夜 に なると 鼻 づまり。 鼻づまりで息苦しい夜に試してほしい!オススメの解消法9選

鼻づまりの原因は?夜になると鼻がつまるのを解消できる?

夜 に なると 鼻 づまり

鼻づまりの9割は自分で治せる! 鼻づまりを解消するには、まずは鼻づまりの原因を知ることが大事です。 鼻づまりの原因は大きく分けて3タイプあります。 これは自分で治すことができます。 慢性的な鼻づまりを引き起こす原因を新発見! アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、風邪による鼻づまりの共通原因があります。 それは扁桃腺の炎症です。 扁桃腺の炎症は、口呼吸が原因になることが知られています。 そして近年の研究によって、口呼吸と扁桃腺の炎症の両方の原因に関わっているのが 「歯垢」であったことが明らかになりました。 扁桃腺の感染のしくみ 細菌やウィスル、アレルゲンなどの有害物質は、口の中、鼻、耳、喉を自由に行き来します。 その中で慢性的な感染源になっていたのが、口の中の「歯垢」だったのです。 以前より一部の研究者からは指摘されていましたが、耳鼻咽喉科と歯科とは連携がないため、見過ごされてきたのです。 その感染経路は• 歯垢(細菌のかたまり)が唾液を介して扁桃に感染する• 扁桃が炎症し、それが鼻腔に広がる• 鼻腔の炎症はメンテナンスに入るため鼻づまりを引き起こす• 鼻がつまることで、口呼吸になる• 免疫が低下することで、細菌による炎症が促進される *病気の7割の原因ともいわれています。 扁桃腺についての補足知識 *興味や時間がある方以外は飛ばしてください! 扁桃とは、咽頭の粘膜内にある「リンパの集合体」*1です。 扁桃は大きく分けて5つの部位に分かれます。 咽頭扁桃(鼻腔の奥壁)• 耳管扁桃(鼻腔の突きあたり)• 口蓋扁桃(喉の奥壁)• 舌扁桃(舌の付け根)• 咽頭リンパ小節(咽頭壁) 扁桃の表面には凹凸があり、その表面積の合計は畳12畳ほどにもなります。 それにより多くの細菌やウィスルをキャッチすることができるのですね。 そのため体の中で、もっとも感染を受けやすい部分でもあるのです。 *1「リンパ」とは、細胞内から排出された老廃物や癌細胞、細菌や毒素を運搬する下水路のことで、リンパ腺の途中にあるリンパ節で、下水処理が行われます。 リンパ液、リンパ腺(管)、リンパ節の総称で、免疫の主要機能のひとつです。 鼻づまりを解消するテクニック! 扁桃腺の炎症原因をなくすと、鼻づまりが解消する確率は9割です。 ある歯科医の話として、耳鼻科でアレルギー性鼻炎の診断を受けた方が、歯科医院に来院されたそうです。 その歯科医は鼻炎の原因が歯垢であると判断したため、徹底した歯垢の除去を指導したそうです。 その3日後には、アレルギー性鼻炎の反応は納まっていたということです。 口の中がネバネバ(歯垢が原因)の方は、必ず鼻炎症状があるともいいます。 歯を磨いたことと、歯が磨けたこととは違います。 まずは正しい歯みがき方法を行ってください。 その他にデンタルフロスと歯間ブラシの活用をおすすめします。 歯垢の除去方法は「」で詳しくご紹介しています。 鼻呼吸ができない理由はほかにもあるので、総合的な対策をおすすめします。 鼻呼吸のやり方は「」で詳しくご紹介しています。 鼻づまりを解消して新たな世界へ! 慢性的な鼻づまりが解消して、しっかりと鼻呼吸が日常的にできるようになると、身体的なさまざまな問題が解決します。 特に身体能力や健康機能は劇的に変化するでしょう。 さまざまな問題は「」でご確認ください。 徹底した鼻呼吸法は新たな挑戦への扉となることでしょう。 【お役に立ちます!関連記事】•

次の

夜寝れないほどひどい花粉症の鼻づまりを解消!おすすめ対処法16選 | LoveLifeStyle

夜 に なると 鼻 づまり

夜寝れないほどひどい花粉症の鼻づまりを解消するおすすめ対処法 花粉症で鼻が詰まる症状は、ご存知の通りアレルギーの原因となる花粉が、鼻粘膜に付く事で引き起こしています。 アレルゲンから体を守る為に起こるのが 「防御反応=炎症」であり、それにより腫れ上がって空気の通り道が狭くなっているのです。 この花粉症が原因の鼻水や鼻づまりは、朝や夜にひどくなることが多いそうです。 その理由としては、 「副交感神経の優位状態」のためだと言われています。 副交感神経が優位な状態とは、つまり神経がリラックスしいている状態のことです。 このリラックス状態の時に、鼻水や鼻づまりの症状が出やすくなり、逆に日中の交感神経が働いている時間では、症状が出にくくなるのだそうです。 スポンサードリンク 【鼻づまり解消方法 その1】アロマオイルで緩和させる アロマオイルは鼻づまり改善に良いと良く効きますよね? やり方は、眠る前にアロマを炊いてみたり、ハンカチなどに少量しみ込ませて香りを吸ったりします。 他に、75度程度のお湯に数的落として、湯気を香って鼻づまりを緩和させるといった方法もあります。 特に、• ユーカリ• ペパーミント• ラベンダー• サンダルウッド• マートル これらのアロマは炎症の鎮静や呼吸をスムーズにさせるなど、鼻づまりを緩和させる働きをもたらすとされています。 ただ、逆に長時間使用するとむせてしまうこともありますので、使用する場合は注意しましょう。 また、アロマオイルの中にはアレルギー症状が出る場合もありますので、特に小さなお子さまがいらっしゃる場合は十分に気を付けましょう。 【鼻づまり解消方法 その2】脇下の自律神経を刺激してみる 脇の下にある自律神経は、圧迫する事で鼻粘膜の血流を変えて充血を抑える働きを持つとされています。 方法は至って簡単、 テニスボールを鼻が詰まっている方の逆の脇に約1分~2分挟んで、グッと力を入れて圧迫してみてください。 また、人間は横になっているときは、鼻粘膜の血管がうっ血し、空気が通りづらくなります。 頭を高くすると血流が下に流れるようになり、空気が通りやすくなるそうです。 枕は極端に高くするのではなく、上半身から自然と頭が高くなる様にしましょう。 また、バスタオルなどで緩やかに傾斜を付けてみるのも良いようです。 【鼻づまり解消方法 その4】鼻腔を広げるテープの使用 花粉症だけではなく、鼻炎などの鼻粘膜が腫れて空気が通りづらくなる症状には鼻腔を広げるテープがおすすめです。 肌が弱い方には不向きかもしれませんが、鼻にテープを貼って鼻腔を広げることで、鼻の通りが改善されます。 特に 「ブリーズライト」のメントールの香りの「クール」は人気があります。 スッとした香りで鼻づまりに効果が期待できそうですね。 【鼻づまり解消方法 その5】鼻を温めてみる 鼻を温める事で粘膜の血流を改善させ、鼻づまり症状を解消するといいます。 火傷しない程度に温めたホットタオルを鼻において、鼻を温めることで血流の改善にもなります。 さらに、お風呂の湯気をゆっくりと吸い込んだり、ホットスチーマーを利用するなど、鼻粘膜を湿らせるのも効果があるようです。 【鼻づまり解消方法 その6】ツボ・マッサージを取り入れる 「鼻通」と呼ばれる鼻の左右の中央あたりにくぼんだ部分があり、 左右指で上下にマッサージや押し揉んでみるという方法があります。 上下にマッサージする場合には、鼻の付け根から小鼻まで上下に指を滑らせる事がポイントです。 こちらの動画が参考になりますので、是非ご覧ください。 【鼻づまり解消方法 その7】鼻うがいにチャレンジ なかなか慣れないと辛い 「鼻うがい」やはり鼻の中を綺麗に洗い流す事が、スッキリへの道なのかもしれません。 鼻うがいは水道水のままでは痛みを伴うので、ぬるま湯に塩を加えたもので行った方が痛みが少ないと言われていますね。 やり方は、「あ~・・・」と声をだしながら片方の鼻の穴に液体を取り込み、口からはきだせばOKです。 自分で食塩水を作るのが怖い場合は、市販の鼻うがい液もありますので、利用しましょう。 【鼻づまり解消方法 その8】横向きに寝る 鼻が詰まっているとき、呼吸が楽に出来る方側に横になって眠ると鼻が通るといいます。 鼻が詰まっている側を上にするか下にするかは、人によっても違いがある様なので、試してみてください。 【鼻づまり解消方法 その9】マスク着用で寝る マスクの中では呼吸によって湿度が高い状態であり温かい状態になります。 それにより、鼻づまり症状を緩和させることにつながり、それと合わせて口呼吸傾向である際の風邪予防にも働きかけます。 アロマオイルやハッカ油などをマスクに塗っておくのも良いと言われています。 ただし、塗りすぎには十分注意しましょう。 また、マスクを付けて寝ると苦しいという方には不向きですので、注意してくださいね。 【鼻づまり解消方法 その10】息を吐き、頭を上下に振る まず、息を思いっきり吸い込んだ後、今度はすべて吐き切るまで息を吐きます。 その後鼻をつまみ、頭を上下に振ると鼻づまりを解消できるそうです。 頭を振る速さは、 片道2~3秒くらいで振りましょう。 こちらの動画を参考にしてみてくださいね。 【鼻づまり解消方法 その11】お茶を飲む お茶の中には、花粉対策になるものがあります。 おすすめは、 【鼻づまり解消方法 その12】部屋を加湿する 加湿器などで部屋の乾燥を防ぐのも効果的な対策法になります。 鼻粘膜に湿気を与えることで、アレルゲンが侵入するのを効果的に防げます。 また、空気中の花粉やハウスダストを下に落としてくれるので、アレルゲンの拡散を防ぐこともできます。 【鼻づまり解消方法 その13】乳酸菌を取り入れる 乳酸菌にはアレルギーを抑制する効果があるとされています。 即効性はないものの、継続して摂取し続けると、体質が改善されるそうです。 日頃からヨーグルトなどを食事に取り入れて、花粉症を未然に防ぎましょう。 【鼻づまり解消方法 その14】タバコは絶対にダメ! タバコは鼻粘膜を痛めてしまうため、花粉などの異物が侵入した場合に、体外に追い出す力が弱くなってしまいます。 また、 ニコチンも血流を悪くしてしまう要因のひとつです。 免疫力の低下や血流の停滞は、鼻水や鼻づまりの原因になりますので、喫煙者は禁煙を心がけましょう。 【鼻づまり解消方法 その15】臀部からの反射を使った解消法 臀部からの反射を利用した体操で花粉症の鼻水や鼻づまりを解消させます。 臀部に刺激を与えることで、自律神経などに作用して鼻水や鼻づまりの症状を緩和してくれます。 こちらの動画を見ながらやってみましょう。 【鼻づまり解消方法 その16】どうしてもダメなら点鼻薬 鼻の粘膜の炎症を抑えて腫れを抑えるなら 「点鼻薬」が効果的です。 ただし、必要以上に使用すると逆に悪化させてしまいます。 また、風邪と花粉症では使用する薬は異なりますので、安易に市販薬に手を出さないように注意しましょう。 使用においては耳鼻科で処方、使い方をしっかりと行った上で、適切に使う必要があります。

次の

鼻づまりがラクになる!簡単アロマ活用術《風邪や花粉症対策に》

夜 に なると 鼻 づまり

夜寝れないほどひどい花粉症の鼻づまりを解消するおすすめ対処法 花粉症で鼻が詰まる症状は、ご存知の通りアレルギーの原因となる花粉が、鼻粘膜に付く事で引き起こしています。 アレルゲンから体を守る為に起こるのが 「防御反応=炎症」であり、それにより腫れ上がって空気の通り道が狭くなっているのです。 この花粉症が原因の鼻水や鼻づまりは、朝や夜にひどくなることが多いそうです。 その理由としては、 「副交感神経の優位状態」のためだと言われています。 副交感神経が優位な状態とは、つまり神経がリラックスしいている状態のことです。 このリラックス状態の時に、鼻水や鼻づまりの症状が出やすくなり、逆に日中の交感神経が働いている時間では、症状が出にくくなるのだそうです。 スポンサードリンク 【鼻づまり解消方法 その1】アロマオイルで緩和させる アロマオイルは鼻づまり改善に良いと良く効きますよね? やり方は、眠る前にアロマを炊いてみたり、ハンカチなどに少量しみ込ませて香りを吸ったりします。 他に、75度程度のお湯に数的落として、湯気を香って鼻づまりを緩和させるといった方法もあります。 特に、• ユーカリ• ペパーミント• ラベンダー• サンダルウッド• マートル これらのアロマは炎症の鎮静や呼吸をスムーズにさせるなど、鼻づまりを緩和させる働きをもたらすとされています。 ただ、逆に長時間使用するとむせてしまうこともありますので、使用する場合は注意しましょう。 また、アロマオイルの中にはアレルギー症状が出る場合もありますので、特に小さなお子さまがいらっしゃる場合は十分に気を付けましょう。 【鼻づまり解消方法 その2】脇下の自律神経を刺激してみる 脇の下にある自律神経は、圧迫する事で鼻粘膜の血流を変えて充血を抑える働きを持つとされています。 方法は至って簡単、 テニスボールを鼻が詰まっている方の逆の脇に約1分~2分挟んで、グッと力を入れて圧迫してみてください。 また、人間は横になっているときは、鼻粘膜の血管がうっ血し、空気が通りづらくなります。 頭を高くすると血流が下に流れるようになり、空気が通りやすくなるそうです。 枕は極端に高くするのではなく、上半身から自然と頭が高くなる様にしましょう。 また、バスタオルなどで緩やかに傾斜を付けてみるのも良いようです。 【鼻づまり解消方法 その4】鼻腔を広げるテープの使用 花粉症だけではなく、鼻炎などの鼻粘膜が腫れて空気が通りづらくなる症状には鼻腔を広げるテープがおすすめです。 肌が弱い方には不向きかもしれませんが、鼻にテープを貼って鼻腔を広げることで、鼻の通りが改善されます。 特に 「ブリーズライト」のメントールの香りの「クール」は人気があります。 スッとした香りで鼻づまりに効果が期待できそうですね。 【鼻づまり解消方法 その5】鼻を温めてみる 鼻を温める事で粘膜の血流を改善させ、鼻づまり症状を解消するといいます。 火傷しない程度に温めたホットタオルを鼻において、鼻を温めることで血流の改善にもなります。 さらに、お風呂の湯気をゆっくりと吸い込んだり、ホットスチーマーを利用するなど、鼻粘膜を湿らせるのも効果があるようです。 【鼻づまり解消方法 その6】ツボ・マッサージを取り入れる 「鼻通」と呼ばれる鼻の左右の中央あたりにくぼんだ部分があり、 左右指で上下にマッサージや押し揉んでみるという方法があります。 上下にマッサージする場合には、鼻の付け根から小鼻まで上下に指を滑らせる事がポイントです。 こちらの動画が参考になりますので、是非ご覧ください。 【鼻づまり解消方法 その7】鼻うがいにチャレンジ なかなか慣れないと辛い 「鼻うがい」やはり鼻の中を綺麗に洗い流す事が、スッキリへの道なのかもしれません。 鼻うがいは水道水のままでは痛みを伴うので、ぬるま湯に塩を加えたもので行った方が痛みが少ないと言われていますね。 やり方は、「あ~・・・」と声をだしながら片方の鼻の穴に液体を取り込み、口からはきだせばOKです。 自分で食塩水を作るのが怖い場合は、市販の鼻うがい液もありますので、利用しましょう。 【鼻づまり解消方法 その8】横向きに寝る 鼻が詰まっているとき、呼吸が楽に出来る方側に横になって眠ると鼻が通るといいます。 鼻が詰まっている側を上にするか下にするかは、人によっても違いがある様なので、試してみてください。 【鼻づまり解消方法 その9】マスク着用で寝る マスクの中では呼吸によって湿度が高い状態であり温かい状態になります。 それにより、鼻づまり症状を緩和させることにつながり、それと合わせて口呼吸傾向である際の風邪予防にも働きかけます。 アロマオイルやハッカ油などをマスクに塗っておくのも良いと言われています。 ただし、塗りすぎには十分注意しましょう。 また、マスクを付けて寝ると苦しいという方には不向きですので、注意してくださいね。 【鼻づまり解消方法 その10】息を吐き、頭を上下に振る まず、息を思いっきり吸い込んだ後、今度はすべて吐き切るまで息を吐きます。 その後鼻をつまみ、頭を上下に振ると鼻づまりを解消できるそうです。 頭を振る速さは、 片道2~3秒くらいで振りましょう。 こちらの動画を参考にしてみてくださいね。 【鼻づまり解消方法 その11】お茶を飲む お茶の中には、花粉対策になるものがあります。 おすすめは、 【鼻づまり解消方法 その12】部屋を加湿する 加湿器などで部屋の乾燥を防ぐのも効果的な対策法になります。 鼻粘膜に湿気を与えることで、アレルゲンが侵入するのを効果的に防げます。 また、空気中の花粉やハウスダストを下に落としてくれるので、アレルゲンの拡散を防ぐこともできます。 【鼻づまり解消方法 その13】乳酸菌を取り入れる 乳酸菌にはアレルギーを抑制する効果があるとされています。 即効性はないものの、継続して摂取し続けると、体質が改善されるそうです。 日頃からヨーグルトなどを食事に取り入れて、花粉症を未然に防ぎましょう。 【鼻づまり解消方法 その14】タバコは絶対にダメ! タバコは鼻粘膜を痛めてしまうため、花粉などの異物が侵入した場合に、体外に追い出す力が弱くなってしまいます。 また、 ニコチンも血流を悪くしてしまう要因のひとつです。 免疫力の低下や血流の停滞は、鼻水や鼻づまりの原因になりますので、喫煙者は禁煙を心がけましょう。 【鼻づまり解消方法 その15】臀部からの反射を使った解消法 臀部からの反射を利用した体操で花粉症の鼻水や鼻づまりを解消させます。 臀部に刺激を与えることで、自律神経などに作用して鼻水や鼻づまりの症状を緩和してくれます。 こちらの動画を見ながらやってみましょう。 【鼻づまり解消方法 その16】どうしてもダメなら点鼻薬 鼻の粘膜の炎症を抑えて腫れを抑えるなら 「点鼻薬」が効果的です。 ただし、必要以上に使用すると逆に悪化させてしまいます。 また、風邪と花粉症では使用する薬は異なりますので、安易に市販薬に手を出さないように注意しましょう。 使用においては耳鼻科で処方、使い方をしっかりと行った上で、適切に使う必要があります。

次の