ライオンキング 声優 比較。 映画『ライオンキング』日本語吹き替え声優&外国語キャスト一覧【2019年実写&1994年アニメ比較】

【2019年公開】実写版『ライオン・キング』予告編が解禁! CG技術とキャストがヤバい!

ライオンキング 声優 比較

現在「ライオンキング」実写版が世界中で公開されています。 大ヒットアニメ映画のリメイクともあり世界中で大きな盛り上がりを見せていますが、その一方上では少し趣の異なる話題に注目が集まっています。 それは ライオンキングがの「」のパクりではないかという疑惑についてです。 Osamu Tezuka, a Japanese animator, created the anime, "Kimba the White Lion," in 1965. 数度にわたり映画化やTVアニメ化されていて、その中でも1965年から放送されたTVアニメシリーズは「キンバ ザ ホワイト ライオン(Kimba the White Lion)」というタイトルで カでもにより放送され話題となっています(キンバは主人公レオのカ版の名前です)。 パクリ疑惑騒動を簡単におさらい そんなとライオンキングの両作品の間にはキャターのビジュアルから個々のシーンまで様々なところに類似点が見られます(後述)。 そのためライオンキング(1994)が公開された当時はのパクりではないかという疑惑がカや日本を中心に取り沙汰され話題となったことがありました。 ディズニーは疑惑を否定し続けている これらの疑惑が20年以上経った現在も大きな話題となる原因は、疑惑を裏付けるような数々の証拠が上げられているにも関わらず ディズニー側がの影響の一切を否定していることにあると思います。 初めて疑惑が話題となった当時は結局真実がうやむやにされたまま騒動が下火となってしまいましたが、実写版の公開が燃料となり騒動が再燃したようです。 ライオンキングのドコがパクり? それでは騒動について、まずどんなところがパクリだと言われているのか具体的に見ていきたいと思います。 両作品の似ている箇所を キャター、 シーン、 ストーリーの3つに分けてまとめました。 キャター 両作品に出てくるキャターを比較すると、若干の違いはあれ非常に多くの共通点がみられます。 のキャターは漫画版やアニメ版などで微妙に異なりますが、その中でも カでも公開された1965年版のメインキャターはライオンキングのものとほとんど丸被りのようになっています。 主人公の子ライオン 両者とも子供の雄ライオンが主人公です。 父親は動物たちの王様でしたが殺されてしまいます。 物語の中で大人へと成長し王様になります。 主人公の幼なじみ 両作品には主人公と幼なじみのライオンが登場し、やがて大人になり結婚し子供を産むことになります(ライオンキング2の設定を含む)。 ディズニーの映画にヒロインが出てくることは珍しくないですが 幼なじみと結婚するストーリーはこれ以外にほとんどありません(少なくとも筆者には思い当たりません)。 また自然界では別の群れのライオン同士が交わるので、写実性を意識した結果とも考えられません。 宿敵のライオン 両作品には主人公の宿敵として大人のライオンが出てきます。 両者とも鬣の黒いライオンで、左目に傷を負っています。 子分のハイエナ(1965年版オリジナルキャター) 両作品とも主人公の宿敵のライオンにハイエナの子分がいます。 ライオンキングでは3匹組、では2匹組です(ただし、黒ヒョウを合わせると部下は3匹になります)。 どちらも少しマヌケでドジな性格をしています。 主人公の友達の二匹組 両作品には主人公の友達として大小デコボコな2匹組が出てきます。 ライオンキングでは ミーアキャット(小)とイボイノシシ(大)が、では オウム(小)とインパラ(大)です。 種類は違うもののどちらもコメディ要素が強く、また二匹組の片方が一方の背に乗ることがあるなどの特徴が共通しています。 ちなみにオウムではありませんが似たようなキャターとして サという森林(ジャングル)に生息する鳥がライオンキングにも登場しています。 マントヒヒ(1965年版オリジナルキャター) 両作品にマントヒヒが出てきます。 両者とも単なる友達はなく 主人公より年長であり助言を与えるようなポジションにあるという共通点があります。 個々のシーン ライオンキングのシーンにはで登場したシーンとよく似たものが多くみられます。 主なものを以下に上げました。 プライドロック ライオンキングでは「プライドロック」と呼ばれる先端が突き出た岩が登場します。 この岩の先端にライオンが立つ画はライオンキングの象徴の一つですが、これは元々の象徴的な画の一つでもありました(漫画の表紙から、TVアニメのオープニングにまで出てきます)。 ムファサが雲の中に浮かび上がるシーン ライオンキングでは雲の中に死んだ父親の亡霊が現れます。 では雲や星座、月の中に主人公が親を想います(漫画やアニメ、映画を通し度々出てくるシーンです)。 相手を足で蹴り上げ崖からつき落とすことで決着が着くところまで共通しています。 巨大な太陽をバックに動物の群れが歩くシーン 「巨大な太陽」は舞台にも登場するライオンキングのシンボル的なイメージですが、の中でも使われています。 ただし、このイメージがオリジナルなのか元々あるサバンナの一般的なイメージなのかは不明です。 の群れがシンバやムファサを襲うシーン ストーリー ストーリーにも大まかな部分で類似が見られます。 しかし細かい部分を見ると違いも大きいので、類似点と共に相違点をまとめました。 類似点:物語は主人公の父親であり動物たちの王が殺されるところから展開する もライオンキングも、 ストーリーは主人公の父親であるライオンの王が殺されることに端を発して展開されます。 さらに父の死に関連して主人公は王国を離れることになり、その後王国に戻り王として返り咲くという一連の流れが共通しています。 相違点1:父親が殺された経緯が異なる では父親は動物たちを守るために人間の村落を荒らしていたため人間に殺さます。 ライオンキングでは王位を手に入れようとした弟(主人公の叔父)のライオンに殺されます。 この部分はの 「」を参考にしたと思われます。 主人公が王国を離れた経緯 では、人間が父親ライオンをおびき寄せるために母親ライオンを捕獲します。 捕まった母親ライオンはその後船でアフリカから輸送されることになりますが、その船内で主人公レオを産み落とします。 レオは船から泳いで逃げだし、やがて人間の国(イギリスだと思われます)に流れ着いてしまいます。 ライオンキングでは、父親の死の責任を真犯人である叔父になすりつけられ王国を出ていきます。 人間の有無 では人間が登場し、テーマやストーリーにも深く関わってきます。 ライオンキングには人間が一切登場しません。 ストーリーはオリジナルってこと? こうした相違点に注目すると、 ストーリーはオリジナルと呼ぶこともできるのではないでしょうか。 ただし、かといっての影響が皆無かというと決してそんなことはないと思います。 「ライオンの王子が主人公で父親の死で始まるストーリー」が偶然の一致で生じるとは思えません(キャターやシーンにみられる類似性を考えても)。 オリジナルストーリーといっても、個人的には「から人間を抜いて風に味付けした」というようなオリジナリティだと思います。 ディズニー側が「ライオンキングが影響を受けた作品」として「」や「」、「バンビ」を上げるなら、当然その中に「」があってもいいのではないでしょうか。 他にも疑惑を裏付けるような証拠や証言が このように両作品には多くの類似点がありますが、パクリ疑惑騒動は単に両作品が似ているからということだけを根拠に発展したものではありません。 ライオンキングの制作段階で用いられた資料や制作に携わったスタッフなどの証言も疑惑を一層深めるものになっています。 主人公は白いライオン ライオンキング制作初期段階のコンセプトアート(映画を仕上げる前に雰囲気やコンセプトなどを分かりやすく視覚化するために用いられる絵)に 白色の子ライオンが描かれています。 タイトルが「ジャングルの王様」 ライオンキングの初期のタイトルの案の一つが「 King of The Jungle(ジャングルの王様)」でした(ライオンは元々ジャングルには生息していません)。 この「ジャングル」というコンセプトは実際に映画の中で「シンバが王国を離れ新しい仲間たちと ジャングルで暮らし始める」という展開にも見受けられます。 ディズニー副会長が「キンバ」発言 ディズニーの副会長であったロイ・E・ディズニーはライオンキング制作中、ファンからの「ディズニー映画の中に素敵な母親キャラは出てきますか?」という質問に対しオンラで「夏に公開されるライオンキングと キンバの母親を待っててください。 彼女はとっても素敵ですよ。 」と解答しています。 制作スタッフが「キンバを知っていた」と証言 米紙において、映画製作に深く関わっていたとされる数名(匿名)から「確かにキンバを知っていた」、「 会議の中でキンバとの大きな類似性について発言したことを覚えている」、「ディズニーの言い逃れは戯言だ」などのコメントが上げられています。 声優も「キンバ」役だと勘違い シンバの声優であるは、オファーをもらったとき キンバ役だと思い周囲に「キンバの声優をやることになった」と話していました。 ディズニー側の反応 このように疑惑を裏付けるような様々な材料が上げられていますが、ディズニー側はの影響の一切を否定し続けています。 宣伝文句は「ディズニー初のオリジナル映画」 ディズニーは映画公開前から 「ライオンキング」を完全なオリジナル映画だと強調してきました。 「ライオンキングはそれまでのディズニー映画とは異なり どんな物語も元にしておらず、ディズニーアニメーションのストーリー部門によって作られたコンセプトである」と宣伝しています。 ただし映画公開後の撮影裏のインタビュー映像ではスタッフたちが「ベンハー」や「」、「」、「バンビ」などに影響を受けたと語っています。 「誰もを知らない」と主張 疑惑が持ち上がった当初、ディズニーは 映画製作に関わったスタッフの誰一人としてやのことを聞いたことも無いと主張しました。 ただしその後「スタッフの何人かは聞いたことがあった」と主張を変更します。 監督であるロジャー・アレーズも「は知らなかった」 ライオンキングの監督:ロジャー・アレーズものことを「知らなかった」と主張しました。 ただしアレーズはがすでに「日本の」と呼ばれていた 1980年代に東京に住みアニメーション関連の仕事をしています。 「はの侵害だ」と逆抗議 劇場版「(1997年)」がのファンタジア・フィルム・フェスティバルで公開されることが決まったとき、ディズニーは「 の侵害」としてイベントの責任者ジュリアン・グラントの元に公開の中止を要請する通告書を送っています。 日本側の反応 この一連の騒動はカだけでなく当然日本でも話題となりました。 その時に日本側の対応としては次のようなことがありました。 プロダクションは事を荒立てないスタンスをとる 当時の社長であった松谷孝征は紙において事態の収束を図るような声明を発表しました。 「 もしディズニーがからヒントを得たのであればは喜ぶでしょう。 全体としてライオンキングはとは完全に異なる作品であり、ディズニーのオリジナル作品だと考えています」 この対応は日本人的美意識からすると良いのかもしれませんが、個人的にはファンの気持ちを置いてきぼりにしているようにみえてあまり賛同できません。 しかし、その後のディズニー側の対応に業を煮やしたのかはこのようなスタンスを考え直します。 がディズニーに抗議文を送る 漫画家のが、やら約80名の漫画家の署名を含む488人の署名が添えられた抗議文をディズニーに送りました。 全文URL() 内容には以下のような趣旨が含まれています。 ライオンキングとの類似性はあまりに大きく偶然のはずが無いこと• 日本人にとっては国民的な遺産であり、日本文化を思う気持ち傷つけた一連の事件はディズニーへの敬意を著しく下げたこと• 自身はを尊敬しており、自身の作品の権利を守ることの重要性を彼から学んだこと• 側のディズニーへの和解的なスタンスは、争いを避けようとする日本人の典型的な反応であったこと• 原作者であるへの敬意を表す数行があればとの両者が満足するだろうこと この文章を読むだけでも当時いかに多くの人が一連の騒動を重大視していたのかが伝わってくるような気がします。 とても強い思いが乗せられた文章だと思うのですが、ディズニー側はこれを読んで何も感じなかったのでしょうか。 まとめと感想 みなさんはこの疑惑についてどう思われますか。 個人的にはすでに疑惑という言葉で表すのも歯がゆいくらいに感じています。 の作品は大好きなのでも漫画やTVアニメ(1989年版)、映画などで観たことはありましたし一連の騒動について聞いたこともあったのですが、改めて調べてみて類似の度合いや疑惑の濃さが考えていたよりずっと高いことがわかりました。 ただ最も衝撃的だったのは類似点の多さそのものではなくディズニー側の対応の仕方です。 同種のエンターテイナーであるへのリスペクトは全く感じられず、行動やコメントは異常な保身に満ちているように見えてしまいます。 世界有数のエンターテイメント会社の対応としてそれでいいのかなと疑問に感じました。 せっかく世界トップクラスのクリエイターたちが集まって楽しい作品を作っているのに(ボク自身もライオンキングをはじめ好きな作品は多いです)、その影に暗くネットリしたものが見切れているのは残念です。 この機会にディズニーが改めてこの問題に対し向き合い誠実に対応をしてくれればなと願うばかりです。 最後に、もしこの記事を読み何か感じるものがあれば是非やなどでシェアしていただければ嬉しいです。 海外の反応.

次の

【実写ライオンキング】劇中歌のタイトルや新曲は?アニメ版と比較!

ライオンキング 声優 比較

1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた人気曲。 シンバの幼少期を演じていたジョナサン・テイラー・トーマスの声変わりのため歌は ジェイソン・ウィーバーが担当。 ハクナマタタとは、スワヒリ語で「大丈夫、問題ない、どうにかなるさ」の意味。 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞。 ライオンの鳴き声はグリズリーベアとトラを合わせたもの 『ライオンキング』に出てくる迫力のあるライオンの咆哮(ほうこう)は、実は グリズリーベアとトラ、そしてF16という低空飛行機のエンジン音を合わせたもので録音されています。 実物のライオンの鳴き声は迫力がないため、このような策をとったようです。 なんだか残念ですね(笑)。 そして、優しい母サラビの声は、 マッジ・シンクレアが演じましたが、この両親は 1988年公開で大ヒットした『 星の王子 ニューヨークへ行く』での王子(エディ・マーフィー)の両親を演じた役者です。 アニメではライオンだったものの、どちらも王子の両親という共通点がおもしろいですね。 父のムファサはダースベイダー?! 英語版『ライオン・キング』で、 ムファサを担当している ジェームズ・アール・ジョーンズは、 スター・ウォーズのダース・ベイダーの声を担当もしています。 ですので、劇中でシンバへ語る言葉のなかで「お前は私の息子だ。 ディズニーもニクイ演出をしますね。 気になる方は、字幕版でチェックしてみて下さいね! シンバ役の声優は完成するまで役名をしらなかった(笑) 成長したシンバの声優は、マシュー・ブロデリックは他の声優と一緒にアフレコする機会もなく、実際のプレミア上映で自分がどの役だったか知ったそうです。 役の性格や顔を知らずに、演じられるなんてスゴイですね。 しかも主役(笑)。 しかし、シンバの声は素敵なので、成功といっても良いでしょう。 動物のうなり声にはゴミ箱がかかせなかった?! 動物のうなり声を担当したのが、鳴き声を得意とする名声優のフランク・ウェルカーという人物。 私は、ジョージの声って本当の猿の声を使用しているのかと思っていました・・・・フランクさんすごい。 そんなフランクさんがゴミ箱をかかえて、うなり声を録音している動画があったのでご紹介します。

次の

ライオンキング実写版映画キャラクター一覧まとめ!相関図と日本語吹き替え声優も

ライオンキング 声優 比較

実写映画「ライオンキング」曲のタイトルは?新曲はある? 実写映画「ライオンキング」の予告バックで流れるBGMは「ライオンキング」の聞き慣れた名曲です!曲もアニメ版とほぼ同じようですね。 ひとつだけ新情報!実写版で ヒロイン ナラを演じるのが ビヨンセということもあり、 実写映画版には新曲があります! 現時点でビヨンセが歌う「新曲があるよ」という情報だけなので、タイトルは未発表です。 アニメ版ではナラのソロ曲はなかったので実写映画のために書き下ろされた新曲となります。 歌唱付きの曲は 実写映画版「ライオンキング」サントラに10曲あります。 10曲の中にはエンドロール曲も含まれていると思います。 英語版で歌うリンディエ・ムクゼさんは、ミュージカル版のラフィキを演じてる女優さんです。 ハイエナたちと共謀して王 ムファサを亡き者にする前の怖い一曲です。 ティモンとプンバァがシンバに生き方を教える内容になっています。 唯一「ライオンキング」オリジナル曲ではない歌です。 ティモンとプンバァが影から見守ります。 スポンサーリンク アニメ版「ライオンキング」の楽曲と比較! アニメ映画版の「ライオンキング」の楽曲と比べてみて、 劇中の歌は実写映画の楽曲と同じタイトルになっています。 実写映画版では 新曲が4曲追加されています。 ビヨンセの新曲(まだ情報が確定していないですが)は、劇中で使われる曲だと思われます。 この楽曲を作ったエルトン・ジョン自らが歌っていました。 実写映画版ではエンドロール曲が変わるのかなと予想しています。 まとめ 今回の「ライオンキング」の記事の中で「実写映画」と表現していますが正確には「 フルCGリメイク作品」になります。 「実写映画」でも伝わりそうなのはスゴイですけどw 誰が名付けたのか「超実写版」という表現がぴったりなので、リアルな映像とともに音楽も楽しみたいです! 実写映画「ライオンキング」公開が待ち遠しいです^^.

次の