エスティマ 後継。 【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

エスティマはフルモデルチェンジせず生産終了 理由はミニバン需要の低下か

エスティマ 後継

かつて北米市場でも「プレビア」という車名で販売されていました。 その後継モデルとして現在でもラインナップされているのが「シエナ」です。 1997年に初代シエナが登場。 現行モデルは、2010年に登場した3代目となり、2018年には外観デザインなどを大幅に変更したマイナーチェンジが実施されました。 パワートレインは、3. 5リッターV型6気筒エンジンと8速ATを組み合わせて最高出力296馬力を誇り、グレードによっては最適なチューニングが施されたスポーツサスペンションが搭載されています。 外観デザインは、それまでフロントバンパーの下部にあった開口部を同社「カムリ」などと同様に大型化。 左右のベゼル(フィグライト部分の造形)も近年のトヨタ車に共通する縦型に変更されています。 内装は、ハイテクかつモダンなデザインに仕上がっているほか、ドライバー重視のセンターコンソールによってさまざまな操作が的確におこなえるほか、前席と2列目のルーフにそれぞれ設置されたデュアルサンルーフによってどの席に座っても開放感ある居住性を実現。 また、3列目シートは床下に収納可能で、格納するとフラットなスペースが確保できるため、大量の荷物でも問題なく積載できます。 快適性では、標準のAmazon AlexaおよびApple CarPlayに対応し、3列すべてをカバーする5つのUSBポートを搭載。 安全機能の「トヨタスターセーフティシステム」には、アンチロックブレーキ(ABS)、電子ブレーキ力配分(EBD)、ブレーキアシスト(BA)、車両安定性制御(VSC)、トラクションコントロール(TRAC)などが標準装備されています。 また、2020年モデルのシエナには「ナイトシェイドエディション」を設定。 これは、黒を基調としたスポーツメッシュフロントグリル、ドアハンドル、19インチホイール(4WDは18インチ)、スポイラー、ドアミラー、トヨタバッジが追加されたスポーティなモデルで、このエディションでは、4つの外観色が選べ、内装は黒色のみです。 シエナは、北米市場以外に台湾などでも販売されており、台湾では「シエンタ」、エスティマ、シエナ、「アルファード」というミニバンラインナップとなっています。

次の

【エスティマとプリウスアルファが統合へ】車種半減計画での車種統合第1号車

エスティマ 後継

トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• トヨタ エスティマ(現行モデル2016)• 3代目トヨタ エスティマ• 2代目トヨタ エスティマ• 初代 トヨタ エスティマ• トヨタ アルファード(現行モデル)• トヨタ ヴォクシー(現行モデル)• トヨタ ノア(現行モデル)• トヨタ エスクァイア• トヨタ アルファード(現行モデル)• トヨタ 2代目アルファード• トヨタ 初代ヴェルファイア• トヨタ ヴェルファイア(現行モデル)• トヨタ シエンタ(現行モデル).

次の

トヨタ エスティマ 次期モデル開発終了一転継続へ2012年フルモデルチェンジ

エスティマ 後継

トヨタが、ミニバン「エスティマ」のフルモデルチェンジを計画しています。 新世代となり魅力をアップするトヨタ新型エスティマについて、スペックや価格、発売日などをご紹介します。 【最新情報】復活!トヨタ新型エスティマ後継にフルモデルチェンジへ! トヨタが、「エスティマ」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 トヨタ・エスティマは、ブランドの上級ミニバンとしてラインナップされ、独自の滑らかなフォルムが人気になり、長いモデルライフでも安定した販売を継続していますが、前モデルは2019年10月に販売が終了されています。 フルモデルチェンジする新型エスティマでは、新世代の技術を採用することで基礎から性能が大幅に改善されます。 新世代のエクステリアデザインを採用• TNGAに対応する最新パワートレインにより、運動性能と環境性能を改善• 最新の燃料電池システムを設定• 新世代プラットフォーム「TNGA」を使用し低重心化、室内サイズを拡大• 第2世代「トヨタセーフティセンス」により、安全性能を向上 進化!トヨタ新型エスティマの外装(エクステリア)デザインは? トヨタ新型エスティマの外装は、アイデンティティになっている流線形のフォルムを維持しながら、新しいデザインアクセントにより新世代の魅力がプラスされます。 リアはラゲッジドアの開口部を拡大することで使い勝手を引き上げ、専用スポイラーやデザインの重心をさげるLEDコンビネーションランプにより、高い運動性能が感じられる外観とされます。 ホイールベース:2950mm• しかし、新世代プラットフォーム「TNGA」を使用することで重心を下げることができるようになり、室内には高さのある空間がつくられます。 また、大幅なボディ剛性の向上により、より軽快で快適性の高い走行フィーリングを楽しむことができるようになります。 最新装備!トヨタ新型エスティマの内装(インテリア)デザイン トヨタ新型エスティマの内装は、新世代のシステムを採用することでより上質なデザインとされます。 インフォテインメントシステムには、Wi-FiのHotspot、音声サービスの「Alexa」を利用可能とするAmazon Alexa、iPhoneの機能を車載ディスプレイで操作できるApple CarPlayなどを利用できるようになります。 そのほか、後方の可視範囲を広げるデジタルインナーミラーの初採用などにより、ドライバーの視認性が向上します。 デザイントリムには前モデル同様に質感を伸ばす多彩なカラーやステッチ、素材が用意され、ユーザーの好みにあわせて選択することができるようになります。 シートレイアウトには、これまでと同じく7人乗りと8人乗りを設定。 室内空間は、前世代でモデルライフが長くなったことから室内高の低さが指摘されていましたが、空間を大きくとることができるTNGAプラットフォームにより1300mmを超える高さが確保されます。 【ガソリン車】 直列4気筒2. 5kgm トランスミッション:8速AT• 【エスティマハイブリッド】 直列4気筒2. 5kgm• 駆動方式:FF or 4WD トヨタ新型エスティマには、以前搭載されていた2. 4Lエンジンに代え、新世代の直列4気筒2. 5Lガソリン「Dynamic Force Engine」と、そのハイブリッド仕様が搭載されます。 【ガソリン車】 直列4気筒2. 8kgm トランスミッション:CVT• 【エスティマハイブリッド】 直列4気筒2. 5kgm 「Dynamic Force Engine」は、先に日本でも販売されている「カムリ」に採用され、ハイブリッドシステムと組み合わせられていました。 ダイナミックフォースエンジンは、TNGAに基づいて開発された新開発エンジンで、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成しています。 2kgm トヨタ新型エスティマには、東京モーターショー2017にてコンセプトカー「Fine-Comfort Ride」として公開されていた水素燃料電池車も設定されます。 「ファインコンフォートライド」は、水素と再生可能エネルギーの活用が進んだ低炭素社会におけるモビリティを想定したとされ、水素を使い発電する電動車ならではの自由なレイアウトにより「プレミアムサルーンの新しいかたち」とされています。 燃料補給はガソリン車同等の時間としながら、JC08モードで約800kmの航続距離を実現し、新型エスティマのイメージを牽引するモデルとなります。 乗り心地UP!トヨタ新型エスティマのプラットフォームは? 新型エスティマのプラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」が採用されます。 TNGAは「TOYOTA New Global Architecture(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字で、プラットフォームのほか、トヨタの新しい車づくりの進め方を示すものとされ、特徴は下記の通りです。 部品・ユニットをグループ化して共用化を推進• エンジン熱効率やトランスミッション伝達効率を向上させ、燃費を約25%、動力性能を約15%アップ• 新プラットフォームは、低重心、軽量をすすめ、クラストップレベルの低重心により運動性能を向上• 骨格構造を最適化することで、ボディ剛性を従来比30%~65%向上 新型エスティマでは、これまでプリウス、C-HR、カムリなどに採用されてきたTNGAプラットフォームを採用することで、走行性能や燃費性能をアップ。 フレーム構造も最新の技術により最適化することでボディ剛性が大幅にあがり、負荷が大きくなる場面での走行での接地性や乗り心地も向上します。 5Lハイブリッドシステムにより大幅に改善します。 前世代のエスティマハイブリッドは、燃費が18. 2L自然吸気 11. エスティマハイブリッド 4WD:18. 前モデルには、前世代のエントリー衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」をベースとしたシステムが採用されています。 第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されました。 また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。 さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。 これまで上位モデルに採用されていたトヨタセーフティセンスPから、予防安全装備を充実させ安全運転支援が強化されています。 350万円~ トヨタ新型エスティマの価格は、新世代安全装備の採用などによりアップします。 アップ幅は20万円ほどとみられ、前モデルで約327万円からのスタートだった価格は350万円ほどからとなります。 エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM-G 7人乗り:4,928,727円• エスティマハイブリッド AERAS SMART 7人乗り:4,532,073円• エスティマハイブリッド AERAS PREMIUM 7人乗り:4,391,673円• エスティマ AERAS PREMIUM-G 2WD 7人乗り:3,700,473円、4WD 7人乗り:3,916,473円• エスティマ AERAS SMART 2WD 7人乗り:3,514,909円、4WD 7人乗り 3,730,909円• エスティマ AERAS PREMIUM 2WD 7人乗り:3,401,018円、4WD 7人乗り:3,617,018円• エスティマ AERAS 2WD 7人乗り:3,312,655円、4WD 7人乗り:3,528,655円 2WD 8人乗り:3,271,418円、4WD 8人乗り:3,487,418円 いつ?トヨタ新型エスティマの発売日は? フルモデルチェンジする新型エスティマの発売日は、2021年が予定されています。 前モデルは2006年から販売される超ロングライフとなったことから、2019年10月に販売を終了し、満を持して新世代モデルを投入することが計画されています。 トヨタはエスティマを新世代とし、プレミアムミニバンのラインナップを強化したい考えです。 車名の「ESTIMA」は、英語で「尊敬すべき」を意味するESTIMABLE(エスティマブル)より名づけられました。 初代は「トヨタの天才タマゴ」をキャッチフレーズとし、現代のモデルにもつながる独特の外観を採用。 パワートレインは、従来のワンボックスカーで前輪前・運転席下に位置していたエンジンを横に75度傾けることにより平床化に成功。 前輪も運転席の前方に置くアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用され、ミッドシップは実用性に欠けるという認識を覆すモデルとして人気になりました。 これによりエンジンの大型化が可能となり、エンジンラインナップには初代でも用意されていた直列4気筒2. 4Lに加え、V型6気筒3Lを設定。 2001年には、トヨタ自動車で「プリウス」に次いで二番目、ミニバンでは初となるハイブリッド車「エスティマハイブリッド」が設定されました。 前モデルの3代目は2006年に登場し、パワートレインには新たにV型6気筒3. 5Lエンジンを採用。 その後、細かな改良が続けられ、5年から6年ほどでフルモデルチェンジが行われる通常のライフサイクルを大幅に超えてからも月に1000台ほどをコンスタントに販売し、他の上級ミニバンを凌ぐ販売台数を記録しています。 2016年には、販売11年目で異例のビッグマイナーチェンジが行われ、3. 6Lエンジンがラインナップから外れたものの、新デザインの外装や2トーン仕様を採用し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。 2019年10月には生産が終了されました。 新型トヨタ・エスティマについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の