アンイシュワルダとは。 【モンハンワールド:アイスボーン】ラスボス・地啼龍アン・イシュワルダ戦の立ち回りのポイント

アンイシュワルダの弱点、倒し方攻略

アンイシュワルダとは

このクエストをクリアするとエンディングを迎え、マスターランクの上限が解放されます。 このクエストはゼノ・ジーヴァと同じくクエストor探索から帰還する度に確率で出現し、出現した場合は2クエストの間だけ挑戦する事ができます。 また、マスターランクが上がると発生確率も上がるようです。 アン・イシュワルダ 弱点 アン・イシュワルダは岩を纏った状態の第1形態と本体の第2形態との連戦になります。 弱点属性:氷属性、次いで水属性 弱点部位:頭、胴 第1形態 最初は岩を纏った状態の巨体と戦う事になります。 移動速度は遅く、攻撃も比較的回避しやすいですが、一撃の威力は高いので油断しないようにしましょう。 攻撃範囲が広いので緊急回避を利用して回避すると良いです。 ・ジャンプ攻撃 ・岩投げ(潜り時に前方) 基本は敵の攻撃に気を付けながら頭or胴や脚にクラッチクローで傷を付けながら攻撃していくと良いです。 また、ひび割れの壁にぶっ飛ばしでぶつけると落石によって大ダメージを与える事ができ、これは2回? 行う事ができるので、クラッチクローでスリンガー弾を入手した場合は優先して狙いましょう。 第2形態 第1形態に一定ダメージを与えると岩が剥がれて本体が出現します。 その際にフィールドの岩が吹き飛んで広くなります。 攻撃パターンは、 ・振動ビーム 翼爪の先端から4本ずつ発射。 ・嚙み付き(2回) ・翼による薙ぎ払い ・翼による引っかき 左右に広げてから胴の方へ攻撃するため、前脚や胴体に攻撃している場合は注意が必要です。 ・前足による薙ぎ払い ・流砂発生 翼の爪を地面に刺したら流砂が発生して広範囲の流砂が爆発するので注意。 また、振動玉を使用するまで流砂は残った状態になります。 ・振動玉 流砂が大量に発生している時に使用、地面に潜って移動後に巨大な振動玉を投げてフィールド広範囲にダメージ。 とりあえずアン・イシュワルダが地面に潜ったらフィールドの端orアン・イシュワルダの足元辺りまで移動すれば安全です。 翼による引っかきが危険なので、なるべく後ろ脚や尻尾を攻撃するようにすると良いです。 また、振動ビーム時などクラッチクロー攻撃ができる隙が多く、クラッチクローで傷を付けてから攻撃すると効率良くダメージを与える事ができます。 振動ビームは基本前方のみなのでアン・イシュワルダの正面を避けながら立ち回れば攻撃は回避しやすいです。 何気に危険なのが流砂爆発で、アン・イシュワルダが地面に翼を刺したらすぐに流砂のない位置へ移動するように注意しておきましょう。 爆発で吹っ飛んだ所に攻撃されると力尽きてしまう可能性が高いです。

次の

【近接編】アイスボーンのラスボス!アンイシュワルダの倒し方を解説!

アンイシュワルダとは

剥ぎ取りからは装備の生産に必要になるレア素材「」が入手できます。 一段階破壊でも部位破壊報酬で入手可能ですがかなり低確率のため、二段階破壊を狙っていきましょう。 離れた場所から頭に貫通弾Lv3を撃ちつつ、攻撃が来そうな時にはシールドで防ぐことで、簡単に頭を破壊することができます。 装備は全てアンイシュワルダより前に作成可能なものに限定しています。 スキルに破壊王を付けよう スキル名 スキル説明 【最大Lv3】 大型モンスターの部位を破壊しやすくなる。 アンイシュワルダの頭はとても耐久が高いため、部位の蓄積ダメージを最大1. 3倍にする「破壊王」は頭破壊を狙う際には必須のスキルです。 ソロか意思疎通できるマルチがおすすめ 頭は耐久値がとても高く、マルチでは一人でも頭以外を攻撃していると、頭を破壊できずに倒してしまうため、完璧に意思疎通できるマルチか、ソロで頭を集中攻撃する必要があります。 近接はダウンを奪いながら頭を攻撃しよう 近接では頭に攻撃を当てるのはとても難しいため、まずダウンを狙いましょう。 ダウンさせる方法は、「脚の部位破壊」「落石」「乗り」「スタン」があります。 アンイシュワルダ|第一形態の攻略 うごきの遅いゴーレム 「アンイシュワルダ」戦は最初、岩を体にまとっている状態から始まります。 この状態のアンイシュワルダは動きが緩慢で、攻撃も予備動作が長くて避けやすいものばかりなので、 被弾しても落ち着いて回復するようにすれば、苦戦することはないでしょう。 柔らかい頭と胴体をひたすら攻撃 第一形態の「アンイシュワルダ」は頭と胴体が弱点なので、「クラッチクロー」で軟化させつつ、集中的に攻撃していきましょう。 また、腹下に潜り込んでいれば、敵の攻撃に当たりにくくなるので、被弾が多くなってしまう方は胴体だけを狙うのもおすすめです。 柔らかい砂の中には入らない 周りよりも色が白い砂の中に入ると、身動きが取れなくなり、敵の攻撃を正面からくらってしまうので、白い砂には近づかないようにしましょう。 落石を活用してダメージを稼ごう マップの上側 北 の方に周りと少し色の違う壁があり、そこにのぶっとばしでアンイシュワルダをぶつけると、落石を当てる事ができます。 2968ダメージを与え、かつ長時間のダウンも奪えるので、積極的に狙っていきましょう。 地面に潜ったら攻撃のチャンス アンイシュワルダが地面に潜航したら、脚の内側に潜り込み、頭を集中攻撃しましょう。 脚の内側にいれば「アンイシュワルダ」の攻撃は当たりにくいため、効率よくダメージを稼ぐことができます。 アンイシュワルダ|第二形態の攻略 ド迫力のブレスを使うように 「アンイシュワルダ」は第二形態から「アカムトルム」のソニックブラストのような、ド迫力なブレスを使うようになります。 ブレスは予備動作も長い分、威力も高くなっているので、当たらないように慎重に立ち回る必要があります。 正面は避けて、前脚を狙って立ち回る ブレスを回避するために正面に立つのを避け、弱点の前足をクラッチクローで軟化させながら狙っていきましょう。 「アンイシュワルダ」は隙が大きいモンスターなので、クラッチクローによる肉質軟化を途切れさせないことを目指しましょう。 地形を変えるほどの超大技 「アンイシュワルダ」としばらく戦っていると、いきなり土の中に潜ることがあり、マップの端に現れたと思ったらマップ全体の地形を変化させる特大ブレスを放ちます。 予備動作はとても長いので、 落ち着いてできる限り距離をとって回避するようにしましょう。 3箇所の落石を活用しよう 「アンイシュワルダ」が第二形態になると3箇所の落石が使えるようになります。 落石ポイントは右下のミニマップで確認できるため、積極的に狙っていきましょう。 なお、落石ポイントはアンイシュワルダの攻撃で壊れてしまうことがあるので、注意が必要です。 クエストが出現すると、2クエストの間出現し続けるのでチャンスを逃さず挑戦してみましょう。

次の

【MHWアイスボーン】アンイシュワルダ弱点クエスト対策装備攻略【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

アンイシュワルダとは

大いなる存在の居場所 竜人族のハンターからの調査報告で、歌が聞こえてきた場所にいくつかの法則性があることがわかりました。 歌の聞こえた場所をマップに示していくと以下の感じになります。 このままだとバラバラで規則性がありません。 これに加えて地殻変動の場所も併せて記していくいと。。。 薄っすらと螺旋が見えてきました!どうやら地脈の流れに沿って移動しているようです。 これに古龍が活性化した地点を合わせると! 螺旋の形がよりはっきり表れてきました。 地脈回廊を起点して、時系列に地脈の流れに沿って螺旋状に外へと移動しています。 さらに、螺旋の一番外のその先に一つ島があるらしいとのこと。 この流れでいくと移動している歌の正体はその島に現在たどり着ているのではないかと予想しました。 至急、その未開の島へ出発します! 飛空艇で大いなる存在を目指して飛び立ちました。 螺旋の外のポイントに向かって移動し程なくして、予測していところにちゃんと島が存在していました。 まさかのトゲトゲ登場! フィールドに向かって大いなる存在と対面すると思いきや、いきなりネルギガンテが登場してきました。 そう言えばマスターランクでネルギガンテと戦うのは今回が初めて。 基本的な動きは変わらないですが、少し強化されているように見えます。 後から分かったのですが「 悉くを滅ぼすネルギガンテ」という二つ名付きのモンスターだったらしいです。 新しモーションもいくつか追加されていました。 飛んでから叩き落ちてくる大技や突進しながら棘を飛ばす技など、どれも骨が折れるものばかりです。 苦戦しながらも何とか倒せました。 今回はいつもの期待させておいて違かったパターンぽい。 思いのほいか見た目がごついですね。 まん丸のライオンみたいでちょとかわいい。 ) でも、先ほどネルギガンテから連戦のようです。 まさかストーリーで連戦クエストをすることになるとは思いませんでした。 モドリ玉も無くアイテムが残り少ないです。 (;><) アンイシュワルダの肉質や耐性、弱点属性 ここで取り合えず、アンイシュワルダの耐性や弱点属性をご紹介。 「雷属性」は全く効果がありません。 状態異常は「毒属性」と「爆破属性」が効果で、「睡眠属性」は全く入りません。 アンイシュワルダの立ち回り まずは表皮を傷つけることを優先 アンイシュワルダは岩のような表皮で全身が覆われており、非常に硬いためそのままでは攻撃してもはじかれてしまい全然ダメージが入りません。 攻撃を仕掛ける前にまずはクラッチクローで相手にしがみつき、クラッチ攻撃で表皮を傷つけるようにしましょう。 傷つけると見た目が黄色く変化します。 黄色くなった部分は攻撃してもはじかれるなく、通常通りダメージが入ります。 突進攻撃に注意 翼を前にするモーションをしたら突進が来ます。 この突進は非常に横に広く横るのが困難です。 近場にいる場合は予備動作を見たら、回避に専念するようにしましょう。 怒り状態ではこの突進を1~2往復してくるので気を付けてください。 地面潜りと砂 アンイシュワルダが地面潜ると地殻を振動させ地面を砂に変えてしまいます。 この砂に入ると移動速度が低下してしまいます。 特に白色の砂は深さがあるため、ほとんど身動きが取れない状態になるので気を付けましょう。 対策として、「 水場・深雪適応」のスキルを付けることで自由に移動することができます。 Lv1だけでも効果があるので必ずつけるようにしましょう。 慣れれば簡単ですね。 ある程度攻撃をしてそろそろ終わりかな?と思ったその時、なにやら動きがありました。 岩のような外皮が剝がれていきます。 これはまさか?! 第ニ形態??!! 先ほどのネルギガンテと続き、3連戦ですか? モドリ玉を持参すべき 今更感は否めないですが、今回のクエストをする場合は事前にモドリ玉を持参するげきです。 その変わり目でキャンプに戻ることができないのでアイテムを温存しておかないと終盤になるとジリ貧になってしまいます。 モドリ玉があればいったんキャンプに戻って仕切りなおせるのでお勧めです。 クエストの2回目以降はネルギガンテと戦う必要はありませんが、それでも第一形態と第ニ形態で仕切り直したい場合は取り合えモドリ玉を持ってくのが無難です。 広範囲&長距離攻撃に注意 アンイシュワルダの第ニ形態は第一形態と違い、身動きが速く、さらに広範囲で長距離な攻撃を連発してくるようになります。 特に音波のようなものを使った飛び技は強力です。 ・音波波動砲 食らってはいけない音波による特大波動砲。 この攻撃は翼を前にもってくる予備動作が遅いため、見てから冷静に対処しましょう。 ・翼から出る音波攻撃(遠距離) 仁王立ちで背伸びし、翼も高く開いていたら遠距離の音波攻撃が来ます。 遠目にしか攻撃判定はないので、接近して攻撃しに行きましょう。 この攻撃は強力なのでなるべく避けたい攻撃です。 予備動作を見たら相手のお尻の方か左右に向かって逃げましょう。 この攻撃来たら、こちらの攻撃は1、2回にとどめすぐに遠くへ離れましょう。 基本近距離で立ち回る アンイシュワルダの第ニ形態は遠距離攻撃を多用してくるので、基本的には対手の懐に入り込んで立ち回ると安全に戦えます。 しかし、近距離にいても翼による攻撃が危険なので、以下の2つの攻撃だけは気を付けてください。 ・片翼の近距離攻撃 ・両翼の近距離攻撃 地形も変える音波の大玉攻撃 アンイシュワルダは開始当初目を瞑っていますが、ダメージが蓄積し体力が残り少なくなると目を見開きます。 この見開いた状態では即死級の大技を使うようになります。 アンイシュワルダが地面に潜ったら巨大な音波の大玉を投げてくるので、アンイシュワルダが地面から出てきた逆側の壁まで逃げることで攻撃を避けることができます。 さらにワンポイントとして、 相手の体力が残り僅かな場合この大玉のあと音波波動砲を連続して打ってくるので、大技後も気を抜かずに相手の行動を見極めるようにしてください。 アンイシュワルダはランス殺し! 相手の攻撃をすべてガードで受け止めてきたランス使いの自分としては、アンイシュワルダは完全にランス殺しです。 音波波動砲• しかも途中カードを解除しようとしても1度カードしたら最後まで解除することができず、そのまま削り殺されます。 つまり上記攻撃を1回でもカードしたら即アウトになるのです。 (;><) アイスボーンではランス一筋できたのでこの攻撃には手を焼きました。 相手の攻撃を条件反射でカードしてしまい、何度もゲームオーバーにされてしまいました。 ( ><) 何度もやられ心が折れそうになりかけながらも、挫けず再戦しています。 その中で、倒されながらも反省を生かし、以下の対策を打ちました。 モドリ玉を持参• 「 水場・深雪適応」のスキルをLv1装備• 「 水耐性」のスキルをLv3装備• 攻撃は多くて2回、すぐに納刀して退避• ガードとカウンターは捨てる!攻撃は1発食らってやり過ごす• ダメージはぶっ飛ばしで稼ぐ モドリ玉は第ニ形態なった直後に使います。 使った相手もを補充し万全な状態で第ニ形態を迎え撃つためです。 スキル系では アインシュタインが遠距離で使う音波攻撃は水属性なので、少しでもダメージはを減らすために「水耐性」のスキルを付けます。 一番の悩みの種であった ガード即死技に関しては、完全に開き直りカードを捨ててむしろ食らってやり過ごす作戦に出ました。 「こんなことするならもうランスである必要無くないか?」という考えが一瞬浮かびましたが、ここまでずっとランスで来たんです。 しかしそれだとダメージ効率的に時間が足らないので、狙える時に積極的にクラッチクローからのぶっ飛ばしでダメージを稼ぎます。 ・・・・ 度重なるトライ&エラーの末、 残り時間3分で何とか倒し切ることができましたぁぁ!! アンイシュワルダはアイスボーンで一番手ごわいモンスターでした!前作のゼノ・ジーヴァが弱かったので高を括っていたのですが甘かったですね。 アイスボーンのラスボスはつよかったぁ!その分倒した時の喜びはめちゃくちゃ大きかったです。 アイスボーンからMHWを再開して大体1カ月くらいですが、あっという間に時間が過ぎ、すっかりドハマりしています。 新フィールドに新モンスター、さらにクラッチクローを使った新しい立ち回りなど、アップデートしただけとは思えない変わりように、常に新鮮な気もちで楽しめることができたと思います。 この後のエンドコンテンツがあるとのことで、何処までどこまでやりこめるか分かりませんが、気長にプレイし続けたいと思います!.

次の