多部未華子 重岡大毅。 重岡大毅の演技うまいと話題!高評価は知らなくていいコト出演のおかげ?

重岡大毅「これは経費で落ちません!」に“とんでもないハマり役”と大絶賛!

多部未華子 重岡大毅

NHK・ドラマ10「これは経費で落ちません!」の試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、重岡大毅(ジャニーズWEST)、吹越満が出席した。 本作は、せっけんメーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子の森若沙名子(多部)が、経費チェックを通じて、大きな不正事件とまではいかないものの、さまざまな小ズルい者たちにアプローチしていく模様をコミカルに描いたオフィスドラマ。 不器用ながらも何事にも几帳面な経理女子を演じる多部は「和やかで穏やかで、日々しんどいながらも、楽しく過ごしております」と現場の様子を紹介した。 一方、重岡が演じるのは営業の若手エース山田太陽。 とある騒動を通じて森若にほれ、果敢に彼女にアタックするが、恋愛に奥手な森若はなかなかこれに応じない。 互いの印象を聞かれると、多部は「重岡さんははじめまして。 現場ではあまり話していなくて。 だから特に(印象も)ないです。 これに重岡は「ナチュラルに(僕に対しての)壁がある。 (劇中と)一緒です」と笑わせながら、「多部さんは、職人のイメージ。 パパパンてOKを出す感じで…」と明かした。 第1話にはデザイナーの曽根崎ミレイ役で藤原紀香も登場する。 ミレイとの不倫を疑われる役どころを演じた重岡は「実際に会ったらオーラがすごくて、実際に横に並ぶと(自分の)一般人感がすごく出てしまった。 小物感が拭い切れない。 そこは(撮影で)頑張りました」と振り返った。 また劇中では、森若に健気なアプローチを繰り返す太陽だが、「(自分なら)あんなシャッターをガンと閉められたら行けない。 (森若の反応は)はっきり『ノー』ですもんね。 太陽はすごいなと思いながら演じています」と苦笑した。 ドラマは26日から、毎週金曜午後10時にNHK総合で放送。

次の

「これは経費で落ちません!」多部未華子、キス顔⇒頭ポンポンが胸キュンもの!

多部未華子 重岡大毅

多部未華子主演のドラマ「これは経費で落ちません!」(NHK)が、話題のドラマ「凪のお暇」(TBS系)の裏番組にも関わらず注目を集め、9月13日に放送された第8話では、多部演じる森若沙名子の彼氏・山田太陽を演じる重岡大毅の熱いセリフにもキュンキュンコメントが寄せられている。 「このドラマは、中堅石鹸会社の経理部で働く、奥手なアラサー独身女子・森若が主人公。 毎回彼女の元に回ってくる怪しい領収書をきっかけに、思いがけない不正や人間関係が浮かび上がってくるといった展開。 第7話で初キスをきっかけに縮まった二人の距離も、山田(重岡)が大学の後輩と抱き合っている姿を森若が目撃。 初めて芽生える嫉妬の感情に動揺しますが、森若は自分は太陽から受け取るばかりで何も返せていないと言って悩みます」(テレビ誌記者) そんな森若に、重岡演じる山田は「沙名子さんが喜べば、俺も嬉しいんです」「大事な人が喜んでくれて笑ってくれて、俺にはそれ以上の幸せは思いつかない」と目を見て告白。 明るく天真爛漫な山田の熱くまっすぐな台詞に「多部未華子と重岡大毅のコンビがめちゃくちゃ可愛い」「(二人は)マジでとんでもないハマり役で、それぞれの魅力が溢れまくってる」といったコメントがネット上にも躍った。 「重岡は2014年に『ジャニーズWEST』のメンバーとしてCDデビュー。 2016年には映画『溺れるナイフ』で注目を集め、今年1月期には深夜ドラマ『節約ロック』(日本テレビ系)で準主役。 4月期には二階堂ふみ主演の話題のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に出演。 第一話で衝撃的な死を遂げ、大きな注目を集めました。 今回ヒロイン・多部未華子の相手役を務め、俳優として着実にステップアップしていますね」(エンタメ誌ライター) しかし、そこには重岡自身の焦りもあると、エンタメ誌ライターは続ける。 「2014年のジャニーズWEST以来、新しいグループがジャニーズ事務所からデビューしていませんでしたが、昨年King&Princeがデビューして大ブレイク。 さらに今年はSixTONESやSnow Manのデビューが発表され、ジャニーズJr. のデビューラッシュが続いています。 グループ活動は勿論の事、重岡自身も活動の幅を広げないと埋没しかねません」 現在開催されている「FIVBワールドカップバレーボール2019」(フジテレビ系)では、大会スペシャルサポーターを務めているジャニーズWEST。 デビュー後のグループがスペシャルサポーターに就任するのは、ジャニーズ事務所初の事。 初心に帰って、再度アタック!? (窪田史朗).

次の

山田太陽役の俳優は誰?多部未華子が相手役に指名した訳は

多部未華子 重岡大毅

重岡大毅と多部未華子はドラマ関係は 多部未華子さん30歳は主演も張る大女優さん。 NHKドラマ「これは経費で落ちません!」で重岡大毅さんと共演しています。 経理として厳しい森若沙名子(多部未華子)は恋愛には奥手で一人でいることが好きだったのだが、 営業の山田太陽(重岡大毅)の明るく優しい男性からグイグイアタックされることで恋愛に目覚めていく。 多部未華子は重岡大毅に塩対応 ドラマ「これは経費で落ちません!」の制作会見では 多部未華子さんのそっけなく社交辞令が一切ない塩対応の 未華子節が沢山出たそうです。 初共演の重岡大毅さんにもしかり、印象を聞かれても 「どう思われているのか、あまりおしゃべりしたこともないから」「だから印象は特にないです! 笑 」 と塩対応。 言われた重岡大毅さんは、 「ナチュラルに壁を感じます 笑 劇中と一緒です」 重岡大毅が可愛すぎ 重岡大毅さんが演じる山田太陽は営業のエリートですが 叱られたら素直に謝り、褒められたら素直に喜び、他人を嫌わず、ポジティブで、骨惜しみしない。 素直で明るい山田太陽は、淡々と仕事をこなし、でも愛ある森若沙名子にドンドン惹かれていきます。 森若沙名子さんに恋をして、まるで子犬のように彼女に向かって全開の笑顔で駆けて来る姿がまぁ可愛い! そっけない森若沙名子にめげずに猛アタックを続けます。 ある時、そっけないのは、恋愛に奥手で慣れていないからと 気付いてしまうのです。 一生懸命、彼女になろうと頑張る姿に可愛くなってしまう。 と それを「何て可愛い」と表現する重岡大毅さんが可愛すぎる! 床に転がりながら「可愛すぎる!〇す気か!」と絶叫! これはアドリブなのでしょうか!この辺はジャニーズWESTらしさが出てますね~!! 重岡大毅のプロフィールは 重岡大毅のプロフィール 氏名 重岡大毅(しげおかだいき) 生年月日 1992年8月26日 年齢 27歳 出身地 兵庫県 血液型 A型 身長 172 cm グループ ジャニーズWEST 事務所 ジャニーズ事務所 2006年にジャニーズ事務所に入所。 Hey! Say! 7WEST(後の7 WEST)のメンバーに デビューはジャニーズWESTとして2014年4月23日 「ええじゃないか」でCDデビュー 2008年くらいからテレビドラマには、出演していました。 これからも活躍が期待できる俳優さんになるのでは? NHKドラマ「これは経費で落ちません!」のあらすじは 「これは経費で落ちません!」は、青木祐子作のライト文芸。 それを原作に森こさちによって漫画化されました。 集英社の『Cookie』で2017年11月号から連載が始まりました。 「これは経費で落ちません!」のあらすじは 「これは経費で落ちません!」のあらすじは 森若沙名子は中堅の石鹸会社「天天コーポレーション」の経理部員である。 経理部は新発田部長、入社15年のベテラン田倉勇太郎、 入社5年の森若、広報課から異動してきた佐々木真夕の4人。 経理部は営業部などに比べれば地味な部署ではあるが、それでも経理にかわる様々な難題が降りかかる。 森若の好きな言葉は「イーブン」、座右の銘は「ウサギを追うな」、趣味は一人で映画を見ること。 20代後半ながら部長の信任も厚く、マイペースで経理の重要な仕事をきっちりこなすが、プライベートでは会社の人間とは深く付き合わない主義で、同期の鏡美月以外とは食事にも行こうとしない。 天天コーポレーションには様々な社員がいる。 犬猿の仲の営業部長と経理部長、会社の広告塔の広報部員、特殊枠に乗じる秘書、女子社員の間の反目、悪気なく問題を起こしてしまう契約社員、高飛車に正論を唱える中途入社社員など。 経理部員は持ち込まれる領収書にある問題の芽を探り当て解決していかねばならない。 そんな中、年下の営業部員で明るくて調子のよい山田太陽が森若に惹かれてアプローチしてくるようになり、森若はペースを乱されて困惑しながらも、とうとう一緒に食事に行くことを承諾する…。 物語は、天天コーポレーションの社内の人間模様と、森若・山田の仲の進展の二つを軸にしてゆっくり進行していく。 引用:Wikipedia 重岡大毅演じる山田太陽に猛アタックされて、恋愛に奥手の森若沙名子(多部未華子)はペースを狂わせながらも 山田太陽に恋していくのでした。 スポンサーリンク NHKドラマ10とは NHKドラマ「これは経費で落ちません!」は毎週金曜日夜10時から ドラマ10での放送。 多部未華子さんはドラマ10は2度目の主演です。 ドラマ10は面白いドラマが結構ありますよね。 歴史は古く1989年から始まっています一時廃止にするも復活していて、ドロドロの恋愛ドラマだったりと攻めているなと思うドラマ枠です。 概要をみると 主に女性層を中心に「話題性あるテーマと高品質のエンターテインメント」をテーマにした作品を制作している。 と謳っています。 多部未華子のプロフィールは 多部未華子のプロフィール 氏名 多部未華子 生年月日 1989年1月25日 年齢 30歳 出身地 東京都 出身大学 東京女子大学 愛称 多部ちゃん 身長 158cm 血液型 O型 所属 ヒラタインターナショナル デビューは2002年 小学校5年生の時にミュージカル「アニー」を観て感激し、 中学2年生までオーディションを受けていたが、受からなかった。 2002年にスカウトされて現在の事務所ヒラタインターナショナルに所属。 (それ以前はムーン・ザ・チャイルドに所属) Janne Da Arcの「Rainy~愛の調べ~」のPV出演で女優デビュー 『HAPPY! HAPPY! スペシャル』(BS日テレ)でテレビドラマ初出演。 2003年 映画『HINOKIO』オーディションで1,000人を超える応募者の中から抜擢(メインキャストの工藤ジュン役) 2005年 第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞 2009年 NHK連続テレビ小説『つばさ』主演(オーディション1,593人から) 2010年 エランドール賞新人賞を受賞 2011年 民放の連続ドラマ『デカワンコ』で初主演 若い頃から才能ある女優さん。 記者会見でも多部未華子節を言われるように 社交辞令一切なし、 部長役の吹越満さんには 「お父さんみたいな存在で安心です。 以上」 相手役の重岡大毅さんに対しても 「だから、特にない」 とバッサリ言い放つキャラのようです。 職人気質?女優さんですね~。

次の