滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ。 滝沢カレンの料理の腕前やレシピなどの評判は?執筆中などのエピソードも!

ビーフストロガノフ|栗原はるみのミルクのある生活|雪印メグミルク株式会社

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

自身のインスタグラムでのハッシュタグ「 カレンの台所」の料理投稿も話題の滝沢が放つ初のレシピ本『カレンの台所』(サンクチュアリ出版)が破壊力抜群だ。 通常のレシピ本ではまず見られない文章表現と、分量の明記がないという思い切った構成で、発売から1週間で3万部を突破するヒットを飛ばしているのだという。 早速、本書を入手して人気の秘密を探った。 上品な緋色のカバーだけ見ると、レシピ本というより昔ながらの文学書のようなイメージ。 たとえば「鶏の唐揚げ」のレシピはこんな具合である。 「お醤油を全員に気づかれるくらいの量」 「鶏ガラスープの素を、こんな量で味するか? との程度」 「にんにくすりおろしかチューブ、生姜すりおろしかチューブを、鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちで」 「片栗粉と少しの小麦粉を入れて、潤い満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界にしてあげます」 「だんだんとキャピキャピ音が高くなってきたら、ほんとに出してくれの合図」 「そんな唐揚げの物語でした」 滝沢が語りかけるように綴られた文章はパワーワードが頻出し、2~3行に一度は思い切り笑えるほど小気味よく、それでいて「料理は感性の赴くままに、自由に作っていいのだ」という料理本来の楽しさが込められている。 文章の後にイラストで作り方が補足されているため、調理工程を何となく想像することも可能。 滝沢が実際に調理したという美味しそうな写真が添えられ、最後に「CAST&STAFF」として材料や調味料がまとめられている。 繰り返しになるが分量の明記は、ない。 紹介されるレシピも「ハンバーグ」、「豚の生姜焼き」、「ロールキャベツ」、「ビーフストロガノフ」などのメイン料理や1行で作れる副菜、汁物などボリュームたっぷりの全30品以上。 子どもから大人まで大好きなメニューが多く、滝沢の文章を読み解きながら大いに笑って料理もできる(?)本書は、不用不急の外出自粛によるおうち時間が増加した今こそ必読の一冊だ。

次の

作れなくてもいい!?滝沢カレンのレシピ本『カレンの台所』が破壊力抜群(TOKYO HEADLINE WEB)

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

母と食の好みが違って、 食べたいものを作りはじめたら 料理好きに(笑) 「小さい頃から自分の食べたいものがはっきりしていまして、それが母と違っていましたから、じゃあ自分で作ろうって思って。 驚かれることが多いんですが、私、週5回は自炊しています(笑)。 自分の好きなものを食べたいと始めた料理ですが、母や友達など一緒に食べる相手の方のことを思ってレシピを考えさせていただくことが多いです。 作れば喜んでいただけますし、体形キープや美肌作りにも一役かってくれますから、お料理っていいことばかりすぎる! 今は、仕事の息抜きにもなっています。 ハーフだから洋食を食べていると思われがちですが、おばあちゃんっ子だった私は和食党。 手料理も、和食すぎます。 私の作る料理は、手軽に作れるうえに、栄養バランスもいいはず(笑)。 今回紹介させていただいた得意料理ピーマンの肉詰めも。 【中】料理は見た目や色合いも大事。 茶色くまとまりすぎなタコスライスはトマトの赤で一工夫。 【右】料理番組を参考にして作ったビーフストロガノフ。 自炊ですと、カロリーが増えるお米の量を調整できるのもよすぎるんです。 お麩はおろし金で粉状にして、牛乳と合わせておく(A)。 れんこん、かぼちゃは食べやすい大きさに切り、オクラ、ラディッシュは半分に切る。 ラップをしないで電子レンジ(600W)で2分、一度混ぜてさらに1分加熱して、粗熱を取る。 片面が焼けたら裏返し、酒を回し入れて蓋をして、蒸し焼きにする。 器にそれぞれ盛り付ける。 煮立ったら火からおろし、ハンバーグにかける。 作り方• 玉ねぎはみじん切りにしてオリーブオイル小さじ2を混ぜて耐熱皿に入れ、ラップをしないで電子レンジ(600W)で2分加熱して粗熱をとる。 Aのパン粉、牛乳は合わせておく。 ピーマンの内側に薄力粉を薄くまぶして、肉たねを詰める。 焼き色がついたら横に倒して、ピーマンの側面を転がすようにフライパンを動かしながら3分ほど炒める。 Bを加えて蓋をして、蒸し焼きにする。

次の

滝沢カレンのインスタ料理レシピ解説がウケる!これって日本語?

滝沢カレン ビーフストロガノフ レシピ

ロシア風の肉料理で、煮込み時間が意外に短く、 お客さまのときにも手軽に作れて重宝します。 水きりしたヨーグルトに生クリームと牛乳を加えた うちでサワーヨーグルトクリームと呼ぶクリームは 市販のサワークリームよりやわらかく仕上げるのがコツで こくとまろやかな酸味はストロガノフにスーッとなじみます。 ビュッフェスタイルでは鍋のまま保温して食卓に並べ、 クリーム、ごはん、好みのピクルスなどを添えて。 ペーパータオルを敷いたざるにヨーグルトをあけ、ラップをして冷蔵庫に入れ、1時間ほどおく 写真a。 それをボウルに入れ、軽く混ぜてから生クリームを加えてよく混ぜる 写真b。 かたければ牛乳を加えて調整する。 食べる直前まで冷蔵庫に入れておく。 2 牛肉は長さを2〜3等分にする。 玉ねぎは縦半分にして繊維を切るように1. 5cm幅に切る。 しめじ、マッシュルームは石づきを取り、しめじは小房に分け、マッシュルームは3〜4枚にスライスする。 3 フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、にんにくを炒めて香りが出たら、しめじ、マッシュルームを炒めて取り出す。 4 同じフライパンに残りのオリーブ油を足して玉ねぎを炒めたら、牛肉を広げるようにして入れ、塩、こしょうをしながらさっと焼きつける。 5 4 に赤ワイン、ローリエを加え、煮立ったら 3 のきのこを戻し入れる 写真c。 6 5 にデミグラスソースを加えて軽く煮たら、ケチャップ、中濃ソースを加え、塩、こしょう、しょうゆで味を調える。 7 器にごはんを盛り、 6 をかけ、 1 のサワーヨーグルトクリームをのせ、好みの漬けものを添える。 a b c.

次の