江戸川競艇 結果。 スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース江戸川 レース選択

[生配信]全国24の競艇場をライブ映像で見よう!

江戸川競艇 結果

概要 [ ] (昭和30年)に初開催が行なわれた。 江戸川区にある競艇場ということからの名を冠してはいるが、実際にレースが行われているのはである。 ) 2010年度以降の通称は、 BOAT RACE江戸川。 2015年度以降、現在の正式名称「 江戸川ボートレース場」となる。 主催者は、(構成自治体:、、、、、)と(構成自治体:、、)で、いずれもである。 施設のオーナーは「 関東興業」で、東京都3競艇場施設所有企業中唯一、鉄道または同系列会社資本ではない。 また、日本最東端の競艇場でもある。 2014年10月17日には大時計付近に水死体が浮かぶ事案が発生した。 主な競走 [ ] 正月には新春金盃、ゴールデンウィークにはゴールデンカップ、お盆には大江戸賞、年末には京葉賞が行われている。 企業杯としてアサヒビールカップが行われている。 例年、6月頃に周年記念 として江戸川大賞が行われている。 2007年の第52回の準優勝戦で4艇F (1号艇 中野次郎、2号艇 濱野谷憲吾、3号艇 山崎智也、4号艇 荒井輝年)のスタート事故が発生した。 2008年の第53回大会は改修工事のためを借り上げて開催された。 水面の特徴 [ ] 全国で唯一、の水面を利用した競艇場である。 河口近くに位置し、水質は海水である。 年中の影響を受けやすく、そのために中止がよく発生する。 また、川の流れの他、河口に近いことから上げや下げ潮による水位の影響を受けやすく 、競艇場の中でも屈指の難水面として知られている。 このため、選手の中には江戸川競艇場を受け付けない者が多くいたが、より原則として競艇場への斡旋拒否は選手会と施行者との話し合いでできなくなったため、現在では全選手が出走することになった(それでも斡旋後の欠場など走らない選手もいる)。 そういった特異的な水面であるため、艇界トップクラスの選手でも旋回に苦戦することが多々ある。 逆に江戸川を得意とする「江戸川巧者」と呼ばれる選手も存在しており、実力が逆転することが多く、この水面に対する巧拙は予想ファクターとして他場以上に重要な意味を持つ。 特に潮流と風向きがぶつかり合うと波長が長いうねりを伴う波水面となり、波乗り技術の差が大きく出る事になる。 古くは高田登、大岩章、植草英二、豊川二郎、神山義雄、茂垣達也などが波水面を得意とし活躍した。 進入はアウト屋等が大外に出る以外は、ほぼ全レースが3対3の枠なりとなる。 これは潮の満ち引きに、スローに入る艇は定められた時間までにホームストレッチに艇を入れる必要があること、内規により3コースまでに入る艇はスローに入れるという決まり(4コース以降はスロー、ダッシュは問わない)。 前づけの反則を厳しく取ること、およびピットの位置などの問題もあるが、基本的にはこの水面の特殊性ゆえに選手間に存在する暗黙の合意(江戸川だから枠なり)に基づいている部分が大きいようである。 なお、1991年 - 2002年にかけて、フリースタイルの進入が採用され、3-3スタイルの内規廃止、前付けを含むコース変動が可能であった。 (昔はインコースは6号艇が取りやすく、インから654321と並んでいたが、全レース場の共通化によりピットの順番が入れ替わり1号艇がインコースを取りやすいようになった。 また44周年記念では初日のダイヤモンドレーサー賞にて、17年ぶりの江戸川参戦であった中道善博が1号艇の熊谷直樹、2号艇のに対し前付けを敢行。 見事イン逃げを決めている。 ただし、当時はスタート展示が無く、前付けを予測するのは非常に難しかった。 船堀橋から見た江戸川競艇場 施設の特徴 [ ] スタンド対岸に大型映像装置がない(と2場のみ)。 これは、真上に高速道路()があり、大型映像装置を設置できないため。 代わりにスタンドの2マーク側に小さな映像装置があるため、スタートの際などにレースコースに対し横に向きながら観戦する。 首都高速からはレース場付近から防音壁が高くなるために内部は全く見ることができない。 なお、首都高速下の堤防(スタンドの対岸側)からは場内実況は聞こえないものの無料でレースを観戦できる。 また、堤防の法面自体が階段状のスタンドになっており、舟券購入後水面に出るには一度堤防を上らなければならない。 さらに建物とスタンドの間は都道()となっており、レース開催日は締め切られ、レースの開催されていないときは道路として利用される。 魔神像• 開催時期によって、第1レースが12時締め切りのハッピーサマーレースと、10時締め切りのハッピーウインターレースがある(通常は11時締め切り)。 前者は主に日没の遅い夏季開催(に準じる)、後者は日没が早い冬季開催に行う。 1958年に開催された第5回現:ボートレースダービー)は当時の四大競走であり、特別競走だった。 そのため日本の競艇においてグレード制が成立して以降、都内のはのや大田区のの2場での開催に留まり、2019年現在江戸川は唯一SG開催の実績が無い。 1980年~90年代にかけては、前険日と開催中の毎日夜10時30分から15分間、レース結果と展望の番組がで放送され、この時期から既に「ボートレース江戸川」の名称を使用していた。 マスコットキャラクターはラリーとバディ(ラリーズ)、それにちなんでラリーズカップが行なわれている。 また、2007年10月27日から外れ券を食べるDREAM GOATという名のヤギ型回収機が登場している。 中川の護岸耐震補強工事を施行した為、5月まで本場開催を中止し場外発売のみを行っていた。 2008年5月、入場門の左右に2体のが設置された。 改装後のスタンドでは「昭和」をイメージした展示(映画の看板など)が行われている。 トータリゼータシステムはを採用している。 2011年2月より、関東全5場とボートピア岡部・栗橋・横浜・平和島劇場との間で相互払戻(関東総合払戻)を開始、2012年4月より全国総合払戻サービスを開始した。 2013年4月18日に、これまでの指定席「EXE(エクゼ)」がリニューアルされ、指定席「MIYABI」になった。 プレミアムラウンジ「遊」も同日に特別観覧席「GOLD」と名称変更した。 「MIYABI」は、これまでの個室の他にカラオケも楽しめる部屋や女性専用ルームが用意され、一部の座席はリクライニング式になる。 また、両座席共に事前入金したICカードによるキャッシュレス端末使用も可能になった。 2015年1月24日の「第13回日本モーターボート選手会会長賞」より、中継映像がハイビジョン化された。 2016年12月28日に、オール女子戦のイメージキャラクターを用いたスピンオフ企画『』が始動した。 珍事件 [ ] 江戸川は競艇場「日本一の難水面」と言われ、以下のレースはその影響を大きく受けた。 波高40cmで優勝戦開催(2001年4月2日11R)• 待機行動中に舟艇転覆(2001年8月11日11R)• 大波でレース挙行不能(2002年8月20日8R) 場外発売場 [ ]• (、開設、2020年6月に廃止された。 ) アクセス [ ] 無料送迎バス [ ]• 所在の江戸川区などは両団体とも加盟していない。 これはのも同じ。 なお同社は「」()や「」などとは無関係。 ちなみには資本、は資本である。 BOAT RACE振興会リリース 2016年7月14日• 2017年12月18日閲覧。 施設案内・アクセス. 江戸川競艇場. 2017年5月15日閲覧。 施設案内・アクセス. 江戸川競艇場. 2017年5月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』、2006年。 施設案内・アクセス. 江戸川競艇場. 2017年5月15日閲覧。 施設案内・アクセス. 江戸川競艇場. 2017年5月15日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の

江戸川競艇場

江戸川競艇 結果

6コースの3連対率は全国1位の30%超え。 荒れた水面をこなせる選手が来たら狙ってもいいでしょう。 江戸川競艇場の基本情報 江戸川競艇場公式サイト 江戸川競艇場のレース開催日程 江戸川競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 江戸川競艇場のレース予想やオッズ情報 江戸川競艇場のレース予想やオッズ情報は、オフィシャルHPから見ることができます。 江戸川競艇場のライブ&リプレイ動画・レース結果 江戸川競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。 jp) 江戸川競艇場の特徴 江戸川競艇場は 水面、風、コースのすべてにおいて難易度が高い競艇場、と言ってもいいでしょう。 このことから技術に優れた選手が勝つ事が多く、逆に新人選手などの経験値が少ない選手は、自らアウトコースを選択することもあるほど。 それでは、江戸川競艇場のより具体的な特徴を、1つずつ順番に見ていきましょう! 水面の特徴 全国唯一の河川コースである江戸川競艇場。 水質は河口に近いため、淡水と海水が混ざる汽水となっています。 また、上げ潮や下げ潮による水位の影響があることから、 全国屈指の難水面と言われています。 このことから、昔は江戸川競艇場の斡旋を受けない選手も多かったです。 しかし、現在は斡旋拒否が出来ないことから、ほとんどの選手が出走しています。 その他の特徴としては、潮の流れが1マーク側へ向かって上流、バックストレッチが2マークへ向かって下流となっていことがあげられます。 流れに逆らってのスタートとなるため、 モーターの機力は見逃せないでしょう。 風の影響について 江戸川競艇場は河口に近いことから、 風の向きや強さが変わりやすいです。 水位だけでなく風の影響も受け、水面が荒れやすくなっているワケですね。 また、潮面と風がぶつかり合うことで、長いうねりをもつ波が生まれるといった特徴もあります。 江戸川はインが弱い 季節ごとの1着勝率 コース 1 2 3 4 5 6 3-5月 51. 5 15. 7 14. 2 10. 2 8. 5 2. 2 6-8月 47. 6 21 11. 7 11. 9 4. 8 4. 9 9-11月 46. 8 19 14. 5 10. 7 6. 2 5 12-2月 46. 1 18. 7 16. 8 11. 1 5. 4 4. この理由として大きいのは「1マーク付近の幅員が37mしかない」ことで、これは 全国でも最も狭いとされています。 これはスタートしてから1マークまでに34mも横移動するということで、 スタートが遅れてしまったイン艇は他艇の引き波をかぶってしまい、有利なポジションから不利なポジションに変わってしまうんです。 また、レース開始時にはピットアウトから2マーク旋回までの距離が70mほどしかなく、ブイに並ぶポールの狭い隙間を抜けていかなくてはなりません。 これにより、 進入固定ではないレースでもほとんどが枠なり進入となる、といった特徴があります。 波巧者が強い競艇場 江戸川競艇場は、荒れた日には風波巧者の天国とも言われており、中には 江戸川巧者と呼ばれる選手もいるほど。 これにより、 普段から静水面ばかり乗っている選手の勝率はアテにはできないため、予想する際には選手情報は必須です! 予想ポイントまとめ さすが全国屈指の難水面と言われるだけあり、全体的にクセが強い競艇場ですね。 水面、風、コースのどれをとっても難しい面を持つため、素直に 技術のある選手が強いという見方をしてもいいと思います。 逆に、新人選手などキャリアの浅い選手の場合、有利な1コースであっても過信はできないので注意が必要です。 江戸川競艇場のグルメ口コミ情報.

次の

スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース江戸川 レース選択

江戸川競艇 結果

1955年8月12日に競艇の初開催が行われています。 江戸川競艇場という名前がついていますが、実はレースが実際に行われているのは江戸川ではなく荒川と並行している中川という川になります。 日本最東端のボートレース場となります。 主要競走 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では、お正月に「新春金杯」、ゴールデンウィークに「ゴールデンカップ」、お盆に「大江戸賞」、年末に「京葉賞」のレースが行われています。 企業杯としては「アサヒビールカップ」が行われています。 そして毎年6月頃に周年記念(G1)として「江戸川大賞」が行われます。 マスコットキャラは「ラリー」と「バディー」 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)のマスコットキャラは、うさぎと亀をイメージした 「 ラリー」と「 バディ」です。 この2匹を合わせて「ラリーズ」という愛称で競艇ファンには親しまれています。 うさぎと亀の競争の昔話をモチーフにしたという事でしょうか。 昔話通りですとカメのバディが勝つという事でしょうかね。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の特徴 全国で唯一の河川の水面のボートレース場となります。 河口近くに位置していて水質は海水です。 通年で風の影響を受けやすく、そのためにレースがよく中止になる競艇場としても知られています。 また、河川の流れがあり河口にも近いため上げ潮や下げ潮による水位の影響を受けやすく、全国の競艇場の中でも屈指の難水面として知られています。 この難しい水面のために、トップクラスの技術を持つレーサーでも、ボートレース江戸川では、ターンに苦戦するのがよくみられます。 逆に、 江戸川を得意とする「江戸川巧者」と呼ばれるレーサーもいて、実力が逆転することもあります。 この江戸川巧者は、ボートレース江戸川でのレースを予想するうえで重要なファクターとなります。 特に潮流と風向きがぶつかり合う波長が長いうねりを伴う水面では、波乗りと旋回の技術が大きな差として出ることになります。 予想の攻略ポイント ボートレース江戸川(江戸川競艇場)は、水質、水面、コース、風、のすべてにおいて難易度が高いボートレース場と言われています。 そのために技術に優れたベテランレーサーが勝つことが多く、経験が少ない新人レーサーは自らアウトコースを選択することが多いほど難解なコースとなっています。 インが非常に弱い ボートレース江戸川は、 全国にある24か所のボートレース場の中でもトップクラスに入るほど1コースが弱いと言われています。 その弱い理由としては、1マーク付近の幅が全国で最も狭い37mしかないことがあげられます。 スタートをしてから、1マークまでに大幅な横移動をしなくてはならず、スタートが遅れてしまったインの艇は他の艇の引き波を被ってしまい、不利なポジションとなります。 つまり、スタートが下手な選手がインに入った場合は着外になりやすくなるので要注意といえます。 スタートの遅れが挽回できないコースとも言えます。 また、レース開始時にピットアウトから2マーク旋回までの距離が約70mと短く、狭いポールの隙間を抜けていかなくてはなりません。 これにより、進入固定でないレースでも殆どが枠なりの進入となる会場です。 江戸川巧者が重要な鍵を握る ボートレース江戸川は、難解で特異質な水面であるために、他の競艇場では活躍しているレーサーでも苦戦することが多い競艇場です。 このコースを得意としている「 江戸川巧者」と呼ばれるレーサーの存在が予想をするうえで重要となります。 この江戸川巧者のレーサーは、キャリアやランク、実績が離れていても、逆転する可能性を持ったレーサーと言えます。 コース別の考察• 1コース:1着率は前述した通り低めです。 ただし3着以内に入る確率は高いので、即切りは危険となります。 2コース:1着率は全国の競艇場の中でも高い数値にあります。 舟券には極力組み込んでおきたいところです。 3コース:可もなく不可もなく、他の競艇場と比較しても平凡な数値です。 ようするに決め手がないので予想の判断が迫られるところといえます。 4コース:3連体率は全体で最下位クラスです。 1着率はまずますの数値なので、1着になるか3着以内に入らないかのどちらかになることが多いようです。 5コース:3コースと同様に平均的な数値となっています。 舟券に入れるかどうかは腕の見せ所になりますね。 6コース:全国でもトップクラスの3連体率となっています。 積極的に舟券に組み込んでいきたいですが、レーサーの能力をしっかりと見極めてからのほうが良さそうですね。 施設の特徴 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)には、無料の観覧席の他に有料で指定席を取れる指定席ルームの「 MIYABI」があります。 そして、限定50席のリクライニング席や、全112席のレギュラー席、複数人数にも対応できるペア席や4名グループ席もあります。 さらには、競艇場としては非常に珍しく、レース観戦と一緒にカラオケも楽しめる「 カラオケルーム」の用意もあります。 また、女性専用ルームやレースの合間にくつろげるリラクゼーションルームも併設しているので、色々な用途で使えます。 しっかりしたレストランと屋台村を意識した開放感のあるフードコートもあります。 屋上には屋上庭園もあります。 施設の特徴の一つとして、スタンド対岸に大型映像装置が無いことが挙げられます。 基本的にボートレース場にはスタンド正面に大型映像装置が設置されているので、そちらに慣れている方は始めての来場の際には違和感を覚えるかもしれません。 この理由としては、会場の構造上で真上に首都高速環状線が走っているために大型映像装置を設置できないからとなります。 代わりにスタンドの2マーク側に小さな映像装置があるので、レースのスタートの際にはレースコースに対し横を向いて観戦する珍しいスタイルとなります。 名物グルメは「もつ煮込み定食」 ボートレース江戸川の名物グルメであり「 もつ煮込み定食」は、施設内の1階にある「レストラン笑和」で食べることができます。 関東風であっさりしょうゆベースの柔らかくクセが無いもつ煮です。 刻みネギがたくさん入っているので、モツとの相性も良くパクパクと食べ進められます。 ほどよいボリューム感がちょうどよいです。 ちなみに「もつ煮込み定食」は3種類ありますので、その時の気分で食べ比べできますね。 特選もつ煮込み定食 ¥900• 牛もつ煮込み定食 ¥850 レース開催日・予想・オッズ情報 ボートレース江戸川(競艇場)のレース開催日やオッズ情報はこちらから見る事ができます。 開催日の前夜(午後8時頃)に更新されます。 有力レーサー紹介や、レース開催日程、レースのオッズ情報、ライブ&リプレイ、専門誌「ボートレース研究」の予想の簡易版、攻略データ、潮見表(潮の満ち引きの詳細)などたくさんの情報を閲覧することができます。 レースを予想する際に必要なデータが揃っていますので、是非とも活用したいですね。 アクセス方法や駐車場 ボートレース江戸川は、無料送迎バスが複数本出ていて電車でのアクセスも良好です。 都営地下鉄新宿線船堀駅前より約5分• 東京メトロ東西線西葛西駅前より約10分• JR総武本線錦糸町駅前• JR総武本線亀戸駅前• JR総武本線新小岩駅前 徒歩で来場する場合は、都営地下鉄新宿線船堀駅前が一番最寄りで近く、15分ほどで到着しますので歩けない距離ではないです。 車で来場する場合は、直営駐車場は有料です。 1日駐車して1,000円かかります。 その他にも数か所の直営以外の駐車場が用意されています。 まとめ ボートレース江戸川(江戸川競艇場)は都心からのアクセスも良く、各種イベントやファンサービスも頻繁に実施しており、集客を頑張っているといえる競艇場です。 レースに関しては日本屈指の難コースとして有名で、難易度の高い予想考察が求められますが、その分投票が割れてオッズが上がりやすく見返りが大きいので、穴党に向いたボートレース場と言えるかもしれません。

次の