副作用は少ないですが漢方薬にも場合によっては副作用がみられます。 人によっては、• 胃の不快感• 食欲不振• 吐き気• 動悸や不眠• 発汗過多 などがみられることがあります。 重い副作用は見られることはありませんが、配合生薬の「甘草」の大量服用により、むくみを生じたり血圧が上がってしまうことがあります。 この他にも、肝障害の報告もあるようで、ひどい倦怠感、強い吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなると言った症状が見られる場合は医師に相談するようにしましょう。 葛根湯を飲むタイミング 漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいです。 むかつきがあるような場合は、水で飲んでもかまいません。 もし、漢方薬を飲むことで食欲がなくなったり、吐き気を催すような場合は、食後でも大丈夫です。 また、葛根湯を飲んでも効果がみられないような場合は医師に相談するようにしましょう。 葛根湯に似た漢方薬 同じ葛根湯という名前がつく漢方薬でも、桂枝(ケイシ)という頭痛、寒気、発熱(主に微熱)、のぼせ、軽いうなじのこわばりや体の痛みなどの症状に効果的な生薬が名前の頭についた 桂枝加葛根湯(ケイシカカッコントウ)という漢方薬や、升麻葛根湯(ショウマカッコントウ)、葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)などもあります。 こちらに詳しく書いてあるので、細かい症状に合わせてうまく服用するよいいでしょう。 症状や体調によって最適な漢方薬がありますので、どの漢方薬を服用すればいいか分からない方は、医師や薬剤師に相談しましょう。 風邪の対策はひき初めに 葛根湯は「風邪かな?」と思ったらすぐに飲むことが大切です。 いつでも飲めるようにお家に常備してあると便利です。 出典 : ご注文はこちらから.

次の

乳腺炎には葛根湯が効果的!授乳中に飲むタイミングは?

葛根 湯 いつ 飲む

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 風邪の引きはじめに飲むと良いとされる葛根湯は、乳腺炎にも効果があることをご存知でしたか?「乳腺炎のとき、葛根湯に助けられた!」というママもたくさんいるようですよ。 そこで今回は、乳腺炎に効くといわれる葛根湯の効果や授乳中の飲み方についてまとめました。 葛根湯が乳腺炎に効果的な理由は? 「おっぱいが熱を持ち、しこりができる」「熱・寒気・頭痛・関節痛」「おっぱいが赤みを帯び、痛みが出る」などの症状を引き起こす乳腺炎は、母乳が乳房の中に溜まってしまうことで起こります。 授乳中のママや妊娠中が風邪になったときに、病院でも処方されることがある薬です。 市販の葛根湯でも、妊娠中は医師に相談をするように注意書きをしていますが、その中に「授乳中」という表記はありません。 ただし、メーカーによって多少配合成分が異なるため、まずは医師に相談し、処方してもらってから服用すると安心です。 また、服用中はいつも以上に赤ちゃんの様子に気を配って、何か違和感があれば、小児科を受診するようにしてくださいね。 乳腺炎で葛根湯を飲むときの注意点は? 基本的に、葛根湯の長期的な使用は控えた方がいいとされています。 用法・用量を守れば1日の限度量を超えることはありませんが、他の漢方も服用している場合は注意が必要であり、不必要に服用を続けるのは避ける方が良いとされています。 また葛根湯が体質に合わないと、胃腸の不快感や食欲不振、動悸、発汗過多、発疹、かゆみなどの体調不良が起こることもあります。 漢方薬は個人の体質によって効果を発揮しないものもあるのです。 葛根湯の場合は、体が充実している人に合ったものとされ、「虚弱体質」「胃腸が弱い」「体の調子が悪い」「汗が多い」人は、葛根湯の服用にはあまり向かないといわれています。 上記の体質に当てはまる場合は、漢方専門医や内科、婦人科で相談すると安心ですね。 乳腺炎で葛根湯を飲むタイミングはいつ? すでに「おっぱいがカチカチに固まってしまった」「悪寒や発熱がある」というときには、もはや葛根湯だけでは手に負えない段階です。 その段階まで悪化してしまっている場合は、すぐに病院を受診しましょう。 母乳外来でプロの母乳マッサージを受けたり、解熱剤を処方されることもあります。 その際は、医師から授乳の継続や一時中断について指示があるはずなので、きちんと受診することが大切です。 葛根湯が乳腺炎に効果を発揮するのは、初期の段階です。 これは、熱の原因がまだ体の表面にある段階で汗をかいて、内部へ侵入することを防ぐ作用があるためです。 症状が悪化してからの服用に全く効き目を実感できないというわけではないようですが、葛根湯は風邪の場合であっても「風邪のひき始め」に効果があるとされています。 「すこし胸に違和感があるな」と感じた時点で服用するようにしましょう。 乳腺炎の初期段階に葛根湯を服用すれば、乳腺炎の悪化を防ぐことができますよ。 また、1日のうちで服用するタイミングは、「食前や食間」とされています。 関連記事 乳腺炎の悪化は、葛根湯とおっぱいケアで防ぐ! 葛根湯を飲んだらそれでOK、というわけではありません。 乳腺炎を悪化させないためには、葛根湯を服用しつつ、おっぱいのケアをしてください。 おっぱいに違和感を覚えたら、葛根湯を服用し、授乳を続けます。 乳腺炎を悪化させないためには、そのもとになる詰まりやしこりを取り除くことが大切です。 一度ドロドロの粘度の高い母乳を外に出し、詰まりを解消しながらサラサラの母乳を分泌していくことを目標としましょう。 おっぱいのしこりができたところを軽く圧迫しながら、赤ちゃんに吸ってもらったり、搾乳したりすると詰まりが解消されやすくなります。 また、しこりのある方に赤ちゃんの下アゴがくるよう、授乳時の抱き方を工夫するのもひとつの方法です。

次の

葛根湯の効果効能とは?正しい飲み方と副作用

葛根 湯 いつ 飲む

もくじ• 葛根湯はいつ飲むのが効果的? 風邪のひきはじめと言っても人によって感じ方が違うと思います。 でも、こういう時は風邪のひきはじめかもと思えば、いつ飲むかのヒントになります。 ゾクゾクって感じるのは、体内に侵入してきたウィルスなどの病原菌に対して、 体が攻撃を仕掛けるために体温の設定温度が高くなったために感じます。 こんな時って、「体がだるいし疲れがたまっているのかなあ」 「パソコンしすぎて、肩コルなあ」 「花粉症かもなあ」 と思ってあまり気にしないのがほんとのところ。 このタイミングで飲むのが一番効果があります。 その後、頭痛と咳が出て、気持ち悪いなんて症状になれば、 葛根湯の効果が出ない可能性があります。 なぜ、風邪のひきはじめに効果があるの 風邪の初期症状が出ると、体内では病原菌に攻撃するために 体温を上昇させ発汗によってしばらくすると熱も下がり風邪が治ります。 葛根湯を飲むことで主成分であるクズの根が、全身を温めるとともに 血行をよくして、発汗も促し、分泌機能や代謝機能を高めてくれるようです。 スポンサードリンク そのため、発熱を助ける働き ウィルスが弱ったのを察知すると発汗作用で熱を下げる働き この2つの働きをもっているのが大きな特徴。 寒さよりも発熱がひどい、のどが痛い、口が乾いて冷たいものを飲みたいときには 効果がでないです。 葛根湯の飲み方 漢方本来の飲み方は、お湯に溶かして飲むのが正しいそうです。 ただ、〇〇散というのは冷やして飲むのが基本。 温かいお湯で飲むことで、溶けやすくして早く効果を促すためではないでしょうか。 飲んだ後は、部屋を暖かくしてなるべくすぐに寝てしまうことが重要です。 また、飲んだ後に消化の良いおかゆなどを食べるのも良いですね。 飲んだ後、食べるなら30分後に。 基本は、食間に飲むもので胃の中は2時間位で空になるので、 胃の中に何もない状態で飲むのが効果が出るため。 飲んで良いかは、かかりつけの病院で聞くほうが良いでしょう。 まとめ なんとなくで飲んでいた葛根湯ですが、風邪のひきはじめには効果があり いつ飲むかのそのタイミングを逃さないように飲みましょう。 そして、出来るだけ風邪をこじらさないようにしたいですよね。 実際に飲むときは、色々な種類のものが出てますよね。 ドリンクタイプや粒状のものやメーカーも色々、どれがいいか迷ってしまいます。 私の場合は、仕事中に飲むのはドリンクのもので粒状のものは家での常備薬用にしてます。 メーカーは、中身の成分は基本的に同じらしいので気にしていません。 子供には、子供向けの黒糖風味のお湯に溶かして飲むものを飲ませていますよ。

次の