アシガール ドラマ キャスト。 アシガールあらすじとキャスト!黒島結菜&健太郎出演NHKドラマ

アシガールSP続編ドラマ放送理由は原作漫画が完結?結末ネタバレは?|vodが大好き

アシガール ドラマ キャスト

アシガール人物相関図 アシガールは2017年9月23日スタートのNHK 土曜歴史ドラマ枠(NHK総合テレビ 土曜午後6時から)で放映中の連続ドラマです。 お話は平成生まれの普通の女子高校生の速川唯(黒島結菜)が、弟の尊(たける;下田翔大)が発明したタイムマシンで戦国時代にタイムスリップし、その時代の若殿様 羽木九八郎忠清(健太郎)に一目ぼれし、恋をかなえるために奮闘するという、いわゆるタイムスリップ+ラブコメものです。 速川唯はマイペースで食べることと走ることが大好きで、唯一の特技も足が速いこと! 唯の母親の美香子(中島ひろ子)はクリニックの院長で、料理自慢の父親の覚(古舘寛治)は美香子のために会社をやめて主夫になっています。 弟の尊が作ったタイムマシンは、満月のときにタイムスリップして、戦国時代の次の満月のときに戻ってくると、現代では数分しか時間がたっていないという設定になっていましたが、誤って唯がその起動スイッチを押してしまって戦国時代へタイムスリップしてしまいました。 戦さに敗れた足軽たちの中にタイムスリップしてしまった唯は、とっさに唯之助と名乗り、足軽になりすまして、その場を取り繕います。 空腹で森の中をさまよっていた唯の前に現れたのが、当地の豪族 羽木家の若殿様 羽木九八郎忠清(健太郎)で、唯はそのイケメン若殿様に一目ぼれしてしまいます。 若殿様を追って城下町に行った唯ですが、ほんとうの唯之助の母親 吉乃(ともさかりえ)に出会ってしまいます。 自分の息子ではないとわかっているはずの吉乃でしたが、なぜか唯を息子の唯之助として引き取ってくれます。 そこで、唯は戦国時代の農村の若者として悪戦苦闘しながら暮らし始めます。 そんなとき、唯は天野信茂(イッセー尾形)ら若君の家臣たちが開催するかけくらべ大会に飛び入り参加して勝利しますが、約束の足軽として若君のおそばにお仕えすることはできず… 戦国の農村は厳しく、おなかがすいてたまらなくなった唯は満月の夜、吉乃のもとを逃げ出しますが、知らずにタイムマシンの起動装置のスイッチを押して現代に戻ってしまいます。 そこで、郷土史に詳しい先生に聞くと、羽木家は戦さに負けて、若君も討ち死にし、羽木家は滅亡するとのこと。 若君を守りたい一心で戦国に戻りたい唯のために弟の尊も協力し、戦国時代の吉乃のもとに戻っていきます。 そして、小荷駄隊の足軽にしてもらった唯でしたが、若君が総大将となって出陣した部隊は待ち伏せ攻撃に遭って苦戦。 若君が心配な唯は若君のもとに駆けて行きますが、そこは凄惨な戦国の戦場。 唯は思わず気を失います…. その他の出演者は、忠清の父親で羽木家の当主の羽木忠高(石黒賢)、忠清の兄でありながら側室の息子のために家督を継げない羽木成之(松下優也)、忠清の幼馴染の近習 天野小平太(金田哲(はんにゃ))、その父親で家老の天野信近(飯田基祐)、松丸家の姫君で忠清の婚約者の松丸阿湖(川栄李奈)など、NHKならではの豪華俳優陣です。 やや食傷気味のタイムマシンものですが、主演の黒島結菜の明るく元気な演技がこのドラマの一番の魅力でしょうか。 彼女は沖縄出身の20歳で、2016年の7月から日本テレビ系列で放映された「時をかける少女」で主演するなど、数々の映画やドラマに出演していますね。 ちなみに、相手役の健太郎も同じく20歳で、時代劇ははじめてだそうです。 NHKの土曜時代劇枠はやや若者向けではありますが、朝ドラや大河ドラマとは違ったおもしろさがありますよね。

次の

アシガールSP(続編ドラマ)は評価や感想は面白い?つまらない?キャストや原作も

アシガール ドラマ キャスト

目次 Contents• <続編の放送日時> 2018年12月24日( 月・祝日振替)です。 時間は 午後9時~午後10時30分です。 4Kパブリックビューイングの募集開始!です。 場所は仙台です。 NHK仙台放送局1階 4K8K定禅寺シアター (宮城県仙台市青葉区本町2丁目20-1) 2018年12月24日(月・休) 開場:午後4時30分 開演:午後4時55分 終演予定:午後7時30分 当日は、速川唯役の さん、羽木九八郎忠清役の さん、 ほかのみなさんが出演される予定です。 (引用元:NHKイベントインフォメーションより) <特別編放送> そして、この「アシガールSP」放送記念(?)として これまでに放送された「アシガール」の特別編が放送されます。 このドラマの伊藤健太郎さんの役どころは何と悪役の忍者です。 そして12月19日の前日まで、出演者による手裏剣チャレンジが行われています。 そして「 スペシャル・忍べ!右左エ門」に出演する さんが何と! 「アシガールSP」の世界に忍びこむ動画も近日公開!とのことです。 何やら意味深の衣装姿のお二人の姿が スタッフブログに掲載されていました。 「アシガールSP」のサイトも立ち上がり、 現代高校生姿の若君と姫の装束姿の唯が・・・。 ドラマ公式サイトによると、撮影は無事に終了して、 現在は編集段階だそうです(11月中旬)。 放送が待ち遠しいですね。 <あらすじのおさらい> ある時、毎日を普通に、 いや、ぐうたら気味に過ごす脚力だけが取り柄の女子高生「速川唯」が、 天才的発明才能を持つ弟・尊の研究室で うっかり何かの装置スイッチをオンにしてしまう。 あたりが眩い光に包まれ、気が付くと、 そこは、テレビも電気もスマホもない昔の日本の「 」であった。 事態が呑み込めず戸惑う唯だが、このままでは野盗などに襲われてしまう。 どうにかして足軽の鎧具足を手に入れ、 少年のような風貌を生かして「唯之助」という偽名で男に成りすましたところ、 偶然その場を通りかかった眉目秀麗な武将・羽木九八郎忠清に一目ぼれ。 しかし相手は身分高き大名家の跡取り息子で、かたや自分はただの女子高生。 「どうすればまた逢えるのだろうか? 」と考えた末、 彼女はこのまま足軽として、忠清の軍に加わろうと決心する。 かくして、現代では脚力だけが取り柄だったぐうたらな少女は、 数奇な運命によって戦乱の世で生き抜くため、 そして憧れの人の傍にいるために、 足軽ならぬ「アシガール」として戦場を駆け抜ける。 放送時間や追加キャストなど、新しい情報が出次第、随時更新する予定です。

次の

アシガールの年齢設定!黒島結菜らキャストの実年齢や原作との違いも!

アシガール ドラマ キャスト

【アシガール続編スペシャル】公式あらすじ 12月24日放送の【アシガール続編スペシャル】公式あらすじはこちら! 時は永禄3年(1560)。 命がけで羽木の危機を救った速川唯(黒島結菜)は、ついに若君・羽木九八郎忠清(伊藤健太郎)と婚約。 ところが和議を結んだはずの宿敵・高山宗鶴(村田雄浩)が再び戦を仕掛けて来た。 高山を唆したのは、戦国最強・織田信長の家臣・相賀一成(西村まさ彦)。 無為な戦を止めるため、若君は唯を残し先鋒の城に向かう。 「生きることこそが勝ち」という忠清の思いを領主・忠高(石黒賢)に伝え、羽木の一族郎党を本拠・黒羽城から無事逃がした唯は、単身若君の後を追う。 nhk. 性格はマイペース。 戦国時代にタイムスリップしてしまい、出会った若君・忠清に一目惚れ。 彼を守りぬこうと現代と、かけ離れた戦国時代で足軽となって野を駆け回る。 父を助け戦う賢い武将。 十八歳のわりに大人びており常に冷静で周囲への配慮の為に笑顔を忘れない。 戦で苦しんでいる領民を思いやる。 母親の身分が低く跡取りではない。 武道は好まず花を生けるなど穏やかに見えるが、心を開いていない。 吉乃/ともさかりえ 梅谷村の農民の女性。 ひょんなことから「息子」として唯を引き取り育てることになる。 凛とした美しさと賢さを持つ。 松丸阿湖/川栄李奈 松丸家の姫。 忠清との婚約の話が進められており。 可愛らしくおっとりとした性格。 意外と活発な一面もある。 速川覚/古舘寛治 唯の父。 専業主夫として医師の妻を支えている。 のんびりとした性格だが、家事は完璧にこなしている。 速川美香子/中島ひろ子 唯の母。 自宅の敷地内でクリニックを開いている開業医。 さばさばした性格 速川尊/下田翔太 唯の一歳年下の弟。 引きこもりで学校に行っていない。 発明家の才能を持っている、タイムマシーンを自作した人物。 天野小平太/金田哲 はんにゃ 天野家の嫡男。 忠清が幼い頃から仕えている近習。 生真面目な性格。 天野信近/飯田基祐 天野家の当主であり、小平太の父親。 家老として羽木家に忠義をつくしている。 如古坊/本田大輔 成之が幼い頃に、育った寺で知り合い、ずっと行動をともにしている僧侶。 忠清に対して悪企みの兆しあり。 木村政秀 木村先生 /正名僕蔵 木村先生は唯の高校の教師。 戦国時代の羽木家について熱心に研究している。 木村政秀は、戦国時代にタイムスリップした唯が出会った羽木家の家老。 田中美里/久 成之の母親。 羽木忠高の側室だったが身分が低くいため、幼い成之を連れて去った過去がある。 庵でひっそりと静に暮らしている。 高山 こうやま 宗熊/加藤諒 羽木家の宿敵、高山家の跡取り息子。 高山宗鶴/村田雄浩 高山家の当主であり、宗熊の父親。 羽木忠高/石黒賢 羽木家の当主。 戦国大名の高山家との争いが続く最中、跡取り息子として忠清を厳しくしつけ育てる。 天野信茂/イッセー尾形 天野家の隠居。 忠清が幼い頃から見守り、絶対的な忠誠を胸に誓っている。 唯の並々ならぬ足の速さを見出だした人物。

次の