国家 公務員 中途 採用。 国家公務員(中途採用者選考試験/就職氷河期世代)(1021226)(応募資格:■1966年4月2日~1986年4月1日までに生まれた方…職… 雇用形態:正社員)|内閣官房内閣人事局の転職・求人情報|エン転職

公務員中途採用について

国家 公務員 中途 採用

国家公務員に中途採用で転職した僕のリアル給料明細!手取りは?待遇は? それでは、 民間企業に1年間勤務し、その後国家公務員に転職した僕が、実際にどれぐらいの給料をもらっていたのか?残業はどれくらいしていたのか?ボーナスは実際どれくらいもらえるのか?という疑問に対して、全てリアルな給料明細の写真を見ながら確認していきましょう! 国家公務員の給料明細はこれだ! これが僕自身のリアルな給料明細です。 転職して1、2年目の20代で大体こんな感じです。 手取りで見ると 「179,365円」ですね。 ぶっちゃけ安月給ですよ、公務員って。 見ていただきたいポイントは下記の5つです。 これは職員の階級や号俸によって法律によって定められているもので、 国家公務員であればどこの省庁でも同じです。 地方公務員も基本的に国の給与の基準に準じている所が多いですが、微妙に違うと思ってください。 この階級や号俸が毎年基本的に上がって行く事で給料はアップしていくイメージです。 ちなみに、階級や号俸に対して決まっている基本給は毎年法律で改正されるので変動的です。 景気などに合わせて、民間企業の給与水準を考慮しながら、多すぎず少なすぎずの金額を算定して、 時点修正がかかるイメージです。 僕の場合であれば、中途採用で転職して1、2年ぐらいで基本給 「191,700円」と言う事になります。 これが公務員の待遇の1つでもあります。 地域手当は、自分が勤務する所属地の地価に応じて 基本給に加算されるもので、都会の勤務であれば基本的に地域手当が加算されていくイメージです。 僕の給与明細では 「23,004円」が基本給とは別に支給されていますが、これが地域手当です。 国家公務員は転勤が多い職種なので、実はこの地域手当がかなり重要な意味を持ちます。 田舎に転勤になるとこの地域手当が落ちるので、実質手取りが減るからです。 地方公務員の方は一生同じ地域なので、地域手当が高い都会の都市の方が給料は高いです。 僕の場合は 「6,164円」が残業代として給料に加算されています。 「公務員って残業代ちゃんと出るの?」、「サービス残業多いんじゃないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、少なくとも僕が勤務した省庁、部署、課ではちゃんと残業代を支払ってもらっていました。 しかし、これは予算の問題もあり、各省庁に振り分けられるお金の量で決まります。 極端な話、予算を多引っ張ってこれる権限の強い省庁などは言い方が悪いですが金払いはいいというのがリアルな話です。 財務省や国交相などは力があるので、比較的残業代などはきっちり払われるが、〇〇省はブラックみたいな噂を聞いた事もあります。 これに対する答えは、確実に部署と課によります。 天と地ほどの差があります。 ここで公開している僕の給料明細の残業時間は 「4時間」と明らかにホワイト部署です。 正直、ありえないぐらい仕事が楽だったというのはここだけの話。 だから残業代も「6,164円」しかもらっていないです。 しかし、 同期の中には60時間以上の残業をしている人もいたので、これは本当に配属先によってピンキリです。 これも同じく僕の給与明細ですが、 30時間を超える残業をする部署に配属された事もあり、その時は 給料が5万程上がるという感じでした。 (最初に見せた給料明細の手取りが179,365円で、この月は 230,294円) はっきり言って、会社員は残業で稼ぐというやり方でしか給料をあげられないので、中にはわざと仕事を残して残業をしているオジサンもたくさんいます。 (僕の残業はガチで業務が多くてこうなっただけです。 結構幅がもあります。 低めに考えておいたほうがいいです。 額面の給料を見ると、決して高いとは言えません。 むしろ安いです。 民間企業で普通に働いたほうがお金は稼げるので、転職を考える時はよーく考えてください。 国家公務員のボーナスはどれくらい?もちろん写真付きで公開! これが国家公務員として、実際に僕が受け取ったボーナスの給料明細です。 公務員の場合はボーナスと呼ばず、 「期末勤勉手当」という呼び方がされますが、民間で言う所の賞与に当たるのでボーナスです。 公務員は夏と冬の年二回のボーナスがありますが、これは夏のボーナスの給料明細です。 額面で約45万円で、社会保険等が引かれて振り込まれた総額で 「378,834円」です。 冬はこれよりちょっとだけ多いイメージです。 正直このボーナスがなければ公務員は給料が安すぎてやってられません。 笑 よほど使命感とかある人はいいですが、仕事に面白さを見いだせなかった僕はお金しか目的のないライスワーク(飯食い仕事)だったので、いずれ退職し ブロガーとして独立する事になります。 公務員の待遇!その他の手当はどう? 公務員の待遇面ですが、先程紹介した 「地域手当」や 「超過勤務手当」にも数々の手当が存在します。 個人的にこれは有難かったなーという待遇を箇条書きにするとこんな感じです。 ・出張の日当(1日出張に行くと 500円ぐらい貰えました。 ) ・宿舎等の福利厚生( 月8000円ぐらいで単身寮に住んでいました。 ) ・共済組合の 映画600円券(年に10回ぐらい600円程度で映画見られる福利厚生) これらは若手職員の目から見てよかったと思える待遇です。 それ以外にも、出産手当とか育児休暇(男性も取れる、実際取った人もいた。 )、夜勤手当?とかもありました。 いずれにせよ、基本的に待遇面で不満を感じる事は記憶する限りはありません。 公務員の待遇!年休は取りやすい? 公務員をやっていて、民間勤めの時と圧倒的な差を感じたのは 「年休」です。 これが結構便利で、ちょっと早く帰りたいけど、1日休む程でもないという時には重宝してました。 また、 年休はかなり取りやすい雰囲気でしたね。 年休を取る時に申し訳なさみたいなものを感じた事は少なくとも一切ありませんでした。 かなり周りの人も含め恵まれた環境でしたが、社風的にも民間のブラック企業と違い、取りやすさという空気感もありました。 転職を考える時に、 お金よりも時間の価値が大きい人は公務員に転職する事は強くオススメします。 僕は退職しましたが(お金稼ぎたかったので)、少なくとも職場環境や待遇面では全力でオススメできます。 僕が勤めていた省庁(その中でも配属された場所)だけかもしれませんが、僕の経験上は少なくともそうでした。 公務員に中途採用で転職すると給料は下がる?民間経験者の給与は?職歴加算は? 公務員に中途採用で採用されて転職した場合、最も気にするのが 「給料は下がるのか?」という事です。 これは前職が何なのかによりますが、金融機関やある程度の企業からの転職であれば、 ほぼ間違えなく給料・年収は下がると覚悟しておいたほうがいいです。 公務員は高級取りであると勘違いしている人もいますが、実態は明らかに薄給です。 特に若手はヒドイです。 バイトしたほうが稼げるレベルな月もあります。 もちろん中途採用で転職した人には 「職歴加算」という制度もあり、社会人経験の年数を加味して基本給が決まります。 例えば2年間の民間経験があれば、その分を加算するイメージです。 入庁1年目の新卒の子と同じ給料というわけではありません。 しかし、元が低いですし、2年分の職歴加算を加えたところで その差は「1万〜3万」ぐらいのものです。 前職の年収を考慮してもらえるわけではなく、単純に勤務年数を考慮されるだけなので、やはり金融機関や大手からの転職者からすれば、 給料の下がり方に落胆する人は多いと思います。 大手生保から転職した僕が実際に痛感した事なので、経験者からアドバイスとしてここに書いておきます。 30歳で公務員に転職すると給料はどれくらい? 公務員は中途採用であれば 30歳手前ぐらいまでは転職が可能です。 (経験者採用という技術者向けの採用は年齢制限がもう少し上のものもあります。 ) 30歳となると結婚されたいたり、子供が居たりと、お金がいよいよかかり出すタイミングなので、転職を考える上では年収面は気にしないわけにはいきません。 しかし、先述した通り、 公務員は安月給です。 思った以上に低いです。 僕の感覚ですが、先輩職員の実態を知っていますが、 残業の少ない部署や課であれば、30時間残業して超過勤務手当を受け取っていた20代の僕のほうが給料は高いレベルです。 これはリアルな話です。 手取りで22万とかですね、30歳とかで。 正直言うと、公務員は出来るだけ若い時に始めておき、安月給に感覚を慣らしておかないとしんどいです。 30歳手前まで民間で給料を貰っていた人は落差をより感じると思います。 給料面を重要視して転職をするのであれば、確実に民間での転職をオススメします。 公務員に中途採用された転職組の出世や昇給について 公務員に転職を考えるに当たって、 「中途採用の転職組は昇給や出世が遅いのでは?」と心配される方もいらっしゃると思います。 しかし、その心配は一切要りません。 中途採用の転職組でも新卒で入庁した人間と一切差はありません。 そもそも昇給は問題でも起こさない限り、同世代では基本的に 横並びで上がっていきます。 昇給に差をつけようとすると役職の差になりますが、これも転職組だからと役職に着くのが遅いというのはありません。 むしろ、転職組は優秀な人が多く、早く係長に上がったりしている傾向がありました。 出世に関しては、本当にその人の問題であり、前職や入庁のタイミングは関係ないです。 ただ、公務員への転職を考えるのなら、 とにかく若いうちに転職してください。 やはり業務の経験が足りないと年齢的に係長に昇格する年次でも、余分に1年下積みを過ごす事になりやすく、結構これは屈辱です。 自分より年下の係長の下につくのはまあまあ辛いですからね。 国家公務員に中途採用で転職したことを後悔しているか? 僕自身、 「新卒で生命保険会社に入社して、そのあと国家公務員に中途採用で転職し、そして起業する」という類似例はほとんどないのでは?という人生を歩んでいます。 だから、 「公務員はいらなかったんじゃないの?」「正直、公務員に転職した事を後悔してない?」とよく聞かれますが、はっきり言える事は公務員に転職した事は全く後悔してもいないし、寄り道だとも思ってません。 理由は 「お金と時間が両方とも大事だ!」という価値観に気付けたから。 一発目の保険会社は給料は高かったですが、休みは皆無。 時間の重要性をその時ありえないぐらい痛感して、時間が取れる公務員に転職しましたが、今度は給料が下がるので、お金の重要性を痛感します。 結局お金と時間の両方を取りにいきたければ、組織に所属せず、リスクを取って起業するしかない!と気付けたのはこの経験があるからです。 (そして、トライするビジネスも資産性のあるものしかやらないと誓うきっかけにもなってます、例えばブログの広告収入とか。 ) だから、転職を考えている人は、民間なのか公務員なのかを判断する時には 「金銭軸と時間軸」の2つの軸で自分の価値観を測って、転職先を考えてみてください。

次の

公務員に転職できる? 公務員を目指す社会人が知っておくべきこと|転職実用事典「キャリペディア」

国家 公務員 中途 採用

40代50代で仕事探しをしている方の中には、「公務員」を目指す人もいるのではないでしょうか。 公務員は、収入や保障面、将来性も安定しているため、魅力的な仕事のひとつかもしれません。 中高年で「公務員」の仕事探しをする場合、中途採用枠の求人を探すことになります。 中途採用の公務員に求められることは、【即戦力となること】や、【公務員では習得しづらい技術やノウハウを持っていること】です。 公務員の中高年の中途採用には、下記のような狙いがあります。 公務員の職種はいろいろ!? 公務員と言えば、役所で働いている人のような「行政職」をイメージしがちですが、公務員にもさまざまな職種があります。 たくさんある公務員の職種ですが、一体どのようなものがあるのか見てみましょう。 興味のある職種はありましたでしょうか? 残念ながら、中高年の中途採用がない職種もあります。 また、年度によって中途採用がある場合やない場合があります。 もし興味があれば、各機関の採用情報をご確認ください。 『国家公務員』と『地方公務員』の中途採用条件とは? それぞれの公務員には独自の採用方法があり、条件も大きく異なります。 ここからは、 『国家公務員』と『地方公務員』の中途採用方法についてみていきましょう。 40代50代の方であれば、必然的に『経験者採用試験』を受けることになりますね。 -------------------------------------------- 国家公務員の社会人・経験者の採用は、平成24年度から国家公務員採用試験の見直しによって 枠が設けられました。 その背景には、 ・民間企業で積んだ経験を公務で発揮し業務の活性化をしたい ・これまで以上に専門知識や経験を必要とする仕事の増加 という理由があります。 さらに近年では、官僚でも若年退職者が多くなっており、その人材補充を目的とした経験者採用もあります。 『地方公務員』社会人採用の現状 中高年の地方公務員中途採用では、『社会人採用枠』があります。 民間企業での職務経験がある事が受験資格であるため、年齢制限も高くなっています。 さらに自治体に民間企業経験者を採用することで、自治体組織に刺激を与えることも期待されています。 自治体が今後活性化していくためにも、中途採用枠に大きな期待が寄せられているのです。 中高年の公務員求人は増えつつある?! これまでは、公務員の採用条件は、年齢制限の多くが20代30代でした。 それが今では、 少子化問題や団塊世代の大量定年退職などを背景に雇用情勢は変化し、国家公務員、地方公務員ともに年齢制限は緩和されつつあります。 教職員にも年齢制限緩和は広がっています。 実際に年齢制限の上限をあげた地方公務員の募集では、大幅に求人数が増加した例もあります。 【40代50代歓迎の求人特集】中高年に人気の求人を探す! 登録・利用は無料! 「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです! 求人登録数11,000件を誇るで、中高年向けの求人を探してみませんか? あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れるもご利用ください! 【必読!40代・50代の中高年のための就職成功道 就職活動の進め方や、誰にも聞けない履歴書や職務経歴書の書き方など、詳しく説明しています。 必ずチェックして、お仕事探しに役立ててくださいね。

次の

経験者採用(国家公務員)|公務員試験総合ガイド

国家 公務員 中途 採用

公務員の社会人採用について 国家公務員でも地方公務員でも、社会人採用を行っています。 その中には、武道有段者や、医師や弁護士の資格を持つ人などが対象のものや、サイバー犯罪に対応したITスペシャリストを対象とするものなど様々ですが、内部では育成できない人材を採用する、もしくはすでにそのスキルをもったスペシャリストを採用する、といった狙いがあります。 社会人試験(係員級)について 国家公務員の「社会人試験」は、係員級つまり公務員のいわゆる「ヒラ社員」の階級について、社会人の中から採用する試験です。 学歴資格については高卒程度以上や、不問といった公務員試験の中では比較的緩やかな基準が設けられており、公務員に転職したいと考える方を広く対象とした試験です。 1)国家一般職社会人試験(係員級) 国家一般職社会人試験は、人事院が実施する高卒程度以上の方を対象とした試験です。 平成30年度の社会人枠の受験資格については、昭和53年の4月2日以降に生まれていて、新卒として一般職の高卒者試験を受験できる期間を過ぎている人や、それに準ずると人事院が認めた人が対象です。 主に、「技術職」と「農業土木職」での採用があります。 技術職については、全国の地方ブロックごとに採用枠が決まっており、採用がある地方は毎年変動します。 >人事院の「国家公務員一般職採用試験(社会人試験)」のページ 2)法務教官社会人試験 法務教官社会人試験は、法務省専門職員のひとつである法務教官を社会人から採用する試験です。 平成30年度の社会人枠の受験資格には年齢制限があり、昭和53年4月2日から昭和63年4月1日に生まれた人が対象です。 試験区分に「法務教官A」と「法務教官B」がありますが、Aは男子、Bは女子のみ受験できます。 欠員や新規でスタッフが必要な時など、それぞれの年によって採用予定数は大きく変動します。 社会人試験にも、普通試験と同様、身体検査や身体測定が行われます。 人物試験として面接も行われますので、面接対策も必要です >法務省の法務教官区分(社会人)のページ 経験者採用試験(係長級など) 国家公務員の経験者採用試験は、主に係長級の管理職クラスについて、関連する職業経験者の中から採用する試験です。 毎年決まった時期に実施される採用試験と、年度の途中に募集がある公募試験が実施されています。 募集のある省庁や職種は年によって異なります。 採用された時点で係長級以上などある程度上位の役職が決まっているので、キャリアアップを考えている方におすすめの試験だと言えるでしょう。 平成30年度の経験者採用試験(係長級など)の試験情報については、まだ発表されていません。 1)国家公務員の公募試験(常勤職員・任期付職員) 人事院が実施する定期的な採用試験以外にも、各府省が独自に常勤職員や任期付職員、非常勤職員の国家公務員を募集している場合があります。 現在募集のある職種をまとめます。 なお非常勤職員については現在募集がありません。 国家公務員の「常勤職員」の公募情報 現在公募されている国家公務員の「常勤職員」の採用情報をまとめます。 1)【皇宮警察本部】皇宮護衛官(武道有段者) 皇宮護衛官は皇居や御所の護衛や、天皇および皇族の警備を専門とする特別な警護職です。 公募採用試験では、通常の採用試験とは別に、柔道や剣道の武道有段者を採用するために実施されます。 受験資格として、柔道2段または剣道3段以上を有している者で、過去5年間に全日本柔道連盟や全日本剣道連盟が主催などをした全国規模の生徒、学生が参加する競技大会に参加することなどが規定されています。 勤務日は平成31年度の4月1日から予定されており、最終学歴によって初任給が異なりますので、採用案内をよく確認してください。 応募受付期間と採用案内 皇宮護衛官(武道有段者)の応募受付期間は平成30年4月11日(水)(消印有効)です。 >皇宮警察本部のページ 2)【気象庁 気象研究所】海洋・地球化学研究部 研究官 海洋・地球化学研究部は気象庁の研究機関である気象研究所にあり、その研究部において「同位体観測とモデル解析を用いた炭素循環の研究に従事する」ことを主な職務とする研究官が公募されています。 採用日は平成30年の7月1日で、採用時に博士の学位が必要ですので、大学院を卒業後に就職していた方などが対象です。 研究官の職位は大学の助教ポストに相当します。 受験資格については、専門知識の有無が細かく問われていますので、採用案内で確認するようにしてください。 応募受付期間と採用案内 海洋・地球化学研究部の研究官募集の受付期間は、平成30年4月23日(月)の17時必着です。 >気象庁気象研究所のページ 3)【厚生労働省 検疫所】検疫医療専門職(医師) 厚生労働省の検疫医療専門職は、全国の主要な空港や海港に設置されている検疫所に勤める医師のことで、海外からの感染症の病原体などを早期に発見し、国内に侵入するのを防ぐための検疫業務や情報収集業務、そのほか健康相談、渡航者への予防接種業務などを担当します。 医師免許のほか、臨床能力なども必要ですので、応募資格はよく確認しましょう。 採用についての問合せ先は、厚生労働省本省か、最寄りの検疫所に直接連絡しても良いようです。 応募受付期間と採用案内 検疫医療専門職(医師)の公募は随時行われています。 >厚生労働省 検疫医療専門職の採用ページ 国家公務員の「任期付職員」の公募情報 現在公募されている国家公務員の「任期付職員」の採用情報をまとめます。 1)【環境省九州地方環境事務所】廃棄物・リサイクル対策課職員 環境省の九州地方環境事務所は熊本県熊本市の熊本地方合同庁舎内にあります。 その廃棄物・リサイクル対策課職員として、大規模災害時の廃棄物対策に関する研究会などでの事務を担当します。 応募にあたり、災害廃棄物に関する計画策定業務経験など、かなり専門的な知見が求められます。 採用期間は平成30年6月1日から平成32年の3月31日までが予定されています。 応募先は環境省本省ですのでご注意ください。 応募受付期間と採用案内 環境省九州地方環境事務所の廃棄物・リサイクル対策課職員の応募締切は平成30年4月9日(月)必着です。 env. html 2)【環境省 那覇自然環境事務所】自然環境整備課職員 環境省の那覇自然環境事務所では、自然環境整備課の任期付職員を募集しています。 勤務地は沖縄県那覇市です。 業務内容は、環境省が進める「国立公園満喫プロジェクト」を実施や、「世界自然遺産登録地の保全管理」に関する業務の中でも、外国人観光客などを受け入れるための施策や、国立公園や世界自然遺産登録地を保護し、管理するための施設の整備などに関する業務が中心です。 応募にあたっては環境工学や土木工学などの知見や、建築士、技術士などでの設計の実務経験、および7年以上の勤務経験など、細かく求められていますので、採用情報をよく確認するようにしてください。 採用期間は約3年間です。 応募受付期間と採用案内 環境省那覇自然環境事務所の自然環境整備課職員公募への応募締切は平成30年4月10日(火)必着です。 env. html 3)【環境省 東北地方環境事務所】自然環境整備課職員 環境省の東北地方環境事務所では、自然環境整備課職員を任期付で募集しています。 業務内容は「国立公園での公園事業」や、「自然環境保全地域や、国指定鳥獣保護区などの保全事業に関係する施設の整備に関する業務」などが中心です。 応募にあたっては、施設整備に必要な工学の知識や技術士・建築士などとしての経験が必要です。 詳しくは採用ページでご確認ください。 任用期間は平成30年6月1日から平成33年の3月31日の2年10ヶ月が予定されています。 該当する勤務経験のある人は、国家公務員への転職を検討してみてはいかがでしょうか。 応募受付期間と採用案内 環境省東北地方環境事務所の自然環境整備課職員公募への応募締切は平成30年4月10日(火)必着です。 env. html 4)【環境省 関東地方環境事務所など】野生生物課職員 環境省の全国の環境事務所では、野生生物の保護に関わる業務に従事する任期付職員を募集しています。 勤務地は埼玉県にある関東地方環境事務所、愛知県にある中部地方環境事務所、長野県にある長野自然環境事務所、大阪府にある近畿地方環境事務所、香川県にある中国四国地方環境事務所、熊本県にある九州地方環境事務所です。 応募資格として、希少種の保全や、外来種の対策についての研究実績や、長野自然環境事務所では登山経験も必要です。 そのほか詳しい条件は採用ページをよく確認してください。 応募先はいずれも環境省本省です。 応募受付期間と採用案内 環境省の全国の環境事務所野生生物課職員公募への応募締切は平成30年4月10日(火)必着です。 env. html 5)【特許庁】法制専門官 特許庁の任期付職員として「法制専門官」が公募されています。 主な業務内容は特許法や実用新案法、意匠法、商標法などの見直し業務に加えて、各制度の運用に関する企画・立案などを担当します。 応募資格は弁護士資格を持ち、弁護士法人などで3年程度以上の法律、または知財に関する実務経験があることです。 採用期間は平成30年6月から2年程度が予定されているようです。 応募受付期間と採用案内 法制専門官の応募締め切りは平成30年4月16日(月)必着です。 jpo. htm 6)【外務省 在オーストラリア日本国大使館】政務分野担当官 外務省の在オーストラリア日本国大使館では、政務分野の担当官を臨時募集しています。 採用後はオーストラリアのキャンベラで勤務することになり、採用期間は平成30年7月21日から、平成30年7月20日まで予定されています。 応募にあたっては、民間企業や国際機関、研究機関での、アジア大洋州を含む国際関係の業務について、通算4年間以上の実務経験が必要です。 英語が堪能なことも必須条件です。 そのほかの詳しい条件は採用ページをご確認ください。 応募受付期間と採用案内 政務分野担当官の応募締め切りは平成30年4月27日(金)必着です。 mofa. html まとめ このページでは、社会人を対象に採用試験が行われる国家公務員についてまとめました。 社会人試験では、それまでの勤務経験や資格、能力を活かして国家公務員を目指すことができます。 より安定した環境で働きたいと考える方には人気の試験だと言えます。 また、任期付職員は採用期間が限られていますが、国家公務員としての経験は今後のキャリアに活かすことができそうです。 国家公務員の公募についての情報は、不定期に発表され、また、職種によって職位も変わってきます。 転職先として興味のある省庁や関連機関、職種があれば、採用情報をこまめにチェックすることをおすすめします。

次の