格安引っ越し業者 無料一括見積もり。 価格.com

一人暮らしの引っ越しは単身パックが格安!料金が安い業者ランキング

格安引っ越し業者 無料一括見積もり

できるだけ格安で引越したい方へ沖縄の引越し業者をご紹介します。 新生活には出費が多くなるので、 引越しには出来るだけ費用を抑えたいと思いませんか? 実は引越しの依頼方法で、費用がかなり変わってきます。 格安で引越しするには複数の引越し業者からお見積もりをいただき、比較することで安い引越しプランを見つける事ができるのです。 しかし、引越し業者へ1件ずつお問い合わせるのは手間も時間もかかります。 当サイトの一括見積もりサービスなら、提携先の引越し業社へ最大5社まで同時にお見積もり依頼が可能です。 沖縄引越し. 無料で見積もりすることができますので、料金やサービスを比べて、お客様の条件に見合った引越し業者に依頼しましょう。 引越し費用を決定するポイントとは? 一番安い費用の引っ越し業者を見つけたい。 しかし、引越し費用の見積もりは業者毎で変わります。 そのポイントとは?• 引越し希望日• 移動する荷物量• 移動距離• 作業人数&サービス内容 【引越し希望日】 引越し希望日で繁忙期(引越しシーズン)は、希望の日時がとれないこともあります。 また、平日より土日祝日の方が引越し費用が割高になる引越し業者もあるのでご確認ください。 【移動する荷物の量】 荷物の量を費用は変わります。 全て運んでもらうのか、不要なものは処分し、荷物を減らすことで費用をおさえることができます。 荷造りしたダンボールの量により、引越し費用が変わりますので、ダンボールの数が増えると費用が上がりますので、上手く梱包しましょう。 【移動距離】 転居先住所はもちろんのこと、使用するトラックの大きさ、階数・エレベーターの有無とサイズ・建物が面する道路の幅・車を停められる場所から部屋までの距離などできるだけ詳しく引越し業者へお伝えください。 【作業人数・サービス内容】 どんなサービスを引越し業者に依頼するか。 自分で梱包し、荷物だけ運んでもらうのか、おまかせパックのように、梱包までやってもらうのか。 サービス内容が違えば作業人数が変わりますので、引越し費用も変わってしまいます。 引越し費用を比べるためには、複数社の見積もりが必要 どの引越し業者が格安なのか知るためには、複数社の見積もりを取って比べてみなければ絶対に分かりません。 複数社の見積もりを簡単に手に入れることができる【沖縄引越し. com】の一括見積もりを活用し、格安の引越しを行ってください。 沖縄引越し. comは地域に密着した引越し業者さんや全国に対応した大手引越し業社など、多数の引越し業者様と提携しております。 数ある引越し業者から、あなたの希望する引越しや格安での引越しができる業者へ一つづつ見積もりを依頼することは困難です。 一括見積もりを使って、簡単で楽にあなたの希望する引越し業者を見つけてください。 サービスご利用の流れ 現住所、引越し先、荷物などの引越し情報を入力し、送信する。 これで見積もり依頼は完了です。 各引越し業者の見積もりがきたら、料金やサービス内容、特典などを比較、検討しましょう。 自分に合った引越し業者が見つかったら、希望の業者に依頼して、いよいよ引越しスタートです。 【引越しの基礎知識】.

次の

格安引越しセンター

格安引っ越し業者 無料一括見積もり

引っ越しの準備段階で、必ず必要になる 段ボール、ガムテープ等の無料プレゼントがある業者さんの情報も参考になります。 もちろん、大手で知名度のある引っ越し業者さんでしたら、安心感があります。 地域密着の業者さんだったら、もしかしたらサービスの充実度が違うかもしれませんし、各社、料金に差が出てくるはずです。 より多くの引っ越し業者さんに見積もり依頼することで、だいたいどの位の料金なのか見えてくるはずなので、あとは条件が一番理想に近い1社を選択することになります。 また、引越する日にちも重要なポイントで、単身引越しの場合ですと、同じ方面へ移動するトラックに複数の顧客の荷物を載せる混載便というシステムがあるのだそうです。 もしも同じ日に同じ方向で、誰かが利用できそうな単身引越しの荷物分の空きがある時に当たれば、混載便として かなり費用を安く抑えられる可能性があるのだそうです。 ネットでわりと手間暇掛けずに 無料で最大10社の一括見積もりできますから、引越し料金の相場がつかめますし、気に入れば予約することも可能です。 もしかしたら非常に条件の良いサービスが今、 見つけられるかもしれませんよ。 人手不足で引越し難民も深刻化 引越しと言えば春先のハイシーズン、大学や短大、専門学校への進学や新年度の転勤や就職など、もっとも多くの人が引っ越しする繁盛期ですが、その需要に業者がドライバーや作業員を十分に確保できない 人手不足による引越し難民が深刻化してきています。 ネット通販の普及でより待遇の良い物流系へドライバーが流れており、少子高齢化による人口の減少も影響しているのか、引っ越し業界だけでなく、24時間営業のコンビニや 多くの業種で人手不足が深刻となってきています。 希望日に引っ越しできない引越し難民の問題は、将来的に改善することは難しそうです。 どうしても春の繁忙期シーズンに引っ越さなければならないとしたら、これまでよりも できるだけ早く引っ越しを手伝ってくれる業者を見つけ出して、予約を取らなければならなくなってくるかもしれません。 移住先が決まったら、できるだけすぐに 希望する条件で引っ越し業者を確保することは大切です。 最近は、人手不足で引越の予約が取りづらく、なかなか理想どおりに事が運ばないこともありますが 、必要な時に 無料で利用できる最大10社へ一括見積もり可能なオンラインサービスならば、少しでも希望する条件で探し出せる可能性があるはずです。

次の

損してる?格安で長距離引越しをするコツとは?

格安引っ越し業者 無料一括見積もり

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の