トランペット コツ。 初心者のためのトランペット基礎練習法|音が出るコツ

【トランペットの買取】高額査定のコツ&おすすめ業者10選

トランペット コツ

スポンサードリンク トランペットの吹き方 高い音を出す前に まずは高音限らず、トランペットを吹くうえで重要なポイントをご紹介します。 トランペットには ピストンが3本しかなく、そしてそれぞれを開閉する組み合わせはなんとたったの 8通りしかないので、 同じピストンの押さえ方でいくつかの音を出さなければいけないことがわかります。 したがって、出したい音をきちんと自分の中でイメージできていないと、練習を重ねていても音程を外してしまう……といったことが起きてしまうのです。 姿勢を正す 譜面台を使うことを面倒くさがって、楽譜を床や机に置いて演奏していると、どうしても前かがみになってしまい、 十分なブレスが取れなくなってしまったり、息がまっすぐはいらなくなってしまったりします。 さらにベルが下を向いてしまうと音が響かなくなってしまいます。 初心者のうちから良い姿勢での演奏を習慣づけるようにしましょう。 トランペットで高い音 ハイトーン を出す吹き方やコツ 続いて高い音が出せない……とつまずいてしまったときに注意したいポイントを紹介します。 息の入れ方 トランペットで高い音が出せないと悩んでいるとき、その原因の多くは 息の入れ方にある可能性が極めて高いです。 前の項目にも書きましたが、トランペットは唇を振動させて演奏する楽器で、高い音をふくためには、低い音を吹くときよりも息を調節して振動を速くさせなければなりません。 この感覚は水やりに使う ホースによく例えられます。 ホースの先を指で狭めると、蛇口から出る水の力を変えずに、勢いよく遠くへ水を飛ばすことができます。 トランペットの場合はホースの先を指で狭める代わりに、 舌の位置や息の圧をコントロールして高い音を出しますが、この感覚が理解できていると息の入れ方が改善できるのではないでしょうか。 アンブシュア アンブシュアとは、一般的に マウスピースをあてたときのフォームのことを言います。 歯並びなどによって人それぞれアンブシュアは変わってくるので、一概に「良いアンブシュア」というのは言い切れず、無理せずに吹くことができる自分に合ったものを探していく必要があります。 高い音を吹くときに、アンブシュアが崩れてしまうと悩んでいる方には、鏡を見ながらマウスピースだけでサイレンのように低い音から高い音をスラーで吹いてみる方法はおすすめです。 高い音を出すための練習方法 最後に高い音を出すために効果的な練習方法をいくつか紹介させていただきます。 リップスラー リップスラーとは、 同じ指のままスラーで2音以上を行き来する練習です。 マウスピースで唇をプレスせずに高い音を出したり、息のコントロールが上達したりするので、 音域を拡大するのに効果的な練習です。 このときアンブシュアが変わったり、楽器が動いてしまわないように注意が必要です。 2音のゆっくりなリップスラーからはじめ、慣れてきたら徐々に行き来する音を増やしたり、テンポを速くしたりして練習しましょう。 スケール 高い音を出すためには 低い音の練習も欠かせません。 アンブシュアが崩れないように意識しながら スケール 音階 練習はリップスラーと同様に効果的な練習方法です。 また、高い音を連続して吹いて唇がバテてしまったときの回復にも、 低い音のロングトーンは効果的です。 Advertisement 関連する記事• 音楽は、リズム、メロディー、ハーモニーの3つの要素で構成されています。 様々な楽器の音が重なって奏でられる吹奏楽にとって、ハーモニーは最も大切であると[…]• 吹奏楽部でパーカッションになったけど、やっぱりドラムも叩くんだろうな~とちょっと不安になっていませんか? 「手足をバラバラに動かすなんてムリムリ!」 […]• 吹奏楽部では、フルート吹きの人がピッコロを持ち替えて吹く場面がほとんどですが、初めて吹いた人は、なんでピッコロってこんなに難しいの?!と感じたことと思[…]• 吹奏楽でドラムセット叩く人ってハッキリ言って上手じゃないです。 そもそも練習量が足りないと思うんです! とは言え、学校でドラムセットばかり練習してたら[…]• 吹奏楽でいろいろな曲を演奏していくと、 「これって、どうやって演奏すればいいんだろう?」 「どんな練習をしたら、この部分は上手に演奏できるようになるん[…].

次の

トランペット上達する人、仕事で結果を残せる人のコツ②

トランペット コツ

また仕事を頑張っていますが結果が出ません、どうしたら良いですか?」 いくつかポイントがあるので、数回に渡ってお話ししていきます。 とにかく、続けないと結果は出ません。 トランペット、仕事、スポーツ、趣味、恋愛。 3ヵ月も続けられないとすれば、目立った上達・結果、成果を得ることは不可能です。 とはいえ、「続ける」ことが苦手な人も多いのではないでしょうか? 今回は「続ける」ための極意5つです。 (1)「今日やることだけを考える」 私は、トランペットを吹き続けて31年目になりますが、ほぼ、毎日、練習しています。 トランペット(小学校の3年間はホルンでした)を始めた時、こんなに吹き続ける、プロのトランペット奏者・教師になるとは考えもしませんでした。 「楽しいから、聞いている人が喜んでくれるから練習をしよう」という積み重ね以外のなにものでもありません。 でも、それでも時には気分がいまいち、体調がイマイチっていう日もあります。 そんな時は、とりあえず「楽器のケースだけ開けよう」「マウスピースだけちょっと吹いてみよう」「3分間だけ練習してみよう」が吹いているうちに「もうちょとだけ吹いてみよう」と思ったら、30分練習していたり、結局、1時間トランペットを練習していたなんてこともありました。 先のことを考えれば考えるほど、「続ける」ことをストップ、止めてしまいます。 (2)「楽しみながら実行する」 テレビやラジオ、YouTubeをみたりするのは、努力をしないで毎日、続けられますよね?なぜでしょう? それは「楽しい」からです。 「楽しい」と思えば、努力をしなくても、頑張らなくても、自然に長く続けられるのです。 逆に「楽しくない」「つらい」「苦しい」と感じたら、ストレスになります。 そのストレスにより意欲が低下して、その行動をやめようとします。 ですから、「つらい」事を長く続けるのは無理なのです。 なので、「続けたい事を楽しむ」だけで、継続することができます。 トランペットなら、「練習を続けた」結果、良い音が出たり、音域が広がったり、合奏の時soloが上手く吹けたり、ハイトーンがバシッと決まったりしたら「楽しい」ですよね? レッスンで先生から褒められたり、コンサートで聴衆から拍手喝采をもらったら「嬉しい」「楽しい」ですよね? 逆に、毎日、毎日、練習しているのに、合奏の時、あるいはパート練習の時、クラブやサークルの先生、先輩から「なんで何回もやってるのにできないんだ!」とダメ出しされたりしたら、「楽しくない」「つらい」と感じて、練習するのも嫌になって、クラブへの参加も休みがちになったり、はたまた、退部してトランペット、音楽をやめてしまうなんてこともあります。 なので、トランペットを練習する「楽しさを発見しましょう」 (3)目標を細分化する 「10㎏ダイエットする!」という目標を立てた瞬間、脳は過去の経験と照らし合わせて「無理」と判断します。 しかし、「1ヶ月で1㎏のダイエット」だとどうですか?頑張ればできそうです。 そんな「ちょい難」「少し難しい」目標に挑戦するときに、脳は「やれそうじゃん」と考えるのです。 「目標を大きく持て!」といわれますが、それだけでは上手くいかないでしょう。 例えば、私の場合、JAZZだったら「ライブまで5日で15曲を暗譜、アドリブ(本来、アドリブは即興演奏なので暗譜するのはナンセンスですがコード進行を覚える)も仕上げる」という大目標は、「1日で3曲を暗譜しアドリブも仕上げる」という、小目標に置き換えられます。 1日3曲ずつ暗譜すると、結局5日で15曲暗譜できるので、同じことですが。。。。 「小目標」にすることで、進捗・達成度が分かりやすく、モチベーション(やる気)もUPします。 (4)結果を記録する 何か目標を達成したい場合は「毎日、記録をつける」ことをお勧めします。 私の場合、「今日の練習内容と結果」を記録しています。 具体的にいうと、スケールは何調をさらった、タンギング、フィンガリングの練習でテンポいくつで吹けた、エチュードのどの部分を練習したかなどです。 必ずエクセルに記入してデータ化し、また、日記にもつけています。 朝、パソコンを立ち上げて、「昨日の練習内容と結果」を確認する。 すると、「昨日はこのテンポで吹けたから、今日はメトロノームを1メモリ上げられるかも!」「昨日は3曲暗譜できたから、もしかしたら、新しいアドリブフレーズを思いついて、今日は4曲暗譜で来ちゃうかも!」とモチベーションが上がります。 また例えば、オフィスビジネスだったら、会議・ミーティングで自分が提案した内容の反応について記録してみてもいいかもしれません。 翌朝、その記録で結果を見て、「昨日の企画提案は仲間の反応がイマイチだった。 」「昨日の企画提案は活発な意見交換の場になった」「今回の提案書が採用された!」など 今までの記録から、「有意義な企画提案ができ」「活発な議論になり、自分、あるいは自チームの企画提案が採用」され、「自社製品の受注」に至ったり、「顧客数が増えたり」したら、最高に嬉しくないですか?もっと、仕事を頑張ろうとモチベーションがあがります。 (5)結果が出たらご褒美をあげる 「目標を達成したときにご褒美がもらえる」と、脳内が活性化します。 毎日の小目標はいいとしても、中目標、大目標を達成したときには、ご褒美をあげるべきです。 私の場合は、「暗譜で、演奏を録音し、1曲良いテイクが撮れたとき」には、「自分へのご褒美」として少し高めのワインを買い、お気に入りの映画を観ながら、または、好きな音楽を聞きながら、部屋で飲んだりします。 良いライブ、コンサートが出来た時には、終演後、大好きな仲間とBarに行ったり、世界中のオーケストラのコンサートに行ったり、美味しいものを食べに行きます。 ちょっと、脳科学のお話になりますが・・・・ 「自分頑張る、自分頑張った、もっと頑張ろう」と脳内が活性化しているとき、脳内では、ドーパミンという物質が出ているそうです。 ドーパミンこれはモチベーションともいえるでしょう。 この、ドーパミンというモチベーションの「ガソリン」をいかにして補充するかが、「続ける」には必要です。 歯を食いしばって、スポ根、死ぬ気で頑張ってもドーパミンは全く出ませんので、続けるには逆効果です。 楽しみながら、今日1日の小目標に取り組む。 その積み上げが、結局「継続」へ繋がっているのです。 【トランペット奏者MASA福島正紀のピースチャンネル】では 「トランペット上達のアプローチ方法」「ビジネスに役立つ情報」「演奏活動」を発信してまいります。 気に入って頂けた方は是非、チャンネル登録よろしくお願いします。 またオンラインレッスンも行っております。 お気軽にご相談ください。

次の

ハイノートを安定して演奏できるようになるには どうしたらいいですか?/スクール講師が教える上達のコツ! ワンポイント・レッスン

トランペット コツ

こんにちは。 私は音大卒でトランペットの講師をやっています。 高い音が出ないのは、出ないように吹いているだけです。 空気の通り道がないのに、無理やり息を入れているということです。 唇を固く締めたり力が入ったままですと、いつまでたってもハイトーンは出ません。 まずは普段なにげなく生活している時のように、唇の力を抜いてください。 楽器をかまえると自然と力が入ってしまう場合が多いので気を付けてください。 楽器をかまえたら、音が出なくてもかまいませんので息だけを吹き込んでください。 最初はまったく音が出ないはずですが、でもそれで正解です。 楽器を押し付けてはいけないという方がいますが、この息のスピードに耐えられるくらいの強さで押さえる事は必要です。 息のスピードに関しては、ただ闇雲に吹いても無駄に息を消費してしまします。 口笛を吹くと舌が上下に動くはずですので、これと同じように使います。 量を吐きだすのではなく、高圧にしてあげる事です。 唇や首、肺などに圧力を感じるくらいです。 ざっと書きましたが、詳しくは私の他の方への回答を見てください。 お勧めの教本は、無理のない音域のものであればなんでもかまいません。 お勧めの本は「金管楽器の原理」(杉山正 訳 聖公会出版 2200円)です。 すこし難しいかもしれませんが、とても良い本でヒントが沢山書いてあります。 ぜひよんでみてください。 まずは自分が最も出しやすい音域を重点的に練習することをおすすめします。 高音域を出したい気持ちはよく分かりますが、マウスピースを唇に押しつけて無理やり出そうとすると、アンブシュアが崩れて大変厄介なことになります。 唇は友達と普段おしゃべりしてるときのように、常に自然な状態にしておかなければなりません。 出しやすい低音域でロングトーンの練習を行い、音がふらつかずに安定するようになったら、徐々に音域を広げていけばいいのです。 あせらずに、ゆっくりと辛抱強くやっていきましょう。 重要なことを忘れていました。 音を上下させるときに唇が動いていませんか? 音の上下は唇の角度を変えて行うのではなく、 息のスピードによってコントロールすることを頭に入れておいてください。 高い音に行くにつれて力んでしまい、楽器に息が入らなくなってしまうことが多いからです。

次の