ニトリ レース カーテン。 カーテンどこで買う?安く済ませるには?【ニトリやカインズ以外】

外から見える?レースカーテン(ニトリ)だけで生活してみた!

ニトリ レース カーテン

約半年前に窓のたくさんある部屋に引っ越して、ドレープカーテンを2組買いました。 同時に買ったレースカーテン2組についてはこちらをご覧ください。 遮光と防炎が外せない条件で、今後引っ越したときに使いまわせる、どんな部屋にも合うアイボリー・ベージュ系の色で、安くてシンプルものを探しました。 結果、ニトリと無印良品のカーテンにたどり着きました。 店舗で実物を見てもどちらがいいか決められなかったので、1つずつ買いました。 (写真向かって左:無印良品、右:ニトリ) 下の部分が壁になっている腰高窓ですが、引っ越しても使えることと冷暖房の効率を考えて、床までつく長さにしました。 約半年使ってみて、感想は「どちらもとてもよい」です。 「ニトリと無印良品、比較してどちらがよい」とは言えません。 もちろん違いはあります。 お値段も少し違いますし。 違いを含め、それぞれのカーテンを詳しくご紹介していきます。 (参考) まず購入時の状態。 ニトリのノーブル3(アイボリー) 遮光とありますが、遮光2級です。 同じノーブル3でも、アイボリーではなくベージュなら遮光1級です。 店舗で実物を見たところ、ベージュはかなり濃い目の茶色に見えて好みではなかったので、アイボリーにしました。 同じ窓に遮光2級のこのカーテンと無印良品の遮光1級のカーテンを日替りで付け替えてみましたが、ぼくには遮光性の差がよくわかりませんでした。 「言われてみればそうかも…」という程度です。 Aフック仕様と書いてありますが、調節できるので実際はAにもBにもなります。 店員さんに聞いて教えてもらいました。 洗濯できます。 ベトナム製です。 無印良品のプリーツカーテン(ベージュ) はじめてお店で見たとき2枚で3,500円だと勘違いしてしまいました。 1枚3,500円です。 こちらも洗濯できます。 中国製です。 見た目です。 向かって左がニトリ、右が無印良品です。 ニトリのカーテンは折り目がきっちりついています。 無印良品のカーテンは折り目がふんわりした感じです。 同じ場所につけたときの見た目。 ニトリのカーテン 無印良品のカーテン ニトリのものは、端っこが短い間隔でしっかり折り目がついているので、折り目のない奥のレースカーテンが露出してしまいます。 無印良品の端っこの折り目はふんわりなので、結構平らになってレースカーテンをほぼ隠してくれます。 折り目をきっちりつけていない分、シワがあります。 ぼくはシワについては全然気になりません。 タッセル(カーテンを束ねる帯)で留めたときの様子。 左のニトリはきっちり、右の無印良品はざっくりという感じです。 無印良品の方が実寸で約4cm長いので、その分畳についている部分が余っています。 ニトリ 無印良品 ニトリのアイボリー(左)と無印良品のベージュ(右)の色の差です。 無印良品のほうが濃い茶色をたくさん使っているので、その分茶色が強いです。 その茶色の配置が適当に散らばっている感じになっているので、ざっくり感があります。 ニトリの同じシリーズ「ノーブル3」のベージュは、ぼくの目で見た限りでは、結構濃い茶色です。 アイボリーと違って遮光1級です。 買う前にネットで調べていたとき、たしか2件くらい「色が濃い」という声を見ました。 色は写真で伝えることは難しいですし、一人一人見える色の感じも違うはずなので、色を重視するのであれば実際に見てからのほうが安心だと思います。 東京都内であれば、2017年6月30日にオープンしたニトリ渋谷公園通り店が、若年層をターゲットにしていて低価格帯の商品の品揃えが良いのでおすすめです。 ぼくがお店に行ったときも、若いお客さんがたくさんいて、いままで行ったニトリと雰囲気が違うと感じました。 都心に商品をたくさん展示しているお店を出してくれるのは、都心に住んでいて車を持っていないぼくにとってはとてもありがたいです。 ニトリはお店で見てネット通販で買うことも勧めてくれているので、お店では見るだけで直接買わなくても罪悪感を感じることなく、気楽で楽しいショッピングができます。 長さについてです。 こちらは無印良品の説明です。 ぼくには結構難しくて理解できませんでした… ぼくの部屋で実際どうなのかをご紹介します。 ぼくの部屋のカーテンレールの高さは、床(畳)から実際に取り付けるレールの一番下までで、174. 5cmくらいです。 カーテン自体の高さは、ニトリが約178cm、無印良品が約182cmです。 無印良品の値札に「実寸は182cmです」と書いてあります。 ぼくはこれを読んで、丈178cmと実寸182cmの違いがわからずちょっと困りました。 高さの調整ができるフックで少し吊り上げた状態を普通として、それが178cmということのようです。 高さ調整ができるフックは、カーテンが一番高く吊り上がる(丈が一番短くなる)ところにします。 (写真は無印良品のフック) ニトリ 一番吊り上げた状態で… 床にちょうどつく感じです。 おさらいします。 レールの高さが174. 5cm、カーテンの高さ実寸が178cm、フックは最大限吊り上げたところ(カーテンが一番短い状態)にすると、このように床にちょうどつく感じになります。 フックは最大4cm程度調整ができそうです。 (寸法を計ると5cm調整できそうですが、フック自体が斜めになるので、実際は4cmくらいじゃないかという考えです。 ) フックをカーテンが一番長くなるような位置にすると、カーテンレールが見えたり、後ろのレースカーテンが見えたりする可能性があります。 ぼくは実際いろんな高さを試してみて、「カーテンレールが見えるのは別に気にならないけど、奥のレースカーテンの頭が見えるのはちょっと嫌だな」と思いました。 カーテンを床につけるかつけないかというところも人によって好みが違うと思います。 ぼくは冷暖房の効率重視で、床につけるほうが好きです。 (現状の部屋ではめいっぱい吊り上げても床につくので、床につかないようにするという選択肢はないです。 ) ぼくの弟は湿気の多い1階に住んでいていて、「カビが生えにくいように、カーテンは床につかないようにしている」と言っていました。 無印良品 一番吊り上げた状態で… 床について少し余っている感じです。 おさらいします。 レールの高さが174. 5cm、カーテンの高さ実寸が182cm、フックは最大限吊り上げたところ(カーテンが一番短い状態)にすると、このように少しダブつく感じになります。 無印良品のフックは最大5cm程度調整ができます。 もしくは、「カーテンのサイズがそうなら仕方ない、そちらにあわせる」という柔軟な考えも素敵だと思います。 横幅のサイズは一般的に、カーテンレールの長さの1. 05〜1. 15倍くらいが、山谷がいい感じに出てキレイと言われているようです。 既製品だと横幅は100cm程度か150cm程度の2種類しか選択肢がないことが多いと思います。 悩む余地はあまりないです。 ぼくの部屋での実際の山谷の出方はこんな感じです。 写真左:無印良品:レールの長さ:182. 5cm(カーテンの幅2枚で200cmに対して約1. 1倍) 写真右:ニトリ:レールの長さ:170cm(カーテンの幅2枚で200cmに対して約1. 18倍) 左 右 カーテンのフックの数もご紹介しておきます。 裏返して吊るした写真です。 ニトリ:7つ 無印良品:7つ 約半年間、和室で毎日この2つのカーテンと共に暮らしました。 どちらもしっかり遮光してくれます。 ぼくの部屋の窓の1つは、隣のアパートの最上階の廊下と隣接しています。 屋根がない廊下で、蛍光灯が壁面に取り付けられています。 そのため、蛍光灯の光が下方向ではなく横方向に向かっています。 その照らす方向にぼくの部屋の窓があります。 とても明るいです。 でも、この2つのカーテンが遮光してくれるおかげで、夜はぐっすり眠れています。 また、外からは見えないはずという安心感があり、部屋でくつろいだ心持ちでいられます。 色については、白に近いアイボリー、ベージュにしたおかげで、部屋が明るくて落ち着く感じです。 野暮ったい感じはなく、シンプルでおしゃれだと思います。 明るい色は汚れついたときに目立ちますが、ぼくは明るい雰囲気が好きなので、アイボリー、ベージュでよかったと感じています。 今後引っ越したとしても、どんな部屋にも合う色だからそのまま使い回せるというメリットもあります。 ほんのわずかな時間ですが、カーテンは毎日朝晩開け閉めで触ります。 触り心地も大事です。 この2つのカーテンはどちらも触り心地がいいです。 ぼくの感覚では、しっかりした感じで、ベタつかずサラッとした感じです。 気持ちいいです。 どちらもとてもよいカーテンでおすすめです。 ニトリのノーブル3は、既製品なのに高さ10cm刻みで豊富なサイズを用意してくれています。 「あうサイズがないからオーダーカーテンにするしかないかな」と思っている方にもありがたい商品だと思います。 下記に全てのサイズをご紹介していますので、参考にしていただければと思います。 色の種類も、アイボリー、ベージュ、ブラウン、イエローグリーン、ブルー、ローズ、ブラックと豊富です。 一番シンプルな模様で、「ノーブル3」と3回モデルチェンジをしているような名前で、これだけの豊富なサイズとカラーを用意しているということは、おそらく定番の人気商品なのではないかとぼくは思っています。 ・ニトリのノーブル3(アイボリー) ・無印良品のプリーツカーテン(ベージュ) 男性でも女性でも、一人暮らしでも二人暮らしでも三人以上でも、どんな方にもおすすめできる万能なカーテンだと思います。

次の

外から見える?レースカーテン(ニトリ)だけで生活してみた!

ニトリ レース カーテン

ニトリのカーテンにはこんな種類があります。 まずは、どんなアイテムを扱っているのか、大まかにまとめてみます。 ドレープカーテン いわゆる厚地カーテン 部屋側にくるカーテン で、柄やデザインは、• チェック• ストライプ といったシンプルなものがメインとなっています。 それ以外には花柄や葉っぱの柄などがありますが、全体的にはオーソドックスなイメージです。 ネットでは、カラーや柄で検索できるだけでなく、• 遮音 といった機能性のカーテンも充実していて、その機能別に絞りこんでの検索も可能。 レースカーテン レースカーテンも定番の機能付きは一通り揃っていて、• ミラー 昼間に外から室内が見えにくい• 遮熱 熱をカット• 遮像 昼も夜も外から見えにくい• 防炎 燃え上がりにくい といった機能別に検索が可能。 デザイン的にもやはり、無地などのシンプルなものが多いんですが、カラーや柄の入った華やかなレースカーテンもあります。 またドレープとレースでセット販売にして、お手頃な価格のアイテムも展開しています。 オーダーカーテン 勝手な思い込みかもしれませんが、ニトリのカーテンって既製品 サイズがもともと決まっているモノ っていうイメージないですか? なければすいません 実際にはサイズを1㎝刻みで指定できるオーダーカーテンもやってます。 既製品と比べると当然種類も多く、柄物のデザインのモノも増えます。 ただ全体的には、やっぱり合わせやすい落ち着いたモノが多い印象。 その他 その他にも、• ロールスクリーン• ブラインド• シェード といった窓回りのアイテムから、• カーテンレール• タッセル カーテンを束ねるヒモ状のモノ• カーテンフック• ランナー フックを引っかけるパーツ といった小物なども当然のように全て揃います。 デザインは限られますが。 ニトリならではの特徴 ではニトリのカーテンの印象なんですが、あくまで勝手に感じてる個人的な意見なので、まったく違う意見の人もたくさんいると思います。 なんでも揃う 上にあげた取り扱いのアイテムを見てもらうと分かると思いますが、ニトリで探せばとりあえず一通りのモノは揃います。 それもアイテムごとにそこそこのボリュームがあるので、自分が探しているものは、何かしら見つける事ができるんじゃないでしょうか。 カーテン専門店まではいかないですが、さすが日本一の家具屋さんというとこでしょう。 デザインは無難な感じ これも個人的な印象なんですが、ニトリの場合、全てではありませんが家具も含めて万人受けするモノを提案している感じが強くあります。 できるだけ数をたくさん売るために。 なので、無難なデザインのものが多く、ちょっとクセのが強かったり、個性的なタイプは少ないです。 無難といってもオーソドックスな、という意味なので選びやすいラインナップかとは思いますが、ちょっと変わったモノ、人と違うインテリア、という人には物足りないんじゃないかと。 ニトリのカーテンの価格や評判は? 価格はそこそこ安い! ニトリのキャッチフレーズ、「お値段以上!ニトリ」の値段についてですが、やっぱり安いです。 まずは、安い価格帯のカーテンのボリュームがそれなりにあるので、余計に安い印象は受けるし、買いやすいのも間違いありません。 ただ以前と比べると、家具もそうなんですが、オーダーカーテンも含めて、やや単価の高い商品も増えてきたのかなぁ、という印象は受けます。 値上げをしたのではなく、よりいいモノを扱い出したという感じ ニトリの場合には、他の家具屋さんとまったく同じアイテムを扱っていることが少ないので、単純に値段の比較はしにくいです。 ただ、それでも同じグレードのアイテムを比べた場合には、ややお値段以上なのかな、という印象です。 あくまで印象ですが… 少なくとも家具よりは、同グレードの商品を比較した場合に、安さ感を感じます。 カーテンの評判や口コミは上々 まぁ、小売店の評判なんてのは、いいモノもあれば悪いモノもあります。 特にニトリの評判や口コミというと、悪いモノも結構見かけるんですが、カーテンに関してはいい評判が多い印象です。 いくつか意見をまとめてみました。 否定的な評判• 店員の対応が悪かった• オーダーカーテンはそれほど安くない• オーダーの納期がかかりすぎ 好意的な評判• とにかくネットやほかの店よりも安いのが見つかった• 安い遮光カーテンでもしっかり使える• 種類が多くて気に入った柄が見つかった• かわいい柄が見つかった• レースカーテンとのセット販売がお得 いろいろ探してみたんですが、他の家具ほど否定的な意見が見当たりませんでした。 ソファやベッドの不満は結構見かけますが… ニトリのカーテンについてのまとめ すごくデザイン性の高いカーテンというのは少ない! オシャレじゃない、とかいう意味ではなく オーソドックスでシンプルなタイプのカーテンがメイン、といった感じでしょうか。 で、価格がこなれているので、それなりに気に入るモノを見つけられるのがニトリのカーテン! という、まったく個人的な意見でまとめてみました。 ただ、評判はなかなかいい感じでした。

次の

ニトリのカーテン遮熱は効果あり?西日対策や他のおすすめは?

ニトリ レース カーテン

ニトリのレースカーテンは1cm単位でオーダーメイドできる ニトリのレースカーテンは、種類が豊富な点が魅力的でしょう。 遮熱・遮像・ミラー・防炎など機能が多く、目的に合わせて選べることでランキングや口コミでも人気があります。 また、カラー・サイズ・デザインも多種多様で、好みのカーテンをチョイスできるのもニトリならではの特徴です。 1センチ単位でオーダーメイドができる点でも選んで損はありません。 自分の家の窓にぴったりサイズのおしゃれなデザインのレースカーテンを選べます。 ニトリのレースカーテンの選び方 機能性で選ぶ カーテンはただ単に部屋のインテリアとしての要素だけでなく、部屋環境をよくするための大切なアイテムです。 そのため、遮光・遮熱・防炎・遮音・形状記憶などにこだわって選ぶことがポイントでしょう。 特に遮光は大事な要素で、夜勤の人などぐっすり眠れるように仕様には十分こだわるべきです。 1級は99. 80%以上99. 99%未満、3級は99. 40%以上99. 80%未満の遮光レベルで、自身の部屋の明るさなど考慮しながら選びましょう。 快適さで選ぶ レースカーテンは、プライバシー保護の欠かせないアイテムで機能性についても十分に考慮すべきです。 たとえば、ミラー機能があれば、日中に日光が反射して室内を見えにくくし、紫外線もしっかりカットできます。 また、防カビ・防臭・防汚・抗アレルギー物質・花粉キャッチ機能があれば、部屋はすっきりクリーンな空間で快適に過ごせるでしょう。 とくにアレルギー体質の人にとってはとても大事な要素で、空気清浄機とともにレースカーテンも機能性にこだわって探してみましょう。 色や柄で選ぶ レースカーテンは無地と思っている人も多いですが、ニトリレースカーテンではデザインなど豊富に揃っています。 せっかく購入するのであれば部屋にマッチしたデザインを探しながらできるだけ明るめタイプを選び、パッと華やかな印象で選ぶようにしましょう。 細やかなデザインながら、価格もコスパ力に優れていて選ぶのに迷ってしまうでしょう。 ホワイトカラーの清潔さの中に花柄や植物系などがデザインされたおしゃれなニトリレースカーテンがおすすめです。 ニトリのレースカーテンのサイズ展開は? ニトリのレースカーテンは、既製タイプとオーダーメイドタイプがあります。 失敗しないためには必ず買う前に取りつけたい窓のサイズを測ってから購入するようにしましょう。 買ってからサイズを間違えることがないようにしてください。 ニトリのレースカーテンのオーダー方法は? レースカーテンと言っても色んな種類があり、シンプルなフラットカーテン・ポールに通すハトメカーテン・タブにポールを通すタブカーテン・カーテンレールを隠すバランスカーテンです。 取り付けたい窓の状態を確認してから種類をオーダーしましょう。 ニトリのレースカーテンは約150種類あり、好みの生地を選び1センチ単位で注文できます。 窓の形にぴったりの美しいカーテンに仕上げるために、必ずオーダーする前に採寸をしておきましょう。 ニトリのレースカーテンのおすすめ人気ランキング10選 ここからはニトリのレースカーテンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。 選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのニトリのレースカーテンを見つけてみてくださいね! 10位:遮熱・遮像レースカーテン アクティ 100X176X2• 丈の長さを調節できる、アジャスターフックが付いたニトリレースカーテンです。 紫外線UVカット率が87%と、部屋にいる時間が長い人でも安心して過ごせるでしょう。 他にも遮熱効果や外気を遮る効果もあって、快適な部屋空間を目指せます。 また、部屋の空気を逃がしにくいことで、暖房器具を使えば冬でも暖かさが持続するでしょう。 光沢糸を使って編み込んでいるため、日中外から見えにくいミラー効果もランキングや口コミで人気の理由です。 レースカーテンの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、レースカーテンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 ニトリのレースカーテン いかがですか。 ニトリのレースカーテンは機能性に優れている点が魅力です。 ニトリのレースカーテンがあると、遮光・遮音・遮熱効果などが期待できるでしょう。 1年を通して部屋空間を快適にするためにも、ぜひ、お気に入りのニトリのレースカーテンを見つけてみてはいかがでしょうか?.

次の