仏教 言葉。 仏教用語一覧

仏教の「汚い言葉」を戒める言葉 外国人から「もう使ってるじゃん!」と突っ込まれる

仏教 言葉

か [ ]• き [ ]• (ぎょう)• (ぎゃくる)• く [ ]• (くう)• け [ ]• ()(けちみゃく)• こ [ ]• (、、)• (ごづ)• (ごんぎょう)• (、、、、、など)• (、、、など)• さ行 [ ] さ [ ]• (さんげ)• (さんげがくしょうしき)• し [ ]• (しき)• (じげん)• (、、、など)• (、シムハ)• 、()• (じゅんる)• (照于一隅此則、照一隅此則國寶)• (正信偈)• (しんごん)• す [ ]• (すゐしゃく、すゐじゃく)• () せ [ ]• (せっしょう)• そ [ ]• (そうぎゃ、さうぎゃ、そうが、サムガ)• (そうがう)• (そうく、そうぐ)• (そうじゃう)• (そうづ)• た行 [ ] は [ ]• 、 ひ [ ]• ふ [ ]• (ふげん)• (ぶつ)• (ぶっき)• (ぶっだ)• へ [ ]• ほ [ ]• (、)• (ほうおんげうはうべん)• (、はうくゎう)• (ほっかい、ほふかい)• (ほうか)• (ほうげ)• (ほうげじゃく)• (じこほうげ)• (ほつぐゎん)• (ほっし、ほうし)• (ほとけ)• ま行 [ ]• 「・、・」ではなく、授かる、授ける、享けると言う• 販売する、とは言わない• 、、、、など 参考文献 [ ]• 『日本佛教語辞典』(岩本裕著、、1988年)• 『日常佛教語』(岩本裕著、、1972年)• 『例文仏教語大辞典』(石田瑞麿著、、1997年) 関連項目 [ ]• 仏教の一覧• — (、)• — (、)• 日本仏教の・仏神・神についての一覧 —• についての一覧 —• 外部リンク [ ]• () この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。

次の

意外と多い?仏教用語が由来の日本語をご紹介!

仏教 言葉

不殺生(ふせっしょう) 故意に生き物を殺さない。 不偸盗(ふちゅうとう) 与えられていないものを自分のものとしない。 不邪淫(ふじゃいん) 不倫をしない。 不妄語(ふもうご) 嘘をつかない。 不綺語(ふきご) 中身の無い言葉を話さない。 不悪口(ふあっく) 乱暴な言葉を使わない。 不両舌(ふりょうぜつ) 他人を仲違いさせるようなことを言わない。 不慳貪(ふけんどん) 異常な欲を持たない。 不瞋恚(ふしんに) 異常な怒りを持たない。 不邪見(ふじゃけん) 誤った見解を持たない。 フ、ファッ…!? 素晴らしい言葉が並ぶ中「あれっ!?」と思ってしまうものが一つ。 英語を使う外国人が聞いたら困惑してしまいそうです。

次の

仏陀の教え-仏陀真理のことば-第十章暴力

仏教 言葉

まず、前述のとおり仏教の出発点は、「一切皆苦(人生は思い通りにならない)」と知ることから始まります。 なぜ苦しみが生まれるのでしょうか。 仏教ではこの原因を、「諸行無常(すべてはうつり変わるもの )」で、「諸法無我(すべては繋がりの中で変化している)」という真理にあると考えます。 つまり、苦しみから解放される、とお釈迦さまは説かれています。 これが、目指すべき「涅槃寂静(仏になるために仏教が目指す"さとり")」です。 少し難しく感じられるかもしれませんが、それぞれをご自身に当てはめて考えていくと、とても納得しやすいお話になるはずです。 それでは、これらの4つの言葉についてご説明していきましょう。 仏教の「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」という意味です。 この「苦」には、「四苦八苦」と呼ばれる八つの苦しみが挙げられます。 いかがでしょう。 誰もが実感することばかりではありませんか? これらの苦しみを理解するためには、お釈迦さまが掲げた3つの真理を知る必要があります。 世の中の物事は常に変化を繰り返し、同じ状態のものは何一つありません。 それにも関らず、私たちはお金や物、地位や名誉、人間関係や自分の肉体に至るまで、様々なことを「変わらない」と思い込み、このままであってほしいと願ったりもします。 それが、「執着」へとつながるのです。 このような苦しみにとらわれないためには、ものごとは必ず変化するのだということ、全てが無常の存在であることを理解することが大切です。 自分のいのちも、自分の財産も、全て自分のもののように思いますが、実はそうではありません。 世の中のあらゆるものは、全てがお互いに影響を与え合って存在しています。 自然環境と同じように、絶妙なバランスのうえに成り立っているのです。 こう考えると、自分という存在すら主体的な自己として存在するものではなく、互いの関係のなかで"生かされている"存在であると気がつきます。 仏教に限らず、あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求します。 しかし、世の中は自分の思い通りにならないことばかり。 そんなとき、人は自分以外のものに原因を求め、不満になり、怒りを抱くものです。 仏教では、こうした怒りは全て、自分の心が生み出していると考えます。 その原因となっているのが、疑い、誤ったものの見方、プライドや誇り、欲望などの「煩悩」。 こうした煩悩を消し去り、安らかな心をもって生きることこそ「涅槃寂静」、つまり"さとり"の境地なのです。 そこに到達するためには、先に挙げた"諸行無常""諸法無我"をきちんと理解することが大切です。 あらゆる現象に一喜一憂することなく心が安定した状態になれば、結果として幸せに生きることができるのです。 では、思い通りにならない人生をイキイキと生きるためには、どうすればいいのでしょうか? その答えが、後述する「四諦八正道」という教えに示されています。 これは、お釈迦さまが苦しみのメカニズムを説き明かし、煩悩をコントロールして生きる方法を具体的に示してくださったものです。

次の