相思相愛 髭男 意味。 【Official髭男dism/相思相愛】歌詞の意味を解釈!タイトルは嘘?涙なしでは聴けない失恋ソング。

Official髭男dism 相思相愛 歌詞&動画視聴

相思相愛 髭男 意味

相思相愛とは、「 互いに慕い合うこと。 愛し合うこと。 両想い。 」という意味を持ちます。 相思は、「互いに慕うこと。 」という意味で、相愛は「互いに愛し合うこと。 」という意味になり、この2つの言葉を合わせた四文字熟語となります。 ちなみに、この意味の中の「慕う」とは、「恋しく思う。 恋慕する。 」といった意味合いが強いです。 「相思相愛」は主に、男女の恋愛関係において用いられる言葉になります。 よく「相思相愛の関係」や「相思相愛の仲」といった使い方をします。 日常会話として使う際には、両想いという意味合いを込めて使用することが多いのではないでしょうか。 また、恋愛関係以外にもスポーツにおいて、自分が入りたいと思っていたチームが、自分を獲得したいと思っていた場合などにも使われることがあります。

次の

Official髭男dism 相思相愛 歌詞&動画視聴

相思相愛 髭男 意味

ビリー・ジョエル、さん、さん、中村佳穂さん。 この辺りの 上質なピアノ系ポップスがお好きな方にぴったりの曲でしょう。 今回は(以下ヒゲダン)の「 相思相愛」を紹介します。 ヒゲダンは2018年4月、にも起用された「ノーダウト」でメジャーデビューしました。 「相思相愛」は、この「ノーダウト」もおさめられた「 エスカパレード」の収録曲です。 ヒゲダンにとって1枚目のこのフルも、「ノーダウト」と同日にリリースされました。 ただ「ノーダウト」はメジャーレーのポニーキャニオンから発売。 「エスカパレード」はインディーズレーから発売という、少々珍しいリリース形態でした。 つまり「相思相愛」は インディーズに別れを告げ、メジャーシーンへ。 そんなタイミングの曲です。 号泣必至の。 わざわざ泣かせようとしていることがわかっていても涙が止まりません。 この「あり得ないほどずるい」極上のピアノポップのを紐解きます。 歌詞を見てみよう! クズ男になった? 冒頭からいきなり、「相思相愛」という歌物語の主人公「僕」の 自問自答が投下されます。 しかも クズ男になったというのです。 いったい何が始まったのか、度肝を抜かれるようなインパクトのある入り方になっています。 どうやら僕は自分が情けないと嘆き、 グチをこぼしたい気分なのでしょう。 といっても、たまたま目の前にいた知らない人が突然、頭を抱えて「あ~!」と叫んだような状態です。 お笑い芸人にたとえるなら、宮下・草薙の宮下さんとばったり遭遇してしまった感じでしょうか。 グチがたまっていることはわかったから少し落ち着こうと声をかけたくなるほどです。 ただ、宮下さんの芸を地でいくような僕に 何が起きたのかはわかりません。 ヒゲダンがブラックミュージックをルーツとしていることを考慮した解説も加えていきましょう。 グチをこぼす歌といえば、ブラックミュージックでは 泣きのブルースです。 あるいは 切ないジャズも考えられるでしょう。 この曲ではジャズっぽいサウンドにのせてブルース調のを歌う!という宣言かもしれません。 愛する彼女に言い訳しつつグチを吐きまくるのはブルースの常套手段です。 実際ジャズサウンドとともにヒゲダン流のブルースがスタートしています。 最低なブルースマンになりきるところから始め「こんな感じだけどどう?」と自問自答しているのです。 しかも、この なりきり&自問自答をリスナーに提示して「どう?」と問いかけるという二重構造になっています。 歌物語の内容はまだわかりませんが、このように 音楽的な裏テーマを想像するのもヒゲダンの醍醐味でしょう。 いったい何があった? 彼女と別れた この曲の音楽的な背景がわかったら、あとは実際にヒゲダン流ブルースの世界に飛び込むだけです。 どうやら僕は彼女と別れたようです。 しかも、自分から別れを切り出したわけではなく、 振られたのでしょう。 交際期間が短いほど傷は浅いとは限らないかもしれませんが、長いつき合いだとショックも大きいですね。 ところが別れを切り出すほうも実は大変という考え方もできるでしょう。 相手が落ち込むことはわかっているので伝え方には神経を使うはずです。 その結果、別れの言葉は シンプルな一言だったという話でしょう。 いつのまにか疎遠になって、気がついたら別れたことになっていた。 そんなもあります。 それを考えると、シンプルな言葉でも別れをきちんと伝えたのは、 彼女の優しさかもしれません。 ところが僕は、長いつき合いだったのに別れの言葉数が少なすぎるのは冷たいと感じたのでしょう。 深読みすると、インディーズからメジャーへ移るにあたっての ヒゲダンの心境も重なります。 たとえば急なデビューによって別れの挨拶代わりの活動がままならず、この曲に思いを託したのかもしれません。 はっきり言ってほしかった 僕は彼女に対して、勝手すぎるとグチをこぼしています。 それは彼女がさっぱりとしたきれいな別れ方を選んだからでしょう。 客観的にみるとやはり彼女の優しさのようにも感じられますが、僕としては不満なわけです。 なぜなら本当にもう自分のことを愛していないのか、なかなか信じられないからでしょう。 何もかもひっくるめたシンプルな別れの言葉だけなのは ずるいという話。 「嫌いになったから別れて」とはっきり言ってもらわないと、彼女の愛が冷めたことを実感できないのでしょう。 これが歌物語の世界観です。 さらにヒゲダン流の音楽的な裏テーマについても解説しておきます。 涙腺に響くやコード進行など。 ずるいとわかりながら実際にやることへのとまどいが見え隠れしているかもしれません。 このようなエクスキューズ(言い訳)をわざわざ提示する技を多用するところがヒゲダンのおもしろさでしょう。 おまけにグチや言い訳は、ブルースの歌詞の様式美にも則っています。 そしてヒゲダンというのストーリーさえ重ね合わせることもできる点がニクイですね。

次の

【Official髭男dism/相思相愛】歌詞の意味を解釈!タイトルは嘘?涙なしでは聴けない失恋ソング。

相思相愛 髭男 意味

昨年末、2018年4月のメジャーデビューからわずか2年目で『NHK紅白歌合戦』への出場を果たし、J-POPシーンを代表する人気バンドとなったOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 2月12日に発売された4th Single『I LOVE... 』もヒットを記録しています。 ヒゲダンの真骨頂はなんと言ってもボーカル/ピアノの藤原聡さんが生み出すラブソングの数々。 特に、ストーリー性と美しい言葉にあふれた詞の世界は多くのファンの心をつかんでいます。 キズや汚れすらも価値あるもの、というメッセージが心温まります。 [キレイとは傷跡がないことじゃない 傷さえ愛しいというキセキだ] という表現には、「傷さえも愛しいと思える、こんな美しい言葉を語ってくれるなんて、泣けてきます!! 」との声や、遠距離恋愛を経て最近結婚した彼のことが思い浮かぶ、というエピソードも届きました。 [もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから] という歌詞に「『運命』に逆らいたいが逆らえない、もどかしい切なさがじわじわ伝わってきて心に響いた」と共感の声が寄せられました。 誰でも心当たりのありそうな記憶が、[君を乗せたタ暮れの汽車が まっすぐ帰りを急いだ]など、青春小説のような情景とともに描かれ、物語性を感じさせます。 [この先何年か巡る月日が君なしで語れなくなってしまった] という歌詞には「未来も君の事を想っているということを表していてとてもとても心に残りました…… 大好きです……」という思い入れの深いコメントもみられました。 藤原さんも「喧嘩しない夫婦なんていないじゃないですか。 だから喧嘩というものをいい意味で捉えた上で、ちゃんと自分たちの幸せの道を歩いて行ってほしいなと思って」(『ぴあ関西版WEB』:2017年7月13日掲載)と詞に込めた思いを語っていました。 [「ずっとこのままでいようよ!」 ときめかされ続けて早3年] [「キャットが絶対可愛いよ!」 熱く語る君のそばに居たいんだ] [犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!] なんだか微笑ましい&うらやましくて……、末永く爆発してください案件ですね(笑)、これは。 [愛する君の声が どんな歌より素敵なんだ] というロマンチックな一節に「恋する相手へのとても純粋な思いが綴られたこの歌詞がとても胸に刺さります…」との感想も寄せられました。 ちなみに、MVは高校を舞台にしており、ちょっと奥手そうな男の子が好きな女の子に近づこうと頑張るストーリー。 歳の割には幼い恋愛をしていることを自虐しながらも、幸せを噛み締めている様子を描きました」と、楽曲発表時に公式コメントで語っていた藤原さん。 MVは曲の世界観を表現するため極寒のアイスリンクで撮影しています。 [一体 何年先の未来までこうやって 会えない日を数えなきゃいけないのだろう?] [「笑い合った瞬間、思いの重さ」に比例して 離れると余計に胸が痛いよ] という詞には「彼と遠距離恋愛していた2年前、帰り道には毎回聞いておりました。 まさに私の想いを代弁してくれている歌詞です」と、キュンとくるコメントもいただきました! I LOVE... 出会ったことで世界の意味すら変わってしまった感動。 それを伝えたくて「I LOVE... 」の続きを言いかけるのだけど……揺れる気持ちと決意が詩的かつリアルに歌われていきます。 [独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に] というサビの歌詞に「恋愛の素晴らしさはここにあるのだとハッとしました。 曲名の... に入るのも聴く人それぞれ違うのだと思います」とのコメントが。 心を動かされた方も多いのではないでしょうか。 多くの方の考察によると、映画などに使われる35ミリフィルムは1秒分を撮るのに457. 2ミリ必要で、それを人の一生=80年分で計算すると約115万キロに達する、とのこと。 地球から月まで行っても38. 4万キロですから、果てしない道のりと時間にロマンを感じてしまいますね……。 [主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ] [きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう] [酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおうフィルムがなくなるまで] など推せる歌詞の連続で、まさにヒゲダンの珠玉ラブソングです。 この記事について この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology! 」とオリコンNewSの共同企画です。 () 俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。 今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。

次の