杉並区 人口。 東京23区の人口ランキング

杉並区の【統計データ】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

杉並区 人口

杉並区ってどんなとこ? 杉並区は東京23区の最西端(城西地区の一角)に位置する区です。 北は青梅街道、南は甲州街道に挟まれており、都心よりも高台に位置しますがこの地域そのものは傾斜が少なく、徒歩での移動も苦労はありません。 近隣には井の頭公園もあり四季を感じられる場所も数多くあります。 阿佐ヶ谷や 高円寺、 荻窪など中央線の駅周辺に魅力的な商店街が多く、買い物のしやすさや物価の安さから 家族に人気の区となっています。 ただファミリーが多い分、子どもの数も多く、2016年度は過去最高の約4,000人の保育所申し込みがありました。 許容範囲を超える申し込みに区は緊急事態宣言を発表。 区が保有する土地や建物を活用し、2,000人を超える規模の保育施設を整備することを決めましたが、まだまだこの区で保育園に入れるのは厳しい状態が続いています。 一人暮らしや子供のいない家庭には暮らしやすい区ですが、 小さい子どもがいる共働きの家庭には不便に感じるかもしれません。 面積と人口 面積は約34km 2で、23区の中で8位に入る広さです。 人口は約57万人。 都内6番目の多さです。 昼間人口よりも夜間人口の方が若干多く働く場所というより仕事を終えた人たちの帰る場所となっています。 また人口密度は23区中12位とちょうど中間で、これは企業・商業施設と、住宅地のバランスが良い証拠といえます。 阿佐ヶ谷と高円寺は災害に弱い! 杉並区の中でも阿佐ヶ谷、高円寺は特に人気のエリアとなっていますが、 災害時の危険度が高い地域と言われています。 東京都の「防災都市づくり推進計画」において「震災時に大きな被害が想定される地域(整備地域)」として位置付けられており、 国からも改善すべきとの指摘を受けています。 参考サイト: 災害時の危険度が高い4つの理由• 古い建物が多く耐震基準を満たしていない建物が多い• 木造物件が多く燃えやすい建物が多い• 建物が倒れ込み通行に支障がでる狭い道が多く消防車が通行不可能になってしまう可能性がある• 人あたりの公園面積が極めて少なく、災害時や日常的に避難できるオープンスペースの確保が出来ていない。 杉並区が行っている災害に強い町つくり 国から『災害時は危ないから改善しなさい』との指摘を受け杉並区では『阿佐谷南・高円寺南地区防災まちづくり計画』としてさまざまな施策を行っています。 杉並区が行っている主な施策• 青梅街道から杉並第六小学校までの馬橋通りの拡幅整備(現況幅員約 5. 5m)• 主要な交差点部にまちかど広場の新設• 既存公園の規模拡張• 公園不足地区における公園の新設• 行き止まり道路の解消• 老朽建築物の建替や除却など(助成金あり) 古い木造物件を耐火建築物にリフォームする場合に250万円の助成金を区がだしてくれます。 その他、避難所にある公園や広場の用地を確保するため不要になった土地を買い取ってくれたり、災害時にも通行できるよう道幅を5. 45mから6. 5mまで広げたりと、防災につよい町づくりを推進しています。 実際に歩くと分かりますが確かに建物が密集していたり道幅が狭い場所が結構あります。 この町に住んでる住人からも火災が起きた時が心配との口コミもいくつか頂きましたが杉並区の公式サイトには平成34年(西暦2022年)までには完了する予定とあるので、これからどんどん改善されていくことが期待できます。 参考サイト:阿佐谷・ 杉並区の治安はどうなの? 杉並区は全般にに静かな宅地が広がっているので、安心して出歩くことができます。 犯罪発生率のランキングでも常に上位に入る区です。 <犯罪の発生率が少ない区ランキング> 順位 区 犯罪件数 人口 発生率 評価 1,329件 219,812人 6. 内訳を見ても傷害などの凶悪犯罪が他区に比べてぐっと少なく 治安がよい区といえます。 関連ページ: 【スポンサーリンク】 家賃の相場は? 住むにあたってやはり一番気になるのは家賃相場ではないでしょうか。 杉並区は大学キャンパスも多いので、一人暮らしや下宿をする学生のための物件も充実しています。 20代男女が東京で一人暮らしをする際の平均家賃は7万414円(SUUMO調べ となりますが、杉並区の平均家賃相場は6万~7万円代と都内の平均値と比較してみても、どれも中位より下の安さとなっています。 杉並区の交通事情は? 北側から 西武新宿線、 中央線、 京王線と三つの路線が横断している杉並区。 その全てが新宿に通じているとあって、 都心へのアクセスは良好です。 また意外と見落とされがちなのが縦や斜めの路線、つまりその間を南北に走る路線の存在。 これがないと、区内の移動が意外に面倒なんですよね…。 では杉並区はどうかというと中央本線に沿う形で、南東部をカバーする丸の内線、南部を斜めに走る井の頭線があるので、その点もまずは安心といえそうです。 特筆すべきは井の頭線の存在です。 下北沢や吉祥寺、また明治大学の和泉キャンパスを繋げているのでビジネスマンにはあまり関係ないかもしれませんが、区内の若者には欠かせない足がわりとなっています。 どの路線も都心への重要なラインですので、混雑はかなりのものになります。 ラッシュが嫌だという方は快速ではなく各停を利用しましょう。 各停は、全ての駅に停まるので時間はかかるものの、そこまで混まずにゆったり行けます。 東京都杉並区を通る駅・路線一覧 駅名 駅を通る路線 荻窪駅 JR中央線 丸ノ内線 JR総武線 西荻窪駅 JR中央線 JR総武線 高円寺駅 JR中央線 JR総武線 阿佐ケ谷駅 JR中央線 JR総武線 下井草駅 西武新宿線 久我山駅 井の頭線 高井戸駅 井の頭線 東高円寺駅 丸ノ内線 井荻駅 西武新宿線 富士見ケ丘駅 井の頭線 方南町駅 丸ノ内線 南阿佐ケ谷駅 丸ノ内線 浜田山駅 井の頭線 上井草駅 西武新宿線 新高円寺駅 丸ノ内線 西永福駅 井の頭線 八幡山駅 京王線 永福町駅 井の頭線 バスも充実している 電車がカバーしていない地域にはバスを利用しましょう。 「関東バス」などの企業は、新宿や中野からの平日深夜バスの営業も行っています。 また区では南北に広がる電車の路線をつなぐための乗り合いバス「すぎ丸」というサービスも実施しています。 大人は100円、未就学児は無料で乗れます。 利用料…大人100円、未就学児無料、ICカード可 発車間隔…一時間に4本 けやき路線…中央線阿佐ケ谷駅~井の頭線浜田山駅間 さくら路線…井の頭線浜田山駅南~京王線下高井戸駅間 かえで路線…中央線西荻窪駅~井の頭線久我山駅間 杉並区民の年収はズバリいくら? 全県の中でも東京都は物価、家賃ともに、とても高い場所です。 その中でも杉並区の住民はいくら稼いでいるのか?平均年収を表にまとめてみました。 <東京23区の平均年収ランキング> 順位 区 平均所得 1位 1,023万円 2位 848万円 3位 736万円 4位 595万円 6位 587万円 5位 575万円 7位 534万円 8位 501万円 9位 449万円 10位 447万円 11位 425万円 13位 411万円 15位 408万円 12位 408万円 16位 405万円 14位 404万円 17位 364万円 18位 356万円 20位 355万円 19位 355万円 21位 353万円 22位 338万円 23位 335万円 参考元:2016年度総務省自治税務局の市町村税課税状況等 杉並区の 平均年収は449万と23区中 9位。 手取りは およそ月額29万5千円と23区の中でギリギリBEST10に入る区です。 その中でも浜田山、永福町、久我山など井の頭沿線に稼いでいる人が多く、逆に高円寺北など若い独身者が多い地域が年収が低い層が多くなっています。 駅前はスーパーや商店街などがあります。 駅の北側には、居酒屋なども多いですが、少し歩くと閑静な住宅街があり高い建物も少なくて、空が広がります。 道路沿いの並木道は、新緑の季節にとても気持ちがいいスポットです。 区役所も近くにあって、高円寺や吉祥寺などの街も自転車で通える範囲です。 治安的に駅周辺北口地域は、若干治安は問題はありますが、南口方面は治安的には良い地域でした。 憩いの場所としては、武蔵野三大湧水池の1つに数えられる善福寺池を中心とした緑豊かな善福寺公園もありますし、散策にはもってこいの環境もあります。 スポーツ施設には、ボーリング場とかスポーツクラブなども駅から徒歩圏内にあり、カルチャー的にも充たされます。 医療面では、東京衛星病院もあるので、いざという時には安心です。 環状八号線が横断しているので、周辺は若干ホコリっぽいですが、財政的に豊かな区ですから税金も安く、また、文化施設も整っていて住むのには….

次の

「東京都の人口(推計)」の概要

杉並区 人口

ロボット君のつぶやき 杉並区の2015年の総人口は総務省統計局が2016年10月26日に公表した国勢調査結果によると56. 4万人。 5年前と比べると2. 6%の増加。 増加率は全国市区町村(2016年10月1日現在1741、ただし東京23区を含む))の中で133番目に高い。 また、国立社会保障・人口問題研究所が2010年までの国勢調査に基づくトレンドから予測した2015年人口よりも17,867人 3. 上記研究所のもっとも新しい「将来推計人口 2018年3月推計 」によると、今後2015年から2045年までにはさらに4. 6%増加し、約59万人となる見込み。 増加率は全国市区町村の中で59番目。 このとき2045年の平均年齢は、2015年の 44. 9歳から4. 6 歳上昇し、49. 5歳となる。 また上図の赤い点線であらわした折れ線は、2010年国勢調査までの趨勢に基づき国立社会保障・人口問題研究所が2013年に予測した将来人口の推移を示している。 これを2040年について今回の最新の予測値と比較すると、その差は129,383人 27. なお、「平成20年~24年 人口動態保健所・市町村別統計」 厚生労働省 によると、杉並区の2008年~2012年における赤ちゃんの出生数は、年平均で4,047人。 人口千人当たりでは7. 5人(全国平均8. 4人)となり、全国の1,741市区町村中759番目。 同期間の1人の女性が生涯に産む平均子供数を推計した合計特殊出生率では0. 97で1730番目。 ちなみに、婚姻件数及び離婚件数は、それぞれ人口千人当たり7. 9件 全国平均5. 5件 、1. 66件 全国平均1. 94件 となっている。 また、2018年4月17日に厚生労働省が公表している最新の「平成27年市区町村別生命表」によれば、2015年の杉並区の平均寿命(0歳児の平均余命)は、男性が全国平均よりも1. 5歳長い82. 3歳、女性も全国平均より1. 0歳長く、88. 0歳となっている。 参考: 2000年から2019年 2019年1月1日現在 までの杉並区の人口動態調査に基づく住民基本台帳ベースの人口および世帯数、出生数、人口千人当たり出生数(出生率)の動向については、グラフの15から19をご参照ください。 下記の小さなグラフをクリックし拡大してご覧いただけます。

次の

Tokyo Ring Step_外環・外かん_沿線地域(杉並区)

杉並区 人口

2020年01月31日 総務局 「東京都の人口(推計)」の概要(令和2年1月1日現在) この推計人口は、5年ごとに行われる国勢調査の間の時点における各月の人口を把握するため、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、これに毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したものです。 人口総数 13,951,636人 対前月比 2,336人(減) 対前年同月比 94,193人(増) 男 6,858,557人 女 7,093,079人 世帯総数 7,120,532世帯<参考値> 平成31年・令和元年中における人口の動き等について、トピックを下記に掲載しました。 1 人口の動き 令和2年1月1日現在の東京都の人口は、推計で13,951,636人となった。 地域別にみると、区部が9,653,112人、市部が4,217,151人、郡部が56,387人、島部が24,986人となっている。 前月と比べると、総数では2,336人(-0. 02%)減少している。 その内訳を地域別にみると、区部は1,884人(-0. 02%)の減少、市部は305人(-0. 01%)の減少、郡部は96人(-0. 17%)の減少、島部は51人(-0. 20%)の減少となっている。 図1 総人口(推計)の月別推移(平成30年~令和2年) 図2 対前月増減数の月別推移(平成30年~令和2年) 2 区市町村の人口 (1) 人口の多い区• 世田谷区 939,099• 練馬区 742,652• 大田区 739,575• 江戸川区 695,797• 足立区 683,365 (2) 人口の多い市町村• 八王子市 577,212• 町田市 434,170• 府中市 263,407• 調布市 239,824• 西東京市 206,268 (3) 人口増加の多い区市町村(対前月比)• 中央区 428• 練馬区 344• 西東京市 201• 文京区 169• 墨田区 134 (4) 人口増加の多い区市町村(対前年同月比)<参考>• 世田谷区 8,579• 品川区 7,004• 練馬区 7,002• 中央区 5,859• 杉並区 4,986 詳細は、をご覧ください。 問い合わせ先 総務局統計部人口統計課 電話 03-5388-2531 〔トピック〕 平成31年・令和元年中の人口の動きと総人口の推移 毎月公表している「東京都の人口(推計)」に基づき、平成31年・令和元年中における東京都の人口の動きについて、1月中から12月中までを集計し、総人口の推移とあわせ主な特徴をまとめました。 主な特徴• 平成31年・令和元年の1年間で94,193人増加しており、平成9年以降、24年連続で人口が増加している。 社会増減(他県との移動増減)は80,741人増加している(うち日本人は84,758人増加、外国人は4,017人減少)。 自然増減は16,258人減少している(うち日本人は18,770人減少、外国人は2,512人増加)。 地域別人口増減でみると、区部では世田谷区、市部では西東京市、町村部では神津島村が最も多く増加している。 東京都の総人口(推計)の推移(昭和31年~令和2年)各年1月1日現在 平成31年・令和元年中の地域別人口増減数(総数).

次の