金 スマ 東大 王。 東大王の鈴木光さんが金スマに出たときに、

東大王の鈴木光さんが金スマに出たときに、

金 スマ 東大 王

あす13日に放送されるTBS系バラエティ番組『中居正広のキンスマスペシャル』 20:00~22:00 に、同局系クイズ番組『東大王』 毎週水曜19:00~ で活躍する東大生の水上颯、鶴崎修功、鈴木光、林輝幸がゲスト出演する。 『東大王』で活躍する水上颯、鶴崎修功、鈴木光、林輝幸がゲスト出演 3月末で水上が卒業することを記念し、『東大王』より4人がゲスト出演。 初の『金スマ』に緊張気味で、中でも鈴木は「中居さんはスターのオーラがあるなと・・・」と圧倒される。 今回、子育てに悩む芸能人ママたちからの「どう育てたら東大王のように頭が良くなりますか? 」という疑問を『東大王』メンバーにぶつけ、これまでの人生や実際の経験にもとづき、なぜ頭が良くなったのか、その方法を大公開。 また、『東大王』メンバーの両親へのアンケートを元に、「お金がかからず明日からマネできる東大王の育て方」を紹介する。 その中で中居家の教育方針もクイズで出題され、一同が爆笑する場面も。 そして、『金スマ』のために特別に『東大王』のセットを用意。 『東大王』スタッフ全面協力のもと、大将・水上率いる東大王チームと、大将・中居率いる『金スマ』チームがクイズバトルを行うことに。 『東大王』名物「早押し問題」「閃きバトル」の2つのステージで対決し、白熱バトルを繰り広げる。 クイズ中には、「地方の問題を解けるように都内の物産展巡りをして勉強している」など、『東大王』メンバーのクイズを解くための裏話も。 「閃きバトル」では、中居から東大王チームに超難問を出題する!? 果たして、中居率いる『金スマ』チームVS卒業目前の水上颯率いる東大王チームの対決結果はいかに。 なかなか見ることのない、中居がひな壇に座るという珍しい光景にも注目だ。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

『東大王』4人が『金スマ』初出演! 中居正広らとクイズ対決:マピオンニュース

金 スマ 東大 王

二人目は、スタンフォード大学も認めた才媛、法学部の「 鈴木光」さんの特徴は、 「才色兼備」「スーパー才女」 筑波大学付属の中学・高校一貫校出身で、スタンフォード大学に英語で論文を提出して表彰され、その功績が認められ、東大に推薦入学した東大王です。 三人目は、 IQ165の天才、「 鶴崎修功」さんの最大の特徴は、 「天才的な計算力」 父親は理学博士の大学教授、母親はオペラ歌手。 3歳で数独にはまり、小学生で算数オリンピック、中学では数学オリンピックに出場。 鳥取の公立高校から東大に現役合格した東大王です。 四人目は、東大文学部の叡智、「 林輝幸」さんの最大の特徴は、 「年号暗記」 小学生時代は、国語以外はほとんどずっと100点。 富山が生んだ神童と呼ばれ、中学からは県トップの片山学園へ入学し、3歳離れた姉と同じく、東大文学部に現役合格した東大王です。 特にしりとり一番の鬼門とさせる「る攻め」は、知育上、辞書で調べるなどして知らない言葉をどんどん覚え、脳の発達につながるそうです。 ちなみに、1日2冊を小学校から読み続けると、現在までで約11,000冊。 また、水上さんのご両親は、水上さんが興味を示したものは、手の届くところに置くことで、のめりこむことができる環境をつくっていてくれたそうです。 予習は、先取りの分、やれば、優越感を感じられるのに対し、復習は、追いつくだけの作業。 「予習した人」は、授業で良く理解ができ、復習(宿題)は短い時間で済むため、遊ぶ時間が増えます。 「予習していない人」は、授業での理解が足りない分、復習(宿題)に時間がかかり、遊ぶ時間が減ります。 水上さんは、子供の頃は家で勉強した記憶がほとんどないそうです。 授業中に「予習」と「復習」という勉強スタイルで、山梨県内のテストでは、ほぼ毎回1位の好成績でした。 例えば、化学なら、元素記号を人に見立てる、歴史ならそのシーンを 頭の中で画像にして覚えていく、というようなことです。 実はこれは、記憶術の典型的なひとつ。 ものを覚えるには、画像で覚えると早く覚えるときがあります。 急にやれと言っても出来ませんが、子供の頃からの習慣で出来るようになるそうです。 例えば、タイマー式勉強法!残り時間を可視化することで集中力を高める方法です。 日本にいながら英語が身についた方法は、母親の子守道具が、 英語のアニメDVDと英語の絵本だったことです。 その中で、勉強としてではなく、 日常会話として英語を覚えさせたのです。 英語の試験が出来るようになるという目的ではなく、ご両親が、 人とつながれるという未来の広がりを提示してくれたことが、 英語を覚える原動力になったのだそうです。 まとめ:「金スマ」頭が良くなる頭が良くなる15のテク!東大王の育ち方! ここでは、「金スマ」 で、東大王の両親が明かした、頭が良くなる育て方をまとめました。 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

東大王と金スマの動画(3/13)無料見逃し配信は?中居軍とクイズ対決!|kizamigiri news

金 スマ 東大 王

東大王4名の紹介 今回登場した4人の東大王をご紹介します。 ありがとうございました!来週も絶対見てね。 収録前のみんな。 小学生で算数オリンピック、中学で数学オリンピックに出場 ・鳥取の公立高校出身 ・天才的な計算力が特徴 林 輝幸(はやし てるゆき)さん ・東大文学部の叡智 ・国語以外はほとんど100点。 富山が生んだ神童 ・中学は、県トップの偏差値を誇る片山学園に入学 ・あらゆる年代を覚える、年代暗記力が特徴 明日真似できる!頭が良くなる生活習慣 好きなことを自由にさせる 4名の家で共通していた教育方針が「好きなことを自由にやらせる」というものでした。 ・「勉強しろ」や「これはダメ!」を言わない 人に言われて覚えることと、自分から考えたり、自分からやって覚えることでは頭の入り方が全然違います。 自分の意欲で覚えることが大切! 探求学習といって、答えを教わるのではなく、自分で情報収集や、グループで議論をして課題の解決に必要な能力を養う学習をしてきた人が、研究者になることが多いのだそう。 子供が興味を持ったものに親も全力で付き合う 東大王の親たちは、さりげなく子供の興味をそそるようなものを身近に置いていたそうです。 さらには両親も積極的に勉強することで、子供の知的好奇心を引き立てたのだそう。 授業中に手を上げて発言する 鈴木さんは普通の子供なら恥ずかしがるような場合でも、積極的に手を挙げて発言していたそうです。 仮に正解じゃなくても良いから、とにかく自分でしゃべることによって自分の考えも整理され、間違えていればそれもフィードバックとして習得する機会と捉えていたそう。 毎日本を読む 水上さんは小学生の頃、毎日図書館で2冊の本を借りていたそうです。 どうして2冊かというと、1人あたり一度に借りれる本の数が2冊だったからという理油なのだそう。 ですが、それを日課として毎日読んでいると次第に選べるものが少なくなっていき、段々と興味のないものまで手に取るようになり、自然と色々なジャンルの本に目を通すようになりました。 それがその後の人生に役立ち、クイズ王として活躍されるきっかけとなったのだとか。 幼少期の東大王の遊び方 水上颯さんの愛用おもちゃ「ケネックス」 東大王の水上颯さんが幼少期に愛用していたというおもちゃ「ケネックス」。 棒状のバーツ同士を組み合わせていく、アメリカ発祥の知育玩具で、子供の思考力や、記憶力を高めるのに効果的だといわれています。 鶴崎修功さんの「しりとり」 鶴崎さんがご家族と一緒によくやっていたのが定番の「しりとり」です。 語彙力の発達や知育を促す大切な遊びとして、進研ゼミで知られるベネッセでも推奨しているそうです。 特に鶴崎さんのお父様が仕掛けてきたのが「 る攻め」。 「る」で始まる言葉が少ないので、しりとりで一番の鬼門と言われる「る攻め」ですが、これを頻繁にやられることで広辞苑や電子辞書を駆使してるから始まる言葉を調べるようになったのだそう。 成績が上がる勉強法 復習より予習を優先 東大王の4人に共通する勉強法が、 復習よりも予習を優先していたこと。 復習は追いつくだけの作業ですが、予習は優越感を感じられるからとのこと。 また、予習をすれば授業の理解も早くなり、結果復習(宿題)も短い時間で済み、遊ぶ時間も増える!ということで、一石三鳥なんだそうです。 中でも水上さんの予習方法は独特で、新学期に教科書を配られると真っ先に全て読んでしまっていたのだそう。 逆に家では小中学校時代に勉強した覚えがないのだとか…驚きですね! ノートは黒板通りに取る 鈴木さんや鶴崎さんは、黒板のレイアウト通りの板書をノートに書いていたそうです。 自分で編集したりせず、ただ写すことに徹すれば、ノートをまとめることに意識をとられず、より授業に集中することができるのだそう。 さらに授業中の板書をそのままノートに再現することによって、その時の授業の感覚を覚えられ、先生の一字一句を聞き逃さないようにすることが出来るとのこと。 物語仕立てで勉強する 水上さん独自の勉強法は 物語仕立てで勉強するという方法。 苦手な化学や歴史でも、キャラクターやストーリーを作り、頭のなかでイメージ化することで記憶しやすくなるとのこと。 タイマー式勉強法 鈴木さんは自分で自分に圧力をかけるという タイマー式勉強法をされていました。 勉強時間はタイマーをセットして、残り時間を可視化することで集中力を高めることができるという方法。 また、他の人の目がある図書館やカフェなどを勉強の場として活用することで、同様に自分に圧力をかけていたそうです。 英語のDVDと絵本 帰国子女でもないのに英語がネイティブレベルの鈴木さん。 そのきっかけとなったのが英語のアニメDVDと絵本でした。 双子の妹である鈴木さんですが、お母様が双子の子守に活用していたのが英語のアニメや絵本だったのだそうです。 遊びのつもりが自然と英語を学ぶ機会になったということですね。 インターナショナルスクール幼稚園 鈴木さんは5歳と6歳の2年間はインターナショナルスクールに通っていたそうです。 お母様の狙いは、世界の人と仲良くなりながら英語を覚えてもらいたいと思ったから、あえてインターナショナルスクールを選んだそうです。 ホームスティ客の受け入れ 家庭の事情で公立の小学校に通うことになった鈴木さん。 そこで鈴木家では、子供たちの英語力を落とさないように毎年海外からのホームスティ客を受け入れることにしたそうです。 その結果、鈴木さんは子どもの頃から、「試験で正解するための英語学習」ではなく、「人とつながるための英語学習」を経験することができ、自然と英語を覚える原動力になっていったのだそう。 親御さんの環境づくりが功を制したということですね。 素晴らしいです。

次の