過食嘔吐 ブログ アメブロ。 最近

ハルキさんのプロフィールページ

過食嘔吐 ブログ アメブロ

スポンサーリンク さくらさんの体重について さくらさんはブログ記事で体重を公表されています。 身長は168センチで、 一番重かったときが45キロ、 一番軽かったときで24キロだったそうです。 肥満の度合いを測るBMI数値では、 一番重い体重で15. 94、 一番軽いときで8. 5です。 一般に、 BMI数値15. 0以下は、 痩せすぎで命の危険があると言われています。 2013年7月の時点で35. 4キロ、 2014年8月には30. 6キロでした。 この記事には 「(去年は)5キロ太ったのではなく、 潤ったと思おう」と書かれています。 BMI数値15. 0以下では 「太る」という表現は正しくありません。 生命維持のための 最低限のエネルギーを蓄える、 といっても過言ではありません。 最新記事では27. 3キロです。 BMI数値は9. 67で、 いつ心臓が止まってもおかしくありません。 まだ低血糖などで 昏睡状態になったようなことはないようですが、 命の危険は常にある状態だと 思っていいでしょう。 スポンサーリンク 168センチでの標準体重は、 一般女性用BMI数値基準で62. 1キロです。 モデル用の数値で考えても53. 5キロで、 モデル用数値の標準体型(BMI数値19. 0)となります。 しかし、 さくらさんは50キロ以上の体重は 耐えられないそうです。 しかし、 あと10キロは増やさないと、 日常生活に支障が 出ている状態だと自覚しているようです。 肥満による身体への悪影響は 声高に叫ばれていますが、 痩せすぎの場合、 肥満よりも命の危険が差し迫っている場合が多いです。 さくらさんの場合、 37キロでも充分、 命の危険は付きまといます。 スポンサーリンク•

次の

摂食障害(拒食症)のさくらちゃんはアメブロで体重を公表しているのか?

過食嘔吐 ブログ アメブロ

スポンサーリンク さくらさんの体重について さくらさんはブログ記事で体重を公表されています。 身長は168センチで、 一番重かったときが45キロ、 一番軽かったときで24キロだったそうです。 肥満の度合いを測るBMI数値では、 一番重い体重で15. 94、 一番軽いときで8. 5です。 一般に、 BMI数値15. 0以下は、 痩せすぎで命の危険があると言われています。 2013年7月の時点で35. 4キロ、 2014年8月には30. 6キロでした。 この記事には 「(去年は)5キロ太ったのではなく、 潤ったと思おう」と書かれています。 BMI数値15. 0以下では 「太る」という表現は正しくありません。 生命維持のための 最低限のエネルギーを蓄える、 といっても過言ではありません。 最新記事では27. 3キロです。 BMI数値は9. 67で、 いつ心臓が止まってもおかしくありません。 まだ低血糖などで 昏睡状態になったようなことはないようですが、 命の危険は常にある状態だと 思っていいでしょう。 スポンサーリンク 168センチでの標準体重は、 一般女性用BMI数値基準で62. 1キロです。 モデル用の数値で考えても53. 5キロで、 モデル用数値の標準体型(BMI数値19. 0)となります。 しかし、 さくらさんは50キロ以上の体重は 耐えられないそうです。 しかし、 あと10キロは増やさないと、 日常生活に支障が 出ている状態だと自覚しているようです。 肥満による身体への悪影響は 声高に叫ばれていますが、 痩せすぎの場合、 肥満よりも命の危険が差し迫っている場合が多いです。 さくらさんの場合、 37キロでも充分、 命の危険は付きまといます。 スポンサーリンク•

次の

摂食障害と統合失調症のえりえりのブログを読んだ感想!

過食嘔吐 ブログ アメブロ

スポンサーリンク 統合失調症、摂食障害持ちえりえりの摂食障害克服奮闘記の感想 ブログには 食事内容が写真つきで掲載されていて、 その日の気分などもかなり詳しくつづられています。 頻繁に更新されているので、 摂食障害の人のブログを見たいときには 参考にしやすいブログだと思います。 体重(体重計)に依存しているところがあって、 心理士さんにも 「体重計に乗ってもいいことないよ」 と言われているみたいですが、 抜け出すのはなかなか難しいようです。 えりえりさんは食事を取ることが難しいようで、 経口栄養補助剤を 食事の代わりにしていることも多いです。 心理士さんには 「無理せずそういうものを使ってよい」 と言われています。 摂食障害の治療は長く続き、 辛いものになるので、 負担を減らす手段を使うことを 惜しむ必要はないと感じさせるエピソードです。 スポンサーリンク 心理士さんには 「無理はよくない」 と言われているそうです。 ブログ記事には たびたび心理士さんが登場しますが、 かなりよい信頼関係を築けているのがわかります。 摂食障害の治療には重要なことだと思います。 また、 精神的に不安定になって イライラから アイスクリームを食べてしまった エピソードが印象的です。 アイスクリームを うっかり食べてしまったといっても、 1つだけです。 けれど、 えりえりさんは 食べてしまったことにパニックになってしまって、 嘔吐してしまいます。 ブログに記事を書く段階になると、 「経口栄養補助剤を飲んだと思えばいいのに、 予定外の食べ物を食べたことでパニックになった」 と冷静に反省しています。 摂食障害の人が 食事に対してどういう考え方をしているかが、 よくわかるエピソードだと思いました。 スポンサーリンク•

次の