お尻 周り 黒ずみ。 男の気になるお尻周りのケツ毛の正しい処理方法とおすすめの厳選脱毛・ケア商品!

お尻の黒ずみの6つ原因と6つの改善方法を紹介!

お尻 周り 黒ずみ

日常的に見られるパーツではないからこそ、黒ずんでしまったお尻を見られたときにビックリされてしまうかもしれません。 黒ずみの正体はなに? お尻に限らず肘や膝、脇などの黒ずみは何が原因でできるか分からないという方も多いかと思います。 あの黒ずみの正体はメラニン色素です。 メラニン色素は、外部から受ける刺激から肌を守ってくれる役割がありますが、 シミや日焼けなどのように、肌を黒くしてしまう性質を持っています。 通常、肌はターンオーバーを繰り返すことで、メラニン色素は自然と剥がれ落ちていきます。 しかし、 様々な原因によりターンオーバーがうまくできないと、メラニン色素が肌の奥までしみついてしまい、黒ずみになってしまうのです。 お尻は日常的にダメージを受けやすいため、メラニンが生まれやすい環境にあります。 さらに椅子に座ったり、タイトめな服を着たりと、圧迫や締め付けが続くと血行が悪くなりやすく、 肌のターンオーバーのサイクルが乱れやすくなってしまいます。 そのダメージからお尻を守ろうと、体がメラニン色素をたくさん生んでしまいます。 その結果、メラニン色素が徐々にお尻の表面に現れ、黒ずみとして残ってしまいます。 服を着て動いていると、必然的にお尻と服は擦れてしまうため、少なからずダメージを受けてしまい、乾燥や黒ずみを引き起こしてしまいます。 注意体を洗う際にナイロンタオルで強くこすり過ぎると、おしりの皮膚を傷つけてしまい、 お尻の黒ずみの原因となってしまう可能性もあります。 蒸れは お尻の皮膚の水分を必要以上に奪ってしまうので、乾燥もしやすいです。 乾燥した状態で過ごしていると、 ごくわずかなダメージでもお尻の黒ずみが悪化してしまい、お尻を触ったときにざらざら、カサカサしてしまう原因になってしまいます。 MEMOこの黒ずみは時間が経てば自然に消えることもありますが、 消すにはかなりの時間がかかる可能性が高く、早めにケアをしてあげることが大切です。 規則正しい生活を送ることができていれば、肌のターンオーバーも規則的に行われ、お尻の黒ずみが肌に定着せずにキレイになります。 偏った食事・運動不足・睡眠不足・飲酒や喫煙など 生活習慣が乱れてしまえば、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、黒ずみが定着してしまう原因となってしまいます。 そのためお尻は外部からの刺激だけでなく、 体の内側のお尻の骨からも刺激を受けてしまい、黒ずみの原因になってしまいます。 これでキレイな美尻に!今すぐできるお尻の黒ずみケアとオススメアイテム MEMO特に空気が乾燥しやすい冬は、お尻も乾燥をしやすいため、保湿ケアもしっかりする必要があります。 繊維の粗いボディタオルでゴシゴシと強く擦らずに、優しく洗おう お尻の黒ずみを取り除くためには、まずは古くなった角質を洗い落とすことが大切です。 お尻を洗う時はゴシゴシと強く擦らずに、優しく洗いましょう。 肌への刺激が強めの繊維の粗いボディタオルは避け、 肌への刺激が少ない麻素材のボディタオルや、手で優しく洗うのもいいかもしれません。 なるべく刺激を加えない洗い方を心がけましょう。 また最近では、 ヒップケアに特化したボディソープや石けんが発売されており、一緒に使うことで古い角質を落としつつ、保湿もしてくれます。 普段のバスタイムにも取り入れやすいため、男性でも使いやすくオススメのアイテムです。 薬用NULLフレグランスボディウォッシュ/NULL NULLのボディウォッシュは抗菌、抗炎症作用のある6つの植物エキスと、3つの美容成分配合で 肌を清潔に、かつすべすべの肌にしてくれるのが特長です。 有効成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」と、「油溶性ビタミンC誘導体」が、ニキビなどの炎症にもしっかりアプローチしてくれるため、 お尻に炎症が起きてしまっている方にもオススメのアイテムです。 — 2019年 8月月21日午後8時06分PDT ピーリングは肌の表面に溜まった、古く・硬くなってしまったお尻の角質や汚れを、 ピーリング剤が柔らかくほぐしてしっかりと落としてくれるのが特長です。 角質をしっかりと落として肌のターンオーバーを促してくれるため、 お尻はもちろん、肘や膝の摩擦による黒ずみや、ニキビ後の黒ずみにもオススメです。 シアクル スベリージュ/SIAQL お尻の黒ずみやくすみを改善させ、美白効果が期待できるピーリングジェルです。 お尻に塗ってから擦ると、汚れや古くなった角質が取れていき、美白成分の水溶性プラセンタが黒ずみにアプローチしてくれます。 お尻の黒ずみが気になるところをクルクルと擦ると、ポロポロ汚れや角質が落ちるのでキレイになっていくのが実感できるのもオススメポイントです。 また天然の保湿成分が、カサカサしていないすべすべの美尻へ近づく事ができます! — 2020年 5月月20日午後11時22分PDT スクラブはざらざらとした細かな粒子を お尻に優しく擦りつけることで、お尻の黒ずみの原因となる古い角質を落としてくれるのが特長です。 ピーリングに比べて効果はやさしめですが、スクラブを使って優しくマッサージをすることによって、 血行をよくしてくれる効果もあります。 粒子の種類も大きさも豊富で、保湿に優れた商品も発売されているため、 お尻が乾燥しがちな方にオススメです。 ピップルン薬用スクラブ・ピップルン薬用ホワイトクリーム/PEACH JOHN 黒ずみを解消するだけではなく、ツルツルでキレイなお尻になりたい方は下着メーカーのピーチジョンから発売されているヒップケアセットがオススメです。 古い角質を落としてくれるスクラブと、肌の保湿ケア効果があるクリームが、 肌荒れや乾燥にしっかりアプローチしてくれます。 また美白有効成分のトラネキサム酸が、黒ずみを解消して透明感のある肌へと導いてくれます! 保湿クリームでしっかりとお尻の保湿をしよう ボディソープやピーリングなどでお尻の古い角質を落とした後は、 しっかり保湿をしてあげましょう。 男性でもボディクリームを使用しているという方はいるかもしれませんが、お尻の悩みに特化した専用のケアアイテムがあることはあまり知られていないかと思います。 ぜひボディケアアイテムの1つとして取り入れてみて下さい! ヒップルン薬用ホワイトクリーム/PEACH JOHN 下着メーカーから発売されているヒップケアに特化した保湿クリームです。 お尻の肌荒れやニキビに有効なグリチルリチン酸や、保湿効果の高いトリプルヒアルロン酸がたっぷりと配合されており、 肌荒れ・乾燥にしっかりアプローチしてくれます。 また美白有効成分のトラネキサム酸が、黒ずみを解消して透明感のある肌へと導いてくれます! 症状がひどくなる前に、早めに受診するようにしましょう。 お尻の黒ずみケアのために日常生活で気を付けるポイントは? お尻の黒ずみケアの方法についてご紹介してきましたが、 日常生活の中でもお尻が黒ずんでしまわないように気をつけるポイントがあります。 ヒップケアでしっかりケアをしたあとは、またお尻の黒ずみが起きないように、ライフスタイルを見直してみましょう! 下着や服は締め付けの少ないものを選ぼう 締め付けの強いタイトな服は見た目をスタイリッシュにしてくれますが、お尻の黒ずみの原因に繋がる可能性もあります。 なるべくお尻に刺激を加えないように、できるだけ締め付けの少ないゆったりとした服を着るようにしましょう。 また、 下着も肌に優しい素材のものを選ぶのがオススメです。 ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、速乾性やしわになりにくいため、人気ではありますが、肌への刺激も天然繊維に比べて高めです。 なるべく肌への刺激が少ないコットンやシルク素材のものを選ぶようにしましょう。 姿勢をこまめに変えたり、クッションを使おう 一日の大半を椅子に座ってデスクワークをしている方は、浅めに座ったり、深く座ったりとこまめに姿勢を変え、 お尻の一か所に体重かかからないようにしましょう。 椅子とお尻の間にクッションを挟むのもお尻が圧迫されるのを減らせるのでオススメです。 MEMOお手洗いやお昼休憩で買い出しに出かけたりしてお尻が圧迫される時間を減らすのも、お尻の黒ずみ対策に有効です。 しっかり睡眠と栄養バランスの取れた食事を! 肌のターンオーバーのサイクルを整えるには、 生活のリズムを整えるのも大切です。 就寝時間と起床時間を決め、毎日できるだけ6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。 友人と温泉や海などに出かけたりしたときに、自分のお尻の黒ずみが気になっていたけどなかなかケアが出来なかった方も、これをきっかけに黒ずみのない、キレイなお尻を手に入れていただければ嬉しいです! お尻までしっかりケアをしている男性はまだまだ少ないと思います。 しっかりケアをしたキレイな美尻で、ワンランク上の清潔感ある男になりましょう!.

次の

つる子式!おしりの黒ずみとカサカサを解消する方法が知りたい方へ

お尻 周り 黒ずみ

肌の表皮は、基底層のケラチノサイトが細胞分裂し、古い細胞が上層部に少しずつ押し上げられ、最終的に垢となって肌からはがれ落ちています。 これがターンオーバーですが、およそ28日の周期となっています。 夏に日焼けした肌が秋には白くもどっているのは、ターンオーバーの周期がおよそ1ヶ月だからですが、この周期は年齢や肌の状態によっても違います。 こうなると、メラニンがはがれ落ちず、皮膚に残ったままになります。 このように、ターンオーバーが28日周期で起こる為、黒ずみ除去・ケアクリームは大体30日分が1本となっていうのがほとんどです。 周期に合わせてケアをすることがとても大事なんです。 ニキビ・かぶれ・炎症• 生活習慣• ホルモンバランス 黒ずみの原因をひとつずつ見ていきましょう。 摩擦が原因で黒ずみに 摩擦も、防御反応でメラニンが生成されるようになります。 摩擦が続くと、褐色や黒褐色などの状態になる「色素沈着」を起こします。 お尻に摩擦が生じる原因は、お風呂での洗い方・下着・椅子に長時間座ることが考えられます。 体を洗うときの摩擦 摩擦黒皮症(ナイロンタオル皮膚炎)といって、皮膚に刺激を与え続けることで黒ずみが出来てしまう疾患があります。 ナイロンのタオル、垢すりやスクラブなどで肌に刺激を与える洗い方をしている人は要注意です。 下着による摩擦 普段身につけている下着も、締め付けのきついものや化繊のものには注意をしたほうが良いです。 サイズの合わない下着は、肌との摩擦が起きてしまいます。 デザインによっては、お尻だけでなくデリケートゾーンやビキニラインの黒ずみの原因となってしまいます。 また、化繊の下着は軽くて温かい、夏でも汗を乾かしてサラリと保てるなどのメリットがありますが、肌に必要な水分を奪ってしまうため、乾燥肌や敏感肌になりやすいというデメリットがあります。 もともと肌が弱い人はかゆみや湿疹が出るなど肌にダメージが与えられ、これが原因で黒ずみ・シミとなってしまいます。 圧迫(座り仕事など)による摩擦 圧迫による黒ずみは、肘や膝によく見られます。 肘をつく癖がある人や、膝をつく姿勢の多い人は、圧迫されている部分が黒ずんでしまいます。 同じように、お尻の黒ずみやシミができるのも圧迫によるケースもあります。 長時間イスに座っている人は、圧迫によりメラニンが過剰に生成され、黒ずむようになっていることが考えられます。 乾燥が原因で黒ずみに 肌が乾燥すると、ターンオーバーは乱れやすくなります。 その結果、メラニンを含んだ細胞や角質が残って、黒ずんだり、ゴワゴワしたりするようになります。 秋から春頃までは乾燥しやすい季節ですが、冬場は寒さにより肌の保護機能が低下しています。 かゆくなって掻きむしると黒ずみが悪化してしまいます。 ニキビ・かぶれ・炎症による黒ずみ ニキビ、かぶれ、傷、虫刺されなどにより、炎症が起きた後に黒ずむ色素沈着は、「炎症後色素沈着」と呼ばれています。 基本的には自然治癒すると考えられていますが、アトピー性皮膚炎のように慢性的に炎症が生じている場合は難しいようです。 また、肌の状態が悪くターンオーバーが遅いと、自然治癒する時間がかかってしまいます。 生活習慣(睡眠不足や食生活)による黒ずみ 肌に悪い影響を与える生活習慣は、睡眠不足、偏食、暴飲暴食、飲酒、喫煙などです。 生活習慣は、肌に大きな影響を与えます。 場合によっては、ターンオーバーの遅れ、肌のバリア機能の低下につながってしまいます。 ホルモンバランスによる黒ずみ ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが異常になってしまいます。 肌の黒ずみを生む原因を作ってしまうわけです。 ホルモンバランスが乱れる原因は、不規則な生活習慣、無理なダイエット、更年期、思春期、妊娠時、出産時、精神的なストレスなどです。 お尻の黒ずみを病院で解消する方法 お尻の黒ずみを病院で解消するには、レーザー照射・ケミカルピーリング・薬の処方による治療が一般的です。 美容外科クリニックなどでは美容目的の診療となるため、診察・手術・薬いずれも全額負担になります。 一般的な皮膚科で相談するなら健康保険が適用されます。 レーザー照射 レーザー治療は、5回以上の施術が目安です。 通院期間は、3ヶ月~6ヶ月くらいはかかると考えたほうが良いです。 レーザー治療の費用は保険適用外で、クリニックの治療内容によって差がありますが、相場は1回5万円程度で、通院回数分の準備が必要となります。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、皮膚にピーリング剤を塗って皮膚を剥がす治療です。 「日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン」に挙げられている薬剤が一般的に使用されています。 ケミカルピーリングも保険適用外です。 費用は、レーザー治療と同じように、1回5万円程度の準備は必要となります。 薬の処方 黒ずみの解消で、病院で処方してもらえる薬には内服薬と外用薬の2種類があります。 内服薬は、「シナール」「トラネキサム酸」を、外用薬は、「ハイドロキノン」「トレチノイン」を処方されることが多いようです。 これらは、保険が適用されます。 薬には副作用もありますので、医師の診断のもと正しく使用し、定期的に経過観察のため通院する必要があります。 お尻の黒ずみをセルフケアで解消する方法 病院へ行くまとまった時間が取れない、処置や薬は避けたい、そこまで費用をかけられない、という場合 まず試して欲しいのはセルフケアです。 代表的なセルフケアには、下着をかえる、生活習慣を整える、スクラブする、保湿する方法があります。 いずれも手軽に行えますので、病院へいく前にまず試してみてはいかがでしょうか。 それぞれの詳しいやり方をまとめますので、ぜひ参考にしてください。 下着をかえる 摩擦による刺激を受けないようにするために、下着は肌触りのよい天然素材のものを選ぶなどの工夫をしましょう。 綿や絹(シルク)がおすすめです。 デザインも、タイトなビキニタイプのものよりゆったりとしたボクサーパンツタイプのものがおすすめ。 ゴムなどが肌に食い込まないか、しっかりチェックしましょう。 生活習慣を整える まずは、睡眠時間の確保と栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。 睡眠時間は、6時間以上確保して、ターンオーバーを正常にすることがポイントです。 食事の内容は、炭水化物が多目の食習慣は見直したほうが良いです。 皮膚の元になるタンパク質や、皮膚の保湿につながるアミノ酸の摂取を意識してください。 スクラブする 黒ずみを治すには、古くなった角質を剥がしてあげることが必要です。 スクラブは、細かい粒子によって古い角質を削って落とす方法です。 スクラブの選び方 スクラブは市販品だと、黒ずみ対策で人気のスクラブを選べば良いでしょう。 アットコスメで評価の高いスクラブは、ハウスオブローゼのOh! baby。 その時々で限定のパッケージ・香りが楽しみでリピーターになっている人も多いかもしれませんね。 ぬるま湯で軽く溶かし、ゆるくなったらお肌に乗せて、くるくるとマッサージするだけでお肌がツルツルピカピカになります。 スクラブを手作りする場合 手作りのスクラブの場合は、砂糖を使ったシュガースクラブ、または塩を使ったソルトスクラブが一般的です。 角質を柔らかくする「ミネラル」が含まれていることから、天然の砂糖と塩を選ぶ人も多いです。 手作りのスクラブには、アロマオイルをプラスするレシピもあり、リラックス効果や美白効果、保湿効果、セルライト除去の効果など、用途に合わせてアロマオイルを選びます。 シュガースクラブの特徴と作り方 [特徴]砂糖を使う最大の利点は、肌への刺激が少ないことです。 肌の弱い人には、塩よりも砂糖の方が適しています。 [作り方]砂糖と水を同量(それぞれ大さじ1杯程度)混ぜ合わせてペースト状にします。 砂糖と同量のオイルで混ぜて、エッシェンシャルオイルで好みの香りをつけても良いですよ。 ソルトスクラブの特徴と作り方 [特徴]塩には、キメを整える効果、引き締め効果、洗浄効果があります。 砂糖よりも塩のほうが刺激が強いので、肌の弱い人は注意が必要です。 [作り方]塩1に対し、好みのオイル2(オリーブオイルやココナツオイルなど)をよく混ぜます。 塩1:はちみつ1、塩1:ヨーグルト1などのレシピもあります。 スクラブのやり方 自宅でボディスクラブを行う時の手順を紹介します。 ボディスクラブを行うのは入浴時。 湯船に浸かって、角質を柔らかくします。 スクラブは、体を洗ったあとの清潔な肌に使います。 塗る時は、円を描いてマッサージをするように。 角質を取ろうとして、無理にゴシゴシ擦らない。 洗い流したあと、タオルでやさしくふき取ります。 ボディクリームで保湿をします。 スクラブする頻度は、週1~2回。 (肌に負担をかけないため) スクラブをやってはいけない人 炎症を起こしている肌には、スクラブは刺激が強すぎます。 ニキビで炎症を起こしている人• アトピー性皮膚炎の人• 日焼け後の肌 以上のような人は、スクラブはやらないほうが良いです。 また、傷のある時、生理前で肌の調子が悪い時もスクラブを行うのは控えましょう。 マッサージで血行促進 マッサージは血行が良くなり、代謝も改善され、老廃物を流すことができます。 さらに、美白クリームを使ってのマッサージは、黒ずみの改善の助けにもなります。 時間があるとき、いつもの保湿ケアに一手間加えてやってみてはどうでしょうか。 お尻の付け根からお尻を持ち上げるようにマッサージをすると手軽ですが効果的です。 リンパのコリをほぐすのがポイントで、強い力は必要ありません。 保湿ケア お尻が黒ずんでいる人は肌がザラザラと荒れています。 かならずお風呂上がりには保湿ケアをして肌を守ってやりましょう。 スクラブで角質を除去してツルツルになったときも、しっかり保湿ケアをしましょうね。 保湿ケアはなにを使えば良い? スクラブをしたあとの保湿ケアに適しているのは、市販品では「」「」などがあげられます。 「オロナイン」はニキビのある肌のケアには向いています。 しかしこれらには黒ずみ解消のための美白成分は配合されていません。 より黒ずみ解消効果を求めるのであれば、お尻の黒ずみケア専用の商品として、保湿、美白、肌荒れケア(抗炎症)の3拍子が揃っている商品から選ぶと良いでしょう。 お尻の黒ずみの保湿ケア それではお尻の黒ずみ解消にぴったりの保湿ケア商品にはどのようなものがあるかみていきましょう。 お尻の黒ずみに効果的な成分は、美白成分と抗炎症成分です。 それぞれどんな成分があって、どんな働きがあるのかをまとめてみました。 美白成分 トラネキサム酸 トラネキサム酸は、医療の現場で湿疹やじんましんなどの治療や止血のために使用されてきました。 今は、厚生労働省から美白効果のある成分と認められています。 ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、抗酸化作用のあるビタミンCを、浸透性を高めるために加工したものです。 ビタミンC誘導体も、美白成分として厚生労働省に認められています。 ハイドロキノン 肌を漂白すると表現されるくらい、美白効果が高い成分です。 市販の化粧品は厚生労働省により、ハイドロキノンの配合は2%まで許可されています。 2%以上の濃度のハイドロキノンは、皮膚科医による処方が必要となっています。 抗炎症成分 抗炎症成分としては、グリチルリチン酸2Kがあります。 グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ニカリウムなどと表記されることもあります。 抗炎症作用と抗アレルギー作用を持つ成分で、おもに皮膚科で用いられてきました。 薬事法で化粧品への配合量は規制されているため、信頼できるブランドのものを選ぶことをおすすめします。 人気の黒ずみクリーム早見表 数ある黒ずみクリームを完全網羅!自分に合いそうなクリームをじっくりと探してくださいね! 商品名 公式 人気度 部位 最安値 内容量 目安期間 返金保証 お尻 4,250円 35g 1ヵ月 60日間 デリケート 4,470円 35g 1ヵ月 28日間 お尻 5,195円 60g 2ヵ月 60日間 お尻 2,972円 95g 2ヵ月 60日間 ワキ 2,980円 60g 2ヵ月 180日間 デリケート 5,500円 30g 1ヵ月 90日間 キュートップ 乳首 5,195円 30g 1ヵ月 - ピンキッシュボーテ 乳首 0円 25g 1ヵ月 - プチノン お尻 2,980円 50g 1ヵ月 30日間 ディープクリアジェル デリケート 3,780円 40g 1ヵ月 90日間 クレアフォート ワキ・VIO 4,960円 30g 1ヵ月 120日間 ひざ下 4,750円 60g 2ヵ月 60日間 ヴィエルホワイト デリケート 980円 30g 1ヵ月 120日間 黒ずみは改善できる?部位ごとおすすめ黒ずみ除去クリームランキング お肌のターンオーバーによって個人差はありますが、お尻などの黒ずみは専用のクリームを3ヶ月くらい続けて使うと改善されてきます。 黒ずみケア専用のクリームは、黒ずみの解消に必要な、保湿成分、美白成分、抗炎症成分が配合されていますので、単なる保湿剤やクリームよりも早く黒ずみ解消することができます。 お尻の黒ずみ解消のためのクリーム4選 ドラッグストアなどで買えるクリームにお尻専用の黒ずみ解消クリームはありません。 しかし通販だと、黒ずみケア商品は星の数ほどあります。 通販で人気のあるお尻の黒ずみに効果的なクリームで人気の高いものに、イビサクリーム、ハーバルラビット、ピーチローズ、があります。 どれを選べばよいかわからないという人のために、この4つのクリームの効果や口コミ、購入方法をまとめてみました。 1位「お尻とデリケートゾーンで人気!イビサクリーム」 ブラジリアンワックスの脱毛サロンが開発した、デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームです。 デリケートゾーンの脱毛をした女性は、あそこの黒さに驚きとショックを受けるそうです。 そんなデリケートな悩みを解決するために製品化されました。 イビサクリームは医薬部外品です。 厚生労働省の薬事法で定められる医薬部外品は、作用が穏やかですが効能や効果が期待できる成分が配合されています。 イビサクリームには、美白・炎症をおさえる作用のある「トラネキサム酸」が美白有効成分として医薬部外品登録されています。 そのほか、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えたり、黒ずみの原因になるメラニンを分解したりする天然由来の成分でデリケートゾーンやお尻、脇など黒ずみが気になる部分の美白をサポートします。 トラネキサム酸(厚生省認可の美白成分)• グリチルリチン酸2K(肌荒れ防止)• サクラ葉抽出液(抗炎症作用・保湿)• カモミラエキス(炎症抑制・保湿)• ダイズエキス(抗炎症作用・保湿)• オウゴンエキス(美白・抗炎症作用) イビサクリームには頑固な黒ずみがあるデリケートゾーンのために開発されたクリームなので、抗菌作用・殺菌作用はもちろん保湿力が高い成分が8つも配合されています。 ヒアルロン酸ナトリウム(高い保水力・保湿力)• シロキクラゲ多糖体(高保湿力)• 乳酸ナトリウム液(抗菌作用・保湿)• ローズ水(殺菌抗菌効果・保湿)• BG(乾燥防止・保湿)• 1,2-ペンタンジオール(保湿・抗菌)• グリセリン(保湿)• 1,2-ヘキサンジオー(保湿・抗菌)ル イビサクリームがお尻の黒ずみに効果がある理由 まず、イビサクリームは頑固な黒ずみで悩んでる女性のために開発されたものです。 お尻の黒ずみよりよっぽど黒いしデリケートで肌も荒れていることが多いデリケートゾーン。 敏感な部分なので、毎日塗っても大丈夫なように無添加です。 黒ずみ解消クリームは沢山ありますが、 美白成分・保湿成分の数が多いのがイビサクリームの特徴です。 美白成分にはトラネキサム酸が配合されており、医薬部外品となっているのも信頼できます。 お尻の黒ずみは、場所がうしろにあるので自分で気づかないうちに悪化していることが多いものです。 すでに黒ずんでガサガサになっているお尻は、単なる保湿クリームでは肌の状態はなかなか改善できません。 それに黒ずみを対策するのであれば、しっかりとした美白成分が配合されていないと効果が出ません。 この点、イビサクリームは美白のための「トラネキサム酸」と、肌荒れを改善するための「グリチルリチン酸2K」がしっかりと配合されています。 他の黒ずみ改善クリームとは一線を画する黒ずみクリームなんです。 イビサクリームの口コミ 大学生のときにサロンで全身脱毛をしました。 脱毛してわかったんですが、デリケートゾーンやお尻ってかなり黒いです。 デリケートゾーンはわかりますが、 お尻がなんでこんなにくすんでるの?ってびっくりしました。 こんなお尻で水着を着ていたと思うと恥ずかしくて火が出そうです。 すぐにドラッグストアで顔用の美白ローションやクリームを買って、たっぷりお尻に塗ってみましたが一向に白くなる気配はなし。 それどころかデリケートゾーンはかぶれて痒くなって散々でした。 ネットで調べたら、顔用の化粧品は添加物が多いから敏感な部分に使うなら気をつけないといけないことや、デリケートな部分専用の美白クリームがあることがわかりました。 早速購入しましたが、使い心地も良いし、かゆくなったりもしません。 おしりもすべすべしてきて、使い続けることに期待がもてます。 臭いがある化粧品が苦手なので、 無臭なのもポイント高いです。 自動的に届いて便利なので、しばらく継続してみたいと思います(29歳銀行員) 温泉や銭湯でゆっくりするのが趣味ですが、お尻がニキビやかきむしった跡が残っていて黒くなってしまい、いつもタオルで隠しています。 人の裸をジロジロ見ることはなくても、ふと目にはいりますよね。 座って体を洗っているときなんて、浴槽につかっている人が「お尻が汚いなっておもってたらどうしよう?」と気が気じゃありません(苦笑)さすがに友達には聞けないので、 SNSで検索したらイビサクリームが良さそうだなって思ったので注文しました。 良さそうと思った理由は、デリケートゾーン用の美白クリームだったからです。 肌荒れのための成分も入っているし、塗り続けるとつるつるのお尻になってきました。 塗り心地もべたつかないのですぐショーツがはけるのも良いですね。 買って良かったです。 (30歳販売員) ひぽぽたますカテゴリー• 265• 150•

次の

デリケートゾーンの黒ずみを薄くする方法

お尻 周り 黒ずみ

この記事の目次• お尻にできる黒ずみの原因 気がつかない間にお尻が黒ずんでいた!もしかしてみんな黒ずみだらけなの?と思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません!ちゃんとした原因があり、当てはまる人が黒くなっているのです! 刺激を受けすぎている 一番多い原因だといえるのが、座りっぱなしのためお尻に負担がかかっているという原因です。 例えばデスクワークでパソコンの前に座りっぱなしの人や、通勤時に自転車移動している人はどうしてもお尻にかかる負担が多くなってしまいます。 お尻が外部から刺激を受けると、肌が負けないようにメラニン色素をだして守ろうとします。 このメラニン色素が蓄積することで黒くみえてしまうのです。 仕事などの場合は毎日のお尻への刺激を避けづらいので、黒ずみができやすいといえます。 さらにお尻への刺激が継続的に続いているようであれば、体がお尻を守ろうと働くためにターンオーバーの周期を早めてしまいます。 それにより過角化が行われて、お尻がゴワゴワに硬くなったり黒ずんでしまうなどの現象が現れるのです。 下着のサイズが合っていない パンツのサイズが合っていなくて、お尻を締め付けていることが原因で黒ずみができている場合があります。 締め付けているためにお尻との間に摩擦が生じやすいため、お尻が刺激を受けやすくなっているためです。 摩擦によって発生してしまう黒ずみを「摩擦黒皮症」といいます。 摩擦が起きる事で皮膚の奥側に黒ずみができてしまうために、なかなか改善されにくいのが特徴的です。 サイズが小さいと下着の内部が蒸れやすくなってしまいます。 蒸れてしまうとお尻のバリア機能が弱まってしまい、少しの摩擦でも負担が大きくなってしまうのです。 またきつすぎるとお尻部分の血の流れが悪くなってしまい、新陳代謝がうまく行われない可能性もあります。 女性の方などはストッキングを履いてる人も多いと思います。 ストッキングも締め付けがきつきものを使用していると黒ずみが発生しやすくなるので注意してください。 乾燥している お尻が乾燥していると外部からの刺激に弱くなってしまうので、肌を守ろうと角質層を厚くする「過角化」という働きをします。 これにより角質が厚くなりザラザラした感触や黒ずみが現れるといったことが起きます。 特に冬場は乾燥しやすく、すぐに過角化が起こってしまいます。 これは外部からの刺激がなくても乾燥することが原因で起きる現象です。 生理前やストレス 生理前やストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。 ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂が多く分泌されてしまうのが原因です。 また、出産や妊娠などで一時的にホルモンバランスが崩れた時なども黒ずみが発生する場合がありますが、時間がたってホルモンバランスが安定すれば、黒ずみも消えることもありますので、心配はいりません。 ニキビ お尻にニキビできて、そこから黒ずみが発生する場合があります。 特にお尻という場所は刺激が多いうえに、ムレやすい場所であることからニキビはできやすい場所なのです。 ニキビができると、炎症後に色素沈着が行われてしまうことがあります。 このお尻でできたニキビはアクネ菌が増えやすい環境にあり、黒ずみになりやすいといえます。 またお尻ニキビは治りづらいのでいつまでも残ってしまい、黒ずんでいくということがあります。 十分に洗えていない お尻は体の後ろ側にあるために、十分に洗いきれておらず汚れが残りやすい部分になります。 そのため汚れが毛穴に残りやすいためにニキビができ、黒ずみが現れるということも多くあります。 またしっかり流したつもりでも、洗剤が残っていたりすると皮膚に負担がかかってしまうので、黒ずみができやすくなってしまいます。 お風呂に入った際は気をつかって洗うようにしましょう。 また黒ずみが気になるあまり、お尻をゴシゴシと洗いすぎるのも逆効果になるので注意しましょう。 肌へ刺激を与えすぎることで黒ずみが増えてしまうことがあります。 お尻の黒ずみ解消方法 お尻が黒ずんでいるからといって諦めてはいけません。 改善することはもちろん可能です。 すぐに実践できる改善方法を紹介します! 保湿メインのスキンケアをする 黒ずみが気になる方はスキンケアをしっかりしましょう。 特に意識してほしいのが、お尻が乾燥しないように保湿をしっかりすることです。 保湿をすると、乾燥により厚くなった角質層を正常に戻してくれるうえに、ターンオーバー機能が働いて古い細胞を排除してくれるので、自然と黒ずみが解消していくといえます。 もちろん時間はかかりますが、じっくりと治すことで再発防止にもなります。 睡眠をとる 人間は寝ている間に成長ホルモンという成分を体内で生産しています。 この成長ホルモンはターンオーバー機能が正常に働くように促してくれ、黒ずみの解消のためには欠かせない成分なのです。 また成長ホルモンは、夜の10時から深夜2時までの間に寝ると、多く分泌されるようになっています。 この時間帯にしっかりと睡眠をとることを意識してください。 寝る前は保湿すること忘れずに。 ピーリングをする ピーリングとは古い角質を取り除いてターンオーバーの手助けをすることです。 お尻のピーリングには「ケミカルピーリング」の方法が向いていると思われます。 ケミカルピーリングとは酸の力で古い角質を取り除くことで、ピーリングの石鹸やクリームを直接患部に塗ることで効果が期待できます。 また黒ずみだけではなく、ニキビやざらつきにも効果が期待できます。 またメラニン色素が増えるのを抑制する働きもあり、お尻の黒ずみをピーリングで改善する方は多くいます。 ハイドロキノンが入ったクリームを塗る ハイドロキノンとはメラニン色素の元となるメラノサイトを減少させる効果のある成分です。 普段座りっぱなしなどで刺激を受けて積み重なったメラニン色素が原因の黒ずみには、このハイドロキノン入りのクリームは効果が期待できるといえます。 しかしハイドロキノンは効果が強い分使用しすぎると、「白班」という肌が一部分だけ白くなる現象が現れるので、使用する際は適量を守るようにしましょう。 食事で黒ずみのケアをする 黒ずみを改善してくれる成分を含むものを食べることで、体の内側から改善しましょう。 黒ずみに効果的な成分は、メラニン色素の色を透明にしてくれる 「ビタミンC」ターンオーバーの働きを正当にしてくれる 「ビタミンB2」皮脂の分泌量を整えてくれる 「ビタミンB6」の3つの成分です。 ビタミンC ピーマン・ブロッコリー・アセロラ・いちごetc ビタミンB2 レバー・すじこ・納豆・かつおぶしetc ビタミンB6 にんにく・とうがらし・さんま・ピスタチオetc 以上が3つの成分が含まれている食品です。 意識的にこれらを摂取するようにすると黒ずみを徐々に改善できるようになります。 また、糖質や脂肪分が多い食品はニキビができやすくなり、黒ずみの原因にもなるので控えるようにしましょう。 刺激を与えないようにする 原因にもあるように刺激が加わりすぎると、黒ずみができてしまいます。 改善するためには日頃の刺激を減らしてあげる必要があります。 長時間パソコン作業をする人は座布団を使用したり、1時間に一回は立ち上がってお尻が蒸れるのを防ぐようにしましょう。 また下着をシルクや麻の素材のものにすることで、通気性が増して蒸れにくく負担かかりにくくできます。 さらにお風呂に入った後にお尻を拭くときに、ゴワゴワのタオルを使っていると摩擦が強くなり黒ずみやざわつきの原因になります。 なるべくフワフワのタオルで優しく拭くようにしましょう。 専門的なアイテムを使用する 黒ずみの原因である、「毛穴の開き」に特化して、保湿と引き締め効果が高い美容液です。 「酵素ローズはちみつ」という成分により毛穴の汚れと角栓を分離させる効果が高く、黒ずみにも高い効果が期待できます。 高濃度の炭酸を凝縮させている泡パックです。 炭酸により、毛穴の奥の老廃物や古い角質を浮き上がらせ除去します。 さらに、美容成分を毛穴の奥まで浸透させるので、アンチエイジングの効果も期待できます。 ・ これらは黒ずみを解消するためにオススメのアイテムです。 なかなか症状が改善されないという方は、ぜひ試してみましょう。 病院へ行って改善する 自分で黒ずみを改善するのに限界を感じて、いてもたってもいられないという人は思い切って病院へ行って治療を受けてみるのも選択肢の一つです。 皮膚科に行くことで、レーザー治療を受けることができます。 光治療レーザーにより、積み重なったメラニン色素を除去することができるほか、ピーリングレーザーにより角質を除去することができます。 実際に受ける際は、医者が判断して適切な処置を行ってくれます! しかし、保険が適用されないそうなので価格が高くなってしまうのが難点だといえます。 黒ずみの量や症状にもよりますが、5万円前後費用がかかる場合があります。 まとめ お尻に黒ずみができる原因 ・刺激を受けてメラニン色素が蓄積されている ・下着のサイズが合っていないため ・乾燥して角質層が厚くなっている ・生理やストレスによりホルモンバランスが崩れている ・お尻のニキビが黒ずんでいる ・十分に洗えていないため汚れが残っている お尻の黒ずみ改善方法 ・保湿メインのスキンケアをする ・睡眠をとりターンオーバーを正常化させる ・ピーリングをして古い角質を除去する ・ハイドロキノン効果でメラニン色素を現象させる ・食事で体の内側から改善する ・お尻に負担をかけないようにする ・病院へ行く 以上が今回の記事のまとめになります。 お尻の黒ずみは様々な原因により、メラニン色素が蓄積されてしまうことが主な原因です。 自分ではあまり黒ずみに気づいてない人も多いですが、一度気になってしまうと除去したいものですよね。 実際に自分の努力しだいで黒ずみを改善したという人は多くいます!諦めずに根気強く改善していきましょう。 関連記事として ・ ・ ・ ・ こちらの記事も合わせてお読みください!.

次の