ゾイ 血清。 いまさらながらバイオハザード7 有料DLC『END OD ZOE』

ジャック・ベイカー (じゃっくべいかー)とは【ピクシブ百科事典】

ゾイ 血清

簡単なあらすじ 1 ミア・ウィンターズは、ヒト胚に特異菌を組み込んで生成された生物兵器「エヴリン」を移送する任務についていた。 一見、普通の少女であるエヴリンは、タンカー内で菌を感染させ、乗船する人々を支配下に置く。 ミアはタンカー上での記憶を失い、エヴリンとともに沼地に漂着し、ベイカー一家に救助される。 2 3年後、ミアの任務のことなどを知らされていなかった夫・イーサンは、ミアが失踪してしまったと思っていた。 そんな彼女から、「迎えにきて」というメッセージを受け取り、指定された場所・ベイカー邸へと向かう。 3 ベイカー邸では、エヴリンの菌で凶暴化したベイカー一家が待ち受けていた。 エヴリンに操られ、豹変するミアに戸惑いながらも、イーサンはミアを探し続ける。 そして、ベイカー一家からの攻撃を受けつつも、ゾイ・ベイカーから渡された血清を手にする。 4 イーサンは、血清をミアに打ち、ベイカー邸を後にする。 ボートに乗った彼らは、ミアたちが乗ってきたタンカーに近づく。 結果、ボートから投げ出された彼らは漂着し、タンカー内へと入ることになる。 そこでミアは記憶を取り戻し、支配から逃げ出すため、エヴリンを倒す必要があると分かるのだった。 5 ミアは、イーサンにエヴリンを倒す薬剤E-ネクロトキシンを渡す。 エヴリンは、特異的な能力を持つ一方、急速に老化してしまうのだった。 ベイカー邸にいた老婆がエヴリンであると気づいたイーサンは、彼女に薬剤を注入する。 変異を遂げたエヴリンを倒し、イーサンはミアとともにアンブレラ社のヘリで救助されるのだった。 失踪した妻 3年前、タンカーに乗船していたミア・ウィンターズは、夫・イーサンに向けて、2つのビデオメッセージを残していた。 …待ち遠しいわ。 この子守みたいな仕事を終わらせて、早く素敵な旦那様に会いたい。 寂しいわ」というものだった。 恐怖に怯えたミアは、「イーサン、あなたに私、嘘をついてた。 ごめんなさい。 このメッセージをもし見てるなら、私を探さないで」と訴えていた。 それから3年後、イーサンは妻・ミアからの連絡を受ける。 「何かのイタズラかも」と思いながらも、「迎えにきて」というメッセージがあった。 指定された場所はルイジアナ州ダルヴェイであり、イーサンは「彼女の身に何があったのか知りたい」という思いで、向かうのだった。 そして、着いた先では、鬱蒼とした森の中にある、一軒の住居だった。 彼女は3年前、10歳のエヴリンという少女をタンカーで移送していた。 ミアとアラン・ダグラスは夫婦と装い、彼女を移送する任務についていたのだった。 エヴリンは、一見普通の少女であったが、ヒト胚に特異菌を組み込んで生成された生物兵器だった。 彼女の菌に感染した人々は、彼女に従属させられるのだった。 元は研究施設に隔離されていたのだったが、襲撃されて彼女が奪われる可能性があったため、移送が決定されたのだった。 エヴリンは、隙を突いてタンカー内の人々に自らの菌を感染させる。 アランは死亡し、ミアとエヴリンは沼地に漂着した。 その彼らを保護したのが、ベイカー一家だった。 その時点で、ミアは自分がどんな任務についていたのか、タンカーで何が起こったのかという記憶を失ってしまっていた。 ミアの豹変 イーサンは、ミアが送ったメッセージでベイカー邸にやってきた。 だが、そのメッセージを送らせたのは、エヴリンだった。 エヴリンは、研究施設にいたため、「家」「家族」というものに憧れていた。 そのため、歪んだ執着心でミア、ベイカー一家を支配し、「家族」になろうとしていたのだった。 旅行者や浮浪者を拉致・監禁するだけでは飽き足らず、今回はイーサンをも誘い込んだのだった。 イーサンは、ベイカー邸で監禁されるミアを発見する。 だが、ミアはメッセージを送ったことを覚えておらず、すでに3年経過していることも分からない様子だった。 さらに、ミアは突然豹変し、イーサンに襲いかかる。 イーサンはやむなくミアの頸部に刃物を突き立て、殺害してしまったと思う。 だが、ミアは生存しており、再び現れたミアは、イーサンの左手首をチェーンソーで斬り落とす。 チェーンソーを持ち、襲いかかるミアに、イーサンは反撃。 ついにミアを倒す。 だが、そこに現れたジャック・ベイカーに殴られ、気を失ってしまう。 ベイカー一家 目覚めると、切断されたはずの左手が繋がっており、酷い傷を負っていたにも関わらず、回復していた。 エヴリンの菌に感染すると、支配を受ける一方で、驚くべき再生能力を手に入れることができるのだった。 イーサンは、「家族」としてベイカー一家に迎え入れられる。 食卓には、腐敗した食物を貪り食うジャック、妻・マーガレット、長男・ルーカス、そして車椅子に乗る謎の老婆がいた。 イーサンは、隙を突いて逃げ出すと、ジャックはイーサンを追いかける。 その中で、ディビッド・アンダーソンという警察官が、ベイカー一家の近くで失踪事件が多いため、調査にやってきていたのだが、ジャックによって殺害されてしまう。 イーサンは、ミアを探しつつ、ジャックから逃げ回る。 そんな中、ゾイ・ベイカーからの電話がかかってくる。 ゾイは、イーサンにたびたび助力を行う。 そして、菌に打ち勝つための血清を作ろうと試みており、材料となる「D型被験体」の頭部を手に入れていた。 再びミアを発見するも、ルーカスによってミア、そしてゾイは連れ去られてしまう。 ルーカスの罠をかいくぐりつつ、イーサンは拉致されたミア、ゾイを救出する。 ゾイから血清を2本渡されるも、1本は変異を遂げた最終形態のジャックを倒すためにイーサンは使用せざるを得なかった。 そこでイーサンは、残りの1本をミアに打つ。 タンカーへ イーサンは、ミアとともにボートで沼を渡ろうとする。 その途中、タンカーを発見するのだった。 「中で、何かが分かるかもしれない」とイーサンは言うのだが、ミアは「戻りたくない」と言う。 そんな中、水中から飛び出してきた物体により、彼らはボートから投げ出される。 溺れてしまい、漂着したミアは目を覚ます。 そこで、横たわるイーサンを発見して駆け寄るのだが、触手のようなものがイーサンを取り囲み、彼を拉致してしまう。 ミアは、イーサンを追って船内に入る。 そこでエヴリンの幻覚を見て、ついに3年前の記憶を取り戻すのだった。 そこでミアは、イーサンにエヴリンを倒す薬剤E-ネクロトキシンを渡し、「あの子を殺して」と頼む。 エヴリンの正体 次の瞬間、船内にいたイーサンは、ベイカー邸にいるという幻覚を見る。 そこで、少女の姿のエヴリンに会うのだが、イーサンはエヴリンの正体に気づく。 エヴリンの本当の姿は、老婆だった。 エヴリンは、特異的な能力を持つ一方で、老化が早かった。 研究施設で打たれていた、3年間、老化を遅くする薬剤を打たずにいたため、エヴリンは老いた姿になっていたのだった。 エヴリンの正体に気づいたイーサンは、彼女にE-ネクロトキシンを注射する。 結果、エヴリンは元の姿を失い、異形な姿となり、イーサンを襲う。 そこで、血清弾が装填された銃をクリス・レッドフィールドによって渡され、とどめを刺す。 ミアとの再会 全ての戦いが終わり、クリスらアンブレラ社の兵に救助される。 ヘリコプターで移送される中、そこでイーサンはミアと再会するのだった。 「俺は、ミアを失ったと思っていた。 だが、彼女は戻り、全てを乗り越え、歩み出そうとしている。 ここから新しい日が始まる」と思うのだった。

次の

バイオハザード7エンドオブゾイのネタバレストーリー考察。ジョーの正体とラスボス(敵)はまさかの・・・!

ゾイ 血清

プレイ動画 プレイ日記 それでは早速やっていきましょう。 前回マーガレットを撃破したので、血清に必要な素材を入手できるようになりました。 後はゾイに会って血清を作ってはいさよならと行きたかったのですが、電話がかかってきました。 出てみると、どうやらルーカスにさらわれてしまった様子。 冷蔵庫を見ろと言われる前に見てしまいましたが、中にはあの保安官補佐の首が入っています。 また地下の解体室か…。 そこには首なしの保安官補佐の遺体があるので、その首に手を突っ込んで鍵をゲット。 後は先に進むための基盤もゲット。 これでいよいよ舞台は実験場ですが、その前にビデオを見て予習をしておきました。 予習が終わった後は早速実験場を攻略していきます。 ビデオで予習したところも出てきますが、ビデオと同じような展開になることなく問題なくクリア。 その先に待っているのは捕らえられたミアとゾイ。 素材も渡して早速血清を作ってもらいましたが、 ここでやってきたのは変異したジャック。 またジャックかという感じですが、何とかショットガンやグレネードランチャーを使って撃退。 最後は血清を使って撃退。 ただ、これで2個あったうち1個使ってしまったので、どちらかしか血清が使えません。 少し悩み、ゾイに使いました。 激高したミアに見送られつつボートで脱出しますが、ゾイは結局途中で死亡。 イーサンもボートから落とされ、ここからはミア視点。 今回の黒幕でもあるエヴリンとのやり取りやミアがイーサンに送ったビデオの経緯を知ったり、後はイーサンを救出します。 イーサンはというと精神世界のようなところで正気に戻ったジャックとの会話があり、その後復活。 ミアによって助けられたイーサンですが、結局ミアは再び感染することに。 そしてイーサンに襲いかかります。 結局最後はイーサンの手でミアも死亡。 ここからはイーサンがエヴリンを倒しにいくことになります。 廃鉱でエヴリンに対抗するための薬を作り、モールデッドたちの攻撃を死にながらも何とか先に進みつつ、そのまま突っ走っていたら最初の場所に戻ってきました。 後はエヴリンを追うだけ。 ここからはお注射の時間。 もちろんエヴリンは抵抗してきますが、こちらを射ち込むと…。 正体はおばあさん。 実は探索するときに何度も現れていて、この人は誰なんだろうと思っていましたが、エヴリンでした。 これでは終わらずボス戦となりますが、最後はクリスの力を借りて撃破。 最後はクリスがやってきてエンディングです。 感想 クリアしたので感想を書いていきます。 今回駆け足だったのでストーリーについてはじっくりとは堪能できていなかったです。 またバイオハザード ヴィレッジの発売日が決定した際にプレイしようかなと考えています。 一人称視点 TPS型のバイオもいいんですが、私は7好きですね。 後ろ振り返ったら誰かがいるみたいななんの変哲もないようなシーンでも怖く感じますし、突然誰か出てきたとかの恐怖が倍増するのかなと。 銃とかアクションを重視するならTPSですが、恐怖という点を重視するなら完全にこっちですね。 没入感もあるし。 規制 今回はグロテスクバージョンとは何だったのかと思ってしまう規制なしの海外版で遊んでみました。 グロ耐性はそこそこあるので、保安官補佐のシーンとか見てもこれが海外版かぐらいにしか思っていませんが、海外版をプレイしてよかったなです。 こういった要素はゲームのクリアには直接関係ないものの、やっぱりこういった規制がないほうがゲーム本来の味が出ているような気がして、楽しめるだろうと考えています。 規制をするなとは言いませんが、Zのくくりって何なんだろうな…と。 初PCゲーム 今回初のPCゲームでしたが、ロードも早くてびっくり。 やられても速攻リトライするし、割といいPCだとここまで快適なんですね。 久しぶりにプレイしたバイオ7でしたが、かなり満足できました。 DLCとかは2回目プレイするときにプレイしていこうかなと思います。 今回のプレイで、バイオヴィレッジがより楽しみになりました。 それでは、また。

次の

いまさらながらバイオハザード7 有料DLC『END OD ZOE』

ゾイ 血清

どーも、ホラーゲームは自分で出来ないので実況中継に頼りきり。 DJココアです。 はこちら 今ちょっと頑張ってるから見て欲しい記事がこちら。 体験版で話題でした、7ついに出ましたね。 ストーリーをきっちり説明していきますよ。 と、その前に関連のあるリンクをご紹介。 さてでは本題。 がっつりネタバレしますので、いやん、という方は回れ右。 さぁ、行ってみよう。 ベー邸へ向かうイーサン 主人公はイーサン・ウィンター。 明らかにになっている設定としては一般人だが、5にアンブレラ社の研究員の名前としてイーサン ・Wが登場している。 同一人物かどうかは現時点で不明である。 妻であるミア・ウィンターは3年前から行方不明になっている。 そんなミアからイーサンの元へメールが届いた。 内容は一言、迎えに来て欲しい、とのことだった。 メールからなにがあったかはまるでわからないが、イーサンはミアを探しににあるベー邸へ向かった。 ベー邸は巨大な屋敷であり、付近にはテレビ取材クルー(体験版で登場したもの)が乗ってきたのであろうワゴンが停められていた。 屋敷の前でミアの免許証が落ちているのを発見したイーサンは屋敷の中へと入っていく。 廃墟と化した屋敷は不気味で、異様な空気を纏っていた。 屋敷の地下で死体を発見し、いよいよなにか異常なことがここで起こっていることを感じる。 壁に貼られた無数の写真やリストもなにに使われたものなのか不明だ。 そしてイーサンは地下の檻の中で横になるミアを発見する。 イーサンに起こされたミアは驚きの表情を見せる。 イーサンにメールを出したのはミアではないようだ。 イーサンとミアは共に屋敷から逃げ出そうとするが、突如ミアが豹変し、イーサンに襲 いかかる。 ゾイと名乗る謎の女性からの電話で屋敷脱出のサポートをしてもらうが、ミアから逃げることができない。 やむおえず、イーサンもミアを攻撃するが、ミアは致死レベルの傷を負っても立ち上がってくる。 重傷を負いつつも、やっとの思いでミアを倒したイーサン。 しかし突然現れたジャック・ベーに殴られ、気絶してしまう。 ベー邸からの脱出 目を覚ましたイーサンはベー一家から逃げ出すことを試みる。 しかし、閉ざされたベー邸からはどこからも出ることができない。 ミアもどこかへ行ってしまった。 そして一家の父であるジャック・ベーは追ってくる。 度重なる戦闘でジャックを何度も倒すが、ジャックの生命力は完全に人間のそれではなくなっていた。 ベー邸の住人は5人。 父であるジャック、その妻のマーガレット、息子のルーカス、娘のゾイ。 車椅子の老婆だ。 ジャックの娘、ゾイだけは正気を保っているようで、電話でイーサンをサポートしてくれる。 ジャック、マーガレット、ルーカスはなにかに取り憑かれたように狂気じみている。 車椅子の老婆は、作中なんども登場するが、不気味に存在するだけで、イーサンをただ目で追うことしかしない。 言葉も発さない。 無害な存在だ。 屋敷の中で発見する無数のメモを見る限り、どうやら、ベー一家は捕まえた人々になにかしらの人体実験をしているようだった。 父親は誰か イーサンは地下の解体室と呼ばれるところで、大量の怪物が作られているのを発見する。 書かれたメモを見る限り、ジャックやルーカスが客人を改造して怪物を作っていたようだ。 ジャックは独り言で、「私が父親だったのに、、、あいつを父親にすると言い出すなんて、、、」と言いながらイーサンを探している。 ジャックは誰かの父親だったはずなのに、それがイーサンに代わってしまいそうということだろうか。 血清 イーサンはジャックの娘であるゾイと連絡を取ることができた。 ゾイの話を聞くと、どうやらミアやベー一家はなにか病のようなものに侵されているようだ。 ゾイはそれを穢れと表現した。 ゾイは正気を保っているようだが、ゾイもそれに同じく侵されているようで、その穢れを治さない限り、屋敷から逃げ出すことができないらしい。 それを治すには「血清」が必要なようで、その手がかりは旧館にあるようだ。 血清があればミアを救うことができると知ったイーサンは旧館に向かうが、旧館にはジャックの妻、マーガレットが潜んでいた。 新たな存在エヴリンとは 旧館でミアと再会することができるが、すぐに息子ルーカスに連れ去られてしまう。 やはり彼女が穢れに侵されているのは本当のようで重傷だったはずの傷は癒えている。 再会したミアは豹変する前の優しいミアだった。 彼女からなにか聞き出したかったがここに来た経緯や状況に関して記憶を失くしてしまっているようだった。 イーサンは血清を手に入れるため、旧館の探索を続けるが、虫を操るマーガレットの追跡に合ってしまう。 そして探索中、マーガレットがゾイに宛てたメモを発見する。 その中にエヴリンという人物の名前が。 エヴリンとは誰なのか、、、。 血清の作り方 マーガレットが守る旧館の祭壇で血清の作り方を入手する。 D型被験体の脳神経と末梢神経。 つまりD型被験体の「頭」と「腕」が必要ということだ。 ゾイが頭を持っているというので、イーサンは腕を探すことになる。 そしてイーサンは死闘の末マーガレットを倒し、D型被験体の腕を入手する。 なぜかこの頃から、イーサンは幼い女の子の声や姿を目撃するようになる。 屋敷内も少女が住んでいたような面影がある。 この家にはもう一人家族がいたのだろうか。 息子ルーカスとのデスゲーム D型被験体の頭を持つゾイと合流するため、中庭のトレーラーへ向かうイーサン。 しかしゾイはルーカスに連れ去られてしまった後だった。 ミアもルーカスの元にいる。 ルーカスに呼ばれたイーサンは罠と分かりつつも地下の解体室へと向かう。 なんとかデスゲームをクリアしたイーサン。 ゾイとミアの元へ駆けつける。 ルーカスはどこかへ行ってしまったようだ。 イーサンの持つD型被験体の腕とゾイの持つD型被験体の頭を使い、二人分の血清を作り出すことに成功する。 しかし、そこに化け物に変貌したジャック・ベーが襲いかかる。 ミアの記憶 死闘の末、ジャックを倒したイーサン。 しかし、ジャックを倒すのに二本しかない血清のうち、一本を使ってしまった。 穢れの治療が必要なのはミアとゾイ。 イーサンはミアに血清を使うことを選ぶ。 ゾイは屋敷に残り、イーサンとミアはボートで脱出を試みる。 途中、イーサンはミアに事情の説明を求める、しかしミアはやはり記憶を失くしてしまっているようだ。 その時、ボートの前方に廃船と化した巨大な船が現れる。 船は破損してからかなりの時間が経過しているようで、劣化が激しく進んでいるものだった。 同時に、二人が乗るボートは何者かの力で転覆させられてしまう。 イーサンとミアははぐれてしまい、ミアは廃船のそばで目を覚ます。 どこかから聞こえる少女の声に導かれ、ミアは廃船の中へ入っていく。 ミアとエヴリン 廃船の中で、ミアは幻覚の少女を追いかける。 そしてその少女に導かれ、失くした記憶を取り戻す。 ミアはある組織のというイーサンの知らない顔を持っていた。 ミアは3年前、エヴリンという少女の母親を装い、エヴリンを移送する任務についていた。 移送中、恐ろしい能力を持つエブリンの暴走を止めることができず、巻き込まれた乗組員は全滅。 ミアとエヴリンはベー邸のすぐ側でジャック・ベーに保護されたのだ。 そのエヴリンが再びミアの前の表れ、ミアは記憶を取り戻したが、ミアはエヴリンの母親になることを拒絶する。 エヴリンは家族に飢えており、家族を集めようとしていたのだった。 ジャックの夢 気を失ったイーサンはジャックの姿を夢に見る。 そして、本来のジャックから、エヴリンに感染させられた家族はずっと心を支配され、抵抗することができなかったと伝えられる。 家族を救ってくれと思いを託されたイーサンはミアに救出され、目を覚ます。 ミアからエヴリンを倒すためのキーアイテム、「エヴリンの体組織」を受け取ると、イーサンは再びミアとはぐれてしまう。 イーサンはエヴリンを倒すため探索を再開する。 ルーカス・ベーと謎の研究所 ベー邸のすぐ近くには廃鉱があった。 どうやらルーカス・ベーはここに潜んでいるらしい。 進んでいくと中は研究所になっていた。 そこで発見した資料を見て、イーサンはエヴリンの正体を知っていく。 エヴリンはある組織によって生み出された「敵集団を戦闘によらず制圧する」だった。 エヴリンは、菌を繁殖、感染させることによって対象を実質的に支配、精神攻撃、洗脳することができるのだ。 ルーカスは廃鉱では見つからなかったが、実は洗脳は既に解けているらしい。 ルーカスは操られているフリをしていたのだ。 組織と交信している形跡も発見した。 なにか関連が深いようだ。 イーサンは「エヴリンの体組織」を使いエヴリンを倒すことができる特殊な血清を作り出し、エヴリンとの最終決戦に挑む。 謎の老婆 ベー邸に戻ったイーサンは引き続き少女の幻覚を追いかける。 そして、ついにエヴリンの本体を見つけ出す。 エヴリンはベー邸に最初からいた謎の老婆だった。 エヴリンは組織の管理下から外れたことで、細胞劣化により急激に老化していってしまっていたようだ。 イーサンやミアが見ていたのはエヴリンが見せていた幻覚。 10歳のままのエヴリンだった。 イーサンはエヴリンに血清を打ち込み、ついにエヴリンを倒すことに成功する。 戦闘で重傷を負い、倒れているイーサンを駆け付けたが救出する。 ミアも無事救出された。 クリスが乗ってきたヘリにはなぜかアンブレラ社のロゴが入っていた。。。 あとがき はい、いかがだったでしょうか。 大体合ってるんじゃないかと思っています。 もし間違ってたらご指摘お願いします。 僕自身バイオシリーズ詳しくなくてですね。 汗 他作品とかの繋がりなどよくわかっていないです。 たまたま見た7が面白かったので今回書かせて頂きました。 個人的に理解できなかった部分は、廃鉱の研究所はいつの時点でできていたのか?っていうところですね。 エヴリンが生まれるまでの研究がされているように見えました。 もしそうなら、3年前、全滅してエヴリンが乗った船が偶然ここにたどり着いたはずなので、なんでここにエヴリンの研究所があるの?と思いました。 ルーカスがこの研究所を出入りしていたようなので、それなら、「エヴリンが来た後、洗脳から解放されたルーカスが、エヴリンを作った組織と手を組み、エヴリンの観察を続けていた。 その過程でエヴリンが生み出されるまでの資料を取り寄せていたので、その資料が廃鉱の研究所にあった。 」という方が自然かと思っています。 ただそういった描写が僕には見当たらなかったです。 見落としただけならめんご。 正直、このゲームめっちゃエネルギー使いました。 実況者さんの見てただけですが。 笑 元来ホラー苦手です。 ホラーと恋愛は使っちゃダメだと思ってます。 またなにか面白い作品見つけたらこうゆうの書こうかと思ってます。 では、また、夢で。 横浜カカオクラブの他記事はこちら yokohamakakao.

次の