半崎 令和納豆。 【炎上】令和納豆 パス剥奪は罵声や割り込み!?「身に覚えがない」剥奪された人が憤りを露わに…・・・情報がtwitterで拡散される

【悲報】令和納豆、悪評が広まりガラガラになってしまう

半崎 令和納豆

クラウドファンディングを利用しオープンした令和納豆が納豆定食無料パスポートを一方的に没収するという状況が続発し、詐欺行為だと話題になっています。 令和納豆は2019年クラウドファンディングを利用し開店した納豆専門であり、店内で納豆を利用した定食を提供しています。 そしてこの時のクラウドファンディングの見返りとして出資者に提供されたのが今回話題になっている納豆ご飯セット一生涯無料パスポートでした。 しかし、このパスポート利用者が規約違反を理由に一方的に没収されるという報告が相次いでおり、この事態を「詐欺行為なのでは?」と見る方もたくさんいるようです。 令和納豆が起こした今回の問題を詳しく見ていきましょう。 2019年、店舗設立の為クラウドファンディング開始• 出資者の上限100人が即決定し、1000人の追加募集を行う• 2019年7月10日 令和元年 店舗開店• パスポート利用者から一方的に没収 ざっくりと一連の流れを見るとこの様な感じですね。 令和納豆は2018年に茨城県で生まれ育った宮下裕任さんによって設立された会社です。 そしてその翌年の2019年に茨城県水戸市に店舗を構える為、クラウドファンディングを利用し資金を集める事となりました。 クラウドファンディングとはインターネットを通じて自分の活動を応援してくれる方から資金を提供してもらうというプロジェクトであり、出資者に対して何らかのリターンを渡しますが、この時は納豆ご飯セット一生涯無料パスポートが配布されました。 このパスポートを利用する事で出資者は600円の納豆定食を1日1回無料で食べる事が出来たんです。 ちなみにクラウドファンディングでの1人あたりの出資金は1万円となっており、17回使用すると元が取れる計算となります。 この一生涯納豆定食無料という内容がとても魅力的だったのか、当初設定した100人の出資者は直ぐに集まりパスポートは即完売状態となります。 この状況を受け、令和納豆は追加で1000人の出資者を募る事を発表しました。 ちなみにこの当時の状況がライブドアニュースに掲載されており赤字に対する質問が行われていました。 —赤字にはなりませんか? 令和納豆は最低でも100年は続くお店にしたいので、徹底的なコスト分析と、1000名分のパスポートが売り切れになってもお店が黒字経営していけるような仕組みを準備しています。 私たちのビジネスモデルがオープンから上手く機能し、ご来店いただくお客様に「また来よう。 」と言っていただけるように、店舗運営をしてまいります。 クラウドファンディングによって資金を調達した令和納豆は2019年7月10日、令和元年納豆の日に茨城県水戸市に会社初となる店舗を出店。 パスポートを手に入れた方々は続々とお店に訪れ無料で納豆定食を楽しんでいたでしょう。 実査に無料パスポートが自宅に届いたことを嬉しそうに投稿している方もいらっしゃいました。 会員が以下のいずれかに該当する場合は解除• 本規約に違反した場合• 届け先不明や長期不在の為商品の配送が完了しない場合• その他当店と会員の信頼関係が損なわれたと認める場合 先ほどもお話ししましたが、今回パスポート没収となった人達は令和納豆と会員の信頼関係が損なわれたとみなされたそうです。 どうやら毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない事やメールアンケートの回答が不誠実だった事がこの規約に触れたと言われていますが、この様な理由で一方的にサービス終了を行えるのかは疑問ですよね? もしかしたら令和納豆側としては無料定食を食べる時に何かしら追加で注文する事を見越してこの様なサービスを始めたのかも知れませんね。 実際に令和納豆でパスポート使用時に「他のコースを頼まない理由があるのか?」と聞かれた方もいたようです。 果たしてこのような理由での没収は可能なのでしょうか? 令和納豆によるパスポート没収は詐欺? 「信頼関係」という抽象的な内容ですので、法律的に詐欺行為となるかは微妙ですよね。 「信頼関係が損なわれたと認める場合」が法律上どの様な場合なのかも調べてみたのですがハッキリと明言しているサイトを見つける事は出来ませんでした。 しかし、パスポートを没収された方のツイートには市の消費者センターに通報した結果、少額訴訟を起こせば一万円は返ってくると思うと返答があった事を伝える内容が投稿されています。 注文したのになかなか出てこない• 店員の対応もイマイチ• 帰って欲しそうな雰囲気 ただし、「美味しかった」「納豆の種類の多さに驚いた」という高評価もあったので今後はこの様な評価が増えるように期待したいですね。 令和納豆についてまとめると 今回は現在話題になっている令和納豆について見てきました。 クラウドファンディングによって資金を調達し、出資者に納豆定食無料パスポートを提供した令和納豆でしたが、「信頼関係の破綻」を理由に一方的に取り上げられる方が増えているようです。 「信頼関係」という抽象的な事象の為、判断は難しそうですが、消費者センターが金額を取り返せると話しているとという投稿もありますので詐欺だと感じても不思議ではないでしょう。 この件に関して令和納豆からツイッターを利用した説明が行われており、今後もパスポートを使えると発表していますが、没収された人達は本当に悔しく感じたと思います。 今話題のクラウドファンディングは事業を起こす人にとっては本当に素晴らしいシステムですが、トラブルが起こるような事態は避けたいとこですよね。 今後この様な事例が出てこない事を望みましょう!.

次の

【悲報】令和納豆さん、ついにニュースへ

半崎 令和納豆

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

令和納豆の社長は誰?顔画像や名前・プロフィールを調査!納豆定食詐欺で炎上?|Happy Days

半崎 令和納豆

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の