大阪 雨雲レーダー。 大阪府の過去の雨雲レーダー(2020年07月16日)

気象庁

大阪 雨雲レーダー

大阪(あべのハルカス・通天閣・大阪城) ライブカメラと雨雲レーダーについて 大阪の空(あべのハルカス・通天閣・大阪城)が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。 ライブカメラは、osaka sky livecamにより運営されており、詳しい設置場所は不明です。 大阪の街の様子、道路の様子(交通状況・渋滞・積雪・冠水)、周辺の天気などがライブ映像で確認できます。 ライブ映像には、左側が天王寺・あべのハルカス方向、中央が大阪・ミナミ方向、右側が大阪・梅田方向が映っています。 中央左の一番高い建物があべのハルカスで、中央より少し下に左右走っている道路が近畿自動車道、縦に走っている線路は、おおさか東線と大和路線です。 ライブ映像はYouTubeLiveで配信されており、概要欄からあべのハルカスや通天閣方面の望遠カメラのライブ映像もみることができます。 望遠カメラの映像では、はっきりとあべのハルカスや通天閣が映っています。 台風や大雨、道路の冠水、地震などの自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。 では、大阪府周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。 お出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。 大阪について [出典:wikipedia] 大阪(おおさか)は、日本の近畿地方(関西地方)の地名である。 日本第二の都市・西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神(近畿地方、大阪都市圏、京阪神大都市圏、近畿圏など)を漠然と総称することにも使われる。 律令国では摂津国の範囲であり、近畿の経済・文化の中心地で、古くは大坂と表記し、古都・副都としての歴史を持つ。 漢字の表記は当初「大坂」が一般的であったが、大坂の「坂」の字を分解すると「土に反る」と読めてしまい縁起が悪いということから、江戸時代のころから「大阪」とも書くようになり、明治時代には大阪の字が定着する。 ライブカメラ情報 ライブカメラで大阪府の夜景・街・道路のリアルタイムな映像が確認できます。 ライブカメラ配信情報 配信種類 動画 配信期間・時間 365日・24時間 大阪周辺のその他のライブカメラ 大阪周辺のその他のライブカメラを地図上に表示します。 大阪の周辺地図と雨雲レーダー 大阪の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo! 地図で表示します。 旅行や出張前の天候チェックにご活用ください。

次の

【一番詳しい】大阪府羽曳野市の雨雲レーダーと直近の降雨予報

大阪 雨雲レーダー

大阪府のリアルタイムな雨雲の動きを、1時間前から1時間先まで5分ごとに実況予想マップで確認できます。 現在地へも簡単ズーム。 天気予報と合わせて利用すれば、大雨、台風、ゲリラ豪雨、雷雨などの防災時や毎日の生活に役立ちます。 大阪の天気と雨雲レーダーについて ユニバーサルに行くということであれば、大阪の天気をきちんとチェックしておく必要性があります。 大阪の天気をチェックする上で役立つ情報として、雨雲レーダーを利用する方法があります。 大阪市中央区付近の最新天気情報。 よく当たる1時間毎のピンポイント天気、現在の気温や湿度、雨雲レーダー、週間天気が確認できます。 都市、施設名、観光名所による検索もこちらで! 天気予報はもちろん、天気に関するあらゆる情報・災害情報を迅速にお伝えする天気・災害総合サイト。 全国各地の雨雲の動きをリアルタイムにチェックできる「雨雲レーダー」や、花粉や熱中症、積雪情報など、季節ごとの天気情報も。 大阪府のリアルタイムな雨雲の動きを、1時間前から1時間先まで5分ごとに実況予想マップで確認できます。 現在地へも簡単ズーム。 天気予報と合わせて利用すれば、大雨、台風、ゲリラ豪雨、雷雨などの防災時や毎日の生活に役立ちます。 大阪の天気と雨雲レーダーについて ユニバーサルに行くということであれば、大阪の天気をきちんとチェックしておく必要性があります。 大阪の天気をチェックする上で役立つ情報として、雨雲レーダーを利用する方法があります。 大阪府の雨雲レーダーを調べるならライフレンジャー天気。 各都道府県の雨雲レーダや、最新の雨雲の予報、ナウキャスト、アメダスなど気になる天気の最新情報を配信 このページでは、15時間先までの降水量分布の予報をご覧いただけます。 水色の時間帯にはレーダーとアメダスなどの観測値から作成した分布、黄色の時間帯には15時間先までの1時間ごとの分布を予測したものを表示します。 気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測と、降水ナウキャストによる5分毎の60分先までの降水強度分布予測を連続的に表示しています。 レーダーの運用休止に伴い該当する地域の降水強度が表示されないか、弱めに表示されることがあります。

次の

気象庁

大阪 雨雲レーダー

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の