かぶきおどり。 八月南座超歌舞伎|南座|歌舞伎美人

歌舞伎の歴史で最初は女性が踊っていた!

かぶきおどり

中世末期から近世初めにかけて行われたヤヤコ(幼女・少女)による小歌踊の芸能。 出雲 いずも の阿国 おくに が歌舞伎 かぶき 踊を創始する前に演じていたことで知られる芸能である。 『御湯殿上日記 おゆどののうえのにっき 』の天正 てんしょう 9年(1581)9月9日に記録されたものが、現在さかのぼりうるもっとも早い文献である。 具体的な内容は資料がごく限られているためによくわからないが、少女たちによる舞台芸能であったのは間違いない。 この名称でよばれた芸能には、次の3種のものがあったらしい。 (1)舞台芸能となる以前から巷間 こうかん に行われていた群舞形式の盆踊りの一種。 娘や子供が踊ったので、こうよんだ。 (2)「歌舞伎踊」の名称がつけられる以前、阿国らの演じていた芸能の総称。 (3)初期の歌舞伎踊のなかにあった一レパートリーの称。 歌舞伎成立の歴史を知るうえで、きわめて重要な芸能の一種である。 確実な資料にとにかく〈国〉の名が出るのは,1600年 慶長5 京都近衛殿において〈クニ〉と〈菊〉という2人が雲州 出雲国 のややこ踊を演じたとあるのが最初である 《時慶卿記》。 次に,03年4月には〈出雲国神子女〉国が,当時流行の男伊達風の男装をして茶屋遊びの様子をまねて〈カフキ躍(おどり)〉をし,京中の人気を集めたという記録がある 《当代記》。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

出雲阿国

かぶきおどり

日本の演劇の一つ。 せりふ,音楽,の各要素が混然一体となっている。 伎は「傾()き」(異常,放埒の意)のあて字。 江戸時代初期のの踊が始まりとされ,そのまねをした遊女たちが茶屋や風呂上がり風俗をミュージカル風に演じてみせた。 しかし風俗紊乱のかどでが禁止され,その二十数年後には少年たちによるも禁止された。 以後は「物真似尽」として男性俳優のみによる中心の舞台が展開し,その結果,の演技術が生まれた。 また『』という劇評書が毎年出版されて演技評が確立した。 享保期にはやによって女方舞踊が完成され,天明期には立役中心の浄瑠璃が江戸で発達。 以後,劇壇の趨勢は上方から江戸に移り,化政期にはによってが創始され,また舞踊にが生まれて爛熟期を迎えた。 7世,5世,5世らの名優が続出して演技術が極度に発達したが,同時に伎芸の固定化がみられ,演技,演出の型や家の芸が生まれた。 にはによる白浪物が生まれ,4世が活躍。 明治以降は一種の革新期を迎え 9世,5世を中心に,やが現れ,大正期には 2世を中心にという新しいをみせた。 第2次世界大戦後は,擬古典から古典を意識しないものまで種々の新作がされ,3世によるという新しいジャンルが出現する,国立劇場を中心に上演される復活狂言も一つの傾向を示している。 1965年国の重要無形文化財に指定。 2008年に登録された。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 江戸時代の庶民文化のもとに成立した演劇。 ・とともに日本の三大古典劇とされる。 1600年ごろ京都でが始めた〈かぶき踊〉が前身。 〈〉とは新奇・異様な行動の意で,〈歌舞伎〉は明治以後に当てられた字。 それ以前には〈歌舞妓〉と書かれたこともある。 爆発的な人気を呼んだかぶき踊は,諸国の遊女たちに模倣されての隆盛を招いたが,風紀を乱すとの理由で1629年に禁止。 代わって前髪の美少年ばかりによるが盛んになったが,これも同じ理由によって1652年に禁止され,その後は技芸と本位のとして興行を許された。 町人文化の興隆期となった元禄時代以後は,名作者・名優の輩出により本格的な演劇として急速に成長。 人形浄瑠璃の台本・演出を取り入れて,内容と様式が豊富になり,・節・清元節などの劇場音楽とともにが進歩し,の複雑化につれて各種の舞台機構が発達するなど,多彩な発展をとげた。 維新後は,急激に輸入された外国文化の影響を受け,また新派劇・の勃興 ぼっこう をはじめ各種の新しい演劇に刺激され,いろいろな改革や復興が試みられたが,大勢は次第に古典化して今日に及んでいる。 歴史が長いだけに,演劇として非常に多くの要素をもつが,もともと舞踊から出発し,人形浄瑠璃とも密接な関係をもち,また女優の禁止に伴う おんながた の出演などの理由により,総じて様式性の高い点が特色とされる舞台芸術である。 2005年ユネスコの〈人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言〉リストに登録された。 四〇〇年の歴史がある。 を中心とした音楽と物語性を加味した芝居。 男が女に扮するの存在、ストップモーション風な、立ち回り、しゃべり方、化粧法、舞台装置など独特の形式を持つ。 出雲国の おくに が一六〇三 慶長八 年、京都で女だけのを興行したのが始まり。 奇抜な服装をしたので「傾 かぶ き踊り」と呼ばれた 「歌舞伎」は。 女歌舞伎から若衆歌舞伎、へと。 現在、の数は約六〇〇人。 などで身体をに吊り上げるの演技、着重ねた衣装の糸を抜いて瞬間に衣装を替える引き抜き、一瞬で他人と入れ替わる早替わりなどのけれん芸 視覚的だが俗受けの演技 の導入で、若い人の人気も保っている。 出典 株 朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」 とっさの日本語便利帳について の解説 江戸時代に成立した日本独特の演劇 「かぶき」とは非常識で異様なふるまいや風俗を示す語「傾 かぶ く」が転じたもの。 おくに が京都で()を演じてから,女歌舞伎,ついで若衆歌舞伎が流行したが,いずれも風俗紊乱を理由に禁止された。 その後野郎歌舞伎が,それまでの容色中心から伎芸と脚本を中心とする演劇として発達し,元禄期(1688〜1704)にいちおう完成した。 以後人形浄瑠璃の脚本・演出や長唄・常磐津などの音曲をとり入れ,1800年ころまでに大成。 幕末に爛熟期を迎えたが,に入り古典化して現代に至る。 出典 旺文社日本史事典 三訂版 旺文社日本史事典 三訂版について 世界大百科事典 内の歌舞伎 の言及 【芸能】より … その間,諸寺院では僧侶たちによる(えんねん)の芸能が行われ,民間では(しらびようし),(くせまい),(こうわかまい)などの遊行芸能者による歌舞や,極楽往生を願う民衆が念仏を唱えつつ群舞する,さらには若い男女が華麗な衣装と小道具を誇示して踊る風流踊(ふりゆうおどり) などが流行した。 長い戦国の争乱ののち,徳川幕府が成立したのは1603年 慶長8 であったが,この年京の河原で名のりを挙げた出雲のお国の歌舞伎踊には,それら踊念仏や風流踊などの要素が多彩に取り込まれていた。 当初女性主体の歌舞伎踊は29年 寛永6 風俗紊乱(びんらん)のかどで少年主体の若衆(わかしゆ)歌舞伎に変わり,さらに52年 承応1 以後は成人男子中心の野郎(やろう)歌舞伎に変わって,以後演劇色を強めるに至る。 … 【歴史劇】より …20世紀に入って,ドイツのブレヒトも歴史劇に大いに関心を示していたし,今日では,イギリスのジョン・アーデンも歴史劇作家の一人に加えておかねばなるまい。 [日本] 日本では,能 《安宅》など や人形浄瑠璃にも広義の歴史劇が見いだされるが,特に,歌舞伎には,広義の歴史劇の典型が見られる。 王朝物や時代物の多くの作品がそれであり,例えば,《勧進帳》や《菅原伝授手習鑑(てならいかがみ)》などは偉大なるアナクロニズムの産物であり,弁慶や牛若丸といった登場人物たちは大いなる〈神話化〉を遂げているのである。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

かぶきおどり

かぶきおどり

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 出雲の阿国、プロフィール 名前:出雲の阿国(いずもの おくに) 出身地:出雲国(現・島根県) 生誕:1572年 死没:不明 享年:不明 時代:安土桃山時代から江戸時代初期 かんたんな経歴、何した人、どんな人? 出雲の阿国(いずものおくに)は、1572年に鍛冶屋を営む中村三右衛門の娘として、出雲国(現・島根県)に生まれました。 毎年10月になると全国の神様が集まることで知られている出雲大社の巫女(みこ・神に仕える女性)となります。 その後、出雲大社の修繕費用など寄付してもらうことを目的に、 各地を踊りながら興行巡業しました。 この興行巡業とは、今でいうコンサートやショービジネスと言った感じが当てはまります。 1582年に奈良の春日大社で 「加賀8歳と国11歳の童がややこ踊りをした」という記録が残っている事から阿国が1572年生まれの説があります。 京都の北野天満宮境内で興行すると、人々は阿国たち一行を大変気に入り、たちまち大評判となりました。 秀吉の伏見城や公家である近衛家、そして皇室の女性が住む御所でも踊りを披露しました。 その後、 興行の過程で「ややこ踊り」の内容が変化し、「かぶき踊り」となり全国に広まります。 阿国の「かぶき踊り」は、江戸で披露したのが最後となりました。 江戸幕府は風紀や治安の乱れを恐れ、女性芸能者が舞台に立つことを禁じたためです。 阿国は故郷の出雲に戻り出家しました。 出雲大社の近くには、阿国のものと伝わるお墓があります。 出雲の阿国が歌舞伎をつくった? 歌舞伎をつくったのは、出雲の阿国です。 出雲の阿国が最初に踊っていた「ややこ踊り」が「かぶき踊り」となり、日本伝統芸能の一つである「歌舞伎」になりました。 ややこ踊りとは、可愛らしい幼子のような踊りでしたが、各地を興行していく上で、世の人々が求めている踊りに変わっていきます。 女の阿国が武士に男装して、遊女のような茶屋の娘と戯れる様子を演じたものが「かぶき踊り」でした。 この「かぶき踊り」は、すぐに遊女屋にも取り入れられ世の男性の人気となります。 女性だけで演じられた「かぶき踊り」は 「女歌舞伎」と言われ、セクシーかつ大胆で過激なことから風紀が乱れるために、女性が舞台に立つことを幕府が禁じたのです。 「女歌舞伎」が禁じられると、次は若い美少年が演じた 「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」が演じられますが、これも同じように風紀が乱れるとされ禁止されました。 しかし、既に「歌舞伎」の面白さを知ってしまった庶民は「歌舞伎」の復活を望みます。 そこで風紀を乱さない男性が演じる 「野郎歌舞伎」が演じられるようになります。 これが、現代にも通じる歌舞伎の姿であり、「野郎歌舞伎」の流れから男性のみが演じられる伝統芸能となりました。 日本一の傾奇者って? 傾奇者とは、戦国時代末期から江戸時代初期に流行したトレンドで、それまでの常識から外れたド派手な身なりをする人を言いました。 傾く かぶく)とは、頭を傾けるという意味があり、周囲を驚かせるような変わった様子を表します。 漫画「花の慶次」のイメージが強いかもしれませんね。 出雲の阿国も女性であるにも関わらず、武士の男性に姿を変えたことから「傾奇者」と呼ばれました。 傾くから「傾奇」へ、歌い舞う芸妓から「歌舞妓」となり、そしてお面をかぶり音楽に合わせて踊る伎楽(ぎがく)の伎から「歌舞伎」と表記が変わりました。 歴史上で有名な傾奇者は、奇抜で派手な衣装の伊達政宗や前田慶次が挙げられますが、女性でありながら刀を振りかざし武士を装った阿国が、1番の傾奇者と言えそうです。 ちなみに、阿国が小屋を建て「かぶき踊り」を披露した場所と伝わる 京都の四条通に、出雲の阿国像があります。 堂々と刀を持った存在感のあるその姿は、現代でも魅力的です。 まとめ 阿国の生涯は、不明な点が多く謎とされながらも、しっかりと世の人気を集めその名を歴史に刻んだ粋な人生でしたね。 現在の歌舞伎の元をつくり、女性でありながら男を演じる立派な傾奇者だったのでした。 ということで、 れきし!出雲の阿国を5分で!歌舞伎をつくった女性で日本一のかぶき者?でした。 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の