ジャガイモ 食中毒。 千歳市の桜木小学校でソラニン?ジャガイモ集団食中毒の原因は!

千歳市の桜木小学校でソラニン?ジャガイモ集団食中毒の原因は!

ジャガイモ 食中毒

この記事の目次• 以前はソラニンと言われていましたが、ソラニンはグリコ アルカロイドの1種です。 この毒の成分は、舌で苦みとかエグみとして感じられるので ちょっと注意していればわかると思われます。 5mmまでにほとんどの毒が含まれている) 可食部100g当たり:1. 5mg(熟し具合や種類によってバラつきがある) グリコアルカロイドはジャガイモの芽に一番多く含まれ 通常のジャガイモ(塊茎)全体では、100 gあたり平均7. 5 mg (0. 0075 g)のグリコアルカロイドを含んでいます。 そのうち3~8割が皮の周辺にあります。 一方、光に当たって緑色になったところは緑色100 gあたり100 mg(0. 1 g) 以上のグリコアルカロイドを含んでいるといわれています。 ジャガイモは茎が進化して芋になったので光に当たると緑色になるの だそうです。 おとなと比べて、こどもはその10分の1の量で中毒を起こすので 注意しなければなりません。 5mgしか無いのですから、 1kg食べても15mgにしかならず子供でも大丈夫です。 芽と緑の部分を除去して、皮ごと食べた場合は、ジャガイモ 100g当たり7. 5mgに近づきますので、子供は300gが限度に なりますが、 大人は1kg食べても中毒にはなりません。 まず一度にジャガイモ1kgは普通食べないですよね。 ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いで お医者さんに診てもらうことです。 症状は、早い時には数分後から出始め、遅い時には数日後に出る こともあります。 大量に摂取した場合は、昏睡状態に陥り、死亡する場合もあるそう ですが、 今まで生きていてジャガイモの食中毒で死亡した例は 聞いたことがありません。 めったにないことだと思われます。 症状が悪化するようならやはり病院にいくことです。 病院では、胃洗浄、吸着剤投与、下剤や解毒剤の投与などの 対症療法を行います。 土寄せをすることで、空気が良く入り、良いジャガイモにもなるのです。 私は少なくても2回やっています。 しかし、冷蔵してはいけません。 冷蔵すると糖分が変化し、冷蔵した ジャガイモを高温で揚げたり炒めたりすると発がん物質ができる そうです。 芽は根本まで取り除くこと。 テレビでは金属の計量スプーンの小さじで取っていました。 とにかく昔から言われているように、ジャガイモの芽と緑の部分 は食べないことですね。 お子様の場合は他の皮も食べないようにすると安心ですl 未熟なジャガイモはグリコアルカロイドが少し多いようなので お子様は注意ですね。 でも芽と緑の部分は除去しなくちゃいけないそうです。 それでも中毒かなと思ったらお医者さんに診てもらうこと。 これで安心してジャガイモが食べられますね。 人気記事ランキング• - 28,104 views• - 24,288 views• - 23,152 views• - 22,446 views• - 18,737 views• - 17,909 views• - 16,496 views• - 14,791 views• - 11,604 views• - 10,537 views• - 9,362 views• - 8,533 views• - 8,193 views• - 7,680 views• - 7,386 views• - 6,928 views• - 6,576 views• - 6,469 views• - 6,451 views• - 6,339 views.

次の

ジャガイモの食中毒症状と対処法!栽培と保存や調理法の注意点!

ジャガイモ 食中毒

ソラニンやチャコニンとは? ソラニンやチャコニン(カコニンとも呼ばれています)は天然毒素の一種で、ジャガイモの芽や緑色になった部分に多く含まれます。 これらを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。 ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いでお医者さんにみてもらいましょう。 ソラニンやチャコニンはジャガイモの芽に一番多く含まれています。 ジャガイモの可食部分は、100 gあたり平均7. 5 mg(0. 0075 g)のソラニンやチャコニンを含んでいて、そのうち3~8割が皮の周辺にあります。 一方、光に当たって緑色になった部分は100 gあたり100 mg(0. 1 g)以上のソラニンやチャコニンを含んでいるといわれています。 体重が50 kgの人の場合、ソラニンやチャコニンを50 mg(0. 05 g)摂取すると症状が出る可能性があり、150 mg~300 mg(0. 15 g~0. 3 g)摂取すると死ぬ可能性があります。 ジャガイモの食中毒を防ぐには、ソラニンやチャコニンを多く含む芽や緑色の部分を十分取り除くことが大切です。 詳しくは「」をご覧ください。 どんなことに気を付ければソラニンやチャコニンによる食中毒を防げるの? ジャガイモを買うとき・保存するとき• 芽が出ていたり、皮に緑色の部分があるジャガイモは買わないようにしましょう。 家庭での長期間の保存を避けるため、ジャガイモはその都度必要な量を購入しましょう。 ジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管しましょう。 冷蔵庫で保存する必要はありません。 かごや通気性が良くなるように穴をあけたポリ袋に入れて、暗くて、涼しく、通気性の良い場所で保存しましょう。 ジャガイモを冷蔵すると、糖の濃度が高くなり、揚げたり炒めたりしたときにアクリルアミドという有害物質のできる量が増える可能性があります。。 ジャガイモを収穫するとき・保存するとき• 十分に熟して大きくなったジャガイモを収穫しましょう。 ジャガイモに傷を付けないように取り扱いましましょう。 ジャガイモの表面を乾かすときは、太陽の光に必要以上に長い時間当てないようにしましょう。 表面を乾燥させた後のジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管しましょう。 収穫したジャガイモは早めに消費しましょう。 ジャガイモによる食中毒の事例は? 主に小学校の調理実習などで、ソラニンやチャコニンを原因とする食中毒が毎年起きています。 (事例) 2015年1月22日、奈良県内の小学校で、校内で栽培・収穫したジャガイモを調理・喫食した51名のうち31名に吐き気、腹痛等の症状が出た。 なお、残った粉ふきいもを分析したところ、100 gあたり19-39 mg(0. 019-0. 039 g)のソラニン類が検出された。 参考リンク先• JECFA Monographs. 764. WHO Food Additives Series 30 (英語)〔外部リンク〕• 米国 National Toxicology Program()(PDF:677KB)(英語)〔外部リンク〕• (コラム)アクリルアミド ジャガイモを揚げたり炒めたり焼いたりすると、ジャガイモに含まれる糖とアミノ酸の一部が反応して、アクリルアミドという有害物質ができます。 ジャガイモを冷蔵庫で保存すると、糖の濃度が高くなるので、このようなジャガイモを揚げたり炒めたりするとアクリルアミドのできる量が増える可能性があります。 冷蔵保存したジャガイモは、煮物や蒸し物といった水を使った調理に使えば、アクリルアミドもできにくく、甘味も増しておいしくいただけます。 アクリルアミドを減らすために家庭でできることを「」にまとめています。 是非ご覧ください。

次の

芽、緑の皮は危険?ジャガイモ食中毒の症状・対処法 [医療情報・ニュース] All About

ジャガイモ 食中毒

教師・児童ら17人がジャガイモをゆでて食べたところ、約1時間後に児童9人が嘔吐などの症状を訴えました。 児童たちは病院に搬送されましたが、全員軽症だということです。 ジャガイモは、1個目は担任が皮をむいていたものの、2個目からはむかずに食べた児童もいるとのこと。 ジャガイモの芽や皮に含まれる「ソラニン」中毒の可能性があるとみられています。 食中毒の原因は、ジャガイモの芽や皮に含まれる「ソラニン」や「チャコニン」 ジャガイモといえば、お子さんがいるご家庭では、食卓にのぼることも多いおなじみの野菜ですよね。 しかし ジャガイモの芽や皮には「ソラニン」や「チャコニン」などのアルカロイドと呼ばれる有害成分が含まれており、それらを多量に摂取することで、おう吐、下痢、腹痛、めまい、動悸、耳鳴り、意識障害、けいれん、呼吸困難といった 食中毒の症状が引き起こされることがあるということは、意外と知られていません。 こうした症状は、早ければ食後数分、遅ければ数日後に出ることもあり、最悪、死に至るケースもあるようです。 事実、ジャガイモによる食中毒は毎年のように全国で発生しており、しかもそのほとんどが学校施設で起こっているものなんだそう。 2010年にも東京都内の中学校で、ゆでたジャガイモを食べた生徒ら29名中9人に食中毒の症状が出るという事例が見られました。 課外授業の一環として、菜園でジャガイモを栽培している小学校や中学校は多いですよね。 しかしなぜ、学校施設で育てたジャガイモで食中毒が起こりやすくなってしまうのでしょう? どうして学校で育てたジャガイモは食中毒が起こりやすい? 内閣府の食品安全委員会によれば、農家が生産し、お店で販売されているジャガイモの場合、食中毒を起こすほどの量の有害物質が含まれていることは、まずないそう。 食中毒の原因となる有害物質は、小さなジャガイモや、日光を浴び、皮の部分が緑色になってしまったジャガイモに含まれていることが多いのですが、学校の菜園などで栽培したジャガイモは、未成熟で小さなものが多く、また、土がしっかりとかぶせられていないためにイモ部分が地面から出てしまい、日光を浴びることで有毒物質が増えてしまっている可能性が高いため、注意が必要なようです。 家庭でも気をつけたい! ジャガイモを安全に食べるための注意点 ジャガイモの食中毒は、学校だけではなく、家庭の菜園などで栽培したものでも起こる可能性があります。 また、スーパーで買ったものであっても、できる限り安全な調理方法をとりたいもの。 ここで、「ジャガイモを安全に食べるための注意点」を確認しておきましょう。 ・ジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管する。 ・買ったジャガイモ、収穫したジャガイモは、長期間保存しないで、早めに食べる。 ・ジャガイモに芽や緑色のところがあったら、皮を厚めにむいて取り除く。 ・未熟な小型のイモを多量に食べない(特に皮ごと食べるのは避ける)。 ・十分に熟して大きくなったジャガイモを収穫する。 ・収穫するときは、ジャガイモに傷を付けないようにする。 ・収穫したジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管し、日光にあてないようにする。 (ジャガイモを乾かすために長時間太陽に当てないようにする。 ) ・収穫したジャガイモは、早めに食べる。 (いずれもより) ちなみに、ソラニンやチャコニンは熱によって分解しないので、ジャガイモをゆでても、その量は減りません。 緑色だけど加熱すれば大丈夫、と思ってはいけないということですね。 さらに、ジャガイモを揚げたり炒めたり焼いたり、高温で調理をすると、ジャガイモに含まれる糖とアミノ酸の一部が反応して、アクリルアミドという物質が生成。 これは、摂取量が多くなると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 ジャガイモを冷蔵庫で保存すると、ジャガイモを高温で調理したとき、アクリルアミドの生成量が増える可能性があるそうです。 ジャガイモは冷蔵庫には入れず、冷暗所で保存するようにしましょう。 (なお、冷蔵保存しただけのジャガイモはアクリルアミドを含んでいません。 また、冷蔵保存したジャガイモを煮たり蒸したりしてもアクリルアミドはできません)。 「育てて食べる」体験だけではなく、食の安全を守るためのしっかりとした知識を インターネット上では、今回の事件を受けて、「なぜ小学校で、食中毒のリスクが高いジャガイモをわざわざ栽培させることが恒例となっているのか?」「教員はジャガイモの芽や皮に有害成分が含まれることを知らなかったのか?」という疑問の声も上がっています。 「学校」という場が、安心して子どもたちを預けられる場所であることを望むのはもちろんですが、野菜などを栽培する課外授業は、自分たちが食べる野菜を自ら育て、収穫する体験を通して、命の大切さや自然の仕組みを知ってもらおう、という目的があるはず。 ならば生きた食材を口にするということは、ときにリスクも伴うこと、それを防ぐためにどのような知識を身につけなければならないのかというところも、一緒に学び、考える機会がしっかりと与えられてほしいですね。 文・伊東杏奈 イラスト・.

次の