カナヲ しのぶ カナエ。 鬼滅の刃 栗花落カナヲの過去は?性格や魅力も紹介

鬼滅の刃『栗花落カナヲ』プロフィールまとめ!胡蝶しのぶとの過去も

カナヲ しのぶ カナエ

注意この記事には『週刊少年ジャンプ』掲載分の『鬼滅の刃』のネタバレを含みます。 カナヲはしのぶとカナエというの命を奪った宿敵を倒したことにより、ふたりがくれた「仲間」という大切なものの価値を改めて認識します。 彼女は童磨を倒したことにより、精神的に大きく成長しました! またカナヲに倒された瞬間に、童磨は自分自身に欠けていた「愛」という「感情」を見出します。 彼が好きになった相手は何と、自分に毒を盛ったしのぶだったのです。 童磨の恋愛感情は歪んでいますが、なぜ 彼はしのぶに恋することになったのでしょうか? しのぶは童磨を憎んでいたため、ふたりがくっつく可能性はゼロなのでご安心を。 それよりもしのぶ様にはカナヲや蜜璃などの女の子とイチャイチャしてもらって、百合百合してもらいたいなぁ。 彼は鬼になる前、人間の頃から感情がありませんでした。 鬼になった人間は生きることに固執する傾向があり、どんなに絶望な状況飲み込まれても生き延びようと必死になっていた奴が多いです。 しかし童磨は他の人とは違い、自分の死を客観的なものとして捉え、どうしようもない事実だと認めています。 彼は感情がないため、自分の死をただを受け入れるしかないのです。 死んだ後に恋を知る そんな彼は死に際に恋言う感情を知ることになります。 恋と聞くと同じ雑誌に連載されている『ゆらぎ荘の幽奈さん』や『ぼくたちは勉強ができない』のような、ちょっとサービスシーンがありものすごく甘酸っぱくドキドキするような展開を思い浮かべるかもしれません。 確かに本作にも恋愛的な描写はありますが、 しのぶと童磨の間柄には甘酸っぱい関係なんて生まれるはずがありません。 まずしのぶは童磨に大好きな姉を殺されており、彼を毛嫌いしているため、死んでも恋仲になる事は無いでしょう。 今回にはしのぶと童磨が会話しているのは心があったんですが、しのぶは童磨に対して暴言ばかり吐きます。 一部の人にはご褒美かもしれませんが、私には童磨の異性のタイプがそのような感じと思いませんね。 それに しのぶ様には年下の面倒をしっかり見る、頼りになるお姉ちゃんとして百合百合しい関係になって欲しいなという個人的な希望もあるので、童磨とはくっついてほしくないですね。 なぜ童磨はしのぶを好きになったのか? ここで気になるのは、なぜ感情が無かったはずの童磨がしのぶのことを好きになったのかですね。 その理由は作中では具体的に述べていないので、私個人の予想になります。 自分に敵を向けた相手と言う理由で好きになったなんて事はないと思います。 そのような理由で恋をしたのであれば、他の鬼殺隊の隊士にも恋心を抱いていた可能性が高く、しのぶではなくても良いかと思います。 おそらくしのぶが自分を殺すきっかけとなった、とても強い能力を持った女性だったからでしょう。 童磨の鬼としての実力は高く、先に鬼になった猗窩座よりも早く上弦の弍の座に着くことができました。 上弦の鬼のメンバーが100年間変わらなかった事も考えると、 童磨が鬼になっているからそんなに苦労していないことがわかります。 少なくとも自分が死ぬような危機は訪れていないはずですね。 そんな彼ですがしのぶと出会い、彼女に毒を盛られた事により死ぬことになってしまいます。 童磨は以上に実力がある鬼である上に、感情を失っているので、自分の死と言うものを実感することができませんでした。 彼が死亡するまで追い詰められたのは、しのぶの毒が効いたからです。 しのぶの毒を食らって初めて死を実感したことに、その感動を与えてくれた彼女に恋心を抱いただけだと思いました。 私は童磨かしのぶに恋した理由は、彼女を通して自分の死を実感したからだと予想しました。 カナヲについて 彼岸朱眼の代償により片目が失明 花の呼吸終ノ型「彼岸朱眼」は自分の目に血流を集中させることにより動体視力を高める技です。 その技を使用することにより童磨の攻撃をたやすくかわすことができるようになるのですが、目と言う繊細な場所に血流を集中させると言う技の特色上、長時間使用すると失明するリスクがあったのです。 今回カナヲは視力を全て失うことはなかったものの、右目の視力をほとんど失ってしまいました。 これ以上を使ってしまった場合、彼女は鬼殺隊の隊士として戦えなくなる上に、因縁の相手である童磨を倒すという目的を達成しています。 これらの要素を踏まえると彼女がこれから「彼岸朱眼」を使う事は無いだろうと思います。 親に売られる カナヲは幼い頃に暴力を受けていました。 家の中で泣いてしまうと親に蹴飛ばされるなどわ暴力を受けてしまいます。 彼女は生まれた頃から誰かと幸せな日々を過ごすことが出来なかったのです。 彼女が優れた動体視力を持つ目を持っていたのは、親から受ける暴力をうまく見てないと、当たりどころが悪くなり自分自身が死んでしまうからです。 またカナエとしのぶに引き取られた当初は、自分の意思を表示することなく、誰中に命令しないと行動することができなく、食事も食べなさいと命令されるまでは絶対に食べませんでした。 そのような過去があるので、 彼女は感受性が死んでおり、うまく流涙を流せなくなってしまいました カナエが童磨によって殺されてしまった時、しのぶなどの親しい人が涙を流していたのに対し、彼女だけは唯一涙を流さなかったのです。 カナヲはそんな辛い過去があったため、初めて自分に優しくしてくれたカナエとしのぶは何よりも大切な特別な存在だったんです。 また彼女の子供を命がけで助けてくれる大切な仲間ができたのは、しのぶとカナエの2人が自分を大切に育てて導いてくれたからでした。 しのぶとカナエという、自分の命よりも大切な人たちの命を奪った童磨を許していなく、絶対に殺したい存在だと思っていました。 そして童磨を討伐したことにより、大切な仲間との絆など2人が自分に与えてくれたものの大切さを再び思い出し、自分自身が1人じゃないということを自覚したのです。 しのぶとカナエはもうこの世にはいなく一生会うことはできません。 その上ちゃんとお別れすることもできなく、彼女自身もとても後悔があったでしょう。 ですがこの2人がくれた 仲間と言う大切なものの尊さを再び認識して、彼女がどんどん前に進んでいくんです。 カナヲは童磨を倒したことにより、前よりももっと大きく強くなったはずです。 これからはしのぶとカナエがいなくても、大切な仲間たちと一緒に困難を乗り越えられるはずです。 カナヲはしのぶとカナエに沢山の愛情をもらったことにより、ふたりが倒せなかった童磨をも討伐できるほどの力を得ました。 これからは自分自身が2人の大愛と愛情と同じ位の愛情を他の人に与えることにより、自分の周りの人を助けて、より強くしていくはずです。 カナヲが大切な人から与えられた愛情を受け継ぎ、他の人にも愛を持って接すると言う使命はこれからもついていきます。 しのぶとカナエとの別れの涙は特別なもの 大切な人との別れは誰でも悲しいものであり、良かったと言うのにはちょっと語弊があるような気がします。 それでも今回カナヲが童磨を倒して、大切な2人に「がんばったね」と褒めてもらったシーンはとても良く、 心がジーンとしてしまいました。 その後しのぶとカナエが身に付けていた髪飾りを手に持ち、彼女は号泣するのです。 カナヲにとってこの涙は超特別なものです。 自分の大切な人の尊さなどを実感してな事は当たり前ですが、彼女の場合2人が死んだときには泣くことさえ許されませんでした。 しのぶが死んだときには童磨との戦闘中だったため仕方ないですが、カナエの葬式では自分のトラウマが原因で泣けなかったため、彼女自身にも申し訳ない気持ちと、自身の心の冷たさに絶望してしまい 懺悔の念を感じた思います。 しかし今回涙を流したことにより、過去に暴力を受けたトラウマなどを完全に払拭することが出来ました。 その上に2人が死んでしまったときに流すなかった涙を流したことにより、長い間彼女自身を苦しめた後悔などが洗い流され、 過去を振り返らず明るい未来だけを求められるようになったんです。 カナヲがしのぶとカナエと出会った時のエピソードはコミックス7巻に載っています。 カナヲも童磨みたいになっていたのかもしれない? 幼い頃のカナヲと童磨には、感情がないという共通点があります。 愛情に触れて感情を取り戻したカナヲ• 感情を取り戻せなかった童磨 カナヲはしのぶとカナエの優しさに触れることで、徐々に感情を取り戻していきましたが、童磨にはそんな機会がなく死ぬまでずっと感情を失ったままでした。 もしかしたらカナヲがしのぶとカナエと出会っていなく、鬼になってしまった場合は、童磨のような外道になっていたのかもしれません。 その力を手に入れるためには何かしらの条件があるとは思いますが、 その条件が何なのか見当がつきません。 それ以前に鬼舞辻無惨と猗窩座には共通点があまりないので、二人の関係から不死になる条件を予想するのは難しいかと思います。 少なくとも私にはできない。 鬼舞辻無惨 は猗窩座が女性と子供を食べないことを黙認しており、彼だけ特別扱いしていました。 おそらくは鬼舞辻無惨は、猗窩座が自分と同じく不死になる可能性があるのではないかと思ったのが理由だと思うのですが、その根拠となるシーンがわかりません。 なので不死と戦闘力はあまり関係ないと予想できます。 猗窩座の意志の強さというのも理由に挙がりそうです。 上弦の陸の妓夫太郎が妹の堕姫を守るためだけに生きていたのにも関わらず死んでしまったことを考慮すると、不死になる理由には繋がりません。 やはり鬼舞辻無惨のような能力を得るためには、彼が平安時代に医者によって服用された薬を飲むぐらいしかないのでしょうか? 不死の力を得るための条件とは何だったのか気になりますね。 彼女は弦楽器を鳴らすことで、人間や鬼を転移させる力があります。 鬼舞辻無惨が十二鬼月を呼び出してパワハラ会議を行う際には、鬼たちを呼び寄せるために彼女の能力が使われる時がほとんど。 最近になって十二鬼月になったばかりなので、童磨ほどの実力はないと思いますが、油断はできない相手であることには変わりありません。 琵琶鬼 鳴女とのバトルも楽しみですね。 この4000文字近い記事で何が伝えたかったかと言いますと、 しのぶ様には生きてもらいもっといろいろな女の子と百合百合しい関係になってもらいたいなという個人的な希望でした! 以上! 一緒にチェック!.

次の

【鬼滅の刃】元花柱・胡蝶カナエ(こちょうかなえ)はしのぶの姉でカナヲの命の恩人

カナヲ しのぶ カナエ

栗花落カナヲとは 栗花落 つゆり カナヲ 鬼殺隊隊員の少女で、主人公・炭治郎の同期です。 蟲柱・胡蝶しのぶの継子として幼いころから鬼殺の訓練を受けています。 使用する流派は花の呼吸です。 幼少のころ、親に売られたところを胡蝶姉妹に助けられます。 幼少期の過酷な暮らしの影響で感情を失っており、自分の意志を持ちません。 そのため、カナエからもらった銅貨を投げてその裏表を自分の意志として行動していました。 そんな状態でしたが、カナエたちとの触れ合いで次第に温かい感情を取り戻していき、 炭治郎の「心のままに生きる」という言葉を聞いて以降は少しずつ自分の意志で行動するようになります。 現在は感情を表に出すことも増えてきています。 また番外編での描写から、『鬼滅の刃』という作品の恋愛面でのヒロインポジションでもあると思われます。 作品のヒロインは禰豆子 これだけの設定を持ちながら、 出番は異様に少ないです。 カナヲって強いの? カナヲはいままでほとんど戦闘シーンの描写がなく、その実力は謎に包まれていました。 そして現在、ジャンプ本誌にてついにカナヲ初の本格戦闘がはじまりました。 相手は敵幹部のNo. 2「 十二鬼月 上弦の弐・童磨」です この戦闘についてさまざまな議論が交わされています。 事の発端は最新話の童磨のこのセリフからです。 「この娘 ややもすると 今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない」 このセリフから「 ふぁ!? 柱クラスの実力なの!? 」「 師匠のしのぶさんより強いとかないやろ」「 カナヲとか同期で一番弱いと思ってたわ」などといった様々な声が上がっています。 たしかに一見、ご都合主義で無理やり強キャラ設定にしたように思えるかもしれませんが、読み返すとその強さを裏付ける描写がいくつか存在しています。 1つずつ振り返っていきましょう。 最近ちょうどアニメでやっていたとこですね。 最終選別の合格条件は 鬼の放たれた山の中で7日間生き延びること。 鬼との戦闘は避けられません。 20人以上参加していたにもかかわらず、合格者は4名のみ。 他参加者は全員死亡し、炭治郎、善逸、玄弥は傷だらけの状態で生き残りました。 そんななかカナヲは 傷がないどころか着物に汚れすらついていません。 笑顔でちょうちょと戯れるほどの余裕もあります かわいい。 おそらく最終選別の相当前からしのぶ、カナエにより鬼殺の訓練を受けてるため、 そもそものスタートラインが他の隊員とはまったく違うと考えていいでしょう。 すでに全集中・常中を習得している可能性も高いです。 那田蜘蛛山 那田蜘蛛山編で再登場です。 間が空きすぎです。 はじめてセリフを発するのもここになります。 事後処理部隊・隠に指示を出している様子から、そこそこ高い階級にいることが推測されます。 踵落としで炭治郎の顎を割るという活躍も見せています。 主人公との初絡みがこれて 蝶屋敷での隠によるカナヲ評は以下のようになっています。 「継子ってのは柱が育てる隊士だよ 相当才能があって優秀じゃないと選ばれない 女の子なのにすげぇよなあ」 柱の継子に選ばれている時点で逸材ということがわかります。 余談ですが、蝶屋敷編のカナヲの作画は非常に気合が入っています かわいい。 機能回復訓練 現状、カナヲの強さがはっきりと描写されたのは機能回復訓練のみです。 この回が実質、カナヲの強さの答え合わせのようなものです。 反射訓練、鬼ごっこでカナヲに挑む炭治郎たち。 さらに極めつけは炭治郎のこのセリフです。 「匂いからしてまず違う 柱の人たちに近い匂いがする」 さりげないシーンのセリフですが、鼻の利く炭治郎からのこの評価です。 ここで炭治郎が強さを測り間違っていたというのは話の構成上なんの意味もないため、 この時点でカナヲは柱に近い実力があることは確定と考えていいと思います。 最後に炭治郎がカナヲに勝ちますが、 汗だくの炭治郎に対しカナヲは汗一つかいていないため、全力度合いには差がありそうです。 炭治郎がカナヲの実力に近づいたことは間違いないですが また、カナヲの目に関する伏線も張られています 現在も未回収。 「あとは…目か? 目が違う気がする」 「投げる手元は見てた 小細工はしてなかったはず……」 炭治郎たち同期は、それぞれ 五感に関する特異体質を持っています。 他の同期を見るに、ただ動体視力がいいだけでなく目に関する特殊な力がある可能性も高そうです。 特殊な目を持つキャラってだけで強キャラ感ないですか。 柱稽古 ここから、現在連載中のお話と同じほぼ最新の時間軸です。 上弦との戦いに備えて開始された柱稽古。 ここでもカナヲの実力は垣間見えます。 隊士たちが柱を順番に巡って稽古をつけてもらうという内容です。 蝶屋敷にて、カナヲとしのぶが会話するシーン 尊い に注目してみましょう。 「私はこれから風柱様の稽古に行って参ります」 この時点のほか同期は炭治郎が療養中、善逸、伊之助、玄弥は柱稽古には参加していますが進捗具合は不明です。 しかし、この後炭治郎が風柱の稽古で善逸と合流した時にはすでにカナヲはいません。 岩柱の稽古で伊之助、玄弥と合流したときも同様です。 よって、 カナヲが同期内最速で柱稽古を終えていることはほぼ確定となります。 カナヲの強さの描写が機能回復訓練以降ないため、炭治郎たちの成長についていけてないのではと思われることも多いようです。 ですが、現在も同期の先を行くカナヲは 非常に さりげなく描写されているのです。 結論 このような描写の数々から、カナヲが同期の中でトップの実力というのは初期からブレていないことがわかります。 本誌最新話での上弦の弐・童磨の「柱より強いかも」発言もご都合主義や後付けではないんです。 ワニ先生はけっこう考えているんです きっと。 ただ、鬼滅の刃でいう「強さ」は 敵との相性や気持ちの状態、痣の発現等で大きく変わります。 殺しあったら誰が一番強いのかって考えるとまた別の話 というか答えはない ように思います。 単純な戦闘力で同期を比べるとこんな感じですかね。 カナヲVS. 童磨はどうなる!? ただ、援軍が来るかといわれるとあまり来る気もしません。 VS童磨は蝶屋敷との因縁が深すぎて他のキャラが入る余地がないような。 だからといってカナヲが死ぬとも思えません。 キーになるのは以下の3つでしょう。 しのぶがカナヲに伝えた「童磨の殺し方」 2. しのぶの遺した指文字 3. しのぶの毒 「童磨の殺し方」と毒については、 しのぶさんのモノローグが最期まで余裕ない感じだったので正直あまり期待できない気がしてしまいます。 でもなにもないと本当に救いがなさすぎるし報われなさすぎるし、作劇的に考えられません。 1番ベタかつ現在予想されているのは しのぶさんが「人間に戻る薬」を体内に仕込んでいて、それごと取り込んだ童磨にこれから効果が出てくる。 指文字は「薬が回る時間を稼げ」。 ってやつですね。 しのぶさんと珠代さんが共同で「人間に戻る薬」を完成させたことはおそらく確定といっていいので、十分あり得る展開です。 微妙な点としては、しのぶがカナヲに「童磨の殺し方」を伝えた時点では 「人間に戻る薬」は完成していないということでしょうか。 「やはり良い頃合いだわ」と言って話し始めたことから、以前から考えていた殺し方だと思われます。 そうなると、しのぶさんが伝えた殺し方と今回の作戦は一致しないことになります。 でも「童磨の殺し方」が未回収のまま終わるとも思えないんですよね…。 というわけで当サイトの予想は 今回はカナヲと童磨の決着はつかず。 しのぶさんが仕込んだ遅効性の毒で童磨の動きが鈍り、カナヲは殺されずに済む。 指文字は「逃げろ」。 しのぶが伝えた「童磨の殺し方」は今回は実行されていない なんか条件があるとかで。 因縁と「童磨の殺し方」は次章へ持ち越し。 ・・・微妙。 カナヲ:感情があるが、それを表に出すことができなかった。 姉2人を童磨に殺される。 童磨:感情がまったくないが、創った表情や言動であるふりをしていた。 カナヲの姉2人を殺す。 という対比がしっかりできている2人なので 童磨の頸を斬るのはカナヲという結末は揺るがないと思うんですよね。 そもそも今章が最終章かどうかも意見が分かれてるんですが。 個人的には、この戦いの後作中で数年経ち 「柱編」開幕だと思ってます。 というか終わらないで… なにはともあれ、来週からの連載は見逃せないですね。 カナヲかわいい! おわり。

次の

栗花落カナヲ(つゆりかなを)の呼吸や技一覧!才能あふれる彼女の剣技【鬼滅の刃】

カナヲ しのぶ カナエ

今日は何の日? こんにちは。 気ままママ・かまちぃです。 ふんわりとした優しい笑顔が印象的ですよね。 カナエさんは花の呼吸の使い手で元柱でしたが、残念ながら鬼との闘いで命を落としています。 ですが、その存在や思い出は今もしのぶやカナヲにとって大切な原動力ともなっています。 神崎アオイちゃんは鬼殺隊の隊士の一人。 男性キャラクターが多い中で、一人一人がとても魅力的な女の子たちが蝶屋敷にギュギュっと集まるのもまた癒しポイントなのかな?なんて思ったりします。 お手持ちのビーズに合わせてお好みで使い分けてください。 女性キャラのデザインについて 私がアイロンビーズでファンアートを作るときは、キャラクターによって足をビーズで1つにするか2つにするか変えています。 もちろん足は2本なんですが、女性キャラクターの場合は特に1つにした方が足を閉じている風に見えて可愛いと思えるからです。 が、足1本に見えてイヤ!という方は、もちろん2つで表現してもいいかと思います。 その繋がりでお話しすると、蝶屋敷の女の子はみんな1つで表現しているのですが、アオイちゃんだけは足をビーズ2つで表現してみました。 (アオイちゃんだけ手もバンザイ) アオイちゃんは常にてきぱき動き回り、仁王立ちして善逸や伊之助を叱る印象があるので、その方が彼女らしくて可愛いなと感じたからです。 ですが、もちろんこちらもお好みで1つにしても構いませんし、手を下げていても可愛いかと思います。 自由に表現できることがアイロンビーズの魅力かと思いますので、そんなところも楽しんでみてくださいね。 さいごに ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の