プロパンガス 料金 一人暮らし。 一人暮らしのガス代は平均いくら?都市ガスとプロパンガスの料金の差は?

ガス代が0円に!?一人暮らし向けの究極プロパンガス節約術

プロパンガス 料金 一人暮らし

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。 スポンサードリンク これから 札幌で一人暮らしをする人が、いろいろと気になるのがガス料金です。 そして、北海道以外の本州の方も、いろいろと気になるのが札幌市内のガス代! そんなあらゆる人が気になるガス代のうち、みなさんが特に知りたくなるのが北海道のプロパンガスの料金ですよね。 果たして北海道のガス代は高いのか? 本州と比較してどうなのか?高いのか?安いのか? 今回の記事ではいろいろと調べてみました。 これから北海道に移住をしようとお考えの方も、この春から札幌市内で一人暮らしを予定している人も、知っておいて損はない北海道のガス事情。 ぜひ本稿をお読みになって予備知識を深めてみてください。 ページコンテンツ• プロパンガス(LPガス)の料金が北海道は日本一高い! プロパンガスには、プロパンガス(LPガス)の平均価格相場というものがあります。 その情報をどこで知れるのかといいますと、「日本石油情報センター」というところがありまして、毎月のプロパンガスの平均価格の情報をそこから入手できるのですが、とにかく北海道のプロパンガスの料金が高いこと、高いこと! 筆者は道内在住ではないのですが、それでもいつしか北海道に憧れを抱くようになり、可能ならばいつかは道内に移住してみても良いな…などと、ふとしたときに想像をしたりもするのですが、 とにかくプロパンガスの料金は北海道が一番高いです。 それもそのはず、 北海道と本州との温度差がありますから、当然と言えば当然なのですよね。 北海道の気候の特徴も考慮するならば、道内に移住した際は、暖を取るための暖房設備や毎日のお風呂、炊事などの熱源の確保の経路もいろいろと考慮した方がよろしいかと思います。 特に本州にお住まいで、 これから北海道に移住や単身赴任で引越しをされる予定のある方は、予備知識としていろいろと知っておいても損はないはずです。 【北の大地、北海道の気候の特徴】 ・本州と比較すると、その温度差がすごい! ・札幌では11月から3月までは雪の日や曇りの日が多く、本州と比べても寒い日が大変多い! ・本州から北海道に移り住むと、晴れる日(晴天)が少ないことに驚く! ・北海道特有の気候、梅雨期に道南の半分の地域で雨量が多くなる「 蝦夷梅雨」に驚く! ・北海道では10月から5月くらいまでストーブをつけることがある。 ざっと箇条書きにしてみただけでも、 上記のように本州とは異なる気候の特徴があることがおわかりになられるかと思います。 言わずと知れた、北海道の広さ。 また、昼と夜の温度差も非常に大きく、冬の気温などは寒いところですと氷点下まで下がるところもあるなど、 内陸と比べましても、朝晩の寒い時期などでは服装による調整など気を付けるべき点が多々あると言うことですね。 北海道・東北地方のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 北海道 2,110 5,969 9,680 青森県 1,864 5,450 8,993 岩手県 1,953 5,286 8,555 秋田県 1,853 5,092 8,264 宮城県 1,748 4,747 7,681 山形県 1,901 5,244 8,591 福島県 1,843 4,883 7,858 関東地方のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 東京都 1,696 4,249 6,765 神奈川県 1,729 4,258 6,740 埼玉県 1,712 4,304 6,838 千葉県 1,708 4,360 6,941 栃木県 1,656 4,308 6,874 群馬県 1,765 4,427 7,043 茨城県 1,692 4,397 7,047 中部地方のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 山梨県 1,752 4,483 7,188 長野県 1,849 4,696 7,490 新潟県 1,922 5,017 8,001 富山県 2,008 5,151 8,147 石川県 1,850 4,917 7,887 福井県 1,791 4,928 7,911 静岡県 1,826 4,617 7,265 愛知県 1,774 4,473 7,000 岐阜県 1,823 4,549 7,117 近畿地方のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 滋賀県 1,861 4,689 7,407 三重県 1,812 4,525 7,024 京都府 1,827 4,697 7,445 奈良県 1,822 4,480 7,067 大阪府 1,738 4,361 7,009 和歌山県 1,881 4,616 7,192 兵庫県 1,961 4,896 7,723 中国・四国地方のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 岡山県 1,944 5,097 8,001 広島県 1,856 4,858 7,394 山口県 1,992 5,123 8,113 鳥取県 1,874 5,011 8,031 島根県 2,035 5,107 8,067 香川県 1,844 4,752 7,563 徳島県 1,813 4,581 7,264 高知県 1,813 4,624 7,319 愛媛県 1,855 4,741 7,582 九州地方・沖縄県のプロパンガス料金の平均値 2017年2月 基本料金(円) 5㎥使用時の金額(円) 10m3使用時の金額(円) 福岡県 1,957 4,874 7,606 佐賀県 1,959 4,981 7,793 長崎県 1,821 4,889 7,838 大分県 1,798 4,693 7,442 宮崎県 1,641 4,732 7,775 熊本県 1,751 4,788 7,603 鹿児島県 1,631 4,730 7,548 沖縄県 1,717 4,731 7,600 出典:石油情報センター 以上のことからも、北海道では温度差や気温の低下が激しいことから、本州と比較しましても、 ガス代がどうしても高くなってしまうことは仕方ないことなのだと思います。 札幌で一人暮らしをするための予備知識2 LP(プロパン)ガスの普及の割合と使用事情 実は北海道では23区内では都市ガスを使用しているところが多く、プロパンガスの使用は一部の飲食店や業務用の物件以外ではあまり使用はみられません。 しかし23区外以外のエリアになりますと、まだまだ多くのプロパンガス物件がありまして、ガスの料金も年々高騰してきている感があります。 また、北海道は太平洋、日本海、オホーツク海といった三つの海にも囲まれていますし、北極や大陸からの寒気の影響も強く受けてしまいます。 こうしたことから シャワーやお風呂の給湯も温まりにくいですし、当然、暖房を使用しても本州よりも多くの発熱エネルギーが必要になることでしょう。 ですのでこれらのことを考慮すれば、ガスの料金が年々高騰してきているのも仕方ないのかもしれませんね。 という訳ですので、これから北海道へ移住し、札幌などで一人暮らしを始めようとお考えの方は、お風呂に入る回数が多く、一回の入浴時間が長いのでしたらシャワーよりも湯船の方が安上がりですし、 灯油ストーブよりもコタツや電気式のホットカーペットを使用するなどして工夫した方が光熱費の節約になるかと思います。 札幌で一人暮らしをするための予備知識3 プロパンと都市ガスの基礎知識 この春から札幌に引っ越しを考えている方にとってのお役立ち情報です。 一人暮らし、ということは、これまであまりご自身でガスの契約やガスの種類を吟味されたことはないですよね。 ここではガスの基本的なことを少しだけご説明します。 まず、プロパンガスと呼ばれていますが、これは プロパン=LPガスです。 過去にも記事で少し触れましたがプロパンガスだからといって、 プロパンが100%というわけではありません。 正式な名称は「Liquefied Petroleum Gas」・【リキファイド・ペトロリウム・ガス】と呼びまして、液化石油ガスの総称のことを指します。 これはLPガスの主成分の中にプロパンが多くの割合を占めているからなのですね。 略しますとLPG=プロパンです。 これとは対照的に、よく比較される都市ガスの主成分はメタンでして、こちらは気化ガスです。 この大変特徴的な2つの主流な家庭用ガスですが、熱量を比較しますとプロパンの方は1立米当りで24,000Kカロリーなのに対し、都市ガスの方は11,000Kカロリーと、単純に熱量だけを比較しますとプロパンの方が数値は大きいです。 尚、これらのガスを各家庭に供給するために使われている供給経路ですが、都市ガスの方は樹脂性で粘り気のある配管が使われていますので、地震などの災害が発生したときでも破断はしないと思われます。 LPガスの方は各家庭への供給にはボンベが用いられています。 各家庭や施設の屋外にボンベが置かれていますよね?あのボンベを定期的にプロパンガスの業者が交換にやってきて、空になったガスボンベを交換していくのです。 一方の都市ガスの方ですが、こちらはガスの配管を地中に埋設してありますので、地震などの災害が発生した際には一元管理でガスの供給をストップできますが、地中内の配管自体がガス漏れしている場合は危険ですし、そうなってくると復旧も遅くなってしまいます。 プロパンガスの方は復旧も早く、災害時も各家庭のガスの元栓を閉めればガスの供給がストップしますので、安全面では動きが早いです。 以上のことから、これから札幌に引っ越しを考えている方も、札幌のどの地域に住むかによっても、プロパンガスなのか、都市ガスなのか、ご自身のライフスタイルや住居環境によっても選択肢が分かれますね。 本稿でご説明した情報も参考にしつつ、ぜひこの春からの新生活をより良いものにしてください。 札幌で一人暮らしをするための予備知識4 北海道の大きさは本州の都道府県が11県分入るぐらいの広さ 北海道は島だということを、すっかりとお忘れの方もいらっしゃるかとは思いますが、 北海道は日本の島の中でも、 本州に次ぐ第2位の面積を持つ広大な島なのですね。 九州と四国を合わせた面積が55,050. また、よく話のネタなどに出てきますが、北海道の広大さから広まったのか、イオンまでの距離が110kmの看板がSNSで拡散されたり、北海道の高速道路ではガソリンスタンドがたったの四か所しかなかったりと、どれほど北海道が広大なのかがレジェンドとしてうかがえます。 また、コンビニのおにぎりなどで有名な日高昆布もそうですが、クマの出没とならび日高町などの道の駅として有名ですね。 また、 忘れてはならないのが北海道のコンビニエンスストアで、圧倒的なシェアを誇っているのが セイコーマートです。 北海道のコンビニシェアの約4割を誇り、2016年度では1178軒と1000軒を超す出店数!2017年の今年は1200軒に到達するのかもしれません。 しかしながら本州に在住の方は、このセイコーマートを知らない方もまだまだ多数いらっしゃることですから、 この春から北海道に引っ越しをされる方は、一人暮らしのお供のコンビニに寄ったついでに、本州の友人にセイコーマートで買ったものをお土産で贈ってあげても良いかもしれませんね。 それとガスも電気も灯油も地域によって料金が違うのと、北海道では特に冬場の気温で灯油もガスも使用量が違いますので、物件探しの際は、オール電化か都市ガスかプロパンガスかで、ご自身の生活スタイルとをよく検討されてからお決めになられるとよろしいかと思います。 特に1月の時期に良く売れるそうです。 冬の時期に北海道に移住をする人は、 話のネタでコンビニに寄ったついでにでもアイスを買ってみるのも良いかもしれませんよ。 札幌で一人暮らしをするための予備知識5 北海道では都市ガスでもガス料金は高い! 本州から道内に引っ越しをされる方、これまで北海道に住んだことが無い方が、真っ先に気になるのが冬の北海道の暖房費です。 北海道ではアパートでもオール電化が多いような気がします。 それもそのはず、北海道は冬場の気温がとても低いですから、どうしてもガスだと使用量が上がってしまいますので光熱費を考えますと、オール電化の物件を選んでしまうのでないでしょうか。 プロパンガスよりも都市ガスの方が安いのは北海道でも変わりませんが、それでもやはり本州と比べますと、気温が低いこともありますので都市ガスでも結構な金額になってしまうことでしょう。 そこで蓄熱式暖房や電気パネルヒーターなどの設備を生かしたオール電化の物件に注目が集まっているのです。 ちなみに蓄熱式暖房ですが、これはどういうものかといいますと、「 蓄熱」と書かれていますように、深夜帯の電気代が安くなる時間帯に翌日に暖房に使うための蓄熱用のレンガを温めておき、そのレンガに溜め込まれた熱を放出することで部屋が暖かくなる仕組みを持つ暖房器具のことです。 意外と電気代も掛かりますし、期待したほどの暖房効果もありませんが、一人暮らしの方で1DKなどでしたら、リビングの蓄熱暖房だけでもなんとかなりそうですね。 あとは小型の電気ストーブと併用するなどをして、出来るだけガス代の節約に励むなどをすればガス料金を安く抑えることができそうです。 尚、パネルヒーターは電気代がかなり掛かりますので、 一人暮らしの方ですとあまりおすすめは出来ません。 北海道では冬は半年以上も続きますので防寒着・防寒具などの用意も引越し前からしておきましょう。 道外から引越して来た人も、厚着をしてストーブを弱めるなどの工夫をすることで、 最初は厳しくてもそのうち家の中の寒さにも慣れると良く聞きます。 (着る物の工夫が大事です) スポンサードリンク この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。 スポンサード … 注目記事(人気のあった記事のランキング)• スポンサードリンク いよいよ4月になりましたね。 みなさんのご近... 26,125ビュー posted on 2017年4月4日• スポンサードリンク まもなく都市ガスが自由化されますが、これを... 11,758ビュー posted on 2017年3月24日• スポンサードリンク 夏より冬の方が電気代もガス代も高くなる…と... 10,641ビュー posted on 2017年3月21日• スポンサードリンク これから札幌で一人暮らしをする人が、いろい... 9,442ビュー posted on 2017年4月1日• スポンサードリンク 以前、過去記事にて重曹を使ったガステーブルの掃除の... 5,652ビュー posted on 2017年4月5日• スポンサードリンク 先日、筆者は魚焼きグリルの電池が切れる寸前... 4,544ビュー posted on 2017年4月1日• スポンサードリンク これからプロパンガスの解約を検討している方... 3,943ビュー posted on 2017年3月27日• スポンサードリンク エアコンよりも安く、石油よりは少しだけ光熱... 3,656ビュー posted on 2017年3月28日• スポンサードリンク 「都市ガス」7グループ、および「LPガス」... 3,611ビュー posted on 2017年3月24日• スポンサードリンク 節約をしよう、と思い立ったらまず皆さんは何... 2,510ビュー posted on 2017年3月28日 プライバシーポリシー.

次の

ガス代が0円に!?一人暮らし向けの究極プロパンガス節約術

プロパンガス 料金 一人暮らし

都市ガスは業者によって料金は異なっていますが、 平均的な従量単価は1㎥当たり150円前後です。 ただ、一般的な都市ガスでお風呂を沸かすときには 49円前後のガス代がかかると考えてください。 お風呂1回分のガス代 プロパンガスの場合 では、プロパンガス LPガス の場合の ガス代はどうなるのでしょうか。 プロパンガスの㎥メートル当たりの 従量単価は平均500円前後と、 都市ガスに比べてかなり高くなってしまいます。 ただ、発熱量が1㎥当たり24,000kcalと、 都市ガスの2倍超であることもプロパンガスの特徴です。 5倍ほどの 価格になってしまいます。 プロパンガスも業者によって料金が違いますので、 この金額はあくまでも目安です。 シャワーとの比較 シャワーを使用するのは二人になります。 一方、風呂は1度沸かしてしまえば 2人で使うことができますね。 シャワーの時間を一人10分と仮定して、 風呂とシャワーのガス代を比較してみましょう。 1㎥メートル当たり150円、 熱効率は90%として、 都市ガスでシャワー20分間使った場合の ガス代を求める計算式は、以下のようになります。 三人暮らしの場合 三人暮らしの場合、 シャワーと風呂どちらのガス代が どれくらい安くなるのでしょうか。 シャワーを三人で使用すると、 その分だけ使用時間も増加します。 二人暮らしの場合と同様に シャワーの時間を一人10分と仮定して、 風呂とシャワーのガス代を比較してみましょう。 1㎥メートル当たり150円、 熱効率は90%として、 都市ガスでシャワー30分間使った場合の ガス代を求める計算式は、以下のようになります。 世帯人数が3人以上の場合、 風呂に比べてシャワーは断然高くなってしまうようですね。 後述するお風呂にかかるガス代を 節約する方法を是非参考にして下さい! シャワーを四人で使用すると、 その分だけ使用時間も増加します。 一人当たり10分とすると、 4人ならば40分で、400Lの水を使用することになります。 これは上記の200Lのお風呂に入るときの倍の水量です。 ガス代もかなりかかってきます。 1~3人暮らしの場合と同様に風呂 ・シャワーのそれぞれの場合のガス代を求めると、 1㎥メートル当たり150円、 熱効率は90%として、 都市ガスでシャワー30分間使った場合の ガス代を求める計算式は、以下のようになります。 しかも10分という数字は割とタイトなほうで、 女性だとこれを超える時間、 シャワーを使っていることも頻繁にあるでしょう。 そのため、複数人でお住まいの家庭の場合、 シャワーの方がガス代がかかる可能性が高いのです。 付け加えると、シャワーの場合は温度を下げるために 水を混ぜて調整していますので、 水道代は風呂よりもやや高くなります。 四人暮らしの場合、 シャワーの方がガス・水道料金の面では不利になりそうです。 お風呂にかかるガス代を節約する方法.

次の

札幌で一人暮らし!ガス代は?北海道のプロパンガスを全国平均と比較しました

プロパンガス 料金 一人暮らし

まず、 年間を通しての一人暮らしの毎月の平均使用量は5㎥、平均請求額は4,505円です。 次に、夏(7月〜9月)と冬(12月〜2月)では使用量に差があるため別々に見てみると、 夏の平均使用量は 3㎥、平均請求額は 3,459円、 冬の平均使用量は 7㎥、平均請求額は 5,551円となっています。 平均請求額 平均使用量 年間平均 4,505円 5㎥ 夏の平均 3,459円 3㎥ 冬の平均 5,551円 7㎥ 「使用量も請求額もこの表と同じ」、「使用量は同じくらいだけど請求額が高い」という方は、これからご紹介する4つのポイントをしっかり確認してプロパンガスの節約に励みましょう。 また、「この表の使用量よりもが多い!」という方は、も確認しましょう。 ほとんどの会社の料金体系は、 基本料金と従量料金の2つからなる二部料金制です。 そのうち基本料金とは、プロパンガス使用の有無にかかわらず毎月必ず発生する費用のことです。 その金額は毎月固定です。 もう一方の従量料金は使用量に応じて掛かる費用の事で、従量単価と使用量をかけ算した金額が請求されます。 毎月の請求額を計算式で現すと以下のようになります。 ガス会社ごと、ご家庭ごとに異なるのです。 それではなぜガス会社ごとに単価が異なるのでしょうか。 その答えは、プロパンガスが自由商品であり ガス会社が自由に単価を決めることができるものだからです。 この点は、都市ガスや電気、水道など単価が法律で決められている公共料金と違うところで、大変多くの方が勘違いされていらっしゃいます。 また、プロパンガスの単価は原油輸入価格や為替レート、配送コストなどにより常に変動しています。 そのため、 同じガス会社を利用していていも契約開始時期や地域などによって基本料金と従量単価が異なるという事があり得るのです。 さらに、単価の設定権限は多くの場合、現場担当者にあるため、同じガス会社を利用するお隣さん同士や同じアパートに住む方同士で単価が異なる事さえあるのです。 そして、 一人暮らしのプロパンガスが高い原因の多くは 基本料金と従量単価が高い事にあります。 いくら頑張って使用量を抑えても、もともとの基本料金と従量単価が高ければ大幅な節約は見込めないため、この問題を解決する事が最も重要なポイントです。 しかし、ほとんどの会社では 検針票や請求書に基本料金と従量単価がいくらかを記載していません。 そのため、ご自宅の基本料金、従量単価がいくらなのか、相場の価格はいくらくらいなのかを確認・理解しておく必要があります。 こちらのページからをご確認ください。 使用量が少ない一人暮らしのご家庭では、請求額における基本料金の割合が高いため、 基本料金をいかに抑えるか節約のポイントです。 下記のグラフは、賃貸アパートに住む、一人暮らしの方の一般的な請求額の内訳です。 基本料金はなんと請求額の 42%も占めている事が分かります。 夏にはこれよりも使用量は減りますから、基本料金の占める割合はさらに多くなります。 一人暮らしにおいて、いかに基本料金が重要かはご理解頂けたかと思います。 ご自宅の基本料金が適正な範囲内か、こちらのページから確認してみてください。 当センターがお勧めする最も効果的な方法は、事です。 今のガス会社さんに交渉して安くしてもらう方法ももちろん可能ですが、賃貸アパートの値下げ交渉はかなり難易度が高いのが現状です。 (その理由は後述します) そのため、 少ししか安くならなかったり、安くしてもらえない可能性が大いにあり、あまり効率的ではありません。 その点、安い基本料金で供給しているガス会社へ切り替えれば、ほぼ 100%基本料金が下がります。 また、切り替え後に不当な単価の値上げが起きないよう、当センターが保証しているため値上がりのリスクもありません。 まずはその理由をご説明しましょう。 賃貸アパートの場合、ガス会社と契約を結んでいるは大家さんです。 入居者の方は利用をしているだけで直接契約を結んでいる訳ではありません。 契約を結んでいないと言う事は、つまり 解約して新しい会社に切り替える権利が入居者にはないということです。 自由に切り替えできないわけですから、入居者の不満はガス会社にとってはあまり脅威ではありません。 そのため交渉が難しいのです。 「じゃあ、どのすれば切り替えできるの?」その答えは、大家さんです。 契約者である大家さんの承認が得られれば、切り替えを行う事ができます。 大家さんの承認を頂いた後、当センターにご相談頂ければ、当センターが条件やご要望に合った新しい企業をお調べしご紹介致します。 そのためプロパンガス会社切り替えの手続きで大家さんや入居者の方に特にして頂く事はありません。 しかし切り替えについて大家さんに相談する場合、大家さんから反対を受ける可能性があります。 なぜなら、大家さんは全部屋分の給湯器代金や工事費用などをガス会社に肩代わりしてもらっている事があるためです。 そのため、ガス会社を変更する事による大家さんのメリットを伝えるなどして大家さんを説得する必要があります。 一人暮らしのプロパンガス節約ポイント:まとめ プロパンガスは料金形態が分かりづらいため、まずはどのような仕組みになっているのかを理解する事が重要です。 プロパンガスの仕組みを理解して、賢く節約しましょう。 一人暮らしの平均請求額は4,505円。 料金形態は基本料金と従量料金によって構成されており、各家庭でその単価は異なる。 使用量の少ない一人暮らしの家庭では基本料金を抑える事が重要• 基本料金が高い場合、プロパンガス会社の変更が最も効果的• 賃貸住宅でプロパンガス会社を変更する場合は、大家さんの承認が必要.

次の