格安sim wifi 自宅。 【2020年版】自宅にWiFiを引こう!無制限でおすすめはこれ!|ポケットwifi比較

格安SIMのポケットWi

格安sim wifi 自宅

格安SIMやポケットwifi,WiMAXの購入を考えている人多いと思いますが、それがあなたに合った一番良いプランか一度見直してみませんか。 このページでは、格安SIMがおすすめの人、WiMAXがおすすめの人と利用状況によって一番最適の通信方法を紹介しています。 先ずは、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。 格安SIMについて 格安SIMは、月額数百円で利用する事が可能です。 スマホの端末に購入したSIMを挿入することによってインターネットの使用が可能になります。 低価格の為、大手携帯電話会社(softbank・au・docomo)から乗り換え(MNP)する人も増えてきています。 格安SIMのデメリット• ドコモのスマホを格安SIMに変更した場合ソフトウェア更新が利用できない場合がある• 電話が使えない(契約内容による)• 契約時はクレジットカード払いが必須なMVNO業者が多い• SIMフリーの端末が必要になる(docomoの回線を利用してるSIMカードであればdocomoの端末は利用可能です。 回線が混雑してて遅いときがある 実は格安SIMといっても上記に挙げたようにデメリットはたくさん出てきます。 一番のデメリットとしては、回線速度が遅い場合があります。 これは契約元の格安SIM業者によって違いますが、基本的に 格安SIMはWiMAXやポケットWiFiよりも速度がでません。 月額料金を安くするためにデータプランを契約した場合、電話が使えないは困る人も多いですよね。 かといって、電話番号付きで契約すると月額料金が高くなります。 そうするとせっかくの格安SIMなのに、安くない!となる場合があります。 また、大容量20GB以上は格安SIMよりもポケットWiFiの方が安く契約できます。 格安SIMで困るのが電波状況は問題ないのに回線が遅い時があります。 人気の格安SIMにこの現象が起こりやすいので注意してください。 格安SIMのメリット• 料金が安い(月額500円~等)• 2年縛り等の契約期間の縛りが殆んどない• 通信容量にあわせてプランが選べる(例:あまり使わないのであれば月額1GBプラン等)• 通話SIMまたは、SMSオプションを選択すれば、LINEを使う事が出来る 格安SIMといえば何といっても月額料金が安い事です。 例えば、毎月8000円前後支払っていた携帯代も3,000円前後になったりと、安く使えるのが格安SIMです。 さらに、格安SIMでもテザリングを使用すれば、Wi-Fiを飛ばすことが出来ます。 テザリングを使用することによって、外出時ノートパソコンをインターネットに繋ぐ事も可能です。 ポケットwifiについて ポケットwifiでは、格安SIMと比較すると料金は少し高いですが、WiMAXよりは安く利用が可能です。 ポケットwifiのデメリット• 格安SIMと比較すると月額料金が少し高い(ポケットwifiは月額2,760円)• 2〜3年縛りの契約が多数 ポケットwifiのメリット• 地下鉄(都内)から、喫茶店まで、何処に居てもインターネットが楽しめる• WiMAXと違い月額料金が安い(月額2,760円)• ポケットwifi1台で最大10台まで同時に利用できる(例:iPhoneとAndroidの2台持ちでもポケットwifi一台でOK)• wifi対応端末なら利用可能なので、ノートパソコンからスマホ、任天堂3DS等、様々な端末で利用ができる• 電波が入るエリアが広い ポケットwifiの一番の魅力は月20GB迄であれば、月額2,760円(Nextmobile)でご利用が可能です。 家計を圧迫せずにモバイルWi-Fi端末を持てるというのは助かりますね。 ポケットwifiはこんな方におすすめ 月5GB〜20GBの利用をしたい。 出張先でノートPCを使用したい。 月に20GB以上ご利用の方はWiMAXをおすすめしています。 WiMAXについて モバイルwifi端末の中で高速データ通信が沢山できるのがWiMAXです。 速度制限については、月間無制限の3日で10GBの速度制限のみとなっております。 速度制限時でも1Mbpsとホームページの閲覧やtwitter程度であれば問題ありません。 なお、月額料金は、ポケットwifiと比較すると月額1,000円前後高くなりますが、高速+実質無制限の為、申し込みする人も多いです。 WiMAXのデメリット• ポケットwifi同様電話ができない• 3年縛りの為、一度契約すると途中解約では違約金が発生する• 月額料金が高額 WiMAXのメリット• 速度制限が3日で3GBと高速通信が長時間行える。 高額キャッシュバックキャンペーンが豊富• 最大440Mbpsの高速通信が可能• クレードルセットで購入すれば有線LANポートも付いている為、デスクトップPCにも使用が可能(新機種WX03のみ) WiMAXは、月額料金が高くても良いからインターネットを沢山使いたい。 WiFiを使用してPS4やWii U等家庭用ゲーム機に繋ぎたいという人におすすめです。 月30GB、50GBと大容量を使うのであれば間違いなくWiMAXがお得です。 格安SIMよりも速度が安定していて速いです。 結局どこから購入したら良いの? 格安SIM、ポケットwifi、WiMAXと何処から購入したら良いか悩んでる人も多いとおもいます。 月々のデータ通信の量で決めるのが一番良いです。 データ通信が月に3GB未満の人 インターネットはウェブサイトを見たり、アプリで少し遊ぶくらいという人は格安SIMで十分です。 格安SIMを購入する方は、iPhoneまたはAndroidの端末が必須です。 格安SIMを購入する際、沢山の業者があると思いますが、おすすめは「DMM mobile」か「楽天モバイル」です。 楽天モバイルは、認知度と優良企業の為、サポートも徹底しています。 しかし、SIMのみの購入でも本人確認が必須というのが難点です。 DMM mobileであれば、SIMだけの購入には本人確認が必要ありません。 その為、本人確認の手続きが面倒と言う人はDMM mobileを契約することをおすすめします。 DMM mobileと楽天モバイルの月額料金 月額料金 高速データ通信量 DMM mobile 850円 月3GB迄 楽天モバイル 900円 月3. 1GB迄• データ通信が月に20GB未満の人 ちょっとしたデータのやり取りや、外出先でノートPCを使用する程度であればポケットwifiがおすすめです。 特にNextmobileであれば月額料金2,760円で20GBと業界最安値の料金設定となっており、格安SIMと比較しても料金が安めです。 但し、契約期間が2年間となっており、2年以内の解約は解約金が発生します。 また、20GBを超過した場合速度が128Kbpsまで遅くなります。 月額料金 高速データ通信量 NEXTmobile 2,760円 20GB ネクストモバイルのモバイルルーター「FS030W」はSIMフリーの端末となっております。 そのため契約終了後は、格安SIMをさして使うという使い方も可能です。 ネクストモバイルは2年間月額2,400円と業界1の安さです。 データ通信20GB以上使用したい人 動画も見たい!ゲームもしたい!家のパソコンに繋ぎたい! 上記の方におすすめは、WiMAXです。 WiMAXは3日で10GBという速度制限がありますが、速度制限が発生しても1Mbps程度の速度は保証されています。 オンデマンドで動画を見る機会も増えてきましたが、 WiMAXであれば動画視聴も問題なく可能です。 WiMAXでおすすめは、GMOとくとくBBとなっております。 GMOとくとくBBでは、高額キャッシュバックプランと、月額料金割安プランの2つのプランを用意しております。 キャッシュバックを沢山受け取りたい方はキャッシュバックプラン、月額料金を安くしたい人は割安プランを選択してください。 月額料金 高速データ通信量 キャッシュバック GMOとくとくBB 高額キャッシュバック 3,609円 3ヶ月目〜4,263円 3日で10GB 最大37,000円 GMOとくとくBB 割安プラン 2,170円 3ヶ月目~3,480円 3日で10GB 5,000円• 格安SIM+SIMフリールーターの組み合わせもあり!? SIMフリーのモバイルルーターが手元にある人は、格安SIMを買うだけでいいのですが、• これから全部揃えたい(格安SIM、モバイルルーター)• 月額料金を極限まで安くしたい という人は、楽天モバイル等の格安SIM業者から、格安SIMとモバイルルーターの購入がおすすめです。 ポケットWiFiやWiMAXと比較すると楽天モバイルのモバイルルーターは購入しないといけません。 ベーシック 3. 1GB 5GB 10GB データSIM 525円 900円 1,450円 2,260円 例えば最初に10,800円出して「Aterm MP01LN」を契約してしまえば、毎月10GBの高速通信が1,450円で利用できます。 動画を長時間視聴するという人には、格安SIMは向いていないのですが、 月10GB以内しか使わないよと言う人には、楽天モバイルの格安SIM+モバイルルーターはおすすめです。 しかも 通話無しのデータプランであれば、 契約期間がありません。 ポケットWiFiやWiMAXだと、2年or3年といった契約期間があるため、途中で解約すると違約金を取られてしまいますが、楽天モバイルなら辞めたいときに辞めて大丈夫です。 安く使いたいならポケットWiFiのレンタルも考えた方が良い!? WiFiのレンタルと聞くと「え?」と思う人がいるかもしれませんが、 今ポケットWiFiのレンタルが流行っています。 理由としては 「初期費用0円」「契約期間なし」「月間無制限」と良いこと尽くしとなっております。 特に、当サイトでおすすめしているのが「縛りなしWiFi」です。 縛りなしWiFiは• 初期費用0円・契約事務手数料0円• 契約期間の縛りもなし• 月間無制限• レンタルのため端末代ももちろん無料• 月額料金3,300円 上記の通り、通常の契約よりもかなり安くお得です。 毎月支払う金額も3,300円ですみます。 縛りなしwifiで一番おすすめできるポイントとしては「 契約期間の縛りがなし」です! 自宅に光回線を引くからWiFiが必要なくなったという場合であれば、返却すればいいですし、いつ解約しても違約金が発生しません。 レンタルWiFiは2019年一番おすすめできるポケットWiFiの契約形態です。 初期費用0円、解約金0円の縛りなしWiFiは月額料金3,300円とおすすめです!!

次の

【2020年版】WiFiの料金が一番安いのは?~無制限で自宅でも外でも使える!~

格安sim wifi 自宅

自宅のみならず、外出先でもスマートフォンやパソコンで、Wi-Fiを使用できる端末「モバイルWi-Fiルーター」。 そんなモバイルWi-Fiルーターは格安SIMを挿入して使用することができるって知っていましたか?ここでは、モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使う場合のメリットやデメリット、注意点などを紹介していきます。 これから格安SIMとモバイルWi-Fiルーターを組み合わせて利用したい方はぜひ参考にしてください。 モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使う場合の注意点 モバイルWi-Fiルーターを格安SIMで使えるといっても、全てのルーターで使えるわけではありません。 スマートフォンと同じように、大手キャリアで提供されているモバイルWi-FiルーターはSIMロックが掛かっているため、SIMロック解除を行うか同じキャリアの回線のSIMカードを挿して使う必要があります。 またSIMフリー版のモバイルWi-Fiルーターもありますが、対応周波数には注意しましょう。 データ容量や通信速度という観点もあるので一概に比較は難しいところですが、大手キャリアが提供しているプランと比較すると安く設定されております。 そのため短期間のみモバイルWi-Fiルーターを使用したい場合には格安SIMでの使用がおすすめです。 月額料金も安く契約期間の縛りも大体ないので、とにかく手軽に利用が可能です。 もちろん格安SIMを使ったモバイルWi-Fiルーターでも、自由にパソコンやタブレットと接続することが可能ですので• とにかく安く使いたい• モバイルWi-Fiルーターを試してみたい• 短期間だけ利用したい といった方におすすめです。 容量無制限のプランを用意している格安SIMもありますが、通信速度であったり短期的な通信容量の使い過ぎに対する制限だったり、何かしらの制限が設けられております。 そのため非常に多くの通信量を必要とする方の場合、格安SIMのモバイルWi-Fiルーターは向いていないかもしれません。 特に回線が混み合う平日の通勤時間帯やお昼などは、速度が下がりやすいため注意が必要です。 モバイルWi-Fiルーターを活用するのはすごく簡単! 格安SIMでモバイルWi-Fiルーターを使うには、簡単な事前操作が必要です。 はじめに、モバイルWi-Fiルーターに格安SIMを挿入します。 続いて、APN設定をおこないましょう。 最後に、機器をインターネットに接続する、たったこれだけです。 とても簡単なのでぜひ検討してみてください。 格安SIMで使うおすすめのモバイルWi-Fiルーターは? 最後に格安SIM BIC SIM で使う場合の、おすすめのモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」をご紹介します。 MR05LNは、多くのMVNOで提供されているNEC製のモバイルルーターです。 ただし同じキャリアの回線でもサービスによっては保証外な物もありますので、自分が利用したい格安SIMが対応されているかメーカーの公式ページで確認してください。 なお、BIC SIMはIIJmioのSIMカードを利用しているので確認する場合は「IIJmioモバイルサービス」で確認してください。 タイプD ドコモ回線 タイプA au回線 共に接続確認されているので問題なく使用できます。 休止状態であれば、最大約1,250時間の連続待受時間を実現しています。 つまり、利用シーンに応じた通信の切り替えがおこなえるのです。 しかもSIMの切り替えにかかる時間はわずか10秒。 ルーターの画面にショートカットアイコンが用意されているのでワンタッチで切り替えられます。 MR05LNをビックカメラ. COMで購入される方はから。 モバイルWi-Fiルーターの格安SIMでの運用ですが、メリットもデメリットもありますので、自分のニーズに合わせて検討してみてください。

次の

www.instavin.com:激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する (1/2)

格安sim wifi 自宅

モバイルルーターの目次• モバイルルーターとは何? モバイルルーターとは手のひらサイズの通信端末です。 モバイルルーターを使えば、ノートパソコン、デスクトップパソコン、タブレット、スマホなどでインターネットができます。 外でも家でも使えます。 格安SIM データSIM やポケットWiFiを契約するとネットが使えるようになります。 例 モバイルルーターのAterm MP01LN モバイルルーターは、モバイルWiFiルーター、WiFi ワイファイ ルータと呼んだりもします。 ルーター、ルータ、伸ばしても伸ばさなくてもどっちでもいいです。 モバイルルーターの役割 ギガを比較的たくさん使う場合や、スマホやタブレット、ノートパソコン等、複数の端末を使っている場合、モバイルルーターがあると便利に安くできます。 自宅の光回線の代わりにもなります。 ドコモ、au、ソフトバンクの大容量プランもありますが、モバイルルーターを使ったほうが、月4000円くらい安くなったりします。 モバイルルーターを持ち歩きたくない場合は、SIMカードが2枚入るDSDV対応のスマホに、安い大容量データSIM を入れて、スマホ1台で便利に安く使うこともできます。 1人〜2人暮らしなら、光回線よりもモバイルルーターがおすすめの理由:安くて簡単に使えるから 1人〜2人暮らしなら、自宅のWiFiは光回線よりもモバイルルータがおすすめです。 理由はモバイルルータのほうが安く使えて、簡単に始められるからです。 使い方にもよりますが、モバイルルータなら月1500円〜2500円くらいです。 それに対して光回線は月3500円〜5500円です。 モバイルルータなら外へ持ち歩くことができるので、スマホを一番安いプランにできます。 一人暮らしなら光回線よりもモバイルルータを強くおすすめします。 2人以上で暮らしている場合は、外へ持ち歩くのは難しくなりますが、光回線よりも月額料金が半額くらいなるのが魅力的です。 3人以上になると、例えば3人がみんなそれぞれでスマホやパソコンを使い始めると、モバイルルータの速度では厳しい感じが出てくるので注意してください。 3人以上が同時に使わなければ大丈夫な感じです アパートなどで自宅に光回線を引けない場合や、引っ越しを良くする場合、モバイルルータなら簡単です。 工事不要ですぐ使い始められます。 やめるときも、縛りなしの契約を選んでおけば、簡単にやめれます。 モバイルルータの6つの種類と違い モバイルルーターは大きく分けて6つの種類があります。 格安SIMは月10GB以下なら月500円〜2500円くらいで使えます。 通信速度は他よりも遅いですが、月10GB以下ならそこまで問題にはなりません。 ワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFi、それとdocomoのデータプランは月額料金が高いので無視です。 民泊系のポケットWiFiは3日間で10GBの制限がありません。 通信速度も速く、格安SIMのように平日昼に遅くなったりしません。 クラウドSIMの場合はギガ使い放題ですが、通信が不安定になったり、超遅くなったりします。 モバイルルーターの結論:民泊系ポケットWiFi 物理SIMタイプ 、かろうじて格安SIMが隙間に入る 現時点のモバイルルーターのコスパ最高は、民泊系ポケットWiFi 物理SIMタイプ です。 昔は格安SIMを使うモバイルルータは安く使えましたが、民泊系ポケットWiFiの料金が最近さらに安くなって、格安SIMの立ち位置がほとんどなくなっています。 具体的には月3GB以下なら格安SIM、3GBを超えるなら民泊系ポケットWiFi を選ぶのが良いです。 FUJI WiFiならSIMのみの契約もできるので、格安SIMと同じように自分の好きなモバイルルータやスマホにいれて使うこともできます。 スマホでも動画をあまり見ない場合は、格安SIMで十分です。 クラウドを多用していなければ、アップロード速度はあんま気にしなくても大丈夫です。 月100GB以下ならモバイルルータが最適 月100GBならモバイルルータがおすすめです。 モバイルルータなら月額料金が安く、簡単に始められます。 月100GB程度ならモバイルルータの速度でも十分です。 一人ならほとんどの場合で月100GB以内で収まります。 光回線がなくても、普通の人なら使うギガ数は月5GB〜50GBです。 平均は20GBくらいだと思われます。 パソコンやタブレット、ネット対応TVで動画をたくさん見る場合は50GB〜100GBを選ぶ感じです。 1人で月200GBは相当な量です。 家族で使う場合は単純に家族の人数を掛けて考えてください。 3人以上で別々に動画を再生する場合はモバイルルータだと厳しいですが、そういった場合でなければ、モバイルルータで対応できます。 月100GB〜200GBだと個々の事情次第 月100GB〜200GBだと個々の事情次第でモバイルルータか光回線に分かれます。 FUJI WiFiなどのモバイルルータでも十分使えますが、月100GBを超える場合で、いつでも快適に使えるかと言うと少し厳しいです。 十分使えるけど、モバイルルータだと速度がたまに3〜5Mbpsくらいに低下したりします。 長時間3〜5Mbpsになるわけでもなく、たまに短時間3〜5Mbpsに落ち込むくらいなので、普通の使い方ならあまり気にする必要はありませんが、100GBを超えるヘビーユーザだと気になるかもです。 光回線なら粗悪な光回線でなければ、速度は常に100Mbps〜500Mbpsくらい出ます。 アパートだと30Mbps〜50Mbpsくらいになるかもです アップロード速度は光回線のほうが断然速く安定しています。 写真をGoogleなどにバックアップしたり、iPhoneをiCloudにバックアップしたりする時に、アップロード速度が重要になります。 モバイルルータのアップロードでも、適当に放置しておけばそのうちバックアップは完了しますが、さくさくバックアップしたい場合は光回線には勝てません。 Webデザイナーの人なんかは、大容量ファイルを相手先にアップロードすることが多い気がしますが、そういった仕事をしている場合は、光回線が最適です。 月200GBを超えるなら光回線がおすすめな理由 モバイルルータの中には、ギガ使い放題などのサービスがありますが、信用してはいけません。 ギガ使い放題と大きく書いていても、利用規約の中に「大量通信の場合は速度を制限する場合がある」と記載してあります。 どのくらい使うと大量通信になるかは事業者によって異なりますが、月150GB〜300GBぐらいで速度制限になります。 しかも、最初はもっと使える場合でも、時間が経つにつれて、使えるギガ数を制限し始める事業者があったりします。 クラウドタイプの民泊WiFi 等 の多くは、ギガ使い放題と記載していますが、1日5〜10GBで制限したり、大規模障害を起こして全く使えなくなったりもします。 物理タイプの民泊WiFi FUJI WiFiなど などで、使えるギガ数が決まっている場合は比較的安定して使えますが、ギガ使い放題のクラウドタイプは安かろう悪かろうです。 光回線なら1000GBでも2000GBでも使える 光回線なら1000GBでも2000GBでも使えます。 月200GBを超えるなら光回線を選ぶことを強くおすすめします。 何かしらの理由、引っ越しを良くするとか、光回線が来ていないとか、貸家で光回線を引けないとか、そういう場合で月200GBを超えて使いたい場合は、使えない覚悟でギガ使い放題のポケットWiFiを使うのも良いかもです。 モバイルルータと格安スマホのテザリングの違い モバイルルーターで、パソコン、ノートパソコン、スマホ、タブレット等の端末でネットができます。 格安スマホのでも、それらの端末でネットができます。 モバイルルーターと格安スマホのテザリングは、ネットが使えるという点で違いはありません。 違いをあげるとしたら、モバイルルーターは格安スマホより安くてコンパクトで軽いです。 クレードル 卓上ホルダ を使うと、デスクトップパソコンと有線LANで接続できてより安定した通信が期待できます。 格安スマホはスマホとしても使うことができますが、モバイルルーターと比べると少し価格が高く、本体サイズも大きめです。 どちらが良いかは人それぞれですが、自宅の固定回線代わりに使う場合や、複数人で使う場合はモバイルルーターがオススメです。 大手キャリアのスマホを契約していて、データを安く使いたい場合、格安SIMを入れたモバイルルータを使うのも良い考えです。 モバイルルーターの中には自分で電池交換できるものもあるので、ヘビーユーザで電池が消耗しても安く交換できます。 機能が単純化されていて扱いやすいです。 スマホだけならモバイルルータより、DSDV対応スマホがおすすすめ 複数台のスマホやタブレット、パソコン、ネット対応テレビ Fire Stick、Chromecast含む を使っている場合は、モバイルルータがおすすめですが、主に普段使っているスマホでネットをしている場合はDSDV対応のスマホがおすすめです。 モバイルルータだと外でスマホを使う場合は、スマホとモバイルルーターの両方を持ち歩く必要があります。 DSDV対応スマホなら、それを一つにまとめることができます。 DSDV対応スマホはSIMカードを2枚入れることができるスマホです。 1枚は格安SIMの通話SIMを入れて、もう一枚はのSIMプランのSIMカードを入れます。 これで電話を使うときは自動的に通話SIMが使えて、ネットをすときはFUJI WiFIの低価格大容量プランが便利に使えます。 例えば、OCNモバイルONEの通話SIMの月1GBプランは1180円、FUJI WiFiのSIMのみの月20GBプランは1480円です。 合計2680円で21GBを快適に使えます。 FUJI WiFiで月50GBを契約してもOCNの1GBプランと合計で月3180円です。 これで月51GBを快適に使えます。 モバイルルータを持ち運ぶ必要がなく、快適な速度で安くスマホをたくさん使えます。 DSDV対応のスマホを持っていない場合、OCNモバイルONEならかなり安く買えます。 OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。 今なら初期費用込みで・・ ・Redmi Note 9S;実質1万9353円 税込 ・OPPO Reno3 A:実質2万7713円 税込 ・ZenFone Max M2:実質1万5173円 税込 さらに他社からの乗り換えなら上記の価格から5500円引きになります。 月に使うデータ量とオススメのプラン 月3GB以下はUQモバイルの高速データプラン 月3GB以下の場合は、の高速データプランがおすすめです。 月980円で3GBまで使えます。 UQモバイルなら速度が超速いので、いつでも快適に使えます。 UQモバイルはau回線の電波 バンド1、18 を使ってます。 月1〜2GBで十分な場合は、を検討してみてください。 UQモバイルほど速くはありませんが、比較的速い速度で月1GBは380円、月2GBは660円で使えます。 LinksMateはドコモ回線の電波 バンド1、3、19 を使っています。 月3GB〜月200GBはFUJI WiFiのSIMプランがコスパ最高 月に使うギガ数が3GB〜200GBの場合は、FUJI WiFiのSIMプランがコスパ最高です。 FUJI WiFiは大容量プランが超安く使えます。 縛りなしで、通信速度も速いです。 通常の格安SIMと異なり、平日の昼や混雑時でも速度が低下しないので快適にスマホが使えます。 FUJI WiFiはSIMのみを契約して、自分の好きなスマホやモバイルルータにいれて使うことができます。 FUJI WiFiはソフトバンク回線の電波 バンド1、3、8 を使っています。 FUJI WiFiのSIMプラン ギガ数 20GB 50GB 100GB 200GB 月額料金 月1480円 月1980円 月2480円 月2980円 モバイルルータをレンタルする場合は月500円ほど高くなります。 FUJI WiFiのレンタルプラン ギガ数 25GB 50GB 100GB クラウド 月額料金 月1980円 月2480円 月2780円 月3480円 FUJI WiFi FUJIWiFi では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。 2020年7月31日までのキャンペーンです。 デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。 ソフトバンク回線なら速度も速いです。 楽天回線エリアに住んでいる場合は1年間無料でギガ使い放題 先着300万人 楽天モバイルのRakuten UN-LIMITなら、楽天回線エリアでギガ使い放題、先着300万人まで1年間無料で使うことができます 2年目以降は月2980円。 公式には非対応なので、試すのは自己責任で・・ 注意点は楽天回線エリアだけギガ使い放題になることです。 楽天回線エリアはまだ狭いので使える人は全体の4分の1くらいです。 加えて、楽天回線エリアでも電波が結構悪い場合があるので注意してください。 楽天回線エリアはバンド3、それ以外のエリアはバンド18を使っています。 楽天回線エリアで電波が良い場所なら、速い通信速度で無制限にギガが使えます。 楽天モバイルでは先着300万人まで、月2980円でギガ使い放題のRakuten UN-LIMITを1年間無料に使えるキャンペーンを行っています。 さらにオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント、事務手数料3300円相当が全額ポイント還元になります。 楽天回線対応機種をセットで購入すると、追加で最大22,000ポイントがもらえます。 Galaxy A7なら実質3700円で手に入ります。 注意:格安SIMによって速度が大幅に違う 速度が遅い格安SIMと速い格安SIMを比較すると、100倍くらい速度差があります。 そこで格安SIMの管理人は、格安SIM35枚、ドコモ、ポケットWiFiを契約して、しています。 リアルタイム計測をもとに3ヶ月に1度程度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。 最新情報はをご確認ください。 参考: その他の選択肢 格安SIMの大容量プランや無制限プランは下記を参考にしてみてください。 おすすめのモバイルルータ 豆知識:自宅の固定回線として使う場合、WiFi中継機を使えば広い範囲をカバーできる モバイルルータを自宅の固定回線で使う場合、モバイルルータだけだと自宅をすべてカバーするのが難しい場合があります。 1階にモバイルルータを置いている場合、2階だとWiFiの電波が悪くなり、速度が遅くなる場合があります。 そんな場合は2000円程度のWiFi中継機を使えば、広い範囲をカバーしてくれて、2階まで電波を届けやすくなります。 モバイルルータを自宅のWiFiとして使ってみて、電波が届きにくい部屋などがある場合はWiFi中継機の購入も検討してみてください。 FUJI WiFiのSIMプランも使えます。 FS030Wは電池持ちが一番良いです。 対応バンドが多いので電波の受信も良いです。 バッテリーを外して、コンセントに繋いで使うこともできるので、バッテリーの劣化の心配する必要なくホームルータとしても使えます。 専用のクレードルがあるので、クレードルの有線LANでパソコンに直接つなげることもできます。 モバイルルータの定番といえば、FS030Wです。 FUJI WiFiのSIMプランも使えます。 MR05LNならSIMカードを2枚組み合わせることができます。 使用したデータ量に応じて自動的にSIMカードを切り替えることができます。 時間帯で使うSIMカードを1日1回自動的に切り替えることもできます。 クレードルも使えるので、外で使ったり自宅の固定回線用にも使う場合に一番おすすめです。 基本的にはau回線の格安SIMで使いますが、バンド1だけでもFUJI WiFiのSIMプランで結構使えたりします。 わざわざW05やW06を買う必要性は少ないですが、持っていたら試しに使ってみるのはアリです。 都市部ならそれなりに使えるはずです。 FUJI WiFiのSIMプランはソフトバンクの電波を使っているので、SIMロックを解除したワイモバイルとソフトバンクのポケットWiFiに入れて使うことができます。 おすすめのホームルータ HOME L02:バンド1のみだけど安い高性能なホームルータ 税込1万1000円程度 コンセントに挿して使うタイプのホームルーターです。 基本的にはau回線の格安SIMで使いますが、バンド1だけでもFUJI WiFiのSIMプランで結構使えたりします。 市販のホームルータの種類は相当限られているので、WiMAX用のホームルータの検討がおすすめです。 郊外や奥まった場所だと厳しいかもですが、都市部ならFUJI WiFiのSIMプランを入れても、それなりに使えます。 運が悪いと使えないので、判断は自己責任で・・ HOME L02はホームルータとしてかなり高性能なので、自宅の固定回線として使いたい場合はL02を優先的に検討してみてください。 電波が不安な場合は、モバイルルータのFS030WとMR05LNをホームルータ代わりに使うのがおすすめです。 HOME L02におすすめのプラン:速度が速い 月20GB〜200GB 、速度が超速い 月3GB Aterm HT100LN:一般的に市販されている中で唯一の選択肢 税込1万2000円程度 コンセントに挿して使うタイプのホームルーターです。 自宅の固定回線用に使おうと思っている場合は、ホームルータのAterm HT100LNならコンセントに挿して使うタイプなので、コンセントに繋ぎっぱなしでもバッテリーの劣化の心配がありません。 ホームルータはコンセントが必要なので外では使えません 本体サイズがモバイルルータよりも大きくなってしまいますが、そのぶん電波の受信が良くなったり、スマホのWiFiの感度が良くなったりします。 有線LANもあるので、デスクトップパソコンとつなげたい場合も便利に使えます。 ドコモ回線とau回線もありますが、速度が速いソフトバンク回線がおすすめです。 月額料金がとても安くて、使えるデータ量に3日制限などはありません。 通信速度も十分に速く、ソフトバンクのスマホが使えるような場所ならFUJI WiFiも普通に使えます。 FUJI WiFi FUJIWiFi では、クーポンを利用すると事務手数料が無料になるキャンペーンを行っています。 2020年7月31日までのキャンペーンです。 デポコミコースを利用すれば、SIMプランは10GBが月980円、20GBが月1600円、50GBが月2400円、100GBが月3400円で利用できます。 ソフトバンク回線なら速度も速いです。 総合評価:楽天回線エリアで楽天電波が使える場所なら、WiMAXと光回線の代わりなります。 WiMAXは3日間10GBまでですが、楽天モバイルのギガ使い放題なら1日10GBまで使えて、先着300万人まで1年間無料です。 2年目以降でも月2980円です。 楽天モバイルのUN-LIMITのSIMカードをモバイルルータに入れてポケットWiFiにしたり、ホームルータ化して自宅のWiFiとして使うのも、安くて便利に使えます。 楽天回線エリアで主に使う場合は、楽天モバイルを試してみることを強くオススメします。 うまく使える場合はコスパ最高の通信サービスです。 だと月5GB&低速1Mbpsです。 総合評価:キャッシュバックは簡単にすぐ受け取れます。 月額料金は他のWiMAXプロバイダーよりも高いですが、1年契約で自動更新なしで契約できます。 13ヶ月以内にやめても違約金は1000円だけです。 自由です。 その他のWiMAXとポケットWiFi関連の情報• その他の格安SIM関連のお役立ち情報• ) 途中で画面切れしてます。 通信会社変えた方が良いのでしょうか? 宜しくお願い致します。 こんにちは。 (ホームルーターL01、ビッグローブ) 買ってすぐの頃はアンテナのランプが4つ全部点灯していたのですが、最近は1つしか点灯しないことが多くなってきました。 休校になってからは3日間で10GB超の制限にかかり、今週fast. comで計った速度は夜9時630kbpsアップロード1. 3Mbpsでした。 引っ越しが多いので縛りのないWiMAXを使ってきましたが、家族がそれぞれのパソコンで快適に動画を見るために改善したいです。 ルーターを新しいのに変えると動画がカクカクしなくなる可能性はありますか? 光にするしかないでしょうか? 何かいい案をよろしくお願いします。 引っ越しが多いと光回線はあまり良い選択肢ではないと思います。 違約金に加えて、撤去費用がかかる場合もあるので。。 ルータを変えても3日間で10GB制限に引っかかると、制限時間帯は画像がカクカクすると思います。 特に今は新型コロナの影響でネット全体のトラフィックが急増して、WiMAXも速度が低下している感じなので。。 楽天回線エリアなら、とりあえずを試してみるのはアリだと思います。 楽天アンリミットが使えそうなら、Aterm MP02LNかAterm MR05LNに入れて使うのもアリかと。 楽天回線エリア外だと・・、の100GBプランを追加で契約するのが無難だと思います。 両方で当分に使いそうな感じに、家族で分ければ良いのではと思います。 こんにちは。 この人すごいな~ご自身でどんだけ契約しているんだ~楽しいんだろうな~きっと男性だろうな~といつも記事拝読しています。 があああ~今回のコロナの影響でsimがない・・・仕方がありません。 FUJIsimの再開がいつになるかわからんandそのときキャンペーン実施あるかがわからん ですが そこで! 格安SIMの管理人さんにご相談です。 ギリギリまで待って、ダメそうならTry WiMAXでWiMAXが使えるか確認、使えるようならBIGLOBE WiMAXでHOME L02を契約。 キャッシュバックをもらった後に、FUJI SIMが再開していたら、FUJI SIMを契約して、HOME L02で使ってみる。 大丈夫そうならL02のまま使って、BIGLOBE WiMAXは解約。 L02だと電波が届かないなら、L02をメルカリなどで売却して、FS030Wを購入。。 もしくは、BIGLOBE WiMAXではなく、DMMいろいろレンタルで、WiMAX HOME L02 をレンタルするのが良いと思います。 レンタルのHOME L02でFUJI SIMが試せるかは分かりませんが、試せそうならFUJI SIMを契約したら、L02に入れて試してみると良いともいます。 使えそうなら、FS030WよりL02のほうが性能が良く少し安く買えるので、L02を買うのが良いと思います。 どんなときもWi-Fiの解約を決めた後、ルーターを探していたときに知ったことを少し補足しときます。 MR05LNは申し分なく私も欲しかったです。 ちなみに、スペックの下り最大375mbpsは、キャリアアグリゲーションが動いているときで、それはドコモ回線のみ作動するようです。 ソフトバンク回線ならば最大150mbpsとなるようですので、その場合はFS030Wの方が割安感が出ます。 W05は、ソフトバンク回線ならバンド1のみですが、ソフトウェアを11. 450. 824にダウングレードすると、バンド3が解放されるようです。 正確には、以前はバンド3使えたけど、アップグレードで塞がれた。 W06は最初から塞がれているようです。 管理人様の言うとおり、バンド1のみと考えて購入した方が良いです。 オークションサイトなどで、ちらほらバンド3可能みたいに単純にスペックが紹介された出品がありますが、間違っている場合がありました。 ちなみに、ダウングレードしたら、以降、アップグレード通知がくるのがうっとうしいようです。 どなたかのご参考になりましたら幸いです。 600シリーズを狙いたいところですが、私が物色した時は白ロムはオークションサイトで1万から1万2千円といったあたりでした。 手が出せそうで、でも、FS030Wとも迷ってしまう、微妙な値段です。 SIMロック未解除を買って、非公式解除もありますが、600シリーズはv4コードというものを解析する必要があるらしく、海外業者に有償で解除コードを送ってもらう必要があり、ちょっと不安でした。 以前のシリーズでは、v3コードまでなので、アンロックするアプリをPCにダウンロードするか、Huawei製ならアンロックを紹介するサイトからコードを入手できるようです。 管理人様の掲示板なので詳しい紹介は控えておきます。 私も試していませんし。 私がみたときは在庫20近くありました 評価もよさげなので狙い目かもしれませんです。 わたくしは今までPCのインターネット接続でいろんな方法を試しましたが、最終的に1番はUモバイルのLTEつなぎっぱなし(ギガ無制限、他制約等なし)月額料金2480円を使用しています、暇なときには動画等を視聴しています(1か月ぶっ続けで見たときは120ギガ以上になる)。 2番目は、地元のケーブルテレビのインターネット月3000円、その他ワイマックス・NTTの光等も 繋ぎましたがいろいろと制限があったりして満足できませんでした、電話はauのガラホでむせいげんかけ放題(結構30分以上の長電が多いため)1か月2000円は割安になるので。 それと、Uもばいるに接続するルーターはNECのAtermを使用しています、この結論に至るまで約3年掛かりました。 それよりほかに節約できる方法があればお指導ください、なお、電話はKDDIのホーム電話ですNTTより基本料金が1000円ですので月600円~700円安い機能は変わりません、工事費や権利金は不要です。 以上よろしく。 (mn194002 gmail. com 中原).

次の