バイオレット 映画。 バイオレットの客間へようこそ

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

バイオレット 映画

解説 2018年にテレビ放送された京都アニメーションによる人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の完全新作劇場版。 戦時中に兵士として育てられ、愛を知らずにいた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、「自動手記人形」と呼ばれる手紙の代筆業を通じて、さまざまな愛のかたちを知っていく姿を描く。 人々に深い傷を残した戦争が終結して数年、世界は少しずつ平穏を取り戻していた。 新しい技術の開発によって生活も変わり、人々は前を向いて歩み始めた。 ヴァイオレットも大切な人への思いを抱え、その人がいない世界を生きていこうとしいてた。 しかし、そんなある日、一通の手紙が届く。 監督は、テレビシリーズに引き続き石立太一が務めた。 2020年製作/日本 配給:松竹 スタッフ・キャスト Powered by• 2020年• 2019年 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

バイオレット大佐(ドラゴンボール)

バイオレット 映画

『ウルトラヴァイオレット』55点 (100点満点中) ミラ・ジョヴォヴィッチをたっぷり楽しもう 2002年のアメリカ映画に 『リベリオン』というのがあるのだが、これがなかなかよくできたSF映画であった。 監督の長年の夢を入れ込んだだけあって、そこらのお手軽エセSFとは一味ちがう本物風味で、当時は私も絶賛したものだ。 そしてその監督カート・ウィマーが今回、人気女優 ミラ・ジョヴォヴィッチ(『バイオ・ハザード』シリーズ主演など)をヒロインに想定して書き上げた、オリジナルSFストーリーが、『ウルトラヴァイオレット』。 オールデジタルビデオ撮影、VFX満載のアクションものだ。 この未来世界の設定は、人類の一部があるウィルスに感染し、ファージと呼ばれる超能力を得た新人類になってしまい、旧人類から危険視され、迫害されているというもの。 ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロインは、ファージ最強の殺し屋で、人類側の最終兵器の強奪という、重要な任務につく。 ところがなんと、その最終兵器とはまだあどけない人間の少年(キャメロン・ブライト)。 かつて人類側に、無理やり中絶させられた過去を持つ彼女は、どうしても少年を処分することができず、彼を連れて人類、ファージ双方から追われる羽目になる。 『ウルトラヴァイオレット』はミラのために書かれた脚本ということで、隅から隅まで ミラ様礼賛映画になっている。 ほとんど出ずっぱりで、次々と華麗なアクションをこなす彼女、モデル出身だけあって立ち姿が美しく、体にぴったりとフィットしたコスチュームも、バッチリ似合っている。 なんと言っても、やたらと多用される 顔とお尻両方のクローズアップに、これだけ見事に耐える女優は少なかろう。 アクションの動き自体は、長身だけあって少々のろいが、黒いストレートロングヘアがなびく姿は大変美しい。 『リベリオン』のファンにとっては、彼女があの抜群のプロポーションで、 ガン=カタ(GUN-KATA)を演じているのが嬉しいところだ。 ちなみにガンカタとは、この映画の監督がリベリオンのときに開発、披露した、オリジナル性の高い、ガンアクションの殺陣のこと。 これこそが、『リベリオン』の高評価の最大のポイントとされる。 これとあわせ、武器をデータとして圧縮して持ち歩くシステムや(別名:四次元ポケット)、サブマシンガンの銃身を連射で熱して、傷の消毒を行うなどといった小ネタが、相変わらずマニア層に受けそうだ。 本作で表現される未来世界は、ミラの髪や服の色が一瞬で原色系に変化する仕掛けや、銃の発射炎が紫色だったりなど、ヴィジュアル的に美しいもの。 なかでも冒頭のアクションシーンは最大の見所で、ここで披露される重力を変化させるアイテムは、なかなか斬新な映像を作り出している。 このアイテムは、 重力の方向を自在に変化させられる代物で、ちょいとひねると乗っているバイクがビルの壁面を普通に走れるようになったりなる。 通常の重力の影響を受けて飛んでいる追っ手のヘリと、スクリーン上で90度の傾きの差を保ちながらのチェイスシーンはとても面白い。 ただ、本作は予算規模がさほど大きくないので、オールCGで作られたこれらのシーンは、かなりアニメ調で不自然なものだ。 それは覚悟の上で観にいってほしい。 それにしても、『キャットウーマン』のハル・ベリーにしろ、『イーオン・フラックス』のシャーリーズ・セロンにしろ、ルックス自慢のあちらの女優さんは"強い女ヒーロー"を演じるのがお好みのようだ。 3人とも、そろってセクシーな未来的衣装を身に付けて、 自慢のプロポーションを見せ付けているあたりが微笑ましい。 自分に自信をもっている女性とは、実にかわいいものである。 個人的に笑ったのが、人類側の重要拠点のセキュリティシステム。 何重にも本人確認、武器チェックを行うのだが、なぜかその最後のチェックで、 服を脱いで全身スキャンなどというのがある。 とんでもない高度文明のくせして、たかが全身チェックにいちいち男性係官の前で、服を脱ぐ必要があるのか。 まさに、 脱ぎたがりのミラ・ジョヴォヴィッチのために作られたようなシーンである。 監督は、彼女とファンの心理をよく理解している。 そんなわけで『ウルトラヴァイオレット』、週末のお気楽娯楽にはちょうどいい一本だ。 ストーリーはテキトーだし、『リベリオン』のようにパンチある意欲作ではないものの、日本人好みのウクライナ美人をたっぷりと満喫できる、男にとっては癒しの一本といえる。

次の

ラスト・バレット あらすじ

バイオレット 映画

「群像劇の巧みさやストーリー展開の面白さは、もうドラマ版そのまま!」「バイオレット様の愛のあるお言葉に涙しました!」「またドラマ1から観返すわ、絶対!」 上映中【2020年1月10日 金 公開】 2010年に放送開始し、ゴールデングローブ賞やエミー賞などに輝き、世界中で大ヒットしたテレビシリーズを映画化。 シリーズの生みの親であるジュリアン・フェローズが脚本を手掛け、ヒュー・ボネヴィル、マギー・スミス、エリザベス・マクガヴァンらドラマ版のキャストが集結。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> 20世紀初頭、グランサム伯爵家が暮らすダウントン・アビーに、ジョージ5世国王とメアリー王妃が訪れることに。 邸宅を切り盛りする長女メアリーは、引退した元執事カーソンに助けを求め、晩餐会の準備に追われる。 だが、下見に来た従者たちは、夫妻の世話や給仕はすべて自分たちが行うと告げ、使用人たちを落胆させる。 一方、何十年も音信不通だったメアリー王妃の侍女モードと、先代伯爵夫人バイオレットの間では、屋敷や財産の相続問題が勃発する。 人間模様の描き方、やっぱりたまらなく好き。 特にラストのメアリーとバイオレット様のやりとりが心に沁みた。 豪華な調度品、ドレス、貴族の晩餐会。 ため息が出る作品。 再会が嬉しすぎて、最初から最後まで興奮しっぱなし。 オープニングでお屋敷がスクリーンに映るだけで感無量。 やっぱり馴染んだ声で楽しみたいので吹替版にしました。 中高年のご夫婦客が多めだったかな。 人の反応を感じながらみるダウントンが初だったので、新鮮で楽しかった。 本当に皆様バイオレット様がお好きですよね。 すべての台詞を書き出したいくらい私も大好きです。 シリーズが進んでどんどんバイオレット様とやり合える人が増えて気持ちがいい。 相変わらずメアリーに頼られてウキウキしてるカーソンが可愛い。 メアリーの為にもカーソン長生きしてくれ。 デイジーはどんどん強くなって頼もしい。 パットモアさんが小さく見える。 今回トーマスが可愛かった。 使用人も満遍なく活躍したけどベイツさんがちょい影が薄かったかな。 人間関係も使用人、貴族入り乱れた イギリス貴族の物語でお屋敷や装飾が素晴らしい。 女当主の苦悩や多様な愛の形や考え方が非常に現代的なテーマだった。 ドラマ版みていなくても激推ししたい。 違うカップルのキスシーンが4回あるけど、バローさんのが一番💕とはどういうこと😙 あれだけの群像劇を2時間で丸く収める脚本に脱帽。 大邸宅ダウントン・アビーに国王と王妃がやってくる。 世話人たちもつれてくるのでダウントン・アビーの一家、 親族、使用人たちもあれこれ画策。 ダウントン村も歓迎ムードで盛り上がる。 良くできた脚本で大変、面白かった。 大好きなダウントン・アビーの世界でした。 バイオレット様の愛のあるお言葉に涙しました。 全てがとてもとても美しかったです。 楽しかった。 感動しました。 胸がいっぱいになりました。 今後?の新展開を予感させるエピソードもあり、 相変わらずのゴージャスな映像が大画面でさらに観るものを圧倒する。 貴族と使用人、その間の人々のそれぞれの世界、役割、人生… ぎゅっと濃縮されて大満足の劇場版でした。 毎年お正月に公開したらいいのに。 予備知識なしで 「ダウントン・アビー」を鑑賞しました。 揉める上流社会。 品格を重んじて選び抜かれたキャスティング。 この相関図からすると、確かにドラマ向き。 決定打がないだけに、主役を決めるのは観客次第。 一人ひとりにエピソードがあるもんだから、 消化できないまま料理を口に詰め込まれたよう。 そのなかでも印象に残ったのは、時代を反映したアイルランドやゲイの話。 全体としては笑いと毒のある台詞の応酬が楽しい。 ドラマのままの登場人物がさらにパワーアップしてかえってきてた笑 あー、この人がああなって、あの人はこうなってって話が まとまっていく様に笑って少し涙して観てた。 もうすみずみまで、行動と言葉と視線の意味とか理由とかの伏線回収して、 脚本演技衣装美術演出編集カメラワーク、そして音楽の素晴らしさを堪能出来た。 ちょっと残念。 チケット買った後にドラマの続編てこと知って 頭抱えながら観始めたんだけど、 初心者でも全然問題ない作りで、かつめちゃくちゃ面白かった。 ドラマの方にも興味がわいたよ。 チケット買い間違えて良かった。 素敵な出会いができたから。 大スクリーンで観る お屋敷、ドレス、舞踏会、晩餐会、ため息ものでした。 モールズリーさんに笑い、トーマスに萌え、おばあさまのエスプリが最高。 そしてダウントンの未来に涙。 またみんなが見られて嬉しい。 観客は私一人のみ。 命ある限り戦い続けるダウントン後継者女領主メアリー。 勇気ある女性、いや人として惚れるよ。 マクゴナガル先生の他にアンブリッジも出てるんだな。 なんとなくCMみてなんとなく観に行ったけど、 誰も不幸にならないし愛が溢れてて、幸せな映画だった〜。 愛っていろんな形があるね。 うっかりゲイ要素もあってうっかり泣いてしまった。 普段映画は字幕派だけど、テレビシリーズを吹替で観てたので、今回も吹替で。 テンポ良いストーリーで2時間あっという間。 ダウントニアンとして、トムには幸せになってほしいよ、そりゃ。 でも、チョロ過ぎない?ビクトリアお婆さまの皮肉は相変わらず、 入りの郵便列車〜自動車の映像で一気にあの世界観に連れてってもらえる。 結果、とても満足。 トムの件引っ張ってるし、もう一作あるな。 映画前に登場人物紹介があるので助かる。 一応あらすじを読んでおいても楽しめる。 ファンというわけではないが美術が素晴らしく贅沢な気分に。 エピソード1で侯爵と下僕のアバンチュールホモとか、 執事に否定的だった社会人伯爵が執事の仕事の必要性を理解して 受け入れるエピソードとか良い。 TVも全部観てたけど、2時間によくここまでドラマを詰め込んで (少し心配はあるものの)大団円に持って行ったなと。 素晴らしかった大満足! 音楽もとても良くてサントラ即買い。 途中から何とも言えない感動がこみ上げて、 目が潤むのを抑えられなかった! テレビシリーズにハマった人は絶対見るべし! 観客全員が凍りついた瞬間の空気感は、劇場版ならではの体験でした。 最終回の伏線をきっちり回収しつつ幸せになって欲しい人が 漏れなく幸せになってくれて大満足な気持ちと共に、 本当にこの物語が終わりなんだと少し寂しい気持ちにも。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか... にも20代にも40代にもちゃんと見える!」「村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい!」「頭の中で物語を組み立ながら、演技に引き込まれながらの150分! ….

次の