咳 し すぎ て 吐き そう。 長引く咳とオエッと吐きそうになるほどの酷い咳(相談日2013/05/10 06:21)|携帯から名医に医療相談【ネットドクターズ】

意外と知らない?寝起きに咳がでる主な5つの原因

咳 し すぎ て 吐き そう

今私はとある会社に出向していますが、 同じフロアに耳障りな咳をする女性がいます。 今の会社に来てからずっとなので、風邪ではなさそうです。 遠慮するわけでもなく、手を当てるわけでもなく、 せめて下を向いてくれればいいのに、上を向いて かなりおおっぴらに咳き込みます。 どうしてもわざとやっているようにしか聞こえないのですが、 もしかしたら、何かの病気かなと思ったりもします。 まったく喋ったことのない人ですし、 事情もわからないので注意したりすることもできないのですが、 周囲の人たちが気にならないのが不思議です。 それとも、こんなことが気になるのは私だけでしょうか?? ユーザーID: 5126688417 私自身もそうなんですが・・・・ ビル内で窓もなく空調のみのフロアで、絨毯敷きだったりすると・・・ ダニやハウスダストがすごいんです。 アレルギーがあるので、そのおかげで喉も腫れてしまい毎日咳き込んでいました。 咳止めやもちろんアレルギーの薬を飲んでいたものの、咳が出始めるとホントに呼吸困難な状態で、確かに最期におえっっとえづいてしまう程でした。 風邪と違ってアレルギーであると分かっていたので、周囲の人は「大丈夫?」というだけでしたし、こちらも出来るだけ迷惑にならないように顔を背けたりタオルを口に当てたりはしてました。 咳の仕方については、やっぱり手を当てたりして欲しいですよね。 ただ、咳の原因についてはアレルギーってこともあると思います。 ユーザーID: 3471013288• 何かの病気だと思います。 私は、慢性気管支炎が発病し、薬を飲まないと咳と一緒に吐く事もあります。 効く薬は知ってますが、あまり服用したくないので、ずっと家に居ます。 (専業主婦なので) 慢性気管支炎は、風邪をひいてしまうと風邪が治っても気管支炎だけ長々治りません。 3ヶ月くらい続く事もあります。 嘔吐の理由は、気管支にタンが絡みます。 喉では無いので、どうする事も出来ないのですが、身体はそれを排出したいらしく咳をします。 しかし、そんな位置にあるタンは普通の咳ではなかなか排出されないのです。 空気も飲むので、ゲップもしたくなりますが、気管支のタンが邪魔でゲップも上手く小出しに出来ないです。 そんなこんなで、タンやゲップが溜まって来ると、咳でそれらと胃の内容物とが一緒に出て来る事が多々あります。 胃が悪い訳では無いので、疲れますが…そして、気管支や喉もその行為により傷付き、悪循環になります。 気管支だけで、身体は元気なのですが、バスや電車に乗る勇気は無いですね… もし、私と同じ病気であれば、彼女は凄い技術を持っていると思います!! 私なら、絶対吐かないという自信は無いので。 彼女も同じ病気かは解りませんが…? ユーザーID: 8465608022• 私もそうです。 対処の仕方はわかりませんが、 私も物心つくころから、その女の人と全く同じ咳き込み方をしているのでどのような症状かはわかります。 わざとではありません。 やはり周囲の方に「吐きそうだけど大丈夫か?」と心配されます。 咳き込む音も大きいと思います。 とっても心苦しいです。 症状は、喉にイガイガがささっている感じ?がします。 わたしは下を向いてしますが、 咳き込みだすと苦しいので手は胸に当ててしまい 口に持っていく事は出来ません。 体力も消耗するので疲れます。 突然くる時と「あっ!きそう」という時があります。 セキが出始めると止める事は不可能なので、 「あっ、きそう。 」と思った時にはお茶を一口すすったり、 飴をなめたりします。 それでも治まりそうにない時や 突然の時はしかたないので、席をはずします。 めったにありませんが、 熱が高いなど体調が悪すぎる時は 本当に吐いてしまう事もあります。 乾燥が良くないのかな?と思っています。 ユーザーID: 5339355122• 喘息か気管支炎を患っていると、ひとたび咳をするとオエッとなるまで止まらないです。 私の母がそうです。 周りで聞いている人は不快に思うと思いますが、咳をしている本人は息もできないくらい苦しいんです。 こういう苦しみがあること理解してあげてほしいです。 ただ、その方も上を向く方が苦しくないのかもしれませんが、ハンカチやタオルを当てるなどの配慮がほしいですね。。。 主さんから、「もしよかったら使ってください。 」とハンカチ(差し上げてかまわないもの)を差し出してみてはいかがでしょう。 そのときにコップ1杯のお水も用意してあげると嫌味にならないと思います。 ユーザーID: 5047265361• 嫌ですね。 私はたぶんその方とおなじような咳を出してしまう一人です。 器官が弱いので、同じように咳き込みがはじまると最後はおえっとなります。 きっと周りの方は不快だろうと思うので、「ごめんなさいね」と謝ります。 けれど、わざとやっているわけではありません。 控えよといわれて控えられるものならそうしたいですが、 自分の力で押さえられるものではないことをご理解していただきたいです。 咳き込むのはいやなので、ずっとアレルギーの薬を飲み続けています。 それでも体調や場所によって、咳は出ますし、最後におえっとなることも自分では止められません。 (この発作のような状態がはじまると、泣きたくなります。 ) 「はっとして、やめる」ことが出来たなら、本人にとってもどんなに幸せか。 わざとだと思われるのはとても悲しいです。 ただ、咳エチケットとして、咳込む時はちょっと手をそえるとかハンカチでおさえるとか…、周りの者が心配しているとさりげなくアドバイスされてもいいかもしれませんね。 ユーザーID: 6200639992• 咳中枢と嘔吐中枢は近くにあり、咳をすると嘔吐がつくことがあります。 気管支炎などで激しく咳こむと、嘔吐がつくことはよくあることです。 個人差のあることですが、毎回5〜6回の咳で嘔吐がつくその女性は過敏なのかも知れませんが、ヘビースモーカーの可能性も多分にあります。 わざとではないと思います。 しかし手で覆いもせず、上を向いて咳をするというのはかなり常識に欠ける行動です。 下火になったとはいえ新型インフルエンザ、肺結核の可能性も無いわけではありません。 女性の上席から、咳が止まらないなら病院へ行く事、周りが不快に感じるのでマスクをするなり、下を向き手で覆うなりする事を言ってもらうのは可能でしょうか? ユーザーID: 0044320371• 私も喘息でした 小児喘息だったので、そういう咳の経験はあります。 風邪などをひくと、今も出ることがあります。 手やハンカチを当てる等の配慮がないのはよくないですね。 「大丈夫ですか?マスクをした方が喉の乾燥が防げますよ」という言い方はどうでしょうか。 周囲に配慮しても、咳自体はなかなかおさまるものではないのではないでしょうか。 「わざとなんじゃないか」なんて考えて掲示板に書き込むほどストレスをためる人がいることにショックを受けました。 私は気の毒に、って思いますが、それは病気の経験があるからなのかもしれませんね。 小さい頃、担任の教師に「心が弱いから発作が出る」「そうやって人の気を引こうとしている」と言われ、心底傷ついたことがあります。 その教員がどこかおかしいのだと思っていましたが、私の咳が不愉快だった人は他にもいたのかもしれません。 そういう考えの人がいるということ、勉強になりました。 今後また喘息が出るようになったら、気をつけたいと思います。 ユーザーID: 8961363951• アレルギー.

次の

吐きそうになるまで咳が止まらず困っています。原因は何でしょうか?

咳 し すぎ て 吐き そう

もくじ• 咳喘息とは 僕が困ったのは夜になると咳が止まらなくなった事です。 実は僕は元々小児喘息持ちで、大人になってからも台風が来る時とか気圧の変化で唐突に喘息の発作が起こる時期がありました。 喘息の発作が起こると気道が狭くなり、呼吸をしづらくなり炎症したり咳が出るのです。 発作が悪化してくると本気で呼吸困難になる事もありました。 何度か咳が止まらずに、本気で「マジでこれ窒息して死ぬんじゃないか」ってビビった経験があります。 咳喘息の時も似たような状況になります。 喘息との違いは呼吸が苦しくなって「ひゅーひゅー」と呼吸をする度に変な甲高い音が出ないという点です(喘息だとひゅーひゅー音がします)喘息には近いんですが、ひたすら咳が出ます。 普通の喘息との大きな違いはこれのようですね。 嘔吐するぐらい咳が止まらない ビックリしたのは咳喘息になると、ひたすら咳が出続けるんですが、その咳が止まらなくてそのまま喉が炎症を起こして嘔吐する事です。 一時期本当に咳が止まらなくてそのまま嘔吐していました。 昼間は元気なのに、夜中に眠ろうとすると突然咳が止まらなくなり、そのうち嘔吐するっていう苦しみです。 本当に毎日続くと気が滅入るレベルで苦しかったです。 原因は色々ある 咳喘息の原因は色々あるそうで、アレルギーがある人に多いと言われているそうです。 ちなみに僕はアレルギー体質です。 原因とされているものをざっと並べると以下の通り。 ストレス• 温度差• ハウスダスト• アレルギー• 風邪 スポンサードリンク 咳喘息の症状 咳喘息の症状は風邪をひいた後に引き起こされる事が多いそうで、2~3週間以上、咳が続くようならば咳喘息の可能性があるとのことです。 また咳喘息は女性に多く、再発を繰り返しやすいとの事です。 繰り返しますが喘息との大きな違いは喘鳴(ひゅーひゅー言うやつ)や呼吸困難はなく、発熱だったり痰が出る事もないそうです。 僕も喘息の症状が出る時は痰がよく出るので、この違いは大きかったので喘息持ちの人はすぐに違いがわかると思います。 また上記したように、夜中から明け方にかけて症状が出る事が多く、温度差や煙草を吸う事で咳が出やすくなるのが大きな特徴だそうです。 放置すると本格的な喘息に発展する危険性も 咳喘息の場合、喘息にそのまま発展する事があるそうです。 僕の場合既に喘息持ちだったので関係ありませんでしたが、人によってはまだ喘息を持っていない人でも、咳喘息になってそのまま喘息を発症する事があるとの事。 本格的な喘息に繋がる前にちゃんと病院に行って正しい治療をした方が良さそうです。 咳喘息に効果的な薬がある 咳喘息の場合、普通の咳止めや風邪薬は効果がありません。 僕が病院に行った時は吸引式のステロイドを頂きました。 どういうものかと言うと非常に小さな粉末のようなものを定期的に吸い込むと言うもの、非常に簡単なものです。 この吸引式ステロイドは、簡単に言うと気管支を広げるもので、喘息の時にも同様に気管支を広げるために使うものだと思います。 僕はこの吸引式ステロイドを使うようになって咳喘息が治り、その後は喘息の発作も出なくなりました。 定期的に吸引しているわけではなく、その時期に一週間分ぐらい出してもらってそれを使っていたらそのまま使わなくて済むようになった感じですね。 これで完全に治療が出来た~とまでは言いませんが、対処する事は出来ました。 スポンサードリンク 咳喘息の予防 咳喘息の予防に大事な事がいくつかある事を病院でも教えてもらったので、それについても書いておきます。 煙草は危険 先生に言われたのはまず煙草でした。 煙草の喫煙、もしくは副流煙(要するに周りが吸ってる煙)を吸う事で咳喘息を悪化させる原因となるそうです。 だから本人が吸うのも良くないし、周りが吸ってるそばに行くのもよくないそうです。 たまたまですが僕は子どもが生まれた際に完全に禁煙して数年経つし、周りで煙草を吸う人はほとんどいないのでここは問題無しと。 お酒も危ないらしい 結局煙草とお酒は健康にはあんまり良くないんだな!! ってオチなんですけど、お酒も良くないそうです。 お酒を飲む事でアセトアルデヒドと言う物質が体内に出来て、これによって気道を収縮させられてしまい、咳が出やすくなるそうです。 そう言えば昔お酒を飲んだ時に喘息の発作出る事が何度かあったので、めちゃくちゃ思い当たるので本当に気をつけたいと思います…。 気温の変化 咳喘息の発作には急激な気温の変化も関係しているそうです。 思えば僕が喘息の発作を起こすのも春や秋の気温の変化だったり、台風が来る時の気圧の変化だったりするので、温度変化には気をつけた方が良さそうですね。 ちなみに僕の場合は普通に温度変化でよく体調を崩します。 部屋の掃除をする 僕自身がハウスダストアレルギーを持っているんですが、このハウスダストも咳喘息の原因となるそうです。 もちろんペットの毛や花粉なども同様で排除しなくてはいけません。 色々な点で部屋の掃除は大事になるそうです。 僕は昔から掃除があまり得意ではないけど、今は奥さんが頻繁に掃除してくれているのでこの問題は解消する事が出来ています。 一人暮らしの人は大変かも知れませんが、配偶者や家族がいる人は掃除について本当に気をつけた方が良さそう。 特に子どもが喘息持ちの人は同様に部屋の掃除に気をつけるべきだと思います。 百日咳との違い 僕が病院で症状を言った時、医者に言われたのは「咳喘息か、百日せきのどちらかですね」というものでした。 ただし百日咳は子どもがかかる事が多いため、大人はあまりかかる事はないとの事です。 特に危険なのは1歳以下の乳児で、生後6ヶ月以下の場合は死に至る危険性も高い病気とのことです。 子持ちの方はご存知だと思いますが「三種混合ワクチン」と言うものがありまして、これを打っておくとこの百日咳を予防出来るそうなので、ワクチンはちゃんと打っておきましょう。 ウイルスの感染で発症 百日咳は百日咳菌というものが存在し、これが感染する事によって発症する急性気道感染症です。 上記の通りワクチンがあるため、子どもがかかる事は減っているそうですが、逆にその結果追加免疫を得られない世代が増えており、成人の感染数が増えているんだそうです。 百日咳の症状 咳喘息同様、咳の発作が夜に起こりやすい。 小児の場合は嘔吐、無呼吸、チアノーゼ、結膜充血、失禁、肋骨骨折、失神の症状なども見られるそうです。 また咳が止まらない事から体力の消耗が激しく、不眠や脱水が起こり、入院治療が必要な場合もある。 成人の場合は咳が出ないケースもあるそうで、原因不明で気づかれない事もあるそうです。 ただ僕は咳喘息で、百日咳ではなかったそうなので、コチラの経験がないためなんとも言えませんが、先生曰く「百日咳だったら、文字通り百日経てば大体良くなるので、それまで頑張るしかないです」との事でした。 回復までに約3ヶ月(百日)かかる 百日咳と言うだけあって、回復前に約3ヶ月かかるのが最大の特徴だそうです。 上記の通り幼い子どもの場合は生命の危険に及ぶ可能性もあるそうなので、ワクチンを打ってなかったりする場合は特に、咳が止まらない時や夜中にだけ発作のように咳が出続ける場合はすぐに病院に行く事をオススメします。 僕自身、咳が止まらなくて本当にヤバイと思ったから病院に行ったわけなので…。 ちゃんとした病院に行けば発作は抑えられる 僕は咳喘息になった時は毎日夜に咳の発作が出て、嘔吐をしていたからでした。 これまで喘息の発作が出ても嘔吐する所まではいった事がなかったので、嘔吐をするようになって「これはマジでヤバイ」って思いました。 このままだと真剣に死ぬかも知れない、とまで本気で思ったので、さすがに限界になって病院に行きました。 その時の話はコチラで書いています。 合わせて読みたい 僕の場合は吸引式のステロイドを吸う事によって、徐々に回復に向かっていってそのまま発作が出なくなった感じでした。 さすがに吸い始めたその日から完全に出ない…って事はありませんでしたが、それでもちゃんと効果はありました。 小児の場合はどうなるのかちょっとわかりませんが、少なくとも成人の場合は病院に行って薬をもらう事で改善は可能だと思います。 少なくとも僕は改善する事が出来ましたから。 とりあえずこういう「普段聞かない症状でよくわからない」って時は必ずネットで検索して大体の目星をつけてから病院に行くぐらいの方が良いです。 僕はそうやって病院に行くようになってから、あまりその病名が外れた事がありません。 たまに酷い対応をする医者は本当にいるので、酷い対応をしてきた病院には二度と行かない事をオススメします。 別の病院に行けばもっとちゃんとした対応をしてくれるので、大人しくそっちに行った方が良いです。

次の

咳が止まらない!嗚咽や吐き気・・・咳には◯◯でうがいがオススメ!

咳 し すぎ て 吐き そう

長引く咳にご注意!咳喘息(せきぜんそく) 監修/北村 聖 東京大学医学教育国際協力研究センター 教授 かぜは治ったはずなのに、咳はちっとも治まらない、といったような状態が数週間続いたら、それは 咳喘息かも知れません。 咳喘息は、慢性的に咳が続く気管支の病気です。 一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。 この病気は、特にアレルギーのある人に多いとされています。 アレルギー反応によって、気道が炎症を起こしてしまうためです かぜに併発して起こることが多く、かぜをひいたあとに2〜3週間以上、咳が続くことがあれば、この病気の可能性があります。 女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。 気になる症状があれば専門医(呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科)で詳しく診てもらうことをおすすめします。 咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳(からぜき)が続きます。 ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。 ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。 また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。 夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。 のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。 咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。 咳喘息は、喘息の前段階ともいわれています。 咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。 問診で病歴を詳しくたずねた上で、さまざまな症状から総合的に診断します。 以下の診断基準を満たす場合に、 咳喘息と診断されます。 診断基準 1. 喘鳴を伴わない咳が8週間以上続く (聴診器で聞いても呼吸にゼイゼイ、ヒューヒューという音が入らない) 2. 喘鳴、呼吸困難などを伴う喘息に今までにかかったことがない 3. 8週間以内に上気道炎(かぜ)にかかっていない 4. 気道が過敏になっている 5. 気管支拡張薬が有効な場合 6. 咳を引き起こすアレルギー物質などに反応して、咳が出る 7. 胸部レントゲンで異常が見つからない 上記1・5の二つを満たすことで、咳喘息と簡易的に診断することもあります。 さらに血液検査で、ハウスダスト・カビ・ダニなどに対するアレルギー反応を確認します。 アレルギー反応に関与する細胞で、痰の中に分泌されます。 咳が続いているのはかぜが長引いているせいだろうと、かぜ薬や抗生物質、咳止めを用いても、 咳喘 息の場合はほとんど効果がありません。 咳喘息の治療には、気管支拡張薬(気管支を拡張させて空気の通り道を広げる薬)や吸入・経口のステロイド薬を使います。 気管支拡張薬を使って、咳がある程度治まれば、 咳喘息と診断し、吸入ステロイド薬を使った治療を開始します。 全身的な副作用の心配も少なく、長期にわたって用いることができます。 抗アレルギー薬を使用することもあります。 最近では、吸入ステロイド薬と気管支拡張薬をひとつの薬として配合した喘息治療薬も出ており、こうした薬が処方されることもあります。 症状が良くなったからといってすぐに治療を止めてしまうと再発することがあるので、数カ月間は続けることが大切です。 また、 咳喘息はそのまま自然に治ることもありますが、約30%が喘息に移行するといわれています。 喘息への移行を食い止めるためにも早い段階で薬を使って、気道の炎症を抑える必要があります。 特に吸入ステロイド薬の使用は「咳症状の治療」とともに「喘息への移行を予防する」効果が期待できます。 咳喘息との区別は困難ですが、気管支拡張薬の効果の有無で見分けられます。 アトピー咳嗽には、気管支拡張薬ではなく、ヒスタミンH1拮抗薬・吸入ステロイド薬が有効です。 その結果、わずかな刺激にも反応し、気道が収縮して 咳喘息が起こりやすくなります。 かぜの流行シーズンには、外出時はマスクを装着するようにしてください。 できるだけ人ごみは避け、外から帰ったら、手洗いとうがいを徹底しましょう。 特にたばこの副流煙は、受動喫煙といって、 咳喘息を悪化させる原因になります。 患者さん本人の禁煙は当然として、家庭や職場など、周囲の人にも禁煙や分煙を徹底してもらいましょう。 お酒を飲むと、体の中にアセトアルデヒドという物質ができます。 この物質は、気道を収縮させて咳を起こしやすくします。 日本人は欧米人にくらべてアセトアルデヒドを分解しにくい人が多いため、飲酒の影響を受けやすいといわれています。 飲みすぎには十分に注意してください。 週に数回、布団や枕などの寝具を干したり、室内をこまめに掃除しましょう。 春や秋は常に気温の変化に注意を払い、外に出るときには服装による温度調節を心掛けましょう。 エアコンを使う場合は、室外との温度差を大きくしすぎないよう注意してください。 また室内の温度はいつも一定に保つようにしましょう。 日ごろからストレスの原因となる過労を避け、睡眠や休養を十分にとることが大切です。 水泳など適度な運動を行い、抵抗力をつけることも 咳喘息の予防につながります。 食物アレルギーのある人は、アレルギーの原因となる食品を避けるようにしてください。 食べ過ぎにも注意が必要です。 編集:株式会社ライフメディコム 制作:.

次の