引越し業者 無料 一括見積依頼。 引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

引越し一括見積もりサイトは危険?おすすめ2つと失敗しない使い方

引越し業者 無料 一括見積依頼

インターネットから引越し業者にまとめて見積もりを予約できるサイトって沢山ありますよね。 使い方、登録業者数、特典などサイトによって差があります。 今回は実際に使ってみた結果、どこが一番使いやすかったかを記事にまとめました。 サイトを利用する前に以下の4点を重視しています。 使ってみたのは6サイト。 実際に利用してみて使いやすかったサイトをランキング形式で紹介していきます。 一番分かりやすいメリットが 「時間短縮」です。 特に遠距離、海外、オフィスなど条件が難しい引越しは安く対応できる会社が限られるので、一括で依頼することで自分で会社のプランを1つずつ調べる手間が省けます。 一般的には3~5社に依頼する人が多いです なんとなくお願いしようと考えている本命の会社があると思いますが、「本命の会社+2番手の会社+安そうな会社」の3社を選択すると交渉しやすいです。 出来るだけ安い見積もりが欲しいならさらに1~2社加える感じですね。 ただし、1社あたりの訪問見積もりが1時間程度と考えると、5社対応すると一日がかりになるので気合が必要です。 時間短縮以外のもう一つのメリットとしては、情報を送信すると見積額の目安をまずメールで送ってもらえるので、 「メールが交渉材料」になるということ。 安い見積もりメールはコピーしておこう メールの中から訪問見積もりをお願いしたい会社に返信するという流れですが、安い見積もりメールをコピーしておけば訪問見積もり時に、その金額を使って交渉出来るので便利なんですよね。 なので、『 訪問見積もりをお願いするつもりはないけど安そう』という会社を1社選んでおくと、最初から安い額をメールで提示してくれるので本命会社との交渉に使えますよ。 大手の料金には宣伝費、きめ細かいサービス、様々な人件費が反映されています。 大手業者は営業、オペレーター、作業員がそれぞれ専門で担当しています。 梱包素材も再利用できるエコロジーな資材を独自に開発していたり、養生も沢山の資材を使い丁寧です。 テレビCMで宣伝もしていますよね。 対して中小業者は電話対応、営業、作業員をすべて同じ人物で行うことが多く、宣伝もほとんどしていません。 そういったことから中小業者の方が安い値段を提供出来るんです。 ただし、大手の方が安くなる場合もあります。 遠距離の引越しや難易度の高い引越しの場合です。 丁寧なサービスだけ高くなりがちな大手ですが、 全国に営業所があるため遠距離では支店のない中小よりも有利なんです。 中小業者は遠距離でも搬入、搬出の作業員は同じ人がやります。 引越し先へ運んだ後は空のトラックで帰宅です。 大手業者は荷物はJR貨物で一気に運んで後は現地の営業所が引き継いだりします。 作業員の拘束時間で差が出るため大手が有利! 業者選びの参考にしてみてください。 前置きが長くなりましたが次から引越し見積もり予約サイトを5つ比較していきます! 1位. 不動産・住宅情報サイトとして有名ですよね。 そこがやっているサービスです。 は時々ネタ投稿もあって面白いのでフォローしてみてもいいかも。 また、サイトによっては見積もりに合わせてインターネットサービスやウォーターサーバーをお試しさせようとするところもあるのですが、そういった余計なものがまったくないのも印象が良かったです。 もちろん詳細入力もできます。 見積もり料金は訪問見積もりしないと結局分からないと思っているので、簡易入力があるのはうれしかったです。 荷物量を入力して検索するとこのように業者が表示されるので、自分で選択して送信して完了!とても簡単でした。 表示される会社のバランスが最高に良い もう一つ注目するところは、 表示される業社のバランスが良い所。 私の場合はこんな感じで大手4社と中小2社が表示されました。 訪問見積もりをとる時のスケジュールは、• ちなみに6社から見積もりメールをもらって、最終的に訪問見積もりを依頼した業者は「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」「町の引越屋さん」の3つ。 アリさんとサカイをセットで見積もり依頼する場合は、この2社はライバル関係なので、お互いに負けまいとして安くしてくれますが、お互いに譲らずしつこくなる時もあるのでご注意を(苦笑 2位. SUUMO引越し SUUMOでお馴染みのリクルート住まいカンパニーが運営する引越し見積もりサイトです。 LIFULL引越し(旧 HOME'S引越し)と同じように、 見積もりが欲しい引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。 引越しの一括見積のデメリットは電話営業の煩わしさですが、その心配がありません! 引越しの一括見積サイトで電話番号記入が不要なのはSUUMOだけです。 電話番号を未記入で申し込んだ場合は、メールでの返信を待つことになるので、すぐに連絡が欲しい!という方は電話番号を記入した方が早いですが、 急ぎではない方には 電話番号営業の心配がないというのは大きなメリットですね。 引越し達人セレクト 引越し達人セレクトは14周年ということで、サービスの運営歴は非常に長いですね~。 登録業者数の記載はないので、どんな業者が参加しているのかは不明です。 上記2つのサイトはじっくり業者を自分で選んで、という形でしたが引越し達人セレクトはとにかくシンプル!どうせ見積もりの時に細かく打合せするから入力なんて簡易でいいのでは?という考えの方に最適です。 予定日と連絡先を入力すればお問い合わせが完了します。 荷物の量や条件などはその後でという珍しい形です。 30秒で申し込めると書いてありますが、本当に30秒程度の簡単入力です! 簡単に入力した間取り、人数、日程などから条件に合った業者が比較表示されます。 荷物の量を入力しなくてもいい会社はここだけです(笑) 4位. 引越し侍 引越し侍はテレビCMも流している見積もりサービスですね。 以前このサイトを利用したことがあって、各業者の詳細を比較しながら見積もりを依頼する会社を選択していった記憶があります。 引越し侍の特徴として、まず最初の画面に「ネットで料金比較」(左)と「一括見積もりスタート」(右)の2つボタンが表示されていると思います。 「ネットで料金比較」(左)・・・見積もりを出す会社を自分で選ぶ• 「一括見積もりスタート」(右)・・・対応できる会社に一括で見積もりを出す 左と右ではこのような違いがあります。 説明文を見てもよく分かりませんが、入力して進めていくと途中で違いが分かると思います。 「ネットで料金比較」がおすすめ 基本的には左の「ネットで料金比較」からクチコミやオプションを自分で比較して会社を選択する方が良いです。 なぜなら一括だとどの会社に依頼したかこちらでは分からないので、送信した瞬間から大量の営業電話に悩まされる可能性が大きいからです。 では、「一括見積もり」を使う場合はというと、• 長距離の引越しをする時• 急ぎの引越しで日程に余裕がない時• 環境が特殊で難しい引越しになりそうな時 このように対応できる業者が少なそうな時は一括を使った方が早いです。 今回はネットで料金比較の方を使ってみました。 まず住所、荷物の量を入力していきます。 HOME'Sのような簡易入力はありません。 細かい部分は訪問見積もり時に確認すれば問題ないかと。 引越しの情報を一通り入力すると、最後に対応できる業者が一覧表示されます。 オプションサービス、クチコミ、予想相場料金を自分で確認し、見積もりを出したい会社を選択しチェックを入れて送信で完了! 自分で細かく調べて厳選できるのは魅力的ですよね。 HOMESは登録業者数が130社で引越し侍は246社と記載されているので、HOMESよりも沢山の業者が候補に上がります。 ズバット引越し比較 スバット引越し比較の運営母体は株式会社ウェブクルー。 2004年~2015年まで上場もしてた大企業です。 登録業者数は 220社以上となっていて、引越し見積もりサイトの中でトップクラス。 ちなみに上のHOMESは130社だそうです。 見積もり情報を入力をする画面もシンプルで分かりやすく使いやすいです。 HOMESと同じように荷物の簡易入力にも対応しています。 あとは業者が選択できればパーフェクトでしたが、 選択画面は出てきませんでした。 ズバットのような業者を選択しない一括見積もりのメリットは、一気に沢山の業者に通知するので、すぐに業者が見つかることですが デメリットとして、営業担当者が一斉に電話をかけてくることです。 メールも大量にくる可能性が高いので、メインのアカウントは使わずにYahoo! メールやGmailで適当なアカウントを作った方が安心です。 備考入力欄には次のように電話は受け付けないと記載しておいた方がよいです。 特にズバットは参加業者が非常に多いので何も書かないと電話の荒しが待っています。 記載しても電話をかけてくる業者(大体大手業者ですが... )は無視しましょう。 com 引越比較 比較. comは結構昔から見かけるサイトですが当時は価格. comとの違いが分からず混乱していました。 その比較. comの見積もりサービスです。 ここのサイトは超シンプルで、どれだけシンプルかというと入力画面が1ページだけなんです! 「見積もりスタート」の次の画面のトップに依頼する会社がいきなり表示されます。 私の場合は大手のみの表示でしたので微妙でしたが、見積もりを送信する会社を表示してくれるのはうれしいです。 あとはそのまま下へ入力していって完了!という超シンプル設計です。 もう少し表示される業者が多くて選択も出来れば完璧だったんですけどね。 『大手業者にしか依頼するつもりはない!!』という人は簡単に複数業者にまとめて依頼が出来るので便利だと思います。 業者を選択出来るのがこの2サイトだけだったので、申し訳ないけど他を使う魅力はないかなと。 ネットから見積もり依頼をする場合の注意点としては 『時間を気にせずに電話を何度もかけてくる営業マンが必ずいる』ということです。 対策としては、• 備考欄に「終日電話は出られないので連絡はメールでお願いします」と記載すること• 沢山の業者に依頼しないこと(3~5社がおすすめ)• メールアドレスはフリーメール(Yahoo! 、Gmailなど)を使う この3点は意識した方が安全です。 私の印象ですが、 大手営業マンほど図々しい人が多く、中小業者の方が融通が効く場合が多い気がします。 どんな人が担当者がついてくれるかわかりませんが、お金だけじゃなく担当者の雰囲気をみてその引越し業者を決めるというのもいいですね。 関連記事.

次の

引越し業者複数へ無料の一括見積依頼して引っ越し費用を比較して料金安く探す

引越し業者 無料 一括見積依頼

引越しが決まったら引越し業者に見積もりを依頼しよう 引越しすることが決まったら、引越し業者を決めなくてはなりません。 我が家の場合は、転勤に伴う引越しで会社の指定した引越し業者を利用するため、引越し業者を選ぶ苦労はしたことがありません。 ですが、知り合いの中には、転勤でも会社に負担してもらえる金額が決まっていたりして、自分で複数の引っ越し業者に見積もりをとり、安い業者を選んでいる人もいました。 事情はどうあれ、引越し業者が決まらないと、引越しの準備が進められませんので、早めに決めたいですね! 特に料金面でどこの業者にすればいいのか迷っている場合は、まずは ネットで複数の引越し業者の一括見積をしてみることをおすすめします。 旧居・新居の住所、荷物の量、間取りなどを入力して一括見積 無料一括見積サービス「引越し価格ガイド」 一括見積はこちらからできます。 引越し侍が運営するサービスで安心です。 見積もりはもちろん無料です。 現住所、引越し先の住所、間取り、荷物の量(ざっくりと)などを入力して見積もりを依頼• 引越し業者からの見積価格の連絡を待つ• 条件に合う業者を選び、訪問見積もりなどで正確な見積額を出してもらう• 引越し業者を決定する 業者にはそれぞれ特徴が。 自分たちに合った引越し業者を見つける。 引越し業者にはそれぞれ特徴があるので、引越しの条件によって、業者により価格がかなり違うこともあります。 遠距離ならこの業者が安心、近距離ならこの業者が安いなど、サービス内容や価格を含めて1社1社自分で検討できればよいのですが、実際にはかなり大変です。 ネットの一括見積のサービスを利用すれば、複数の業者の見積もりを一度に依頼でき、その中から求めるサービスで予算に合う業者を探せます。 とても便利ですので、ぜひ利用してみてくださいね。

次の

引越し見積もりはメールのみで行える。断りも出来る

引越し業者 無料 一括見積依頼

引越し侍の一括見積もり比較サービスは、引越しの内容を入力するだけで、簡単に複数の引越し業者に対して見積もりの依頼ができます。 年末年始問わず24時間いつでも無料で利用でき、302社の引越し会社の中から引越し侍が自信を持っておすすめする、評判の高い業者を10社まで紹介します。 もちろん、引越し業者のご紹介は東京近郊の大都市圏だけでなく、全国すべての地域で対応しています。 一括見積もりサービスは一社ずつに連絡をする手間がかからないので、 「業者ごとの見積もりを比較したい!」という皆さんが、簡単に安い業者を見つけることができます。 サービスをご利用いただいた上で 「引越し会社の選び方がわからない…」とお悩みの方も、このページで見積もりのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。 引越し侍の一括見積もりサービスで簡単に業者選びができるのは、提携する引越し会社の「数」と「安心さ」のためです。 引越し侍では、「アート引越センター」や「サカイ引越センター」、「アリさんマークの引越社」…といった、誰でも知っている大手企業と提携しています。 また、ハトのマークの引越センター、人力引越社、愛知引越センターといった、地域に密着した業者にも幅広く参画してもらっています。 ひとくちに「引越し業者」といっても、単身引越しの運搬が得意(大規模輸送システムを活用して金額が安い)な業者や、近所や長距離の引越しに長けている業者など様々です。 その他にも、低料金で質の高いサービスを売りにしている業者や、利用者からの評判が高いけれども、あまり知られていない地域密着の業者などもあります。 以上の理由から、企業規模の異なる様々な引越し会社から幅広く見積もりを取ることで、自分の引越し条件に一致する業者を見つけることができます。 合わせて、引越し侍が紹介する業者はほぼすべて 「一般貨物自動車運送事業」の許可を取得しています。 「この引越し業者の名前は聞いたことがないけれど、依頼しても本当に大丈夫?」といった心配なしに業者選びができますので、安心してご利用ください。 一般貨物自動車運送事業とは 一般貨物自動車運送事業とは ・他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く。 )を使用して貨物を運送する事業 ・つまり、トラックを使用して他人から運送の依頼を受け、荷物を運送し、運賃を受ける場合のこと 国土交通省 中部陸運局「」より と記載されています。 一般貨物自動車運送事業を開始するには、国土交通大臣または地方運輸局長の許可が必要です。 許可をもらうためには、国土交通省の公示「一般貨物自動車運送事業及び特定貨物自動車運送事業の申請事案の処理方針について」に従い、以下の基準を満たさなければなりません。 この運送約款は引越しにおいて契約書の代わりを果たす重要な書類ですので、公的機関から許可を得ている一般貨物自動車運送事業の会社なら安心です。 引越し費用の相場が把握できる 一括見積もりサービスは依頼完了後に、引越しの見積もり相場を算出して表示します。 この相場費用は、申し込み内容を元にして、これまで当サイトに寄せられた口コミ情報から集めた運搬代金をもとに計算されています。 相場金額を目安にして、各引越し業者から届くご自分の見積もりが安いか、高いかの判断材料としてご利用ください! <見積もり相場の表示例> 引越し見積もりを比較して一番安い業者が見つかる 見積もりの取り方の1つに 「相見積もり」と呼ばれるものがあります。 一括見積もりサービスを利用すると、簡単に相見積もりができるため、一番安い引越し業者を見つけることができます。 相見積もりとは 複数の業者から見積を取る事(見積書を提出してもらうこと)を相見積(あいみつもり)と呼ぶ。 相見積もりは、組織が行う場合、個人が行う場合とある。 例えば、個人が財やサービス(家、自動車、機械、工事、等々)の発注・購入を実行しようとしている時など、特に入札などという制度を行わない場合であっても、見積を複数の業者から取っていれば相見積と呼ぶ。 仮に、役所などで行われている入札制度という文脈に限定した際、品質・価格・納期等以外の不透明な判断を入れない場合は「相見積を取る」は「概ね価格で業者を選定する」ということになるので、「競争入札」とほぼ同義になる。 相見積が行われる目的は複数挙げられる。 例えば、最終的な発注・購入価格を抑えたい場合、似たような価格でも品質がより充実したものを選びたい場合、納期が短いものを選びたい場合が考えられる。 見積もりを業者に行わせるということは即ち、見積の対象が、あらかじめ値札がついているような商品・サービスではなく、仕様の策定や、納期の設定などによって、はじめて価格が提示されうる性質を持つものとなる。 より 引越し業者の見積もりは定価がないので、料金を安くするにはこの「相見積もり」が有効な手段です。 一括見積もりサービスで依頼をすると、引越し業者は「他の業者より安い見積もり料金にして依頼を取ろう!」と値引きをするので、最安値の業者を探しやすくなる仕組みです。 場合によっては、見積もり金額の最低額が、最高額より50%も安くなることがあります。 引越し一括見積りサービスのデメリット 引越し一括見積りサービスのデメリットは、見積もりの依頼までしか完結できないところです。 そのため、引越し業者を決定した場合、その業者と契約をするために再び連絡を取る必要があります。 「急いでいる人」や「すぐに業者に依頼したい人」には煩わしいので不向きと言えるでしょう。 そういった方には、引越し侍の 「引越しネット予約サービス」がおすすめです。 ネット予約サービスは、希望する条件を入力すると業者の見積もりやサービス情報がその場で表示され、気に入った業者にそのまま予約まで可能です。 オンラインで引越しの依頼まで済ませたい方は、ぜひをご利用下さい。 引越し一括見積もりサイト利用の流れ 引越し侍の一括見積りサービスは単身、家族、オフィスの移転はもちろんのこと、自宅のリフォームやトランクルームに荷物を一時的に預けたい方や、海外へ引越しする方にもご利用いただけます。 どなたでも無料で簡単に利用できる一括見積もりサイトの流れを紹介します。 住所や建物タイプなどの基本情報を入力 荷物リストより運搬を予定している家財道具荷物の数量を入力。 運送するお荷物が決まっていない場合や、を希望される方は未入力で次のページに進んで下さい。 荷物リストにはテレビ・冷蔵庫など家電製品をはじめ、ベッド・布団や仏壇・自転車・バイク、エアコンの移設台数などの選択項目があります。 ダンボールの数量について、梱包前で正確な数がわからない場合は概算の個数を入力してください。 およそ、1人あたり10~20個がダンボールの目安です。 また、付帯サービスを希望する方は依頼したい作業にチェックを入れてください。 荷造り、梱包、荷ほどき、不用品の処分など選択できます。 建物への養生作業は多くの業者が引越しの基本サービスとしているため付帯サービスの依頼項目にはありません。 確認したい方は直接引っ越し業者へお問い合わせください。 引越し見積もりの依頼完了&相場の紹介 最後に入力内容を確認し、問題なければ依頼ボタンを押してください。 これで、一括見積もりの依頼は完了です。 入力内容をもとに相場費用が算出されますので、次のページで確認しましょう。 当日中にメール・電話にて見積りの料金案内 引越業者からの見積り連絡は早ければ依頼して即日、遅くても2日以内に入ります。 ただし、繁忙期(3月、4月)は引越し希望者が多いため、連絡が遅れる可能性があります。 お申込み内容の控えと、ご利用者限定のお得なキャンペーン情報をお送りいたします。 引越し業者からの見積もりメール お見積りのご依頼ありがとうございます。 弊社、担当よりお電話させて頂きますので、宜しくお願いします。 ポイント1. 引越し希望日を見積もりが割安な日に設定する 引越しの希望日は、平日は数が少なく土日祝に依頼が集中するため料金が割高になります。 そのため、週の真ん中にあたる平日である火・水・木曜日は、比較的値段が安くなりやすい傾向にあります。 参考: サカイ引越センターの「運賃が安くなるお得日カレンダー」を見ても、週の中日は安く、休み前の金曜は土日と変わらない通常料金であることがわかります。 引用: より 引越し日のスケジュールが動かしやすいという方は、上記の様に「見積もりが安い日」を探して希望を出すのがおすすめです。 ポイント2. 作業の時間指定は見積もりが安い午後がねらい目 引越しの搬出作業の開始時間は、午前中に集中しやすく、午後を希望する人は少ない傾向にあります。 例えば、ある引越し会社の1日のスケジュールでは、午前中に引越しの依頼を1件こなして、午後は依頼が全く入っていないという日もあります。 引越し業者からしてみれば、トラックや作業員を遊ばせておくのはもったいないため、午前・午後もフル稼働でスケジュールを埋めることが理想です。 逆に、午後のスケジュールが空いているのであれば、値段を安くしても依頼を受けたいと考えている場合もあります。 こういった事情から、引越し料金を安くしたい方は、一括見積もり依頼フォームの「ご希望時間」は「いつでも」を選択しましょう。 参考: 「いつでも」を選ぶことで、引越し業者側は都合のよいスケジュールを組むことができ、時間指定した見積もりと比べて安くなります。 ポイント3. 引越し見積もりのプレゼントキャンペーンを利用する 引越し侍では、一括見積もりサービスを利用して引越しをした方を対象に、プレゼントキャンペーンと利用特典を用意しています。 引越し代金最大10万円キャッシュバックor新生活応援グッズプレゼント 引越しに掛かった代金を最大10万円までキャッシュバックするか、新生活に欠かせない家電などをプレゼントするキャンペーンです。 キャンペーン期間中に一括見積もりサービスをご利用いただき、応募条件を満たした方に抽選でプレゼントいたします。 詳しくは、「」をご覧ください。 引越し一括見積もりサービスの利用特典 一括見積もりサービスを利用したすべての方を対象にした特典です。 不用品の処分や家庭の電力の切り替えなど、様々な新生活に便利なサービスを提供しています。 引越し見積もりサービスで失敗しないための注意点 当サイトを便利に失敗することなく利用いただくための注意点を紹介します。 入力する情報は正確に 見積もり料金の算出と相場費用のシミュレーションには荷物量や引越しの条件などできるだけ正確な情報が必要です。 実際に引越しをする内容と異なると、正確な料金を計算することができません。 また、電話番号やメールアドレスに誤りがあると引越し業者からの連絡を受けられませんので注意してください。 一括見積もり依頼時に入力内容を失敗した場合 入力内容を間違えてしまった、引越し業者より連絡がこないなどの場合は問い合わせフォームよりご連絡ください。 連絡のつきやすい時間帯にサイトを利用する 一括見積もりを利用すると各社より電話やメールの連絡がきます。 大手の引越業者では専門のサポートスタッフを用意しているので早ければ依頼して数分後に連絡がきます。 受電が可能な時間に依頼しましょう。 引越し見積もりの電話営業を迷惑に感じる人におすすめのサービス 一括見積もりは、複数の引越し業者からの料金の案内を、電話またはメールにてお知らせいたします。 そのため、一度にたくさんの業者から連絡が入ることをご迷惑に感じる方もいます。 こういった電話連絡を迷惑だと感じる人は、まずはネット上で見積もり料金の確認ができる「」がおすすめです。 見積もりシミュレーションは簡単な入力をすることで、自分の引越しにかかる料金を概算することができますので、ぜひ活用してください。 引越し見積もりの一括比較サービスまとめ 引越しの一括見積もりサービスは、 複数の業者に対してまとめて見積もりの依頼ができるため、1社ずつ連絡する手間が省けます。 加えて、相見積もりができるため、一番安い引越し業者を見つけることができます。 皆さんの引越し費用が少しでも安くなるよう、ぜひ引越し侍の一括見積もりサービスを利用してみてくださいね! <引越し業者選びに役立つページ> 引越し侍が提携する全国の優良な引っ越し業者の一覧 引越し侍の利用者アンケートをもとにした満足度ランキング 価格の安い引っ越し業者ランキング 引越し侍を利用して実際に引越しをした方の口コミ・評判を紹介 <引越しの見積りに関するページ> 引っ越し業者へ見積もりを取る際のコツや注意点を掲載 引越しの見積りを安く抑えるために実践したい10項目を紹介 引越し業者に見積もりを依頼するのに最適な時期を紹介 あなたの引越し見積もりがいくらになるかの概算シミュレーター <引っ越し費用や料金に関するページ> 引っ越しの荷物量・運送距離・時期・間取りごとの相場を紹介 一人暮らしの方が引っ越し業者へ支払う費用の相場を紹介 引っ越し代金だけでなく、賃貸物件の契約費用まで含んだ引越し費用について解説 家族で引っ越しする際に引越し業者へ支払う料金の相場を紹介 <引越し業者のプランに関するページ> 引越し会社が一人暮らしの人に向けて用意したプラン・パックの説明から料金相場、運べる荷物量を紹介 荷物が少ない方向けの引っ越しプラン <引っ越しの準備や手続きに関するページ> 引っ越しの際にやること・段取りのリスト 役場関係やライフラインなど引っ越しで必要な手続きのリスト 荷物の梱包方法やダンボールの入手方法などについて解説.

次の