パチスロ バジリスク 絆 2 動画。 バジリスク絆2 フリーズ動画・恩恵・確率

バジリスク絆2 スペック・小役確率解析・PV・試打動画

パチスロ バジリスク 絆 2 動画

2 BC性能 種類 G数 特徴 ベルナビ 月下閃滅 20G ストック上乗せ特化ゾーン 平均約4. 30G継続で上位シナリオBT 激闘 と絆高確の【絆】 祝言モード 、初回継続が確定。 月下閃滅 月下閃滅は前作の真瞳術チャンスのような位置づけのATストック上乗せ特化ゾーン。 20G継続、平均ストック約4. エピソードBC エピソードBCは同色BCの一部で当選 通常時・AT中不問。 刑部<左衛門<弦之介の順に撃破人数期待度UP。 朧 後告知 最終Gで弦之介に出会えればAT。 AT バジリスクタイム バジリスクタイムは継続率やBC当選、セット数上乗せで継続させていく純増約2. 9枚のAT。 追想の刻・朧チャンス中のBC当選はBC後に当該セットをやり直し。 争忍の刻中のBC当選はストックや継続有無そのままの状態で次セットへ。 継続率は12セット1組のシナリオ管理。 シナリオは10種類存在。 13セットまで到達した場合はエンディングが確定します。 ステージで継続率を示唆 非完全リンク。 7 絆高確 絆高確 対応役 【縁】 巻物 BC確定 【想】 弱チェリー チャンス 、強チェリー BC確定 【恋】 ベル、共通ベル 約66%でBC 【絆】 全小役 前作と違い、【絆】点灯時は祝言モード確定となりBC当選で次回も【絆】点灯が確定。 またATシナリオ完走後にストックを消費し終えても移行する。 エンディングは40G継続し、ATは終了。 争忍の刻開始画面 奇数セットは甲賀、偶数セットは伊賀が基本。 この法則崩れで上位シナリオに期待。 詳しくはこちら。 公式PV.

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆2(バジリスク絆2) パチスロ スロット

パチスロ バジリスク 絆 2 動画

,LTD. [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [Carmina(カルミナ)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

バジリスク絆2 天井・スペック・設定判別まとめ

パチスロ バジリスク 絆 2 動画

大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。 今回は6号機史上1番期待されていると言っても過言ではない『 SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』について書いていきたい。 本機はかつての大人気機種『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の後継機だ。 純増2. 9枚のAT『バジリスクタイム(以下、BT)』で出玉を獲得していく。 このATは単なる「継続率」ではなく「シナリオ管理」各セット毎に継続率が異なる仕様だ。 中には12セットまで継続濃厚になるシナリオも存在するようだ。 もちろんBT中のバジリスクチャンス(以下、BC)も健在で、当選すればセット継続が約束される。 通常時のBCの当選には前作同様「巻物」が引けるかが重要になってくる。 本機の狙い目は天井狙いだ。 ゲーム数天井とBCスルー天井の2種類あるがほとんどの場合は重複して狙うことになるだろう。 ゲーム数天井は有利区間開始から800ゲーム、天井到達で同色BCに当選となる。 400ゲーム辺りから狙えば充分だろう。 ただし天井の同色BCはスルーしてしまうと有利区間もリセットされてしまうので注意が必要だ。 BCスルー天井は8回目でBT当選という仕様だ。 スルーを重ねるたびにBTに当選しやすくなるらしく、実戦上では 7スルーで当選しているパターンが多く見られた。 4スルーからでも狙っていけるだろう。 これらの狙い目はデータ機では分かりづらい場合がある。 筐体右のチャンスボタンを押下すると左のミニ液晶に経過ゲーム数とBCスルー回数が表示されるので、こちらを参考にすると良いだろう。 今回は座った台は有利区間開始から354ゲーム、BCは4スルーの台。 ゲーム数は微妙なところだがスルー回数は狙い目の条件を満たしているので、これくらいでも大丈夫だろう。

次の