首 が 痛い 時 の 対処 法。 頭痛い時に試して欲しい痛みを和らげる7つの対処法

頭痛い時に試して欲しい痛みを和らげる7つの対処法

首 が 痛い 時 の 対処 法

そもそも寝違えってなんですか? 寝違えは突発的に起こります。 何の前触れもなく、朝起きると起こっているという、大変やっかいな症状。 そして、寝違えは放っておくと徐々に痛みが治まり、そのうち寝違えたことを忘れてしまうという、何ともいいかげんなものです。 とはいえ、寝違えた瞬間は大変痛いものですから、すぐに何とかしたいと思うのが人情。 でも、その前に「寝違え」についての話を少し聞いてください。 「寝違え」とは、眠っているときの「姿勢」が良くなかったために起こった首の痛みです。 寝違えがひどい場合には、• 首を前後に曲げたり伸ばしたりできない• 頭を左右に動かすと激痛が走る• 首も頭も痛くて動かせない このような状態を経験することが多いです。 ほんとうに、ちょっとした動きにも敏感に反応し痛みを伝えてきますから、上半身(特に首回り)を動かさないようにして生活することがほとんど。 このような状態を 「寝違え」と呼んでいます。 寝違えを医学的に言うと? では「寝違え」を医学的に言うと、どのような病気になるのでしょうか? 実のところ、 寝違えは眠っていたときの姿勢だけが原因ではなく、 普段の生活の中で既に痛みの原因が始まっていることもあるのです。 例えば• パソコンを長時間使って仕事をしている• 首を曲げた状態で長時間仕事をしている 首の骨である「頸椎」周辺に負担がかかることが原因となっていることもあるんです。 ですから「寝違え」を医学的に言いますと 「急性疼痛性頸部拘縮 きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく 」と呼ばれる診断名がつけられます。 寝違えのメカニズム では、寝違えは首に何が起きているのかを説明します。 寝違えは首が痛みますから、原因は 「頸椎」と呼ばれる部分。 特に、頸椎を構成している「椎骨」と呼ばれる骨は7つあり、7つの骨がお互いに「椎間板」によってつながっているのですが、この椎間板に急性炎症が起こっていると考えられます。 腰の部分に起こりやすい「椎間板ヘルニア」に似た状態だとイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。 腰の椎間板ヘルニアの「軽い」状態が「首」に起こっている。 これが寝違えのメカニズムだと考えられています。 ヘルニアを経験された方ならわかると思いますが、いくら軽い状態だとはいっても、そんなことが首で起こっているのですから激痛なのは当たり前ですよね。 寝違えが起こりやすい原因 1 ストレートネック 医学的な統計がある訳ではありませんが、 寝違えが起きやすい方に「ストレートネック」の方が増加傾向にあると言われています。 ストレートネックは、首の部分がしなやかにカーブを描かず、まっすぐになっているため筋肉への負担が増えている状態だと言えます。 このような状態ですと、 首周辺の筋肉は血行が悪くなりやすいですし、筋肉が緊張状態にありますから、知らず知らずの間に首への負担が増え、ある日突然「寝違え」ということも十分考えられます。 2 寝相 一般的な寝違えの原因として多いのがこれです。 眠っている間、長時間にわたって首が反っていた。 首が横に曲がったままだった。 これでは頸椎部分への負担が大きいですから、起きたときに首が痛むことは十分に予測できます。 3 枕 寝相にも関係するのですが、 枕や寝具があっていないと寝相が悪くなります。 狭いベッド• 高すぎる枕• 低すぎる枕• 小さい枕 どれも眠っているとき、寝返りを打とうしても上手く打てない状況を作り出しています。 その結果、おかしな姿勢や首の位置をキープしたまま、長時間眠ると・・・ 当然ですが、頸椎周辺への負担が大きいので「寝違え」が起こります。 4 肩こり 肩から首にかけては、たくさんの筋肉が重なり合い、複雑な動きをしています。 そのため肩の筋肉が固くなっていると、横になっていても首や肩の筋肉が緩まないので同じ姿勢を続け、寝違えを起こしやすくなります。 5 ストレス 寝違えとストレス。 あまり関係していないように思いますが、 心とカラダはつながっています。 イメージしてみてください。 あなたが仕事中に「ストレス(緊張すること)」を受けたとき、肩や首の筋肉が緊張状態になっていませんか? 嫌な思いをしたとき。 苦手な同僚と一緒に仕事をするとき。 無意識に首や肩へ力が入り、カラダが固まった状態になっているのではないでしょうか。 ストレスをそのまま持って帰ると、肩や首の筋肉が緊張したまま眠ることになり、寝違えを起こす原因にもなり得ます。 寝違えの予防法 寝違えを予防するには、次のポイントを知っておきましょう。 ストレスを溜めない• ストレッチをこまめにする では、具体的なストレッチの方法を紹介します。 こまめにストレッチをすることで、気分を変えることができますから、ストレスを溜め込む予防にもなります。 1 両腕を耳の横から上方向へまっすぐに伸ばしましょう。 2 両腕の肘を90度に曲げながら、腕をゆっくりと下ろしていきます。 両腕に小さなダンベルを持っているようなイメージで下ろしてください。 肘を曲げ、下ろした両腕の手のひらを、耳よりも少し後ろへもっていき止めます。 この動きで、寝違えが起こりやすい 「首の横」「肩甲骨」部分がストレッチされます。 寝違えたときの対処法 すでに、今、この記事をお読みになりながら「寝違え」の痛みと戦っておられるなら、対処法として次の方法があります。 1 冷やす 痛みは激しいでしょうか? 激しい痛みが起こっているときには、痛みを感じる部分が炎症をおこしている可能性が高いですから、まずは冷やすことを行いましょう。 ただ、長時間にわたる冷やしすぎはよくありませんので、5分〜10分間を目安に冷やしてください。 このとき、冷やしていると痛みが治まってきますが、首を動かしてはいけません。 動かすと、また痛みがやってきます。 2 温める 痛みが治まってきたら、血行を改善するために温めましょう。 お風呂に入ってもいいですし、シャワーで温めてもいいですね。 3 カラダの専門家へ相談 早めに整骨院へご相談ください。 確かに寝違えは、ほとんどの場合放っておいても治まります。 しかし、痛みからはできるだけ早く解放されたいもの。 もし、あなたもすぐに痛みから解放されたいなら、カラダの専門家へご相談ください。 まとめ 寝違えは誰にでも起こりえます。 そして、困ったことに突然起こります。 でも、 普段からストレスやコリを解消しておくと、かなりの確率で「寝違え」と出会うことは減るはず。 カラダの定期メンテナンスを行うことで、毎日を清々しくスタートしてください。

次の

首の痛み・首の後ろの痛み治し方ストレッチ

首 が 痛い 時 の 対処 法

どうして寝違えって起こるの? 寝違えは朝起きた時に首や首から肩にかけての部位に痛みが生じる状態のことを指します。 寝違えの痛みは動ける程度の痛みから、首を動かせないくらいの痛みまで幅は広いです。 さらに首を動かすと痛みが強くなることもあります。 なぜ寝違えが起こるのか正確な原因を特定することは難しいですが、一般的に考えられているのは 「睡眠中に不自然な姿勢になったことにより、首の筋肉に負担が掛かり炎症が起きている」というものです。 1-1. 寝相が悪い 寝相は個人差が大きいですが、よく寝違えを起こす人は睡眠中に無理な姿勢になることが多いと考えられます。 泥酔してしまうと無理な姿勢になってもなかなか姿勢を元に戻せないため、寝違えが起こる可能性が高くなります。 関連: 1-2. 枕の高さが合ってない 枕を新調した時に高さが合わないと寝違えてしまうこともあります。 寝違えを起こしてしまった時、首を動かす方向によっては痛みが強くなることがあります。 そういった時は痛い方向に無理に動かさないようにしましょう。 関連: 寝違えは通常ならば数日程度で痛みは引いていきます。 必ずしも病院で診察を受けなければいけないものではありません。 首は可動域の広い範囲なうえ、頭を支えています。 頭の重さは3~5キロ程度あるため、直立している状態では頭にはとても大きな負担が掛かっていると言えるでしょう。 寝ている状態だと負担は多少軽減されますが、それでも姿勢や枕によっては首に大きな負担が掛かることがあります。 寝違えを起こしてしまったら可能な限り、首に負担をかけないようにしましょう。 1-2-1. まとめ 寝違えの原因は睡眠中の不自然な姿勢による首への負担と考えられています。 首に負担が掛かることで首の筋肉に炎症が起こり、強い痛みが生じます。 寝違えは数日程度で痛みが引いていくので、必ずしも病院へ行く必要はありません。 朝の寝違えの痛みを軽減するには? 朝、起きて寝違えてしまった時は焦ります。 その痛みが強いならばなおさらです。 仕事や学校を休めるならば休みたいものですが、そうもいっていられません。 朝の寝違えの痛みを軽減するにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか? 2-1. 湿布は有効 寝違いは無理な姿勢による首への負担で炎症が発生し、痛みが生じていることがほとんどです。 炎症性の痛みならば 鎮痛消炎効果を持つ成分を用いた湿布が有効です。 痛みの強い部位に湿布を貼ることで、痛みを軽減してくれます。 一般的に痛みは冷やすと軽減されます。 湿布を用いる時は温湿布ではなく、冷湿布を使うようにするとよいでしょう。 2-2. 市販の抗炎症薬も有効 抗炎症作用のある市販薬を服用することも寝違えの痛みを軽減するのに効果的です。 湿布を常備しているご家庭は少ないかもしれませんが、抗炎症薬ならば常備しているという家庭も多いのではないでしょうか?ただしいくら寝違えが痛いからと言って用量用法を超えて飲むと体に悪影響がでます。 商品の説明の通りの数を飲むようにしましょう。 2-3. できれば安静に 寝違えてしまった時は痛みが強いのはもちろん、首に炎症が発生しています。 首に負担をかけてしまうと状態が悪化してしまうこともあります。 仕事や学校など行かなければならないかもしれませんが、できるだけ安静にしておくほうがよいでしょう。 午前中だけでも休んでから出社、通学すると首への負担は軽減されます。 特に満員電車は思わぬ負担を首にかけてしまうので避けたほうが賢明です。 2-3-1. まとめ 寝違えは首に負担が掛かったことによる炎症が原因で痛みが生じます。 そのため抗炎症作用のある湿布や内服薬の利用は痛みを軽減してくれます。 寝違えることが多い人は湿布を常備しておくと何かと役に立つでしょう。 市販の鎮痛剤は頭痛や発熱にも効果があるので、寝違えのためだけではなくいざというときのために常備しておくとよいでしょう。 寝違えた時の注意点 寝違えた時、痛みを軽減したいと思ってついついやっていることが状態を悪化させてしまうこともあります。 寝違えた時の注意点を解説します。 3-1. マッサージやストレッチは逆効果なことも 首を寝違えた時、マッサージやストレッチをついつい行ってしまうこともあるのではないでしょうか?場合によっては マッサージやストレッチによって痛みが軽減されることもあります。 しかし反対に 痛みを強くしてしまう可能性もあります。 首を寝違えてしまった時はできるだけ自分で行う マッサージやストレッチは避けたほうがよいでしょう。 湿布薬や内服薬を用いたほうが痛みを軽減できる可能性は高いです。 3-2. 痛みが続く、痛みが強い場合は病院へ 寝違えの痛みは通常、数日程度で徐々に収まっていきます。 もし1週間も痛みが続いているようならば単なる寝違えではなく、ほかの状態・外傷が隠れている可能性があります。 痛みが長く続くようならば整形外科のクリニックで診察を受けるようにしましょう。 また 動けないくらいの痛みが生じた場合にも整形外科クリニックで診察を受けるようにしましょう。 ほかの状態や外傷が隠れている可能性があります。 3-3. 首の痛み以外がある場合も病院へ 首の痛みだけではなく手足がしびれる、発熱がある、頭痛がある、吐き気がする、手足の感覚が弱くなった、歩きづらく感じる、このような痛み以外の症状が現れている場合も整形外科クリニック(もしくは内科のクリニック)で診察を受けるようにしましょう。 寝違えではなくリウマチや神経が圧迫されている頚椎症などの可能性もあります。 3-3-1. まとめ 寝違えた時に自分の判断でマッサージやストレッチを行うと状態が悪化してしまう場合があります。 できれば湿布薬や内服薬を用いたほうが安全に痛みを軽減させることができます。 また首の痛みが長く続く、強い、痛み以外があるといった時は単なる寝違えではなくほかに原因が隠れていることがあります。 整形外科のクリニックで診察を受けるようにしましょう。

次の

首が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

首 が 痛い 時 の 対処 法

対処法を覚えておくと、ぎっくり首になっても症状を悪化させずに済みます。 ぎっくり首は、ぎっくり腰が首におきたようなものです。 強い痛みはありますが、適切な対処をすればこの疾患は数日で治ります。 ぎっくり首を長引かせるのは、慌てて行う間違った処置です。 急に起こるこの症状に備えて、ぎっくり首の正しい対処法を覚えておきましょう。 またぎっくり首は再発しやすいため、生活習慣を見直し、この疾患の原因を遠ざける暮らしをすることも大切です。 ぎっくり首とはどんな症状か ぎっくり首は、前触れもなく突然起こります。 ふと首を傾けたりしたときや捻ったときにおこることもあれば、寝ている間にぎっくり首がおきることもあります。 ぎっくり首になると、首にとても激しい痛みが生じます。 首をまったく動かすことができなくなったり、痛みのあまり寝返りもできなくなったりします。 痛みが最も強いのは、ぎっくり首をおこした当日です。 翌日には痛みは少しずつやわらぎ、3日目になると首を少しずつ動かせるようになります。 ぎっくり首の原因は何か ぎっくり首とは、首の筋肉の捻挫のようなものです。 固くなっていた首の筋肉が衝撃にたえきれず、なにかのきっかけで炎症をおこします。 ぎっくり首の大きな原因になるのは、慢性的な肩こりです。 首と肩の筋肉は僧帽筋でつながっているため、肩の筋肉が固くなると首にも負担がかかります。 冷房による首の筋肉の冷え、ストレスや睡眠不足による首こり、姿勢のわるさなどもぎっくり首の原因だと考えられます。 ぎっくり首になったときの対処法 ぎっくり首がおきたら、なるべく安静に過ごすことが大切です。 痛みがやわらいできても、ぎっくり首になってから3日間は首をできるだけ動かさないようにしましょう。 同時に氷や湿布で首を冷やすと、回復が早くなります。 どうしても痛みが我慢できないときは、市販の鎮痛剤を飲んで、疼痛がおさまるのを待ってもいいでしょう。 この疾患がおきるメカニズムは、ぎっくり腰の場合とほぼ同じです。 首の骨である頚椎がなにかのきっかけで一瞬だけずれ、圧迫された周辺の筋肉と神経に炎症が生じることで激痛が起こります。 炎症を鎮めるには患部を冷やすことが一番です。 からだを温める入浴は、炎症を逆に酷くします。 ぎっくり首になってから3日間は、入浴を避けてください。 ぎっくり首の再発を防ぐには ぎっくり腰と同じで、ぎっくり首もよく再発します。 再発を防ぐには、自分の生活のなかにある原因を探し、それを取り除くことが大切です。 肩こりや首こりをなるべく慢性化させないようにしましょう。 ストレッチや入浴で肩、首、背中の筋肉を就寝前にほぐし、1日のからだの疲れを翌日に持ち越さないようにします。 ストレスをためず、忙しくても睡眠時間だけはしっかり確保するように工夫しましょう。 夏でも首の冷える服装は避けましょう。 冷房の効いたオフィスで仕事をするときは、スカーフなどで首まわりを保護すると効果的です。 また、枕の高さやベッドの柔らかさをチェックしましょう。 肩や首に負担のかかる姿勢をとらないで済むように、自分のからだに合った寝具を変えてみることも必要です。

次の